コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年05月29日

Amazing Sapporo

 本当に強いですね。久々のドーム、難敵と思われた山口を3-1で下して遂に6連勝。連続1-0勝利のJリーグ記録更新こそなりませんでしたが、札幌ドーム12試合無敗はクラブ史上初だそうで。おめでとうございます。

 今節のスターティングラインナップは、左の内村と右の都倉のツートップに、トップ下のジュリーニョという万全の態勢。ウィングバックは、左には復帰が待たれていた石井、右には練習で負傷をした荒野(やっと戻って来たと思ったのに…)に代わってマセードが入った他は前節と変わらず。戦い方は、相手陣内では割と自由にボールを持たせ、センターラインを越えて来る相手選手には強く行って引っかけて奪い、縦のパスはコースを読んでカット、後は素早くカウンターという、これも今季鉄板の形。それでも、人もボールも良く動き、連動も見事な山口のサッカーに対し、前半は無得点で終えることに。

 しかし、後半に入ってすぐ試合は動きます。自陣からのロングフィードを頭で逸らしたジュリーニョが、内村とのワンツーのような形で相手ペナルティエリア内に切り込んだところで倒されてPKを獲得。都倉のキックは左ポストに当たってゴール内へ跳ね返り、札幌が先制。今日の都倉は惜しいプレーに加えて“らしい”プレーが多く、復調を窺わせました。53分には宮澤が、左サイドで受けたボールをドリブルで中央へ運び、更に右サイドのマセードへと展開、マセードの素晴らしいクロスにドンピシャのタイミングで走り込んだ内村が、狙いすましたヘディングシュートを左ゴール隅へ叩き込んで突き放しました。内村はこれで3試合連続得点。

 久し振りに2点を取って楽に逃げ切れると思った矢先、深井がファウルの直後にボールを蹴り出すという、まさかのイエローカードコンボ(ラフプレーと遅延行為)で退場。直前に宮澤から稲本の交代を行っていただけに(宮澤の負傷は心配)痛かったはずですが、これにも内村を堀米に替えて堀米をボランチに、石井を進藤の右に配し、都倉を左ウィングバックに下げて、ジュリーニョをワントップに据える4-4-1に変えることで対応、しかもそこから79分、ジュリーニョの突破とループシュートという完全な個人技で追加点を上げたのには驚きました。更に直後、進藤が自陣ペナルティエリア内で不用意なプレーで相手にPKを与えて、6試合ぶりに失点したのも驚きでしたが…。

 残り10分を切ったところでジュリーニョを下げて櫛引を投入、福森の左に並べて、清水戦以来の5バックで試合をクローズ。勝負強さも見せつけてホームのファンを沸かせました。今節は監督の采配も光りましたが、選手個々の判断と頑張りが本当に素晴らしい。前半のプレーに戻りますが、30分、自陣でインターセプトした増川が相手陣内までドリブル、最後は右サイドの進藤がクロスを上げて終わった攻撃など、DF二人がゴール前で絡んでいるだけではなく、その間、リスク管理を含め全体のバランスを取っていた中盤の選手のポジション取りも実に良かった。こういうチームはなかなか負けないような気がします。

 次節もドームですが、今度こそ正真正銘難敵の千葉です。ドームでの千葉戦では良い印象もありますが、勝ってばかりではないことを思い出し、気を引き締めて臨んで欲しい(所用でリアルタイムの観戦は出来ませんが)。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Amazing six consecutive win; it was very eight years ago last time they made it. Saturday, Hokkaido Consadole Sapporo came back to the home pitch of Sapporo Dome and knocked back Renofa Yamaguchi that had done very well for newcomer to J2 so far by a score of 3-1.

For the first 45 minutes it was almost even. Sapporo did not play so tight until the opponent or their feeds came across into their area but once it happened, never missed that and returned quick counter attacks. It had worked and actually created some great opportunities but Yamaguchi matched well with its aggressive play and hardworking.

However, about quality of players for each, Sapporo exceeded Yamaguchi and it moved and decided the game in the end. Soon after started the second half, Consadole went ahead with Tokura’s penalty kick and just six minutes later, Uchimura scored with the strong and sharp header to beautiful cross from Macedo in their right side. Uchimura who scored by heading three games straight was super but Macedo was more remarkable; it was super!

No one expected Fukai’s out in the 64th minute with the combo of two yellow cards for two different fouls just after Miyazawa got wound his calf and left the pitch and Inamoto appeared instead; but more surprising was what the next goal was again for Sapporo that sent back even Uchimura to care Fukai’s place with substitute Horigome. The 79th minute’s Julinho’s robbing goal going over Reofa’s goalkeeper Ichimori’s head showed his skill and experience totally.

When Shindo pushed down Renofa player in their penalty area and allowed one goal fight back with the penalty kick in the 82nd minute, it seemed that some more upset could be happened, still, Yomoda replaced Julinho with Kushibiki to set up tight and thick block line with five defenders to close the game.

Consadole has stayed loseless in twelve late games at Sapporo Dome (estabrished club record) and next game will be again in the Dome. JEF United Ichihara Chiba is never easy to push back but now the team has strength that any players work almost same for the team. We stay excited and enjoy it too. Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |00:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2016年05月22日

Sapporo won’t stop

 苦手とする讃岐に初勝利、5連勝は何と9年ぶりだとか。札幌の勢いが止まりません。それが全て1-0での勝利という点については、守備の安定を誇るべきか、心もとない得点力に不安を感じるべきなのか難しいところですが、まずはおめでとうございます。もちろん、暫定とは言え首位もキープ。

 スターティングラインナップは帰って来たジュリーニョをトップ下に、都倉と内村のツートップ、荒野を右ウィングバックで使い、前節で良いパフォーマンスを見せた櫛引を、おそらくはセットプレーでの得点力優先で福森に替えるという、出し惜しみなし、かつ、どうしても勝ちたい気持ちが伝わるものでした。

 実際、札幌のサッカーは開始直後から、相手ボールホルダーに対する寄せ、ピッチ上の何処であっても相手に数的有利を与えないハードワーク、味方同士の連携と距離感がいずれも素晴らしく、各選手の危機管理意識と早目の動き出しで守備も安定、安心して観ていられたのですが、一方で、得点のためには最後の最後で今ひとつ決め手を欠く印象も。内村、都倉、ジュリーニョの組み合わせがやや硬化しているような気さえしました。

(と言うよりはジュリーニョの中央への配置にこだわり過ぎた?後述しますが、後でもっと流動的になってから良化したので。また、前半だけで都倉らしいシュートが2回ありましたが、いずれも枠を捉えられず。やはりちょっと本調子ではないのかもしれません。それでも88分の、DF二人に挟まれてのボールキープは凄かったですが。)

 そんな中でも、30分、宮澤→ジュリーニョの縦へのパス→都倉がボールを抑えて同時に潰れ→走り込んで来た宮澤のシュートがバーを越えるという惜しいプレーが飛び出すと、42分、ジュリーニョの物凄いサイドチェンジを受けた左サイドの堀米が下げたボールを、福森が再び右へクロス、これを都倉が巧く左へ折り返すと、スペースを突いてゴール前へ入り込んでいた内村がニアポストへ、前節に続いてヘディングで捻じ込んで遂に札幌が先制、良い時間帯での得点に成功。あれだけ左右に振れば何処かで入ります。お見事。

(しかしM.O.Mは内村ではなくジュリーニョ。ひとつひとつのプレーの質が本当に高い。常に何とかしてくれそうな技術に加えて、90分通して献身的。良い選手を獲りました。)

 これで気持ちが楽になったか、後半は前半よりも流動的になり攻撃も活性化しましたが、讃岐の固い守備もあり、追加点は遠く、64分には内村から小野、71分にはジュリーニョからヘイスへと、選手もポジションも変えて流れを呼び込もうとしましたが、暑さか疲れか、むしろ札幌の選手の脚は止まり、最後の15分は完全に守勢に回る結果に。もっとも、79分に相手CKのタイミングで堀米を下げて河合を投入していた段階で、しっかり守り切って勝とうという意思統一がされていたかもしれません。

 何はともあれ長いアウェイ連戦も全勝で乗り切り、次節は遂にホームに戻って来ます。相手の山口も今節は落としているものの簡単な相手ではないですが、札幌の今のチーム力なら引けは取らないはず。願わくは複数得点で勝利を。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo finally marked five straight victories with the result of the Sunday game against Kamatamare Sanuki at Pikara Stadium by a score of 1-0. At the same time its 1-0 winning streak was expanded to five; for Consadole, it was first time in these nine years, and also it was very first time to defeat Sanuki.

The game had been controlled by Consadole from the first; in the relation and communication between players, skill, and hardworking, they all exceeded Kamatamare but the part of finish alone was not enough. However even the problem was eventually swept away by Ace Uchimra’s scoring in the 42nd minute. It started from Julinho’s extra ordinary long side change from their left side to Horigome in the opposite side. Fukumori’s cross came back to the left side again and Tokura returned it to right really skillfully and then, Uchimura broke narrow space with his header to score two games in a raw. That was totally excellent goal.

For the rest of the game, Sapporo gradually got slow and leaden maybe because they had been tired out and it was too hot for the northernmost team in the league; substitutes Ono and Reis could not change the situations but when the heart of the team Kawai appeared, they decided and found what to do. With the tight and more defensive playing, Sapporo closed it staying the lead.

Of course, more than a goal a game has been waited. Still, no goal allowed in five games is super; especially when the latest three games was all on the away pitch. And finally they are coming back to Sapporo Dome. Why we cannot expect great thing from this? Renofa Yamaguchi is now in the fifth place and never easy visitor to knock back but they must make it; at least we have good reason to believe home team’s win. Delight us, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |22:58 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年05月15日

Sapporo win 4 games straight

 熊本戦延期のため週末ひとつ空けての水戸戦、累積警告によるジュリーニョ不在をどう乗り切るかの答えは、荒野トップ下、都倉とヘイスのツートップでした。更に、中盤右サイドのマセードも休ませ、前寛之が入りましたが、他では特に変更は見られず。個人的に嬉しかったのは控えにイルファンが入っていたこと。これからも今季これまでのような戦い方を続けるなら、最後の数分、ほぼ全員で引いて守らなければならない時間帯は多くなるはずで、味方の苦し紛れのクリアーやロングボールに対してでも、追い付けるのみならず、前目のポジションからなら一気にゴール前までドリブルで運べる彼のスピードは、頼もしい武器になるはず。

 そろそろ奮起が期待されるヘイスですが、15分、前寛之のインターセプトからのショートカウンター、荒野のドリブルから中央のヘイスにスルーパスが通った時は決まったと思ったのですが、キーパー本間と1対1で放ったシュートはサイドネットを叩きました。35分、相手パスをカットして自らドリブルで上がった進藤からのパスを左サイドの都倉へ繋いだ場面や(都倉のシュートは惜しかった)、前半終了間際に荒野のクロスに詰めたプレーも惜しかったので、少しずつでもチームにフィットして来ているのだろうかとは思いますが、なかなか結果が出ません。頑張って欲しい。

 試合自体は前半から積極的にプレッシャーをかけてくる水戸の勢いに、こちらのやりたいことをやらせてもらっていない印象がありましたが、心配だった暑さに対しても(スカパー!観戦でしたが見るからに日差しが強そうでした)、荒野以外はそこまで走り回っている感じでもなく、同時に個々のプレーにおける選手の技量では少しずつではあってもこちらが上回っているように感じられ、0-0の折り返しにもさほど焦りや不安は感じられませんでした。55分、荒野のパスに抜け出した都倉の折り返しを堀米が飛び込んで頭で合わせるも相手DFにブロックされた惜しい場面の後、四方田監督は61分にヘイスを下げて内村を、そして72分に(またしても脚を攣ったっぽい)深井を下げて小野を投入、これでスイッチが入りました。

