コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年07月31日

Tactician leads team to win again

 前半こそ前回対決から10試合でここまでチーム力に差が付くかと言いたくなるような圧倒振りで、リーグでも勢いのある山口から2点をリードしましたが、後半は、勝っていると(悪い意味で)引き気味になる癖と暑さのダブルパンチか、やや精彩を欠き1点差まで詰め寄られた札幌。しかし何だかんだでしっかり逃げ切って首位をキープ。お見事です。

 21分、先制は福森のフリーキックに都倉のヘディングという、もはやデジャヴのような形から美しく。キックの精度とフィニッシャーの強さが揃った、やられた方にしても、あれはどうしようもないという得点。追加点は38分、ジュリーニョの個人技から。ボールを持った状態からきっちり前を見てドリブル、そのまま狙い通りに打って決めたミドルシュートは、前節岐阜戦でのハットトリックの勢いとリズムをそのまま維持していると思わせ、大いに頼もしかったです。また、個人的にはどちらの得点場面でも、最後にゴール前へ詰めていた荒野のサボらないプレーも賞賛したい。

 しかし前述出どおり、後半は一転、山口のペースに。押し込まれる時間帯が増えます。しかし、ここで流れを取り戻すための交替が、攻撃のテコ入れ(堀米→内村。トップ下の荒野をボランチに)だった辺りに四方田サッカーの方向性が見受けられますが(welcome)、それも残念ながら思ったようには機能せず。嫌な場所で突破された状況に加え、脚が止まりかける時間帯的に仕方がなかったような気もしますが、68分、荒野のファウルで与えたフリーキックから失点。ただ、ここですかさず動きの落ちたジュリーニョを下げて小野を投入、まずチームと試合を落ち着かせ、彼のフリーキックから増川のヘディングがポストを叩くなど惜しいシーンも生まれながらそれでも相手の勢いをとめられないと見るや、福森に替えて櫛引を投入、小野を前線に残した5-4-1の布陣で安全に逃げ切ったのは、間違いなく指揮官の手腕でしょう。素晴らしい。

 ピッチ上での今節のM.O.Mはマセード。90分(以上)運動量を落とすことなく攻守に大車輪の活躍。最後まで一番走れていたのではないでしょうか。いつもあれぐらいやっていただければ、今以上に頼もしい存在になってくれると思うのですが。次点は荒野と福森、そして毎度の増川。

 次節は今季降格組の清水エスパルス。ダントツで昇格を狙っていたはずが、思うような結果を残せていないというのが現状だと思われますが、力があるクラブとチームであることに変わりはありません。ただ、無配が続くドームでの試合ですので、きっちり返り討ちにして首位での昇格にまた一歩近付きたいところ。期待してますよ、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo showed its strength to Renofa Yamaguchi in Sunday J2 league game at Ishin 100th Year Memorial Stadium with 2-1 victory. 

Tokura’s going ahead heading goal to Fukumori’s accurate corner kick in the 21st minute and next scoring from Julinho’s skillful dribble and grounder middle shot in the 38th minute both represented current Consadole and seemed to almost decide the game, however, tiredness from the hard work in the first half and the deference of the temperature between Sapporo and Yamaguchi made Consadole players slow down. Yomoda sent the ace forward Uchimura for center midfielder Horigome to spice up the team more aggressively but it did not work; finally Arano’s foul drew the home team’s free kick and allowed the equalizer in the 68th minute.

But Yomoda’s next decision, ex-national team player Ono Shinji replacing Julinho who clearly had been running out of gas totally rebuilt the team. Besides that, once he found already there was no way to booth up his players, he changed Fukumori to Kushibiki to refresh the defence and succeeded in staying the lead in the end; it was excellent.

About the field players, Macedo deserves M.O.M. He worked hardest among all players on the pitch in this game and actually threatened their opponent and saved his teammate the most. Arano, Fukumori and Masukawa were good too.

Next game they will meet Shimizu S-Pulse must be hard again, still, it is on holly home pitch of Sapporo Dome. They must expand lose-less streaks in there to 18 and fix the standing as league leader. We believe in and stand by your side. Go! Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |23:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年07月16日

Draw game but good

 岡山戦、何処までも緊張感の持続する好ゲームでしたが、結果は引き分け。勝ちたい選手の気持ちは伝わってきましたし、ファンとしても勝って欲しいところでしたが、それは相手も同じでしょうし、それは仕方のないこと。あの内容で、アウェイで勝点1を持って来たのなら、むしろ良くやったと言えるのでは。立派です。

 双方、最後まで守備の意識が高く、集中力が途切れませんでした。隙を突く一発を、より狙っていたのも仕掛けていたのも岡山でしたが、今日の札幌はいつも以上にチーム全体での守備が出来ていました。最終ラインとボランチの二人の距離感と連携に加えて、サイドの石井やトップ下の荒野も、ここぞと言う時には運動量を惜しまず自陣で危機を潰していました。その後の切り返し、奪った後の展開やカウンターに移るスピードも決して悪くはなかったのですが、相手も戻りが速く、ゴール前の壁が厚かった。それでもこのまま行けば何処かでウチの時間帯になると思っていましたし、実際、後半、堀米に替わって内村が入ってからリズムが良くなって、点が入る匂いがしていたのですが…。いや、やっぱり今日の引き分けは相手を称えたいと思います。

(この時、左WBの堀米が抜けて内村がトップに入ったことで、荒野がトップ下から右WBへ、石井が右WBから左へ、ヘイスがトップ下へ、それぞれスライドしているのですが、これだけポジション変更しても全く支障なくプレー出来る状況は素晴らしいです。練習も選手間のコミュニケーションも上手く行っていることが窺えます。)

 最後にジュリーニョと交替しましたが、ここ数試合、ヘイスの守備が光っています。前線で追いかける動きはそれほどでもないですが、落ちて来る判断と、ボールが来た時に“いる”場所がイイ。急にチームにフィットした気がしますが、後半戦、実に頼もしいです。

 中三日で水曜日、再び首位決戦となる松本山雅戦、ソンユンが母国のオリンピック代表に合流で不在となりますが、金山に頑張ってもらいたい。ここらで足踏みは、えてしてそんなもの、想定内ですが、直接対決で引き離されるとライバルを乗せてしまうことにもなるので、やはり避けたい。前回対戦で負けているので、やり返したい気持ちもあります。当日は残業しながら応援します。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

J2 league game between Fagiano Okayama and Hokkaido Consadole Sapporo at City Light Stadium in Okayama ended in scoreless draw. It was even and close, and really tight; both team (and fans) remained tense situation long. All players on the pitch kept working hard and tough so maybe only one mistake or just luck (or bad luck) could decide the game but their concentration and physical and quality of play kept it away after all.

For Consadole, when Uchimura appeared as substitute to Horigome was the best timing to break it and go ahead; actually, the tide obviously had changed and it stayed for a while.

(At that time, Ishii went across the pitch from his right side wingback position to the left for Horigome, and Arano moved to the right side from behind strikers; Tokura and Reis. Reis fell down to fill up Arano’s original part and to make a space for Uchimura, and next moment they started playing as if there was nothing deferent at all; it was excellent and exciting!)

For the next match, Sapporo will meet Matsumoto Yamaga FC on the holly home pitch of Sapporo Dome and compete for the league leader; it must be tough and hot again. Although I cannot see that maybe working late, believe their win. Go! Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |23:00 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年07月03日

Sapporo shines in Hakodate

 UEFA EURO 2016 準決勝、ドイツ対イタリアを見ながら書いていました。いやー、双方、らしさと良さを出し切った凄い試合でした。漫画やドラマのような展開がカッコ良過ぎ。プレーのクオリティもいちいち高いし。GKブッフォンということと、途中からの5-4-1のフォーメーションでイタリアを応援していましたが、壮絶なPK戦の末、ドイツの勝利で幕を閉じました。雪のフクアリでの天皇杯新潟戦を思い出しましたよ…(寒かったけど、熱かったな)。この後の試合でも、初めから注目かつ応援しているウェールズだけではなく、アイスランドもジャイアント・キリングを続けてここまで生き残っています。こちらとしてはもう眠気との戦いですが、可能な限り追いかけて行きたいと思います。

 さて、J2の試合ですが、今日の横浜FC戦は、そんなEUROの試合にも負けないくらい興奮しました。先週スカウティング(?)して来た結果、今の横浜はまあウチの敵ではないだろうと思っていたので心配こそなかったものの(町田は相手の疲れを待って一気に付け込む横浜の戦法を見抜けなかった時点で負け)、慣れないピッチとスペシャルなユニフォーム、メモリアルな雰囲気に、いつもの戦い方を崩しやしないかという一抹の不安はあったのですが…。

 そんなものも早々に吹き飛ばすジュリーニョの鮮やかなミドルシュートによる先制ゴール、前半終了間際には、EUROで見るプレーにも全くひけを取らない、まさにワールドクラスと言える荒野のDFを抜き去る動きからクロス、これまた決して簡単ではないヘイスの振り向きざまのシュートで追加点、更には後半開始直後に、今度は堀米からのクロスを受けた荒野がシーズン初得点を自ら決めて、早くもゲームを決めたかとさえ思わせます。

 今日の堀米は彼らしい縦の突破が光っていました。また、そんな堀米の輝きに隠れ気味でしたが、逆サイドの石井の上下運動も相当なものでした。そしてなんといっても荒野。久々にスタートからのプレーで体力が余っていたのか、何処のポジションの選手なのか判らないくらい何処にでもいました。更にはヘイス。遂に前からの守備が形になって来た。状況を見て自主的に落ちて来るようにもなり、あのシンプルに捌く特徴がショートカウンターを武器とするチームに予想外のフィットを見せている。嬉しい驚きです。

 そして福森のセットプレーにおける、いつもながら精度の高いキック。4点目は福森のフリーキックから増川のチーム加入後初ゴール。まあ、これで勝てれば文句なしだったのでしょうけれど…。

 イバは、先週、横浜対町田を観戦して、16番の野村と3番の田所の次に危険と感じた選手。フリーキックがバーを叩いた時にスタジアムに響いた“ゴンッ”という音はあのフッキを想わせましたが、やはり要注意でしたか…。前節同様交替で出て来るとスルスルッと2得点。1点目は裏を抜かれた進藤のチョンボですが、2点目は点取り屋の執念とキックの技術を感じました。4点のリードがなければ危なかった。それほど前がかりになっていたわけでもないですし、DF陣にとっては反省材料でしょう。

 しかしここで守備を固めるのではなく元祖“スルスル系FW”内村を投入したのが、今日の四方田采配の不敵かつ素敵だったところ。これがバッチリ機能して、最終的には相手ペナルティエリア内で4人の選手を引き付けた内村からのパスを、同じく途中出場の上原がこれもシーズン初ゴールを決めて、逃げ切りを確実にしました。「5年ぶり函館で5点快勝」なんて見出しが明日はスポーツ新聞に踊るでしょうか。函館で入場者数10,000人超えというのも記憶にないですが…。コンサドーレのファンは皆さん満足出来たはず。良かった。

 首位でシーズンを折り返した札幌。次は2試合、アウェイゲームが続きます。しかもC大阪と岡山。気温と併せて難しいとは思いますが、ここを負けずに乗り切るようなら、昇格も真実味を帯びて来るのではないでしょうか。踏ん張りどころです。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

(来週は小樽に旅行に行きますので、観戦も投稿もお休みします。よろしくお願いします。)

Sunday, rainy Hakodate Chiyodai field and truck Stadium, Hokkaido Consadole Sapporo met Yokohama FC and beat it by a score of 5-2; enough for the memorial game cerebrating Hokkaido Shinkansen line’s opening. In unusual place and unusual uniforms that had been designed featuring the bland new bullet express cars, Consadole players played excellently and livery to excite and delight over 10,000 fans in the stadium including usually far from Sapporo.

Sapporo had been playing active and aggressive more than usual from the first, especially with Julinho, Reis and Arano in the front line were super. In the 16th minute early, Julinho scored to move the game, and next Reis’ goal in the 41st minute to the cross from Arano made it much easier for them. The play Arano turned and left the defender behind with tricky trap and idea was very world class quality as if now we can see UEFA EURO 2016 but Reis’ quick turning around shot was never ordinal too. When Arano made his season first goal by himself soon the second half started, it almost seemed to decide the game but there were more; this day’s defence leader Masukawa broke Minami’s goal taking advantage of the height and physical strength in 59th minute. It was his very first goal in Consadole.

However, suddenly Moroccan in the other side brightened here; Yokohama’s substitute Ibba made two goals in a row. It was also little late and not enough to save the team though. And about Sapporo, substitutes worked well; Uchimura who had gathered and held finally four defenders in the penalty area of Yokohama drew Uehara’s latest goal and really close it. Uehara also marked season first scoring.

Seven goals in total must be fun for the audience in the stadium not very soccer fan but actually every play worth to see; Fukumori’s free kicks were always so accurate and helpful and the hard workers such as Arano, Holigome and Ishii taught us how it was important and variable for the football world.

With this result, Sapporo turned the season staying the top of the league. Next two games are both on the away pitch for Sapporo and it must be difficult but if they come to over that, the promotion get closer too. Stay there. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |