コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年02月16日

サッカー専用スタジアムへの道 第1回

個人的な感想で恐縮ではあるが、サポ集会での一番の収穫はノノ社長が専用スタジアム構想について語ってくれたことである。
もちろんクラブの現状では優先事項としては極めて低い。しかし注目すべき発言等がいくつかあったので取り上げておきたい。

一つ目は、質問者が『ひまわり』様の従業員であったこと。オフィシャルパートナーの一員でもある方からの、しかも欧州クラブサッカー(バイエルンミュンヘン等)にも詳しい方からの質問に対する回答だった点。この時のノノ社長の仕草や発言は熱を帯びていて(例えば、かけていた眼鏡をおでこに乗せてしまう等⇒無意識だと思うが心理的にノリ気・前向きに見えた)、聴いているコチラ側も「イイ質問だなぁ」「夢のあるやりとりだなぁ」と思ってしまったほど。

二つ目は、以前紀伊國屋書店の出版記念トークショーの時、専用スタジアムに関する質問をした時は、「どこかが建ててくれませんかねぇ」とあまり乗り気でなかったが、今回は社長の中でより具体化した理想形が語られたこと。

こうした変化の中から、コンサドーレが中心となってスタジアムを立ち上げる場合、ノノ社長が挙げたポイントを交えつつ数点メモしておく。

(1)2万人規模
(2)交通アクセスが良いこと。最寄駅が近いこと
(3)試合日以外でも人が集まる施設であること
   例えば、「コンサドーレ幼稚園」や「コンサドーレ老健ホーム」の併設
(4)商業施設や他のスポーツ施設も併設されていて、雇用や採算面でも黒字が見込めること

以上のようなおおまかな原案があるということだ。
もちろん大切なのは、

(5)行政を巻き込むこと

であり、そのためにはクラブの規模を大きくしていかなくてはならない。
そもそも債務超過ギリギリの会社に融資してくれる銀行は皆無だ。
金銭面をクリアするためには、Jリーグやtotoのスポーツ振興関係のお金もアテにしたいところ。
また、女子サッカーチームにも新規スポンサーが付く見込みがあることなどから、似たようなカテゴリー球技との併せ技の形で話を展開させる可能性も否定できない。(陸上は厚別に、野球はドームにその他はコンサドーレに集約とか)

なによりも大事なのは投資リスクを軽減することだ。新スタジアムがきっかけでコンサがつぶれたら元も子もない。
したがって、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウ)を獲得するためにまずは関係各所とのパイプ作りを始めないといけない。それがノノ社長の仕事だ。むしろノノ社長しかできない。特にJリーグやサッカー協会との交渉は。行政は誰かに頼らざるを得ないところだが、Jリーグは政治色を排すのが決まりだから知事選を使うのはNGだ。(誰か別件で知事選を絡めて質問していて冷や冷やしたが)

一般論としてまとまったサイトがあったので貼っておく。
札幌、いや北海道としてのサッカースタジアム理想論もそろそろ語り始めてもいい時期なのかもしれない。
経営者が夢を語る事で、もしかしたらそれに共感して出資してくださる企業やファンドが名乗り出てくる事もありえる。もちろん積立や寄付も考えなきゃならないだろう。建設後の運営方法も。
そしてこの話は、札幌ドームの使用料問題と並行して考えていきたい課題でもある。現在の費用削減と将来への投資のバランスの問題。


https://twitistwit.wordpress.com/2013/05/19/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98%EF%BC%88%E3%81%9D%E3%81%AE1%EF%BC%89/
サッカー専用スタジアム問題の基礎知識(その1)




あの時から「夢」はいつも心の片隅にある。あきらめない気持ちが大事!
http://www.consadole.net/odo5312/article/2590

posted by odo5312 |01:30 | | コメント(0) |

2013年09月04日

ギラヴァンツ新スタジアム

参考までに具体的な数字を拾っておこう。

・収容人員は約1万5000人

・約3年かけて行う建設費80億6500万円と、完成後15年間の芝刈りや施設補修などの維持管理費などとして計15億円を見込む

・これら業務を民間企業でつくる共同企業体に一括発注し、コスト削減や施設の長期安定運営を目指す


http://www.nishinippon.co.jp/nsp/giravanz/article/37389
(ギラ 新スタジアムに95億6500万円 事業費 北九州市が補正予算案計上へ)

posted by odo5312 |23:31 | | コメント(0) |

2011年01月02日

初夢

初夢は見たか見なかったっか覚えていない事の方が多いもんだが、
今年は違った。
内容は短いもののハッキリ覚えているので、ネタにしてしまおう。

登場人物はなんと、西嶋弘之選手 でした。

俺と対談しているという…

俺:「徳島との対戦楽しみだなぁ」と探りを入れる

ヒロくん:「もっと守備力を上げろと言われてるんですよ」

たったこれだけの内容なんだけど、やけにリアルだよな。

深層心理を分析すると、

・退団前に対談したかった(ダジャレかっ!)
・札幌も徳島も昇格するためにはお互い2勝してしまいたい相手

ってトコだろうか。

いずれにせよ、初夢がJ2関連コンサ関連だったのは、吉兆かも。

ここでおみくじを見てみる(大吉だったから結ばず持ち帰った)。

争事(あらそい) 「勝つが任すのが吉」

石さん、新コンサイレブンに任せた!





【今日の4コマ漫画】

平成の毒婦マチコ姉さん編「コーヒールンバ」



あなたのためにドリップ中 ミル挽き珈琲 自動販売機 

posted by odo |04:43 | | コメント(0) |

2010年04月19日

同じ夢

20100419-03.JPG




 ♪おーれたちはいつでもここに 
  
  どーんなときも お前のそばに 

  とーもに泣いて共に笑い 

  おなーじ夢をみるー  

20100419-01.JPG
 ♪おーれたちはいつでもここに    どーんなときも お前のそばに    とーもに泣いて共に笑い    おなーじ夢をみるー  
20100419-02.JPG
http://www.youtube.com/watch?v=0fa1RvR-VUY http://www.youtube.com/watch?v=2AXVXLiMWQg 水戸戦までにちゃんと覚えよう!チャントだけに 覚えてないの俺だけ?こりゃまた失礼しましたぁー


posted by odo |13:52 | | コメント(0) |

2010年03月18日

サッカー専用スタジアムが欲しい(6)

サッカー専用スタジアムっていいなぁ。

とセレッソが思わせてくれた。(しばらく忘れてたけれども)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100318-00000075-kyodo_sp-spo.html
(長居球技場もホームに セレッソ、大阪市と合意)

スポナビの記事↑から抜粋するぜ、ベイベ。


トラックがフィールドを囲んでいる陸上競技場に比べ、

トラックのない球技場はよりピッチに近く、

迫力あるプレーを観戦できる


拡大してみませう。

トラックのない球技場はよりピッチに近く、

迫力あるプレーを観戦できる


ガンバも専用スタジアム建設に走ってるし、こりゃ近い将来
大阪が国内サッカーの聖地になるぞ☆



こういう観戦する側の立場にたった発想が、北海道のサッカー関係者にも欲しいZE!

例えば、厚別の陸上トラックに桟敷席を設けるとか。

7,000円とか1万円でもチケットが売れるぜ。ウシシ


posted by odo |23:35 | | コメント(0) |

2009年11月24日

サッカー専用スタジアムが欲しい(5)

まだそんな事言ってんの?(書いてんの?)と言われても書く。
継続は力なり。力は長州なり。ラリアートなり。サソリ固めなり(モウエエ)
最初に断っておきますが、書き散らしです。

興味深いサイトを見つけましたんで、参考までに貼っておきます。

http://hiroshima-kop.under.jp/wp/
(広島サッカー専用スタジアム構想委員会)

サッカーへの思い入れが違うよなぁ、熱いなぁと感心するばかり。

「サポーター スタジアム建設」でググって引っかかったページは、↓でした。

「建設費とネーミングライツ」

この文中に「40年~50年の年間1億のネーミングライツで40~50億の資金を用意できれば」というのがあり、これをこちらの妄想に変換すると
「イシヤ白い恋人スタジアム」という建物になります(おぉ!)

