コンサドーレ札幌サポーターズブログ

2015年02月22日

2015シーズン展望

開幕まで2週間、2月22日TM長崎戦は1-2の負け。
まあ、この時期の結果はどうでもよいと思います。毎年のことになりますが、開幕前に長期キャンプを強いられる札幌は大きなハンデがあります。

今シーズン、稲本、ナザリト、ニウド、イルファンと積極的な補強をしたと見られていますが、実際のところは昨年のシーズンと比較して戦力が上回っているようには見えません。ギャンブル性が強い補強です。奈良がいなくなったマイナスが大きくて、現時点では埋められていません。5月のGWまで真ん中くらいの順位にいてくれたら上出来でしょう。

2015年はクラブ運営費の順番からいくと、大宮、セレッソ、ジュビロが別格。そのまま、3チームが昇格というのが順当だと思われます。今シーズンの昇格は昨年以上に厳しいものになりますね。
名波ジュビロは今シーズンどうかというと、やはり自動昇格は厳しいか。クラブの体質を変えることが必要。磐田の街のサイズとスタジアムの小ささもやっぱり制約要因。

3チームに続くのは、千葉、岡山、北九州。岡山の補強はDFに岩政、加地が加入。この二人の経験値が加わることは岡山のクラブにとってプラス面が非常に大きいと思われます。クラブの勢いもあって、プレーオフ圏に入ってくる可能性は高いと考えます。

その次のグループは大分、徳島、福岡に札幌という感じでしょうか。なんとかプレーオフ圏に食い込むための戦略が必要ということになりますが、それ以前にまずはDFラインをしっかり整備することが大前提です。
とりあえず、開幕戦。戦力を見るには栃木はちょうどいい相手なので、楽しみに待ちましょう。


posted by suga-go |23:16 | コンサドーレ | コメント(0) | トラックバック(0)

関連コンテンツ

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/suga-go/tb_ping/496
コメントする