コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年10月30日

Sapporo face tense situation

 アウェイで熊本に0-2で敗戦、今季初の連敗。これで2位の松本山雅との勝点差は3、3位の清水とも6まで縮みました。リーグとしては盛り上がって来ましたが、追い上げられている当事者としては苦々しさも否定できません。

 それにしても、今日の熊本は素晴らしかった。積極性、運動量、持久力、特にプレスとセカンドボールへの反応は最初から最後まで札幌を圧倒。復興支援活動の一環として被災地から200人をスタジアムに招待しての試合だったと聞きました。地元を元気付けよう、勇気付けようという気持ちも有ったかもしれません。テレビで観ていても、熱が伝わって来るような戦いぶりでした。天晴れ。

 札幌は上原、前貴之、永坂というフレッシュな顔ぶれをスターティングラインナップに揃えて臨みましたが、このうち前と永坂は完全に裏目に出ました。前半立ち上がり、ほぼ一方的に押し込まれる展開の中、11分、熊本の斎藤にスピード負けした永坂がペナルティエリア内で手を使って引き倒してしまいPK献上、清武に先制ゴールを許し、その後もどうしても流れを引き寄せられないまま後半に入ると、65分、今度は前が自陣深いところで左サイドを支え切れず、片山にクロスから平繁のヘディングでリードを拡げられてしまいました。

 その後、札幌は神田(←前寛之)、ジュリーニョ(←永坂)、菅(←内村)と攻撃的な選手を投入、反撃を試みましたが、疲れ知らず、かつ、集中力が切れない熊本の守備陣を崩すことが出来ず。ジュリーニョはともかく、他の交替が効果的なものだったかどうかは疑問。そもそも、ハーフタイムの指示が「サイドを使って行こう」で、実際それが最も有効と思える状況だったことを考えれば、最初の二枚替えで、冴えのない都倉を残し、上原ではなく内村をサイドハーフに下げた意図は、トップに当てて横から追い越させるくらいしか思いつかないにもかかわらず、主体的にそういうプレーをする場面はほとんど見られなかったのがひとつ。更には、次の交替で(前節同様)最も得点の匂いがする選手である内村を菅と替えている。いや、菅は菅で予想以上に良くはありましたが、なら、最初から使うか、もっと時間をあげれば良かったような。いずれにしろ、ちぐはぐ。

(何故石井を使わないのか。最初の交替を都倉→石井として前に内村と上原を残すか、最後の交替が堀米→石井でも良かったように思うのですが…。ベンチに入ってはいても、コンディションが良くないのでしょうか。いずれにしろ、やはりもっと余裕がある時期や、日程がタイトなところでもっと若い選手や二番手どころを多く使っておくべきだった。固定された顔触れでここまで戦い続けて来てしまったことは、彼らの経験値を上げられなかった点と、一線級を疲弊させ過ぎた点で、今季の四方田札幌の数少ない失策でしょう。)

 まあ何を言っても、ここに来て出来ることはそう多くないはず。特にファンは、焦れる気持ちや不安をグッと堪えて、むしろこの状況を楽しむくらいの構え方で良いかもしれません。選手には今季の自分たちが強みとして来た点、堅実な守備と中盤で奪ってからの素早いサイドへの展開、自らやりやすい状況を作って、しぶとく守り切るサッカーを思い出してもらいたい。まだ、何も終わってはいません。ここからが勝負、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Roasso Kumamoto on the away pitch of Umakana Yokana stadium and lost it by a perfect score for the home team; 2-0. It is the first time for Sapporo to lose two games straight in this season; and with this result, the difference of the point between the league leader Sapporo and second placed Matsumoto Yamaga finally got closer to three.

It was the game that Kumamoto kept overwhelming and pushing Sapporo from the first to the end with the aggressive play based on the strong presses and hard work and also the fighting spirit especially to cheer up the people invited for the game; now still suffering from the earth quake damage.