ラジオで大学の教授が話してた事の受け売りだけども、ネーミングライツを買う企業は、CSR(Corporate Social Responsibilityの略、「企業の社会的責任」)つまり地域に貢献したいという意欲があります。

世界35ヶ国170以上の主要な国際企業が加盟する「持続可能発展のための世界経済人会議」においてCSRは、「企業が従業員、その家族、地域社会、そして社会全体の生活水準の向上のために、これらのステークホルダーと協働しながら、持続可能な経済発展に貢献すること」と定義されています。
長くなりましたが、石屋製菓様のことです(おいおい!強引すぎるやろ)


また、「サポーター向けの一口100万の低利債券 2000人分で20億」というのも、サポーターが資金を出すという発想においては似てるかなぁと思います。2000人というのは大体ゴール裏の常連の人数ですから。いい線行ってると思います。ファンクラブが8000人として、そのうち「声も出すし、金も出す」というコア層は約2000人でしょう。あと結構いそうなのが「声は出しません、静かに見てたいんです。でもお金は出してもよろしくてよ」というセレブです。いて欲しいなぁ。

とはいえ、一口100万だと簡単には集まらない気がするので、一口10万でどうでしょう。告知を1年前位から行えば、コアサポなら本気で積み立てるんじゃないだろうか。アウェー遠征を減らしてでも。甘いかなー。
2万口かき集めるという構想なら、なんとか出来ない事もないような。
いやー、ぶっちゃけ厳しいよね。

札幌市の予算の1割が生活保護費に消えるという経済事情は、本州とは比べ物にならない。まずそっち方面から改善せにゃならん。
ということは、まずは雇用だ。

雇用促進→公共事業→公共?公共財?→「サッカー専スタ」
→新スタジアム建設→できるだけ地元の建設業社に発注
(強引すぎるやろ…苦笑 でも半分マジメ)


ガンバの新スタジアムは、現状の北海道ではとても真似できそうもない計画です。

http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK200907080068.html
(「スタジアム建設費150億円、募金で調達へ ガンバ大阪」@朝日)

まず「サッカー専用で収容人数は3万2千人」。この規模はコンサには大き過ぎます。なんせ札幌ドームを満杯にできるのは日本代表だけなんですから。ファイターズと。

次に「パナソニックなどのスポンサー企業から約90億円の資金調達にめどが立った」。これがなんともうらやましいですなぁ。
150億は無理としても、80億くらいならやって出来ないことはないと思う。むしろ今は厳しいと思っていても「いつかきっと出来る」と思っていたい。だって夢は叶えるものだから(と誰かが歌っていたような)。

一言叫びましょうか。

TOSHIBA!! (笑)

もう一回叫びましょうか。

東芝!!

東芝 阪神! つーぼーいー(坪井)

ほんと、REGZAでスカパー見てる俺としては、妄想だとしても

「東芝スタジアムSAPPORO」に期待しないわけでもない。
大画面ビジョンは当然レグザだぜ!液晶TVの中で色合いは最高だと思うぜ!

だって、元々コンサは「東芝サッカー部」だったんじゃろ!?
復縁しましょうよ(泣きつく)
石さん、東芝本社と話つけてくださいな。(ズウズウシクテゴメンナサイ)


ま、あれだ。デフレがいつまで続くかわからんからのう。
デフレトンネルを抜けたあとの妄想ってことで、お開きにしよう。


そういえば、J2昇格濃厚な北九州。ギラなんとかというチームは、5年後に新スタジアムの計画があるそうだ。

http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/130992
(「NW北九州J参入合格点 鬼武チェアマンがヒアリング 新スタジアムの建設計画も説明」@西日本新聞)

…今回は北橋市長が4、5年後をめどに球技専用の新スタジアムを建設する計画などを説明。鬼武チェアマンは「総じていい状況にある。新スタジアムは大変に夢のある話だ…


強化費が少ないチームでも先を見てるぞ。

負けるなよ、サッポロ!!


したっけ。





posted by odo |10:03 | | コメント(0) |

2009年11月16日

サッカー専用スタジアムが欲しい(4)

団長さんから維持費に関するコメントをいただきました。大事な御指摘だと思います。
「夢の実現」だけでなく「夢の後」も考えておかねばならないと改めて思いました。

箱物を作るはいいが維持費に莫大な経費がかかる

http://news.livedoor.com/article/detail/4415463/
(PJニュース「日産スタジアム、命名権で大揺れ!日産自動車が継続か?」)


力作、読ませていただきました。
すばらしい夢、ぜひとも、維持費の側面からも、御検討の程、よろしくお願いいたします。
日産スタジアムは、確か、年間5億円の維持費が、必要らしく、当時、日産自動車が、4億7千万円にて、命名権を取得しました。今では、1億5千万円でも、スポンサーが?らしいです。(後略)

上記コメントを受け、サッカースタジアムの規模別分類から考察してみようと思いました。ちなみに現在「オフの贅沢」に続き「-196℃巨峰ヌーヴォー」を飲みながら書いてますので、居酒屋トーク的カキコなのは御容赦(いつもだろ)。

ウィキペディアから拾ってみた「サッカー専用スタジアム」を規模、用途別にまとめてみると↓こうなります。「ラグビー兼用」も含めます。

<2002 FIFAワールドカップ開催スタジアム>

◎サッカー専用競技場

    * 茨城県立カシマサッカースタジアム
    * 埼玉スタジアム2002

○サッカー・ラグビー兼用型

    * ホームズスタジアム神戸(神戸ウイングスタジアム)


<Jリーグ開催スタジアム>

 ◎サッカー専用競技場 

    * 茨城県立カシマサッカースタジアム/カシマ-鹿島アントラーズ
    * 埼玉スタジアム2002/埼玉-浦和レッズ
    * NACK5スタジアム大宮(さいたま市大宮公園サッカー場)/NACK-大宮アルディージャ
    * 日立柏サッカー場/柏-柏レイソル
    * アウトソーシングスタジアム日本平(日本平スタジアム)/日本平-清水エスパルス

○サッカー・ラグビー兼用型

    * ユアテックスタジアム仙台(仙台スタジアム)/ユアスタ-ベガルタ仙台
    * 栃木県グリーンスタジアム/栃木-栃木SC
    * フクダ電子アリーナ(千葉市蘇我球技場)/フクアリ-ジェフユナイテッド千葉
    * 味の素スタジアム(東京スタジアム)/味スタ-FC東京、東京ヴェルディ
    * ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市三ツ沢公園球技場)/ニッパ球-横浜F・マリノス、横浜FC
    * ヤマハスタジアム(磐田)/ヤマハ-ジュビロ磐田
    * ホームズスタジアム神戸(神戸ウイングスタジアム)/ホムスタ-ヴィッセル神戸
    * レベルファイブスタジアム(東平尾公園博多の森球技場)/レベスタ-アビスパ福岡
    * ベストアメニティスタジアム(鳥栖スタジアム)/ベアスタ-サガン鳥栖


<ホームスタジアム以外>

◎サッカー専用競技場

    * Jヴィレッジスタジアム/Jヴィレ
    * 国立西が丘サッカー場/西が丘
    * とりぎんバードスタジアム(鳥取市営サッカー場バードスタジアム)/鳥取

○サッカー・ラグビー兼用型 

    * 群馬県立敷島公園県営サッカー・ラグビー場/群馬サ
    * 松本平広域公園総合球技場(アルウィン)/松本
    * テクノポート福井スタジアム/福井
    * 豊田スタジアム/豊田ス
    * 名古屋市瑞穂運動場ラグビー場/瑞穂球
    * 三重県営鈴鹿スポーツガーデン球技場/鈴鹿

日本のサッカー競技場一覧

まぁ、人生いろいろ、サッカー場もいろいろ、咲 き 乱 れ る の♪



http://www.nippatsu-mitsuzawa.com/about.html(ニッパツ三ツ沢)

1955年(昭和30年)に国民体育大会のラグビー会場として建設されました。その後、1964年(昭和39年)の東京オリンピックのサッカー会場として使用された

http://www.nippatsu-mitsuzawa.com/outline.html

・座席 計15,046人(車いす席30人含む)
・大型映像装置 高輝度LED(赤・緑・青)フルカラー
(縦8.5m×横17m)
・照明塔 4塔

基本的にこれより小さい規模で充分だと思う。でかければでかいほど維持費や補修費がかかるので。
それに寒冷地対応のもろもろのシステムが半端なく費用がかかりそうな悪寒。

問題は寒冷地対応の芝を開発できるか。
出来ないのであれば、そもそも秋春制は無理っちゅーもの。ドームだってふだんは表に芝を出しているんじゃからの。雪が積もったらハイソレマ~デヨ。
積雪に耐えうる天然芝が無ければJリーグ基準を変えて、選手の足に負担にならない人工芝の開発を行わなければならない。その開発予算はどこから出る?
やっぱtotoの剰余金からでしょう。クラブあってのJリーグ、Jあってのtotoなんだから。


http://www.reysol.co.jp/cheer/stadium/index.html(日立柏)

ここも収容人員	15,900人(座席12,000)

ということは、2万規模じゃなくてもいいってわけだ。
コンサの場合、今後もファンの増加は見込めないから7000-10,000くらいの座席数で事足りる。
スタンドの規模より、雪と寒さに耐えられるスタジアム作りが求められる。なによりもピッチと客席の距離感、迫力とライヴ感あふれる「臨場感」が最も求められるのだが。


(恒例 妄想ターイム!)


温室スタジアム。太陽光を多く取り入れて芝を養成。
太陽光蓄熱発電システム導入で大型ビジョンや照明の電力を賄う。
それで国からエコの補助金をゲッツ。
雪対策としてガラス張りの天井。夏は風が通るように開閉式の天窓。(金かかりそー!)
雪は溶かしてトイレの水に使用。


<妄想スタジアム名>

・イシヤ白い恋人スタジアム  略称:恋スタ

今後も北海道土産№1の座を防衛して欲しい「白い恋人」。中国人を始めとするアジアからの観光客マネーを期待して、「白い恋人・赤黒縦縞缶(専用スタジアム寄付金付き)」を販売する。まずは宮の沢で、売れ行きを見ながら千歳空港、各デパートへ販路を広げる。寄付金総額はたかが知れているかもしれないが、専用スタジアムを札幌に作りたいという構想を全国、アジア中にアピールする。寄付金の目的は英語、中国語、韓国語でも表記する。やがてその噂が中東まで伝わり…


・馬油(バーユ)スタジアム  略称:バユスタ

某産油国の国王とスポンサー契約。オイルマネーを注ぎ込んでもらいスタジアム建設に回す代わりに、日高の競走馬を毎年数頭産油国に送りこむ。馬産地北海道ならではの取り組みと大いに注目を浴びる。
産油国のサッカーファンの間では、エメルソン、ダヴィのおかげで「コンサドーレ札幌」の名が浸透しており、ブラジル→札幌経由→中東というルートが出来あがっている。


どうもオイルマネーに頼っちゃうな。イカンイカン



posted by odo |23:50 | | コメント(0) |

2009年11月14日

サッカー専用スタジアムが欲しい(3)

JBA経由では他サポからも読まれている「専スタ欲しいシリーズ」ですが(JEFサポさん、来年は4649!)、調子に乗って第3回です。基本的に支離滅裂でテキトーだったりしますが、最終的な結論は「専スタ欲しい」です。どうぞヨロピクシー♪

まずは「専スタ欲しい(2)」でコメントを下さったお二方へのレスを兼ねて少々。

 そうだ、秋春制のモデルケースとしてJリーグに、「真冬でも観客が観戦に耐えうる専用スタジアム」を札幌に作ってもらいましょう!
 雪国でのJリーグやサッカーの活性化につながるはずです。
 (冷え症女さん)

冷え症って末端の冷え症と、内臓の冷え症があるんですってね。漢方に詳しいお医者さんからの情報を又聞きしました。
真冬でも観戦できたら、開幕戦も最終戦も専スタで開催できますね。基本的にドームに頼らなければ日程を組めないのはおかしいと思うので、「真冬でも観客が観戦に耐えうる専スタ」構想は王道だと思います。地域密着である点、それと欧州的な香りがしてお洒落です。イングランドやドイツあたりをイメージすればいいのでしょうか。
アイスホッケーで採用されている電熱ヒーターとか宮の沢で採用されているガス温水パイプとか、そういうヒートテックでコンサティックなスタジアムを目指していくのも北国らしくていいと思います。北海道や札幌市が乗ってこなければ、国にお願いして国立札幌スタジアムにするくらい実験的な建物になるでしょう。有権者>国会議員>役人>有権者 という三すくみ構造をうまく利用するのも手です。あと数年もすればスポーツ健康省もできるでしょう。

 このエントリーの意見・考え方に私は大賛成です。方法論も書いてありますので、このままHFCにぶつけてみませんか。本気で、サポーターズ持ち株会がこの案件で動きだしたら、私も出来るだけ協力してしまうと思います。いずれにせよ、この専用スタジアムが欲しいという気運を盛り上げていきたいものです。もちろんチームをしっかり存続させながらのはなしではありますが・・・。
 (濃い目サポさん)

賛同いただき恐縮です。ただし、HFCにぶつけるにはまだまだ稚拙な内容ですし、時期尚早な気も致します。ただHFCの人達もコンサブログは読んでいますので(と某中の人がおっしゃってました)、こういう意見もありますよ、という事を訴え続けるのは無意味じゃないと思ってますよ。よくネットでガチャガチャ書いても始まらないという人もいますが、僕はそうは思わないです。書いているうちに矛盾も出てくるし、場合によっては断念せざるを得ないと感じるかもしれないし、逆に燃える道産子魂ダーー!!になるかもしれません。「持株会」は資金集めの予測データにはなりますが、持株会自体が例の減資&増資で債務超過解消の手段だったわけです。専スタうんぬんよりも「クラブ存続」方面に近い存在意義だったりします。
ただ、前社長も現社長もバラバラの成り立ちを持つサポ持株会、ファンクラブ、後援会の各組織を総合的に見直し10万人規模のサポータークラブを検討しているとサポ集会で発言していました。もしかすると「ソシオ制度」や「新スタジアム建設推進会議」へと発展するかもしれないですね。希望的観測ですが(笑)
いづれにせよ、「専用スタジアムが欲しいという気運を盛り上げていきたい」という願望と「チームをしっかり存続させながら」という縛りはバランスが難しいところです。その綱渡り的・ヤジロベー的な楽しみもコンサティックではありますが。

さて、宮の沢で買ったコンサグラスに入れた「夕張長いも焼酎」が氷だけになりました。だいぶん酔いも回ってきたところです。氷だけにロック(ンロール)!!
それでは今夜のリクエスト曲をおかけしましょう。
BON JOVI 「You Give Love A Bad Name (Live From London 1995)」
http://www.youtube.com/watch?v=40UQDEtRxp8

サイコーだ!俺の中に椿鬼奴が潜んでいる。

とはいえ、もう寝る時間を過ぎている。続きを急ごう。(まだ書くのかい)


金の話をザックリとね。仮に80億必要だとしよう(かなりテキトー)。
宮の沢40億の倍。これも出所が不確かな数字なんだけど。
土地がいくらとか建物がいくらとか、賃貸だとか買い取りだとか難しい話は抜き。とりあえず80億としよう。

サポーターズ持株会会員が12,363名、出資23,630口。
29.71% (持株会出資額/HFC資本金)
http://www.consadole-sapporo.jp/mochikabu/outline.html

これらの個人・法人・団体が新スタジアムへのお布施として一口につき1万円づつ(×23,630口)拠出したとしたら、2億3630万円。
たぶん、これくらいはなんとか集まるであろう。しかしどうだろう、いざ建設期成同盟立ち上げ!となるとこの10倍は必要じゃないだろうか?
そこで2番目の株主様、3番目の株主様…100番目…とお布施を募り、合計10億。サポートシップスポンサーやパーソナルスポンサー、後援会、ファンクラブ、サッカー協会もろもろ回って、合計12億。サポだけに「12」億ナンツッテ。

12億を担保にノース・パシフィック・バンク(仮称)に融資を申請。
24億の資金が出来たところで、ドバイに飛ぶ。



おまいは鷲津かっ!!


もう寝よ。







posted by (0d0) |00:17 | | コメント(5) |

2009年11月12日

サッカー専用スタジアムが欲しい(2) 

8日のヘタレ試合を受けて逆噴射気味にエントリした、9日の「サッカー専用スタジアムが欲しい」が意外にも反響が大きくてびっくりドンキーです。アクセス数が半端ねぇ半端ねぇ、過去最多。
沢山の人が「サッカー専用スタジアム」に憧れを抱いていることがよ~くわかりましたよ。それだけでも書いた甲斐が甲斐バンドってなもんです。アンナーア

くーさんのご紹介もあってコンサ隊のエントリに付いたコメントも併せて読ませていただきましたが、濃い目のサポ様達から「サカ専スタ待望論」が出てきており心強く思いました。

もちろん異論反論オブジェクションだと思いますよ。
札幌ドームのオープンが2001年ですから2011年でまだ十周年。贅沢言うなと言われればそれまでなんです、ふぇるなんです。
ウン十億の費用負担は誰がする?というのもあります。こればかりは、意見が割れるでしょう。収入に見合った支出、借入金の返済、売上利益も出ないHFCの財務内容…。削るところは数あれど、どこに新たな建設予算が計上できるの?という声も多いと思われます。

ただ事業予算というのは、単年度のものと複数年度にまたがるものとがあります。借入金にしても短期もあれば長期もあります。新規のスタジアム建設となれば、ダムや新幹線同様、公共性や時代性、なによりも即時の必要性が問われるわけです。

複数年、長期の予算を組むにあたり、真っ先にサポーター集会などでクラブ側あるいはサポ側から話が出るのは、クラブのヴィジョンであります。
ユース組織を盤石にするのもそう。例えば東雁来にユース寮付きの練習グラウンドを完備させるだとか。これは人材育成から見た立派なヴィジョンです。

さて、サッカー専用スタジアムの建設は、今のコンサの財務状況からあるいは100年に1度とまで言われる不況下で果たして優先順位は高いのか低いのか。
予算の配分というか、お金を入れる袋の整理が重要と思うのです。積み立て額よりもまずは予算の仕分け。フロントも数年おきに変わっていくわけですから、予算配分のパーセンテージだけでも大枠で決めておきます。5-7%は必ず積み立てるとか。

・トップチーム用の袋(例えば補強費、運営費)
・トップチーム以外の活動用の袋(例えばユース費、地域貢献費)
・借入金の返済(道と市への分割返済)
・夢の袋(サッカー専用スタジアム建設費積み立て)

単年度で赤字を出す要因は、広告料の減もあれば入場収入の減もあります。
来年度はさらに試合数の減も予想されます。
入場者の伸び悩みはいっそう続くでしょう。だとしたら、何かを変えなきゃなりません。

大阪では2つのサッカー専用スタジアムが計画されています。
鬼武チェアマンは「陸上トラックのない専用スタジアムなら、お客さんに伝わる迫力が違う。ひいてはJリーグ全体の活性化、観客増にもつながる」と歓迎しています。

北海道や札幌市、サッカー協会へ「サッカー専用スタジアム」の建設への協力を要請したらどうでしょうか。将来的に観客増が実現できなければ借入金も返済不能になるわけですから。まずはコンサドーレに「サッカーを見せる環境を与えてください」とお願いするのです。
仮に色よい返事が来なくても、民間で協力してもらえるところを探します。銀行、土産菓子メーカーなど(笑)

そして、最後にコンサの筆頭株主「サポーターズ持株会」の出番です。会員からさまざまなご意見を頂戴します。ファンクラブや後援会も合体させて、ソシオ制度にして新たな出資母体を作ります。出資できる金額に応じて、新スタジアムの招待券がもらえたり、年間シートが確保できたりします。

ライジングサンのように敷地内にテントを張って、試合を挟んで朝から晩までコンサを語る会をします。もちろんBBQセットは持ち込み可。焼鳥もタコ焼きも出店します。夏場はビアガーデンです。チャントコンテストなんかも開催されます。勢いで一晩で応援歌が完成したりします。
ファンクラブ更新回数に応じてグレードがプラチナになると、スタジアムの敷地内の共同遺骨ロッカーに入る権利を獲得できます。これであの世でも「赤黒の幽者」になれます。



なんて具合にいろいろ妄想して楽しむことにしましょう。だって夢だもん。



posted by odo |23:24 | | コメント(2) |

2009年11月09日

サッカー専用スタジアムが欲しい

もっと選手とサポーターの距離が近かったら、
もっと臨場感、ライヴ感があったなら、
きっと昨日のような虚しい試合は減るんじゃないだろうか。

俺達は特に札幌を拠点としているサポは、本当にサッカーを、Jリーグを楽しめているだろうか?
旭山動物園が展示方法を変えて劇的に来場者を増やしたように、サッカーを動態展示する、すなわちサッカー専用スタジアムでプロサッカーの迫力を間近に伝えるという発想に転換してはどうだろうか。ただチラシを配ってスタジアムに見に来てくれ、だけでは一般ピープルには通用しない時代なのではないだろうか。

「戦う」ことがテーマならば、それにふさわしい「リング」が必要だ。
厚別公園陸上競技場は確かに聖地だが、いつまでも聖地でいいのだろうか。特別リングサイドを自ら作る努力をしてはいかがだろうか。
陸上トラックが選手とサポーターを遠ざけている。
フットボール本来の熱さが伝わって来ない。伝わってるフリをしているにすぎない。
本州のサッカー専用スタジアムを体験すると、コンサドーレに必要なのは器、箱だなと思う。日立柏、ユアスタ、三ツ沢。行った事ないけどフクアリ、ナックファイブ。これくらいの規模のスタジアムがなんで北海道に無いのでござるか?おかしいじゃん。いつまでもワールドカップの遺産に頼ってていいんか?札幌ドームはサッカーのおかげで建設できたんだけど(ココ重要)、ファイターズに譲ってやろうぜ。

収容人数は大きくなくていい。むしろ小さめにして毎試合完売御礼くらいの方がいいと思う。ということは7,000~9,000人収容くらいでいいのか。Jのホーム基準も変えなきゃならないな。屋根は客席上部にだけについていれば良い。でっかいビジョンも必要だ。でかい駐車場も。そうそう、集客のポイントは駐車場だ。建設ファンドを募集して一定の金額以上を払い込みした人には、駐車場と座席の年間シートを優先的に買える権利を付ければいいんだ。
大一番のレッズ戦だけドームを借りればいいさ(笑) 雪氷に耐えられる芝も開発せにゃならんな。天然芝風人工芝?コンサで開発して特許とるしかないな(無理か)
まずは満員のホームゲームという雰囲気づくりからスタートさせる。嫌でもモチベが上がるべさ。
フロント、監督、選手は変わっていく。戦術もサッカーのスタイルも変わる。
J1、J2というカテゴリーもどうなるかわからない。仮にJ2定着としても、それはそれで仕方ない。J1定着よりクラブ存続が大事だ。無い袖は振れない。耳にタコができるほど聞いたよ。

胸スポンサーか背中スポンサーか、なかなか決まらずユニフォーム制作期限を越え、Kappa自慢の昇華転写プリントが圧着シールになってしまった。いま思えば「ニトリさん辞退」の前兆は昨オフからあった。コンサドーレ札幌というチーム名が残り、赤と黒の縦縞さえ残ればいい。ただ運営会社の北海道フットボールクラブはその在り方自体が問われてくるだろう。
そんな中、サポーターは何に対して夢を見ていけばいいのだろう。
今まで見てきた夢、具体的な「強さ」「J1定着」「攻撃的サッカースタイル」「強力FW」…どれもこれも金・金・金。どれもこれも儚い。人が夢をみると書いて儚い。

そこで、俺達はよりリアルでかつ後世に残る夢を見るべきだと、ついさっき仕事帰りの道すがら思ったものさ。どうせ金がかかる「コンサもの」なら、後世に残るものを、と。いや、ダヴィ2号、3号…100号くらいまで量産して転売を繰り返して、やりくりしていってもいいんだけど、そりゃギャンブル過ぎるでしょ?だったらコツコツ貯めてドカンと買ったらいいじゃないの、と。何を?
ズバリ、「コンサドーレ札幌サッカー専用スタジアム」の建設だ。
これを実現すれば、きっとその建設を見ながらそこでの活躍を夢見ながら、赤黒選手達が躍動するに違いない。もう厚別が聖地じゃダメなんだよ。もうドームに1試合800万払うのはもったいないと思わなきゃダメなんだ。
800万あったら積み立てて頭金を貯めなきゃダメなんだよ。いまからそういう壮大なスケールでクラブのビジョンを語り始めなきゃ、何もかもがジリ貧になっちまう。

Jリーグ全体の問題だと思う。サッカー専用スタジアムでJリーグを開催すれば、もっとフットボールの凄さ楽しさが伝わるはずだ。
totoの収益金はクラブに大幅に還元されるべきだ。ただし、サッカー専用スタジアムの建設費に充てて必ず形にして残すという条件で。
コンサドーレが生き残るには、コンサドーレ専用スタジアムをサポーター主導で作り(作らせ)、次代のコンササポを呼び込むしかないと半分本気で思い始めた。
サッカーの内容うんぬんも確かに大事かもしれないが、サッカーを見せる劇場を作ることも長期的な構想に組み入れたらどうだろう。土地、建物、スポンサー、ファンド…いろいろな障壁をクリアしなきゃならない。何十年かかってもチャレンジする価値はあると思う。金融機関や行政を巻き込んでなんとか現実的に進められないものだろうか?




posted by (0d0) |21:42 | | コメント(8) |