コンサドーレ札幌サポーターズブログ

2015年02月21日

開幕戦 栃木SCのスカウティング

2015.2.21 TM 大宮0-2栃木(NACK5)
      得点者 12分湯澤 30分中美

ムルジャと家長が不在の飛車角オチのアルディージャに勝利した栃木がコントロールしたゲームでした。

前半 
       14阪野
11湯澤 25小野寺 38中美 8廣瀬
       30本間
3パクヒョンジン 5尾本 6ハンヒフン 19赤井
       1竹重

後半  
       20イデホン
11湯澤 14阪野  38中美 9西川 
       30本間

昨季途中で新潟からレンタル移籍していた本間が今季完全移籍となってチームの中心に座りました。
本間をアンカーにした4-1-4-1のシステム。前半ワントップは浦和からレンタル移籍の阪野181cm。後半は長崎から完全移籍のイデホン185cm。高さのあるFWを置く戦術のようです。

前半ゴールを決めた湯澤選手は地元栃木出身。背番号は昨年20からエースナンバー11に変更となって、クラブの期待を背負っています。167cmと小柄ながらスピードがあって運動量も多い今季注目の選手です。左の湯澤の逆サイドは今年キャプテンとなった曲者の廣瀬が今シーズンも元気です。

後半、1トップのイデホンと富山から完全移籍の西川187cmがサイドに入って更に高さを増したシステムが効果的のような印象を受けました。

CBは愛媛から完全移籍のハンヒフン、水戸から完全移籍の尾本の二人。大宮の攻撃陣が物足りなさもあって、連携に課題を残すも守備面はまずまずの出来。

攻撃も守備もがらっとメンバーが変わっている栃木SC。今日の出来から見ると、とりあえず10位くらいを維持できそうな戦力です。
開幕戦アウエイグリスタでの栃木SC戦。ゲームメーカー本間からのパスをカットすること。中盤で湯澤と廣瀬の動きに翻弄されないこと。イデホン、西川の高さ対策をキッチリさせること。
以上、開幕戦勝利へのポイントになると思われます。


posted by suga-go |19:02 | コンサドーレ | コメント(0) | トラックバック(0)

関連コンテンツ

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/suga-go/tb_ping/495
コメントする