コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2019年03月16日

鹿狩り2019

    鹿狩り、鹿討。かつての王者アントラーズは世代交代期を迎えた。札幌にとって最大のチャンスが巡ってきた。即ち鹿島と札幌の実力差が僅差になっている。
    勢いでは札幌が上回っている。元鹿島監督オリヴェイラ率いる浦和にアウェーで完勝、ホーム開幕戦では清水から5点を奪い12年ぶりに白星。昨日は鈴木武蔵が森保ジャパンに召集されるなどノリに乗っている。この勢いを鹿島にぶつけたい。

    鹿島相手なので崩すのは相当難しいという前提でストーリーを予測する。先制点を奪い逃げ切るのが理想だが、先制され逆転するシナリオも用意しておきたい。勝つとしても1点勝負ではないだろうか。
    同点でキリキリしながら決勝点を待つパターンだとして、結局はスタジアムの声の圧力、声援で声圧したい。圧力をかけるのだ。元横綱稀勢の里も初の解説で「圧力」を強調していた。圧をかけることは、ホームのアドバンテージだ。

    そこで提案したい。ここ一番で背中を押す場面がきたら、ゴール裏の応援歌に合わせて座っている人たち、例えばゴール裏に近い旧SB、旧SAも一緒に歌うのだ
サラウンドでドームに響かせるのだ。
    曲は歌詞が重ための新曲がいい。赤と黒が人生だから、と言い切るサポーターの生き様を歌う曲が、鹿狩りには相応しい。
ガツンとドームに反響させて赤黒戦士たちのミラクルを引き出したい

明日が初観戦の方もおられるだろう
ゴール裏も開幕戦よりはルヴァン杯の方が音程が安定してきた
明日はベストなゴール裏サウンドが奏でられるだろう
声の束は必ず武器になる

まずはリピートして歌詞を頭に刷り込ませていただきたい
https://youtu.be/NA7ucfegjsw





https://youtu.be/NA7ucfegjsw

posted by odo5312 |19:12 | 坂大楽 踊一 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする