コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年11月20日

Champion Sapporo goes to J1

 前節の劇的な逆転勝利で首位のまま最終節を迎えた札幌。河合のロングフィードに飛び出した内村がボレーシュート一閃で勝利を引き寄せた瞬間は、まさしく奇跡。雷に打たれたファンは多かったことでしょう。2位の清水、3位の松本山雅との勝点差は3。つまり引き分けでも優勝でJ1昇格、自分達が負けて2位3位が勝った場合でも(松本山雅との得失点差を考えると)昇格はほぼ確定という有利な状況で今日を迎えました。最終戦の舞台は今季滅法強かった札幌ドーム。相手は最下位の金沢。これで負けたらどうするんだという条件下ではありますが、福森とジュリーニョが出場停止、また38,000人超も予想された大観衆(実際は33,697人)も、却ってプレッシャーとなる可能性はありました。残留争い真っ只中の金沢が順位以上の力を出すことも考えられましたし、案外難しい状況だったと言えるのではないでしょうか。

 コイントスで勝った金沢がピッチを変えて始まった前半は、比較的静かに進み、0-0で折り返し。と言っても決してスローだったり守備的だったりしたわけではなく、むしろ双方の、勝負に掛ける想いと得点を狙う意識、同じく高い集中力と堅い守備が正面からぶつかった結果、拮抗した展開になったと見るべきでしょう。少なくとも首位と最下位の対戦とは思えない緊張感に満ちた内容でした。それぞれに決定的なチャンスがあり、いずれも身体を張った守備がゴールを防ぎました。札幌について言えば、セットプレーでのキッカーが上里であることで、いつもと勝手が違う部分はあったかもしれませんが、その分、上里得意の大きなサイドチェンジで見せ場を作ることもありました。櫛引も守備だけではなく積極的に持ち上がる場面もあり、不安を感じる部分はありませんでした。

 後半は、前からの守備を強め、高い位置で奪って攻め切りたい金沢に対し、まずはきっちり守ってロングボールからチャンスを狙う札幌という構図が、より顕著に。そんな中、四方田監督は67分にヘイスから内村、74分に上里から前寛之という交替で、縦への推進力及び中盤の運動量増加を図りましたが、これも金沢の運動量と攻撃的姿勢が緩まないことで、今ひとつ機能せず。

 思いがけなかったのは、他会場の結果により、時間が経過するほどに両チームにとって引き分けがそれほど悪くない選択肢になっていったこと。それは双方の選手にとって、最終節を勝って終えたい誇りや意地と、優勝と昇格あるいは入れ替え戦へ進んで自動降格回避を決めたいという勝負に徹する冷徹さの間で揺れる、しかし揺れている場合ではないという、非常に困難な選択だったと思います。結局試合はそのまま終了、札幌が今季の優勝と昇格を決めました。

(ブーイングをしていたファンの気持ちも解らなくはないですが、例えば、あそこで無理に攻めてカウンターから失点しても良しと出来たのかどうかは問いたい。おそらく来季は、相当上手く行ったとしてもこういうスッキリしない試合は増えると思うので、覚悟はした方が良いでしょう。もちろん、状況にかかわらず試合ごとの面白さが第一という考え方もありだと思いますので、その場合はその限りではありませんが。なお、この点については、試合後の勝利監督インタビューにおける四方田監督の選手へのサポートが素晴らしかった。また、ホーム最終戦後のセレモニーで、野々村社長からのサプライズとして上映されたVTRも、今日のこうした戦い方を可能とした今季の積み重ねを改めて振り返る意味で良かったと思います。)

 クラブ創立20周年を優勝と昇格で決めた札幌。まずはおめでとうございます。次にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ヒーローインタビューでキャプテン二人が言っていたとおり、来季は厳しい戦いが待っています。正直、楽観は出来ませんが、今日はひとまずそこは置いて、クラブも選手もスタッフもファンも、全員で歓喜に浸りましょう。そして来季、また一丸となって頑張りましょう、熱くなりましょう。やったぞ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, J2 league finally finished this season. All teams had games from 14:00 at the same time and got the result of this year for each. Hokkaido Consadole Sapporo that had got closer to both championship and promotion with last Saturday’s too much dramatic 2-1 turn over victory against Jef United Ichihara Chiba—Uchimara’s super volley shot to the long feed from Kawai in the additional time was almost miracle—kept leading the league with 84 points before the final game they met Zweigen Kanazawa on the home pitch of Sapporo Dome. The difference of the point between Consadole and following Shimizu S-Pulse was still three so the draw game was enough to decide that their champion ship and even though they lost it and got overtaken they would play in J1 next season because of the goal difference between the third placed Matsumoto Yamaga FC with 81 points. Still, the thing that Kanazawa also had been in amid of the survival race on relegation had turned it more complicated, and playing this important game without suspended Julinho and Fukumori was obviously never easy. Even the home attendance that had been expected over 38,000 (actually it counted 33,697) could make the players a little nervous and make the game difficult too.

It became so close and tight game; both team worked really hard and tough, and well concentrated whole 90 minutes. Kanazawa was more aggressive with high pressing but the home team kept pushing it back carefully and patiently and created some opportunities with long feeds. To break the situation, Yomoda substituted Uchimura (for Reis) and Mae Hiroyuki (for Uesato) to hoping their vertical move would boost it up but before it worked the circumstance changed.

Eventually, the difficulty for both team came from out of the pitch; progresses of the other places. The surrounding that both S-Pulse and Matsumoto Yamaga was getting win and Kanazawa’s rival Giravanz Kitakyushu was in 2 goals behind gave both teams an idea to stay 0-0 and share the favorable results each other, and they took it. The game got slow and quiet and ended under the realistic decision.

However, the stadium were filled up with big delight and excitement from their 4th title and the promotion, very in club 20th anniversary year and it remained during the last home game ceremony. (By the way, Yomoda’s words in winner’s interview and the season digest video played in the ceremony was really nice.) 

Anyway, Hokkaido Consadole Sapporo will play in the stage of J1 next year. I would like to say congratulation and thank them, all players and staffs and fans, and hope the team have a great days the rest of this year and rest well for the next year. It must be hard and tough but we already know that enough to stand and walk next to them; yes we can. Enjoy J1! Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |19:04 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(7) |

2016年11月03日

Consaodole took back blaze

 だから石井を使えと言ったろ?

 石井だけではなく、久々にスターティングラインナップに名前を連ねたメンバーは、荒野もジュリーニョも河合も良かったですし、どうした効果か、堀米や福森、そして都倉も輝きを取り戻した試合でした。ドームでの讃岐戦は4-1の快勝、連敗も2で止め、2位3位との差もキープと一安心、21,000人を超えたホームの観客も外の雪を忘れて熱く燃えたのではないでしょうか。おめでとうございます。

 今日の札幌は始めから気合と勢いが違った。そして結局はそこが勝敗を分けました。開始直後で守備が落ち着かない相手を激しく攻め立てると、3分、右のコーナーキックを福森→前寛之→福森と繋いで逆サイド、ファーに入れたクロスを都倉が落とし、ジュリーニョが胸トラップ、身体ごと押し込んであっさり先制。11分には今度は左から、再び福森のフリーキックに、マークについていたエブソンを振り切ってゴール前に飛び込んだ都倉が右足を合わせて追加点。27分も左サイド、フリーでボールを持った堀米が思い切って撃った斜めに長いシュートはゴールキーパーに弾かれたものの、もともとクロスに備えて走り込んでいた荒野が詰めて(素晴らしい反応でした)3点目。31分に右太腿を痛めた菊池が進藤と交替してすぐの自陣左側からの相手コーナーキックで、都倉がかぶってしまったところを背後のエブソンにヘッドで決められ“お返し”されたものの、こちらもすかさず三度福森、右からのコーナーキックが相手のオウンゴールを誘って4点目。前半で勝負を決めました。

 贔屓目もあるかもしれませんが、やはり石井の存在が効いていたと思います。自らドリブルで持って上がれますし、宮澤や荒野といった中の選手とのワンツーでもパスを引き出す動きが攻撃的かつ滑らかでした。彼のおかげで前2戦は堀米頼みだったサイド攻撃が両方で機能したのが大きかった。相手ボールになった際の戻りも速いなど守備も良いですし。チームとしても、今日は中盤で奪ってから一気に人数をかけて分厚く押し上げることで、たとえ流れの中から点を取れなかったとしても相手のミスに繋がりチャンスになる、そういうサッカーが出来ていました(何故いつも出来ないのかは不思議ですが…)。河合軍曹の後方からの喝が効いていたのでしょうか。

(ただ、あの本来のスリーバックから河合が一列下がり、空いた中央にミッドフィールダーの誰かが入るという守備陣形は、河合がソンユンの前のもう一枚の砦になっていると言うよりは、オフサイドにならずに裏を取られる率が高いんじゃないかと実はビクビクしていましたが…。幸いそういう場面は訪れず。)

 後半、ゲームが硬直しかけていると見るや四方田監督は、62分にはジュリーニョ→内村、79分には宮澤→上原と、リーグ戦の仕上げに向けて得失点差も考慮したような強気の選手交替。ただ、J2残留に向けて勝点が欲しい讃岐も反撃を諦めることはなく、後半はむしろ押し込まれる時間帯もあったほどで、代わって入った二人にもそれぞれに惜しい場面はあったものの、得点までは至らず(ジュリーニョにシーズン11点目が出ていたので、内村にも得点して欲しかったですが…)。それでも、最後まで攻撃的な姿勢を貫いてくれたので、観ていて気持ちが良かった。

 早ければ次節にも昇格が決まるとのことですが、ここは余計なことを考えず、目の前の試合に集中して欲しい。エブソンとの接触で荒野が額を切りましたが、大事なく次節もトップ下で活躍してくれることを希望。次節徳島戦も来週の千葉戦もリアルタイムでの観戦は出来ませんが、応援しています。今日のようなゲームをすれば、何処が相手でも大丈夫。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Holiday Thursday, at Sapporo Dome, Consadole Sapporo met Kamatamare and beat it down by a score of 4-1. 

Consadole totally overwhelmed the visitor from the first and went ahead in the 3rd minute early with Julinho’s season 11th goal assisted by Tokura’s header to Fukunishi’s corner kick from their right side. Also in the 11th minute, Tokura left behind Evson who had marked him and shot Fukumri’s free kick into the goal, but it never ended; Horigome’s 27th minute’s long diagonal shot from his left side finally drew their third score by Arano who rushed to the reflection from goal keeper Shimizu. Although Kamatamare hung on with Evson’s header goal that he caught Tokura’s miss clearance to Takagi’s corner kick in the 31st minute just after Consadole defender Kikuchi hurt his right thigh and got changed to Shindo, soon Consadole expanded the lead again by Sanuki’s own goal to Fukumori’s corner kick from the right facing them, and decided it only in the first 45 minutes.

Some fresh players such as Ishii, Julinho, Arano, and Kawai, perfectly match and also refreshed the regular players like Fukumori, Horigome and Tokura. Especially, Ishii’s dribble and long running in his right side helped the team many times to make their soccer quick and aggressive. Ishii worked on defence very well and had great combination with the other midfielders. Julinho put accents on their attack and Arano worked really hard and widely on the pitch for the team. Captain Kawai (now actually their captain is Miyazawa though) kept tightening and heating them form the bottom of the team. Fukumori obviously deserved this day’s Man of the Match with his accurate kicks. Kamatamare now in amid of the survival race against relegation pushed back hardly and the second half got more difficult so the substitutes Uchimura (for Julinho) and Uehara (for Miyazawa), however, the active and livery soccer never stopped to the end. It must have heat up and excited the attendance counted over 21,000 enough to forget the cold snow outside of the Dome.

It seemed that Consadole took back their strength and beauty for the rest of the season (there are only 3 games to finish). If they stay there, maybe it closes in happy. Keep it going and run through, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |19:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |