コンサドーレ札幌サポーターズブログ

2015年11月01日

Vファーレン長崎 現在6位

2015.11.1 J2リーグ 第39節
札幌 3-2 千葉 札幌勝ち点51 10位
長崎 1-2 大宮 長崎勝ち点57  6位

札幌ドームでは小野と稲本の二人同時にスタメンの試合で劇的な勝利。かろうじてプレーオフ参戦の可能性を残しましたが、あと3試合、目標とするのはVファーレン長崎で勝ち点差6。はっきりいって厳しい数字です。

長崎の試合をNACK%スタジアムで初めて見ました。
監督は「アジアの大砲」高木琢也、長崎生まれ、国見高校OB。現役最後のシーズンを札幌で過ごしたのは札幌サポのみんなは知っていますが、監督としての高木琢也は優秀な成績を残しています。

2015シーズンもここまで6位。失点はリーグ最小の27。首位大宮より6点も少ない。高木監督、熊本のときもそうでしたが、守備が堅いチームをつくってきます。大宮との試合も1人退場になってからも、DFは5バックで守るシーンも多くて、連動した守備を見ることができました。左から神崎・前田・高杉・岸田・古部と並んだり、ボランチの井上が最終ラインに入ったり。全員、この試合を見るまで知らない選手だったんですが、懸命にプレーしていました。

長崎の年間予算は約7億円。コンサドーレ札幌の予算の7掛け。この予算でこれだけの成績を残せるのは、モチベーションがいかに高いのかということになると思います。長崎県全県の人口は約140万人でこれも札幌の人口の7掛け。この環境で長崎がJ2上位をキープしているので、札幌の完敗です。

スポンサーは全国ネットの長崎企業ジャパネットたかたとリンガーハット。今シーズンのユニ背中は「チョープロ」さん。なんの会社かと思えば、ガスやさん。チョープロは長崎プロパンの略。札幌は北ガスがありますが、長崎の都市ガスは福岡本社の西部ガスなので、地元企業はプロパンやさんです。

J2の予算下位チームの選手たちは必死さがあります。
中盤のゲームメーカー8番木村は柏レイソルのユースからトップ昇格したけれども結果を出せずに長崎へ移籍。「危機感をもって長崎に来た」と本人談。札幌との試合は崖っぷちの状態で臨んでゴールを決められて自分のベストプレーだったと語っています。

大宮戦で小さいながら目立つプレーをしていたのは23番梶川。関西学院高等部から関学に進んだ成績優秀な梶川選手。ベルマーレから移籍して、自分の課題に立ち向かっています。

スタメン11人、ほぼ無名の選手たちですが高木監督が彼らの必死さをうまくコントロールして堅守の好ゲームを続けているようです。すばらしい手腕ですね。




posted by suga-go |23:23 | J2リーグ | コメント(0) | トラックバック(0)

関連コンテンツ

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/suga-go/tb_ping/497
コメントする