コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年03月19日

本田オーナーの挑戦

榊翔太つながりで気になるクラブのSVホルン。
記事を読めば読むほど本田のスケールのでかさがわかる。

記事引用:日本経済新聞 スポーツ > サッカー > スペシャル > 記事

SVホルン「オーナー」本田圭佑、安住なき攻めの経営

日本のトップ選手としては前例がない「選手兼オーナー」は、出だしからつまずいた。買収決定時に2部リーグだったチームは調子を崩し、3部への降格が決まる。


http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98398000U6A310C1000000/?df=2

通常、アスリートのスポンサーは複数年契約が多い。負傷などのリスクに備え、数年先の収入を確保するためだ。しかし、本田は安定を「安住」と捉える。あえて1年ごとの成績に基づいた金額の提示を求める。自分自身にムチを打つ。


“おらが町のクラブ”に“外資”が参入したことへの違和感も街にはある。「百パーセント良かったなと思っている人は少ないと思う。まあ、見てみようかという感じだろう」と神田CEO。地元への浸透も課題となる。


http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98398000U6A310C1000000/?df=3

外国人枠の兼ね合いで欧州リーグに移籍することが難しい日本やアジアの選手の門戸を広げ、ステップアップの道筋を開くことが、本田のクラブ買収の目的の一つだった。


岡田武史さんと本田は、スケールの大きさにおいては群を抜いている。
その2人と多少なりとも接点がある北海道コンサドーレ札幌。
なにか、なんでもいい。良いところは真似てみてはどうだろう。

posted by odo5312 |18:03 | 世界のフットボール | コメント(0) |