コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年12月20日

稲本フィーバー

うれしさをどう表現していいのか。
とりあえず回転ずしに行こうという話になり、
TPよりも1ランク上のTTへ。
毛ガニ汁や金皿の尾頭付き小樽しゃこを食す。
クリスマス用のイタリアン・スパークリングワインに加え、
正月用の金滴生酒まで購入。

札幌公式に出たイナのプロフィールがまた凄い。
これだけ世界を股にかけて、W杯に3度出て、
そして札幌へ来る。
ノノノミクスに更に小野伸二効果を加えた
オノノミクスだ。
けしてオノノノカではない。
とにかく小野と稲本はいろんな意味で別格だ。
KIRIN別格「生姜炭酸」を飲みながら思う。
別格か…イイ響きだ。
でも、要するにジンジャーエールだろ?

話がそれた。
別格な選手が二人もいる事に。札幌に二人も。
ニヤニヤが止まらない。
明日は21日、クリスマスイブイブイブイブである。
もうマライアをかけまくっていい感じだ。
ユーミンも達郎もワムもなんでも来い!って感じ


http://instagram.com/miho12tanaka/
(稲本夫人のインスタグラム  イナを探してみよう!)

http://ameblo.jp/tanaka--miho/
(田中美保さん公式ブログ)


posted by odo5312 |22:59 | INAMOTO Junichi | コメント(0) |

2014年12月20日

ノリノリ稲本/「稲本 代理人」でググってみた

首が長くなってキリンになっちまったZE!



☆歓迎!稲本潤一選手☆(秒刊コンサ第1報)


ノリノリで追記★

ノノノミクス 第3の矢 稲本獲得↑↑↑

コンビニに並ぶスポーツ新聞の一面、さらにヤフートップも取った!
NHK全国放送もゲット!!

ノノ社長のメディア戦略大成功!(お金をかけずにコンサの価値を高める)

※ヤフーのスポーツニュースのネタ元はスポーツ紙である事が多い




サッカー代理人一覧 (ウィキメディア)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E4%BB%A3%E7%90%86%E4%BA%BA%E4%B8%80%E8%A6%A7

サッカーのFIFA公認選手代理人(代理人/エージェント)の一覧。括弧内はその代理人の契約選手。

    日本では「Jリーグ規約」で、代理業務を行えるのは弁護士、またはFIFA公認代理人(選手エージェント)に限ると定められている。
    選手エージェントの認定試験は、FIFAが定める内容で、毎年3月と9月の2回、全世界で同日に実施される。
    認定は各国サッカー協会に委ねられており、日本サッカー協会公認は20人(2007年4月時点)。



交渉相手は、本人ではなく代理人。
つまり、そのイラツキは的外れなんじゃないの?ということ

株式会社ジェブエンターテイメント 田邊伸明

西大伍(鹿島)でもクラブ側とひと悶着あったからご存じの方も多いだろう。

JEBの理念をコピペしてみよう。読んでおいて損はなさそうだ。

理念 	

「スポーツ文化の底上げ、発展、さらにはスポーツアスリートの社会的な地位向上を図る」
このこと抜きにして、日本フットボール界に貢献することは出来ない。

ちょっと堅苦しい文言ですが、これが私たちジェブエンターテイメントの想いです。

私たちジェブエンターテイメントの業務は「スポーツビジネス」というジャンルに属します。
その中でも私たちはスポーツビジネスを構成する重要な要素の一つである「スポーツ総合マネージメント」を中心に想いを伝えてきました。
その他スポーツビジネスの内容は多岐にわたりますが、もちろんその中心を成すのはアスリートであることはいうまでもありません。

また、私たちの業務が新しいジャンルであることから、
スポーツに関わる様々な方々のニーズに応えるべく努力していかなければならないと思っています。
なぜならたくさんの方々がスポーツやスポーツビジネスに関わっていくこと、
このことこそがスポーツの底上げや発展に繋がっていくことにほかならないと考えるからです。

スポーツに関わる全ての方々から愛される企業を目指して参りますので今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


JEBエンターテイメント稲本潤一、大久保嘉人、太田吉彰、角田誠、梶山陽平、菊地直哉、北澤豪、沓澤曙、栗原圭介、栗原勇蔵、佐藤優也、鈴木慎吾、相馬崇人、高萩洋次郎、高田保則、高橋泰、田中達也、鄭大世、中澤佑二、中山悟志、西大伍、西山貴永、平山相太、藤田祥史、槙野智章、松橋章太、森重真人、安田理大、山瀬功治、吉田宗弘、吉原宏太





posted by odo5312 |01:36 | INAMOTO Junichi | コメント(0) |