コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年11月20日

この年から始まったんだ!

野々村社長の就任初年度の2013年。
今のコンサはここからスタートを切ったと言って
いいだろう。
そこでふと2013年の試合に出場していたメンバー
を見ていたら、うーむと唸りたくなってしまった。
この年はJ2で8位。このまま今シーズンのJ2に
いたなら、どういう成績を残せただろうか?そん
なこと考える必要もないし、その前にそんな想像
すら無駄なのだが、戯れにふと考えてしまった。
42試合の半分の21試合以上出ていたメンバー
は、こんな感じだった。

日高 27試合 2得点
河合 21試合 0得点
チョ 37試合 1得点
砂川 36試合 3得点
宮澤 33試合 3得点
前俊 36試合 4得点
内村 32試合 17得点
上原 40試合 5得点
岡本 30試合 6得点
上里 30試合 1得点
奈良 35試合 0得点
荒野 30試合 4得点
杉山 38試合

以上のメンバーたちの組み合わせでほぼほぼ
試合に臨んでいたんだなあ。
プラス10試合以上出場のメンバーでは他には、

榊、深井、三上、櫛引、松本、フェホなんか
がいた。

皆んながいてくれたからこそ、今のコンサが
あるのは確かで、歴史の流れの中で今のよう
に成長してきたので、過去に対してどうと言
うこともないのだが、やはり宮澤は特筆すべ
き選手だなと改めて思ったのと、荒野と深井
もこうして見ると、やはりユースの宝だと感
じるし、内村はまだまだイケるよなというこ
とを強く思った次第だ。

posted by sapporo789 |18:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月20日

きっと都倉の夢でうなされるに違いない

ふと気になって調べてみたら案外面白かった。

2013   ホーム      1-2   得点者  岡本

           アウェイ   4-2               上原、チョ、内村、三上

2014   ホーム      1-0                都倉

           アウェイ   2-1               都倉、上里

2016   ホーム      1-0                都倉

           アウェイ   2-3                都倉、都倉

通算成績は4勝2敗、11得点8失点(全てJ2での対戦)
これが、今度また対戦相手となる松本との全戦績だ。

元々、松本に対してはあまり悪いイメージがなかっ
たが、記憶は間違ってはいなかったようだ。
松本が誇るアルウィンでの試合、つまりウチとして
はアウェイだが、そこでも2勝1敗。
ウチは初モノには弱いという癖が昔あったが、松本
との初戦をドームでやり敗戦。ま、最初の1敗はもう
仕方ない。

それにしても、ウチの11得点の内、5得点が都倉。
彼の加入は2014年だから、加入後の松本の試合では
必ず得点していて、3勝をもたらしてくれている。
負けた試合で2得点で追い上げ。向こうは生きた心地
がしなかったろうな。
その都倉賢、あれから何度もバージョンアップされて
おり、更にあの頃にはいなかった欧州でも通用するで
あろうチャナティップもいる。
まだまだ他にも控えており、この2人を含め、松本自慢
のアルウィンで大暴れをするはずだ。

対戦が今から非常に楽しみだ。

posted by sapporo789 |12:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月20日

引っ張りだこ

セレッソに昨年2冠をもたらしたユン監督が退任決定。
しかし、外野だから本当のところは分からないが、こ
んな凄い結果をもたらした監督を練習キツいとか主力
の一部が造反したとか、もしその通りなら大したこと
ない選手ばかりだし、選手の方だけ向くとか会社も大
したことないな、あくまでも漏れてきてる情報が正し 
いとしてだが。たった2年で切るなんて。

そんなユンさんだから、噂レベルというより水面下で
動いていそうな長崎と福岡。もしかしてまだ他にもあ
るかもしれない。
長崎ならセレッソより、ユンさん寄りのベースが出来
ていそうだから、またまた結果がすぐ出ちゃうんじゃ
ないだろうか?
ただ、高田社長は高木さんほどにはユンさんを受け入
れないかもしれないが。なんとなくのイメージだけど。

福岡も井原さん後だから、長崎ほどではないがスンナ
リとユンさんを受け入れる感じに見える。

それにしても、2冠を初年度にもたらした監督をスパッ
と切るセレッソって、じゃあ、どんな監督なら3年以上
居られるんだ?  グアルディオラか?それくらい無理な
ことを次の監督に要求しているように思えてしょうが
ない。

posted by sapporo789 |11:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月19日

高田社長の危うさ

元々J2時代には言っていなかったことを言い出して
きたので、一度使った言葉をちゃんと流用するかどう
かをちょっと注視していたが、ここまでのコメントに
は一切なかったようなので、なんだかなあと思った。

何かと言うと、J1をゼイワンと言い始め、Jは元々
ゼイと呼ぶ云々を語って、ゼイワン=長崎という宣伝 
効果をもたらしたのは、さすがのジャパネット元社長
とは思ったが、J2になった時にJはゼイと呼ぶと言
ってたなら、是非ともゼイツーを連発して欲しかった
のだ。そうしないという根底には高田さんにはJ2に
対する気持ちがほとんどないのではないかと思ってし
まう。

J1の時だけゼイワンで、J2ではジェーツー。
口では本当に上手く人を乗せる言い方をしているが、
サッカー人ではない高田さんはJ2という舞台に何も
感慨がないなと思えてくるのである。

J2生活が長かった身としては、このJ1とJ2の扱い
方の違いにちょっと失望をしてしまって。
長崎は、そんなクラブではないはずだと思っている。

posted by sapporo789 |13:49 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月19日

ジェイの来季

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/11/19/kiji/20181119s00002179169000c.html

スポニチ、最近ウチの勝利後の扱いスペースが他紙に比べて
小さいのが気になるが、こういう記事なら大歓迎だ。ちゃん
と取材した結果のものと信じたい。

この記事を良い意味で捉えると、ジェイはほぼ来季もウチで
ということになる。ありがたい。彼のボールの収め方という
か、収まり具合がやはり抜きん出ているのは疑いようもなく
、またストライカーだけに固執していた頃よりひと皮剥けて
、更にひと回り成長した印象を受けることが再オファーの一
番の理由な気がするが、どうだろうか?
いずれにせよ、嬉しいニュースだ。

posted by sapporo789 |12:49 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月19日

北海道としては羨ましい限り

J3では一大勢力は東北勢だ。
秋田・福島・盛岡と元々多いのに、今度は八戸
が加わる。14クラブ中の4つ。(U-23は除く)
J2に山形、J1に仙台。
これで東北6県が揃い踏みしたことになる。

羨ましい。いろいろな組み合わせでダービーが
出来るだろうな。
北海道としては、仙台とやっても北日本ダービ
ーとしか言いようがないが、ピンとは来ないし。

十勝スカイアースが超絶早く駆け上がって来な
いだろうか?

posted by sapporo789 |11:55 | コメント(2) | トラックバック(0)

2018年11月19日

ますます充実Jリーグ

Jリーグは今54クラブで成り立っているが、来季は1つ
増え55クラブになることが決まった。

JFLでヴァンラーレ八戸が最終順位を3位にし、昇格条件
を他の項目も全て満たしたからだ。
これで八戸はJ3に15クラブ目として加入し、U-23の3つ
と合わせ18クラブでやる予定だろう。(U-23はこのままの
状態かどうかはこれから決まる予定)
もし、このまま進むなら偶数となり、J3も変則的に試合
をしなくてよくなる。

それにしても、本当にあと1歩のところでJ3を逃した今治。
岡田さんは来季こそ死に物狂いで絶対にJ3入りを狙うと話
していて、今度こそは相当な覚悟と見た。あの人が瀬戸際ま
で追い詰められた時に、どんな対処をしてくるのかが、すご
く興味がある。
さぞかし凄いものを見せてくれるような気がしてる。

posted by sapporo789 |10:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月18日

まずは身近なところから

これからは来季に向けての補強について、ますます話が
加速がついて進んでいくはずだ。

でも一方で、まだまだ最終的な結果が出ていないことも
あり、なかなか今は難しいところだろう。

が、自分たちに大いに関わる部分についてはいいのでは
ないか?と思うわけで。

で、レンタルの選手なら自分たちなりにまだ考えていけ
ると思い、そしてレンタルの内、中原と前寛なのだが、
人数のやりくりとか質とかいろいろ考えた場合、この2人
は是非とも戻ってもらいたいなと思う。
今シーズンにしても、彼らがいたら、非常に助かる場面
がいくつもあったように思う。
まずは彼らに復帰をしてもらえたら、良いように思える。

posted by sapporo789 |19:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月18日

反町さん評

ウィキで調べても、その人の人物像や人柄などは
載ってないので、自分の見聞きしたことでしか判
断する材料がないということを前提で記述するが、
ウチとの対戦前後のコメントがいけ好かない言葉
しか使えない人だなぁというのがまず第一印象だ
った。

対戦相手には皮肉を言うことが礼儀かと思ってる
んじゃないかと思いたくなるくらい、普通の監督
たちから出てくるような言葉じゃないことを見下
した感じを内に秘めずに出しちゃってる言い方。

反町評を他クラブのサポに確認したことがないの
で、他クラブにも同じようにしてるのか、ウチだ
けに酷いのかが分からないが、少なくともウチに
対する態度に私と同様な印象のコンサポが結構い
るのは確かだ。

あの態度を2度と見たくないな、とも思うことは
そんなに不思議なことではないだろう。
が、また再び相見えることが決まったなら、仕方
ない。
そうであるならば、あの口から2度と皮肉めいた
言葉が出せないようウチがキッチリ勝つしかない。
現時点ではもちろん出来ると思っている。
が、相見えるのは来年2月以降だ。
それまでに戦力増強・戦術浸透・精度向上などな
ど、現時点以上のチーム作りを何としてでも上手
くやってもらいたい、としみじみ思う次第だ。

posted by sapporo789 |10:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月18日

いよいよ動きが活発になってくるかな?

昇格も降格も一切決まらずにここまで来た。
やっと少しはその状態が進展してきたので、
来季の補強構想も既に動いているとはいえ、
またグッと動き出しそうだ。

スポーツコラムにウチはかつては「有望な
若手を獲られる側」だった立ち位置が、「
有望な若手を獲る側」に変わりつつある今
一番勢いのあるクラブの1つ、とのコメント
があった。

うーん、そこまで言われる実感はないけれ
ど、世間から見た評価がそう変わってきて
いるなら非常に嬉しいことだ。
是非とも来季補強も勝ち組になりたいもの
だ。いや、勝ち組にならないとACL始め、
ルヴァンでも何でも層の薄さは解消してい
かなければいけないだろう。

posted by sapporo789 |08:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月17日

「サポーターの応援が凄い」と思うクラブランキング

サッカーコラムJ3プラスにて、アンケートを取り票数
の多い順に並べたランキングだ。(11月17日付)

1.浦和  435票
2.松本
3.G大阪
4.柏
5.鹿島
6.清水
7.札幌  111票
8.川崎
9.仙台
10.新潟
11.名古屋
12.長野
13.福岡
14.FC東京
15.横浜FM
16.水戸
17.鳥栖
18.千葉
18.大分
20.湘南    22票

ま、単なるネット民系サポーターの投票にすぎない
が、1つの尺度ではある。もっと上を目指したいも
のだ。
各クラブ毎にコメントもあり、良ければサッカーコ
ラムをご覧頂ければ。

posted by sapporo789 |18:27 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月17日

長崎降格で思うこと

1つは、中原だ。元々帰ってきて欲しかったのだが、
長崎での前半戦の活躍によりサポーターからの愛さ
れ方が結構すごかったので、なかなかスンナリいか
ないのかなと思ってたが、長崎降格でその目はなく
なったのではないだろうか。
中原の宮澤並みのユーティリティさやタフネスさを
また観たいので、帰還を本当に待っている。

もう1つは、翁長とバイスだ。
翁長は左WBが主戦場だが、とにかく若くていい素
材だと思う。
バイスは、CBで闘志溢れるプレーで前線への駆け
上がりもあり、ウチにフィットすると思うなあ。

posted by sapporo789 |17:28 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月17日

J2降格は2つ+プレーオフ

いやあ、やはり面白かった。
まあ、松本の優勝は余計だったが、松本と大分
ならまあまあかな。
それと、松本は反町体制で来てくれる方がウチ
にとっては非常に良いので、良かったかな。
いわゆる相性や戦い易さとか。

長崎は降格決定か。いや、初年度に既に勝ち点
29はすごい。ウチとしては兵藤の長崎の可能性
をより低くくしたのは良かったな。

それにしても、最後の最後まで順位が変わるか
もしれないのは観てる方としては楽しかったな
あ。

さ、切り替えよっと。

posted by sapporo789 |15:58 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月17日

神戸は来季もガンガン獲りそうだなあ

毒にも薬にもならない噂ほど美味しいものはないわけで。
ただ、少なくともマスメディアに多少なりとも触れられ
た話題だけで言うと、

神戸はまず、先日もここで取り上げたバルサ化の一環で
DF  アドリアーノ(ベジクタシュ)

更にこんな面々が続く
FW ウーゴ・ヴィエイラ(横浜FM)

FW フェルナンド・トーレス(鳥栖)

まだある。三木谷さんが個人的に親しいらしく、来季
かは分からないが、
DF ジェラール・ピケ(バルセロナ)

まったくもって、目がクラクラする面々だ。
もし、これらが加入したなら、Jドリームチームと言
って良いかは分からないくらいの中身だが、こんなク
ラブが神戸で実現したなら、ちょっとだけ神戸を応援
してしまうかもしれない。だって、目の保養になるし。

上のメンバーにイニエスタとポドルスキ。
ちょっとウーゴが萎縮して何も出来なくなるかもな。

想像するのは自由で費用が掛からないし、楽しい。

posted by sapporo789 |10:22 | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月17日

待ってましたJゾーンプラス

激闘必至な今日のJ2最終節だが、やはりDAZNは
きっちりとやってくれるようで、Jゾーンプラス
という呼び名の3会場同時アップ。
つまり、1つの画面で3つの試合を同時に観ること
が出来るというもの。
映し出している試合以外のところで動きがありそ
うなら、制作側で判断し即座に入れ替えてくれる
というもの。

これは本当に便利。正に今日みたいな日のために
あるシステムだ。
ただ、自分の興味がある試合がなかなかその3つ
に選ばれないこともあり、その際は自分でサッと
違う試合だけを拾いに行くこともあり、Jゾーン
プラスを観ている2時間強はなかなか忙しい。
が、とても楽しい時間でもあり、当事者ならこん
な風に純粋に楽しめないだろうなと思った。
高みの見物とは、こういうことを言うんだな。

posted by sapporo789 |09:16 | コメント(2) | トラックバック(0)