Some fresh players were in the starting lineup of Sapporo for this game but young Nagasaka and Mae Takayuki totally backfired; Nagasaka directly caused the penalty kick in the 11th minute Roasso went ahead, and Mae also could be a trigger of the next goal in the 65th point allowing Katayama to break his right side and to send cross to Hirashige.

Yomoda, the head coach of Consadole, sent more offensive substitutes such as Kanda, Julinho, and another young talent, Suga; but it was a little late or would not work. It was unfortunate for Consadole too that Roasso defence was tight, keen, limitless-energetic, and incredibly concentrated. It also help the team mates’ counter attacks very well.

(I cannot believe Yomoda gave up Uchimura who seemed to be the closest to goal, and stuck Tokura to the end; maybe he was expected as a target in the front line but first of all, they had not done soccer like it would work.)

Anyway, Consadole is getting a little tense situation with the rest 4 games in the final stage of the season. However, also there is not so many things they or we can do now; why they or we do not have fun? For players, to remember and review their play style of this season; hard defence and quick side attacks. Still nothing end. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2016年10月22日

Brake before 80 points?

 お久し振りです。

 先月、ある朝突然ラップトップが壊れまして。修理に出して先週には戻って来ていたのですが、不便ではあっても、なければないで何とかなる状態に慣れてしまって、本格的に画面に向かうのは今日が最初だったりします。齢を取ると、ちょっとしたきっかけで色々なことが面倒になって行くような…。

 さて、レビュー再開が敗戦についてになってしまったのは残念です。何処かでブレーキがかかってもおかしくはないチームの状況と今季ここまでの展開でしたが、残り試合が少なくなり、2位以下の追い上げが激しいこの時期というのは、ファンの精神衛生上あまり良くはないでしょう。ホーム連勝は10でストップ、J2のホームゲーム連続不敗記録更新がならなかったのも悔しいところ。

 試合自体は札幌が積極的な攻撃で押している中、左サイド、ロングフィードに走り込んだ高木大輔の一本のシュートで先制されると、その後もチャンスは作りながらも決め切れない展開で前半を終え、後半も54分に、前節リーグ戦初ゴール、今季初スタメンの中原を上原に替えて前線のターゲットを増やす工夫をしたものの効果は薄く、反対に60分、ドウグラス ヴィエイラに追加点を許してしまい厳しい状況に。菊地の、自陣ゴール前で背後の選手に対して感覚に頼った適当な守備が致命的でした(菊地はこういう、経験則なのでしょうか「何とかなる」的なプレーが散見される気がします。個人的には櫛引の方がいいなあ)。

 72分の前→神田の交替では事態はそう変わらないだろうと思っていましたが(理由後述)、案の定。しかし、76分、相手ペナルティエリア手前でフリーキックを得ると、福森のキックは僅かに外を巻いて直接ゴール左隅に突き刺さるスーパーゴールに。この盛り上がりを一気に同点、逆転と繋げたかったところですが…。86分には内村を下げて永坂を入れ、ゴール前をガッチリ固めるヴェルディに対し、増川を前線に留める策で最後の瞬間まで攻め続けましたが、力及ばず(しかし増川は、相手が守るだけになっていたとはいえ予想以上に多くの見せ場を作って楽しませてくれました(笑)。ただ、内村を下げたのは多分失策)。

 先に相手を褒めますと、今日のヴェルディはDF陣の距離感と集中力が良かった。先制していたこともあったと思いますが、後ろで守り切れると信じられるから、攻撃は少ない好機に、より思い切りが良くなる。そこでハマったと思います。札幌も決して悪くなかったです。久々のマセードは、特に前半は精度の高いプレーが光っていましたし、宮澤の機動力と視野の広さ―最終ラインから相手ゴール前まで、その場所でその時に欲しいプレーを供給する能力は素晴らしかったです。中原も、ボールが足に吸い付くようなところがあって、何かやれそうな雰囲気がありました。

 今日のような試合だと、逆説的に今の札幌に足りないものが見えて来るような気がします。つまりは、相手を混乱させられるテクニシャンかスピードスター、あるいは強烈な飛び道具。(コンディション万全な)小野や(シーズン序盤の)ジュリーニョであれば、そういうジョーカーに成れたかもしれませんが、そもそも今日はベンチにもいません。プレシーズンマッチを観てイルファンにはそういう要素があったと思ったのですが、それ以前の所で足りていなかったようです。今日の面子でそこに近い存在は、最初から出ている内村と中原。だから、中原はもっと使って欲しかった。上原を入れるにしても、堀米と交替で良かったのでは(いや、堀米は決して悪くなかったですが、ポジション的に)。次の交替も中の選手ではなく外、動きが落ちて来たマセードを見切って、これも色々なことが出来る石井を入れれば良かった。とにかく、今日のヴェルディの守備は、サイドから崩して左右に振るしかなかったと思うので(もっとも、石井はそもそも疲れが取れていなくて控えの可能性もありますが)。そして最後、内村は絶対に下げてはいけなかったと思います。彼の最初のシュートと、97分のシュートは今節で最も得点に近かった。あの増川の活躍と内村の得点感覚、両方が残っていればあるいは…と思わずにはいられません。じゃあ、増川を上げるために永坂を入れたとして、誰を下げれば良かったか。ここで前でしょう。いや、菊地でも良かったですけど(注:素人考えですよ?そこは大前提でお願いします)。

 これで明日、松本山雅が勝つようなら、ちょっと嫌な空気が残りますが、あまり深刻になる必要もないのでは。地力はあるのですから、立て直すつもりでしっかり準備して次節に当たれば良い。フレッシュな選手に賭けるのもありですが、今季ここまでの自分たちのサッカーは変えるべきではありません。変に浮足立つことのないように、切り換えて行きましょう。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Saturday’s Sapporo Dome, J2 league leader Hokkaido Consadole Sapporo met Tokyo Verdy and lost the game by 2-1 for the visitor. At the moment, their winning streak in home game finally stopped by 10; and they also failed in expanding their J2 league record, 23 games lose less on the home pitch, to 24. Over 18,000 fans in the stand who expected the moment of the new club history missed it.

Still, the game could be enough exciting. It started as the game for Sapporo; they had overwhelmed the rival all around the pitch with the quality and strength of players, but only one good feed and good shot turned it over; Verdy went ahead with the 30th minute’s Takagi Daisuke’s goal, and also they expanded it in the 60th minute with Douglas Vieira’s score helped by unbelievable carless mistake of Consadole defender Kikuchi. The home team hanged on with Fukumori’s super free kick shook the net directly slightly vend from left side out in the 76th minute, but it was their best.

This day’s Verdy defence was remarkably excellent; defenders concentrated very well and the communication and relation was good, and worked hard. It gave the confidence to the offence and made it more aggressive. Consadole’s substituting did not really work this day; it seemed Yomoda sent the players to strength the center of the team, however, it should have done for the both sides. Miyazawa, Uchimura, Nakahara and Macedo were good. Yomoda changed Nakahara, the center of forwards, but it could be for Horigome in the right side (Horigome was never bad too though) also to left Nakahara. Ishii would have taken over Macedo’s right side when the Brazilian got tired and slow, better than at least making that between center midfielders, from Mae to Kanda. The last substitute Nagasaka was sent to help the team tallest defender Masukawa join the power play (actually there was great chance that he score) but Uchimura should have stay (maybe here, Mae could leave). 

It seems a kind of brake before 80 points and fans must be warried about the second placed Matsumoto Yamaga catching up Sapporo. The important thing is stay calm and keep playing as they have done so far this season. Using flesh players decisively will work but breaking the team strategy and play style never sound good. Practice and prepare well for the next game in Kumamoto and restart winning, go! Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |