コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年08月10日

第26節京都戦チェックポイントと総括

さっぽろ駅で京都サポのお兄さんを捕まえて福住までサポトークというか情報交換をした。
・台風で大変だったがなんとか飛んだ。後続便は欠航した
・自分が千葉へ行った時もそうだった。大変さはよく理解できる
・監督変わったけどどう?
・大黒が得点王の原因は何?
・山瀬はどう?
・スポナビで名前が挙がっていたあの選手は?
根掘り葉掘り聞く。いろいろ教えてくれる。
・ドームも函館も来たことある
・GWやお盆で航空券が高い時期によく当たりますね

あのお兄さん、今頃美味い酒飲んでるんだろうな。
帰りの飛行機も無事飛べばいいけど…。

前振りでおわかりのように、チェックポイントは大黒でした。
大黒に決められて先制されたら、もうあっちのペースだ。
京都の兄さんも言ってたけど、京都は前半0-0で良かったし、0-1のビハインドでもひっくりかえせると言っていた。

決定力の違いに尽きるんじゃないだろうか。

コンサドーレは相手の京都がパスサッカーで正統派のサッカーをしてきたせいか、相手にスイングする良い内容だった。
奈良・荒野のリオ五輪候補コンビは躍動感があり攻守の軸となった。また深井が「らしさ」を見せ、パスカットなどで非凡なところを見せた。
内容的に悲観するどころか、コンサドーレの未来は明るいと感じさせるサッカーだと言ってよい。

問題は得点力が不足していることだ。
パウロンへのセットプレーなど、まだまだ手はあったはずなのにCKの蹴りどころが違ったのが残念だ。
ウッチーもサイドへ相当なスピードで持っていくのだが、ウッチーをサポートするもう一人が近くにいない。
天皇杯で良かった菊岡、マエシュンに期待した監督だったが、アマチュアと京都を同じ土俵で考えるのは酷というもの。
やはりパスサッカーを熟成してきた(プレーオフ止まりではあるが)京都の方がパスワークで上回っていた。
早い話が、「パスを回させられた」というのが実態だったかもしれない。その証拠にコンサはパスの連続の途中どこかでスピードダウンしてしまったり、後ろに戻してしまう事が多々あった。
ボールを止まって待つ選手があれだけ多いと、いくら荒野達が奮闘したところで「連動性」はなくなってしまう。

サイドバックのキレもよくない。上里のボランチもイマイチ。
J1に取られる心配がある代表候補がいる一方で、来年はもしかしたらJ3へ放出されるのでは?なんて思う選手もチラホラいる。これがJ2札幌の現状だ。

なんでもかんでも監督の交代策のせいにするんじゃないよ。

攻めてるのに「攻めろコール」してんじゃないよ。

観る側にもうちょっとクラブの方向性や成長を待つ忍耐力とか、そういうものが求められるんでないの?
今日のゲームはクソゲームじゃないからな。
京都をなめてるのは、わけのわからない「攻めろコール」してた奴らだと思うけどね。

「攻めてない」と思ってる時点で、いや試合開始前にいきなり「攻めろ」コールしてる時点で京都を全然研究していないし、なめてるし。
得点できないのは攻めてないからじゃない。攻めて組み立ててるけど、決定力が足りないんだよ。それだけだ。
FWがダメならDFの石井が決めたっていいんだよ。そこんとこ勘違いしないでくれよ。ウッチーが不調ならたまーーーに出るパウロンが決めたっていいじゃないか。

サポーターの「観る目」も選手を育てる要件なんだけどな。

posted by odo5312 |20:57 | データファイル2014 | コメント(4) |