コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年09月19日

Quiet draw but Consadole reach 70 point

 長崎戦は0-0の引き分け。終始押し込まれがちな展開でしたが、選手間の距離はそれほど悪くなく、最も懸念された宮澤と増川の不在も、前寛之と河合がそれぞれ埋め、事なきを得ました…と、良かった点を挙げてみても、寒い結果は補えないでしょう(これがリーグ首位を走り来季J1を狙うチームのサッカーか…という、シビアなファンの声が聞こえそう…)。

 幾つものピンチは常に長崎の雑なフィニッシュに助けられましたが、攻撃の精度の点ではこちらも似たようなものでしたし。ヘイスと(途中出場の)ジュリーニョが共にパッとしなかったのが、四方田監督としては計算違いだったでしょうか。

(ジュリーニョと言えば、何故、一度トップ下に入れてからサイドに配置し直すのか?(誰を残して誰を諦めるかは、その日の戦い方や、監督から見た選手の調子の良し悪しもあるとして)この日の交替で言えば、内村→小野、堀米→ジュリーニョで良かったような気もします。)

 この日は幸い松本山雅も引き分けたため、勝点9差は変わらず、しかも札幌のポイントは70の大台に乗りましたが、C大阪と清水が勝って追い上げて来ました。まだまだ緊張感を持って戦わなければならない状況は続いています。ただ、ここまで勝っていれば研究もされますし、故障者が増えて力を出し切れなかったり何処か迫力を欠くゲームが続いたりする状況にしても、もっと前に来ていても不思議ではないくらいで、想定の範囲内。今は踏ん張り時、耐え時でしょう。

 次の町田戦も、負けないことが大事です(もちろん、アウェイゲームの借りを返せればそれに越したことはありませんが)。平日の夜で試合は観られませんが、残業しながら応援しています。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, a J2 league game between V. Varen Nagasaki and Hokkaido Consadole Sapporo at Trans Cosmos Stadium and the night game after hard rain ended in a scoreless drew. It was quiet and even frustrating especially for Consadole fan (Someone says again that was not the play of the team leading the league and shooting for J1…) but they reached season 70 points first among the 20 teams.

Entirely, the game was for the home team; Nagasaki kept attacking and trying more aggressively, and Sapporo blocked or parried well (or just fortunately) too much long time. Nagasaki’s poor finishes save rivals many times but it was same as Sapporo. Although Mae Hiroyuki and Kawai made up the absence of Miyazawa (suspended) and Masukawa (injured) that fans and the club had been really warried about, Reis was almost lost in the game, and substitutes such as Julinho and Ono Shinji were also plain to change the tide. 

This day, Matsumoto Yamaga F.C. in 2nd place drew too; so the deference between them stayed 9 points. However, Cerezo Osaka and Shimizu S-Pulse both won to come closer. Now is the time to stand steady and hold on. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |11:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年09月11日

Restart season with victory at Atsubetsu

 リーグ中断中に天皇杯を2回戦で敗退、嫌でもJ2優勝と昇格へ専念出来る状況となった札幌、再開後の最初の試合は、今季リーグ戦は初となる厚別で、8月を3勝1分けで終え、下位とは言え好調の群馬と対戦。

 厚別では天皇杯で敗れているうえ、風下を嫌った群馬にコイントスでピッチを入れ替えられるなど、良い雰囲気とは言えないスタートでしたが、10分にあっさりと先制。増川のクリアを上里が冷静に前方へフィード(守備を攻撃にスイッチする良いプレーでした)、後列の福森が良く走って追い付き、左からアーリークロス、ニアで内村が潰れ、ファーの都倉がインサイドシュートできっちりネットに突き刺すという、綺麗な得点でした。これで一気に流れを持って来たかとも思ったのですが。

 その後は何故かフワフワとしたプレーが増え、群馬の激しいプレッシャーと、ここぞという局面で前にかける人数を惜しまないハードワークに苦戦。19分には、直前の相手コーナーキックからのピンチを切り抜けて気が抜けていたのか、上里のパスがインターセプトされたところから、高橋→山岸→瀬川と、自陣での縦パス2本とシュート1本だけで同点とされてしまいます。群馬はこの3人がチームの好調を象徴するような活躍で、しかも最後まで運動量もプレーの質も落ちず、その後も再三、ヒヤヒヤさせられることに。札幌は23分、マセードが右ふくらはぎを痛めて石井と交替しましたが、マッチアップする高瀬の勢いとスピードを考えると、これが案外、怪我の功名だったかもしれません。

 後半終了間際、福森のコーナーキックを宮澤がニアで合わせたヘディングシュートがポストを叩いたプレーが惜しかったですが、宮澤は、危機を摘む嗅覚こそ戻って来ているものの、動きがまだシーズン序盤の溜め息もののキレに届かない印象(後半かなり良化しましたが)。今日の札幌は、中盤で食い止められない、競り負けることで、守備の準備が間に合わず、危ない場面まで持って行かれる回数が多かった。その分、身体を張った頑張りも見られましたが。ソンユンはファインセーブを連発。58分の堀米のゴール前ギリギリでのクリアも素晴らしかったです。

 64分、その堀米がヘイスと交替(ヘイスはトップ下に、トップ下に入っていたジュリーニョが押し出されて左サイドに)。これで流れが変わりました。78分、相手陣内深く切り込んだジュリーニョが個人技を披露、相手DF2人をかわしてクロスを送ると、飛び込んだ石井のヘッドは一度はゴールキーパーに弾かれたものの、密集の中から再度気持ちで押し込み今季初ゴール(意外でした)、スコアは2-1に。

 それでも勢いが落ちない相手に安心は出来ませんでしたが、82分、上里の低空を切り裂くようなミドルシュートがポストを直撃、跳ね返りをキープしたヘイスが粘り強くシュートまで持って行くと、都倉がコースを変えて3点目(都倉はシーズン17ゴール目。再び得点ランキング首位タイに)。これで安心したか、四方田監督は内村を下げて小野を投入。札幌が守りに入らなかったことで、最後まで双方がゴール前で見せ場を作る展開になったことで、その技術と判断が随所で光り、札幌や小野のファンならずとも楽しめたのではないでしょうか。

 調子が悪くとも勝てる、今のチーム状況と強さと逆説的に証明したような試合でしたが、今目指していることを達成するうえでは結構なことです(その先を云々するなら、チーム内の世代交代が思うように進んでいないことを始め不安は尽きませんが、長くなるので割愛)。後半戦も残り半分、東京の2チームには負けるわけにはいかないでしょう。残りは何とか雪辱を果たそうというチームばかり。気は抜けませんよ、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

J2 league restarted this weekend and Hokkaido Consadole Sapporo met Thespa Kusatsu Gunma on its second home pitch, Atsubetsu Sports Park Stadium, and won it by a score of 3-1. It could be even perfect for Consadole that already finished this year’s their Emperor’s Cup Tournament in the second round during the break to play the rest of the season shooting championship and promotion.

Consadole took lead first with Tokura’s goal in the 10th minute early. It started from the clearance from the defence leader of Sapporo Masukawa. Next, Uesat forwarded it to Fukumori who had come from behind and Fukumori’s early cross went across the pitch from his left side to right to Tokura finally drew the going ahead goal. Uchimura’s play attracted Thespa defenders helped it well.

However, soon after the beautiful score, Gunma equalized it with another excellent play from an intercept; Takahashi, Yamagishi, and Segawa pulled back the home team to the game with only 2 passes and 1 shot. Actually, Sapporo had difficulty with hard and strong pressing and hardworking after that too, and these 3 players kept threatening them almost whole 90 minute).

Macedo’s leaving in the 23rd minute could be another problem for Sapporo but the substitute Ishii scored in the 78th minute in the crowd before the Gunma goal (it was his season first score). Just before that, Yomoda changed Horigome who had been playing in the left side to Reis and it also caused position change between Reis and Julinho; Julinho went back from attacking midfielder position to his original field left side after all, and it had moved the game too.

The 82nd minute’s Uesato’s middle shot was stunning. It hit the goal post but Reis held the reflection and shot, and then, finally it was modified the course by Tokura to the net. Tokura’s season 17th score lifted him up to the top of J2 goal race again.

At last, Ono Shinji appeared to close the game and fascinated fans with his brilliant play, gentle ball touches and accurate passes and shot, and quick decisions to conduct the team. It seemed that a little more concentration and communication were needed but it was good for them to won this kind of difficult game (To be honest, I wish Yomoda tried more his young players or substitutes though…). Stay there and go through the season, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |17:56 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |