2010年08月28日

ソチへの道はまだ閉ざされていない[フィギュアスケート]

シーズン中に他競技の話題は避けるべきかと悩んだけど。
でもやっぱりこの件に関しては、どうしても書いておきたいので。


プルシェンコ 競技資格はく奪が確定


記事の中で一番マトモなものにリンク。
こっちも2ヶ月前よりは冷静に受け止めれたし。
とうとう来たか・って感じだったし。



だけど、腹が立たない訳じゃないんだよ、ISU!



事情を知らない人もいる……というか、多いと思うので、私が知っている限りの経過を書くと。

・3月の世界選手権の翌週にアイスショーをやる予定で、許可を取っていた。
・選手権の1週間前に古傷が悪化。2週間のドクターストップを受けて、選手権を欠場。
 但し、全力を出さなくても良いショーなら出ても大丈夫という事で、予定通りショーには出演する事にする。
・ショーの前日に許可を取り消され、「試合に出ないでショーに出るのなら、医師の診断書を添えて再度許可を申請するように」と言われる。
・改めて申請したが当然ショーには間に合わず、許可が降りないまま出演する事になる。
・6月29日付けで「許可をしていないアイスショーに出た」と言う理由で出場権はく奪が告知。不服がある場合は3週間以内にスポーツ仲介裁判書に申し立てが出来る事になる。
・本人が申し立てはしない・と発表。
 ついでにこの約1週間前に「今年は試合に出ないで調整に専念する」とのコメント。
・申し立て期間が過ぎたため、8月24日付けで出場権はく奪が確定。期間は未定。





『期間は未定』





ここに激しく疑問を感じるんだけど!!!!


『ISUの許可無くショーに出てはいけない』
これが規定だってのは理解出来る。
でも規定なら、破った場合の罰則も決まってるはず。
その罰則が、『期間未定での出場権はく奪』なのか?
本当にISUのルールにそう明記されてるのか?
だとしたら、幾ら何でも重すぎないか?
法を犯したわけじゃなく、ドーピング違反をしたわけでもないのに。
それなのに、試合に出る権利を失う。それも、期限も知らされずに。

普通に考えれば罰金か、ショーの収益の何十%かをISUが没収とかで十分な気がするんだけど。
同じ違反を何度も繰り返した・って言うんならとにかく。

プルシェンコとISUとの間に確執がありそう・ってのは、バンクーバーで普通にフィギュア見ただけでも見当はつく。
自分達に都合良く改ざんしてきた採点基準をあれだけ公然と批判されたんだから、お偉いさんには面白くないだろう。
そこにこの事態。
嬉々として本来より重い罰則を科して来たんだろう・としか思えない。

実のところ、今年は他にも無許可のままショーに出てしまった選手がいたのだ。
でもその選手達は何の処罰も受けてない。
間に自国のスケート連盟が入って話を付けた・って聞いたけど、要するようにそれだけの事で撤回される程度の規定違反・って事じゃないのか?

そして、古くからのロシアフィギュアファンの間では、「ロシアスケート連盟は選手を護ろうとしない」という事で有名らしく。
更に今回は、プルシェンコが資金の不正流用を告発した事に対して逆恨みしてるのも容易に見当がつくから。

*逆恨みの経緯:五輪終了後に功績を上げた選手に対しての勲章授与式があったが、その後の席でプルシェンコがメドヴェージェフ大統領に「国が連盟に対して割り当てた予算を連盟は選手に回さず、一体何に使ったのかも解らない」と告発した。報道陣も大勢いて、TVカメラが何台も回ってる前だったので当然、もみ消し様もなくニュースになってロシア全土に流れ、さらにYouTubeなどを通して全世界にも流れた。その後の調査で実際に不正が判明。当時の会長が責任を取って辞職する事になる。


再申請の件だって、連盟がわざと前日まで本人に伝えなかった・って噂まで流れてる。
大体、前の日になって再申請しろ・って、無茶にも程がある。
許可が取り消されてると解ってても、もう、処罰を覚悟でショーに出る以外のどんな選択肢があったのか。
チケットは既に完売。出演を取りやめにしたら、楽しみにしているファンを裏切る事になるんだし。
それにこのショーでは、ジュベール、ランビエール、ジョニー・ウィアーといった彼と個人的にも親しい友人達がゲスト出演する事が決まっていて、彼らと4人で一緒に演じるプログラムも用意してた。自分の事情で出演を取りやめたら、彼らにも迷惑が掛かる。

それに仮に取り消すにしても、理由は何て言う?

怪我で・なんて言ったら、直前の世界選手権だって欠場してるんだから余計にファンの不安を煽るだけだし。
どんな体調不良でも試合に出て来たこの人が、ショーすら欠場する程酷いのか・って思うもの。私だってそう思うよ。選手権欠場聞いた時だって、どんだけ酷いんだよ?!・って思ったし!ドクターストップだって聞いて、却って安心したぐらい!本当に酷くなる前に医者が止めてくれたんだ・って。

だからと言って、本当の事を話せば、暴動もの。

当然、ウチらより事情を知るロシアのファンには、連盟が早速報復を始めた・って映るだろうし。
百歩譲りに譲って故意じゃなかった・としても、それなら連盟の不手際以外の何物でもない。
だったら責任を取って連盟は彼がショーに出れる様にISUに働きかけるべき・って意見になるだろう。
批判が殺到する先は、彼じゃなくて連盟の方。
そうならないように、こんな連盟さえも庇ったんだろうか。
こうして状況が解ったら、結局非難されてるんだけどなー。
「低レベルな嫌がらせ」とか「子供並みのイジメ」とか。


意外と「自分の為の事」は喋らないから。
だから、この真相も当分は解らないんだろうけど。


とりあえず、このニュースは私にとっては『覚悟してた知らせ』で。
まだ少しは冷静でいられた。
6月の時なんて1週間以上経ってもまだ怒りが治まらなかったもんなー。
だから、一番腹が立ったのはこの内容じゃなくて。




確定したら期間も公表されると思ってたんだけど!!!




って事の方。
最初のニュースじゃ、ソチも出られない・みたいな事も書いてたしな!
この記事には奥さんがツイッタでめっちゃ怒ってた。露→英の翻訳で読んでも怒りのオーラが伝わって来たw
「記者のみなさんん、記事を書く前にISUのルールをちゃんと読んで!ドーピングによる資格はく奪以外でオリンピックへの出場権を失う事はないわ!」って感じでw
むしろ当事者の本人の方が、呑気だったしw
ニュースを聞いた場所を「ヘルシンキ空港のサウナ」まで書いてたwちょ、サウナってそこまでバラさんでいい!
「早く処分が解ける事を祈ってる。ソチで会おうね」みたいな感じだった。呑気なのか、深く考えてないのか、緊張感がないのかw

流石のロシアスケート連盟もこれ以上低レベルな嫌がらせをしてられないようで、今更のようにISUに働きかけるって言うし。
正直、来年の世界選手権までになんとかしたい・ってのが本音だと思うわ。
今のロシア若手だと8位以内に入れるかは微妙な所だと思うんだよなぁ。
ボロドゥリンかヴォロノフが思い切り伸びるか、ガチンスキーが予想外の結果を出すか。そうじゃないと、ちょっと微妙。
個人的に、プルシェンコが出るなら頑張って東京までワールド見に行こうかと思ってたけど!
でも、実際の所、ワールドよりユーロに出してあげたい気がしたりもするw
ユーロの方が歴史が古いとか格式があるとかそんなんじゃなくて。
ジュベールと対決させてやりたい・って、それだけw
あと、ユーロの得点の方が納得出来るんだよなぁ。
ええ、ユーロ選手好きですよ、それだけですよ。あ・北米にも好きな選手はちゃんといるけどw


とにかく、この程度の事で出場権永久はく奪なんて有り得ない。
年内が精々・・ってか、年内でも長い気がするし!




大体そんな事したら、今後他の選手が同じ様な状況に落ち入った時に、同じ処分が出来るのか?  って事で。




だから、大丈夫。
今年は無理でも、来年のシーズンにはまた戻って来てくれると信じてる。
普通の選手なら丸1年間を空けたら戻って来れるのか不安になるけど。
プルシェンコに関しては、そんな心配は全く無いからw
3年半ブランクがあっても帰って来れる・って証明したばっかりだからね!

正直言って、1年調整するのもありだと思う。
短期間で復帰する為に、相当無理してたみたいだし、バンクのときなんか痩せた通り越してやつれてたから。
だから、1年は身体を休めて、来シーズンからもっと落ち着いて試合に出た方がいいんじゃないかと思うんだよね。


本人はソチを目指すと言ってるし、それは不可能ではないと思う。

30歳過ぎたら無理だろう・って意見もあるけど、ストイコさんは30歳ちょっと前でソルトレイクに出てたんだから。
体力は元々鬼の様にあるから心配いらないし。エキシでアンコール2回で、2回目の方で3-3-3やったりとか、ショーでFPフルで2連続でやったりとか出来るぐらいだから。
心配なのは身体だけだけど、充分に気を付けてケアしていけばなんとか持たせられるんじゃないかと。

というか、はっきりした目標を作った方がいいと思う。
ヤグディンや本田さんみたいに、「4回転が跳べなくなるまで」なんて言ったら。




半月板完全に砕けて使い物にならなくなって、人工関節




ってとこまで無理しそうだから。

てか、ヤグディンが人工股関節でショーに出てるの知ってるから、人工関節になっても跳んでそうでもっと怖い。
「僕の人生は氷の上だ」って言い切った人だし。
見てたら本当に解る。フィギュアスケートに人生の全てを注いでるんだ・って。
オフアイスじゃただのイタズラ好きで落ち着きのない27歳児なのに、ホント、スケートに関わるときは人格変るんだから。
まぁ本当にヤバくなる前に、ヤナさんが止めてくれるとは思うけど。
試合に復帰させてくれたのもヤナさんだけど、止める事が出来るのも彼女だけだろうから。
ミーシンさんですらユーロ2006の時に棄権させる事が出来なかったんだから。



ソチまで。
続ける事が出来れば。
あとはもう、それだけで充分。
結果とかどうでもいい。
納得いく所まで滑って欲しい。

無理しないで・とは思うけど。
身体もっと大事にしろよ・とも思うけど。



でも、これだけ意志の強い人に、その信念をへし折らせるほうがよっぽど残酷だと思うから。



だからもう、本人が目指す所まで付き合うよ。
惚れ込んだら一蓮托生の精神はサポ人生で培ったしな!www









今年の男子は、若手の頑張りとベテランの踏ん張りを楽しみに見る事にしよう。
採点に関してはもう、完璧に信用出来ないもんなー。
採点競技だっていうのに、その採点が信用出来ないってどんだけ……。
GOEを廃止するだけで、随分変ると思うんだけどなッ!
どんなに見事に跳んでみせても3Lzは3Lz。それ以上の価値があってはいけない。
技が出来て基礎点。失敗したらその度合いに応じて減点。
採点競技なんだから、それが当然じゃないの?

個人的にはTR(つなぎ)もねー。「技と技の間の要素」だってのに、『つなぎ>技』って考えの人がいるのが理解出来ない。
むしろ技にくっつけちゃっていいんじゃないの・とも思うわ。
例えば、「ステップからのジャンプ」が成功したら「基礎点×1.3」とか。
だから当然、技が失敗したらつなぎも無効。
「技の付加価値」として「つなぎ」が存在するんだから、つなぎそのものに点を与える事が可笑しいでしょうが。
ジャンプ失敗してもつなぎで点数が貰えるんなら、楽したい選手はみんなつなぎの練習ばっかりするよ。その方がずっと簡単なんだからw

トリノの頃はこんな事考えもしなかったのに……ここ数年ですっかり胡散臭い競技に成り果てて。
ここからなんとか立て直してくれる事を願うけど。
ISUがまだアレだって、この一件で暴露したからなー!
真っ当に試合を楽しめる日は本当に来るのかな……。


ジャパンオープン、抗議と皮肉を込めてニジンスキーやってくれたら嬉しいがw
でもこの試合、団体戦だから、ちょっと無理かな~。
八戸のアイスショーで再演したらしいね。行けた人、うらやましい!!
あ・じゃあ、カーニバルオンアイスなら出来るかな!!

posted by 半月 |18:38 | フィギュアスケート | コメント(0) |

スポンサーリンク

コメントする