 75分、宮澤→小野→都倉と繋がり最後は再び小野に戻ってのシュートはゴール上に外れ、79分、櫛引→小野→都倉→櫛引(?!)のクロスに宮澤がボレーシュートを合わせるもバーを越えたものの、81分、都倉が競って内村へ繋いだボールは左サイドの堀米を経由、小野がゴール左へDF2枚を引き付けたため中央でフリーになっていた内村が、クロスを豪快にヘディングで叩き込んで遂に先制。今季3点目となる内村のジャンプとシュートも見事でしたが、堀米のクロスも良かった。いつもあれぐらいの精度があれば良いのに…と思ったファンは多はず。

 その後は85分に前寛之を河合に替え、増川と進藤を右にずらして、進藤ウィングバックで3バック気味の4バックで守り切って前回J1昇格の2011年以来となる4連勝、上位に止まることに成功しました。4試合がいずれも無失点という点も素晴らしい。守備が安定していないチームは、まずリーグで上位に止まれません。今日も、増川と櫛引は、得点した内村に次ぐ功労者でしょう(他では宮澤と堀米も)。

 次節は讃岐戦。まだアウェイゲームが続きますが、コンディションを保って勝ち続けて欲しい。ここで貯金が出来れば夏も少しは楽になります。頑張りは自分たちを救う、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

 最後に。熊本にとってのリーグ戦が再開になりました。良かった。被災された多くの方々にとって何の影響もないかもしれませんが、こうして少しずつ物事が前に進んで行くのは決して悪いことではないはずです。柏レイソルもありがとう。来週はよろしくお願いします。

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Mito Hollyhock at K’s Denki Stadium and won it by 1-0 with Uchimura’s season third goal. Sapporo expanded its winning streak to 4 with this result for the first time in 6 years; last time they made, they also promoted to J1.

To care suspended Julinho’s absence, Arano took over his his place; and Reis played next to Tokura instead of Uchimura. Arano helped team well with his hard work but Reis seemed to still need some more time to fit the team. Sapporo suffered from Mito’s aggressive pressing from the first but they stood that up; it seemed almost always each Consadole players finally exceeded the rivals a little. Yomoda gave up Reis in the 61st minute and sent Uchimra, and then, replaced Fukai with Ono in the 71st minute; and this decision totally worked to change the tide. The 81st minute’s Uchimura’s play was marvelous; once he had the pass from Tokura, expanded it to their left side end, Horigome, and shot the cross back with beautiful jumping header to break the goal guarded by Honma, one of the greatest and most experienced goalkeepers in J league. Ono’s help drawing two defenders to left out to create the space for Uchimura at the moment was also remarkable. Waiting Kawai appeared to close the game (for Mae Hiroyuki), Sapporo got ready to stay this one goal lead to the end. (Masukawa was really good as center defender but Kawai could have an extra power especially for the situation like that…)

Next game is on the away pitch again for Consadole players but if the remain in this good condition, Kamatamare Sanuki is not so difficult to play. Work on, Hokkaido Consadole Sapporo!

Lastly, Roasso Kumamoto restarted playing the league game this weekend. It never resolve the damaged area and people because of the earthquake in Kumamoto, still, I feel good to know the thing moves forward. I wish the games cheers up suffers from the disaster.

posted by masamaru |18:31 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2016年05月04日

Managed to win to the bottom placed team

 札幌の選択はターンオーバーではなく「勝っている時はいじるな」。まあ、結果から言っても間違いではなかったでしょう(土曜日の熊本戦がないことを踏まえてだったかもしれません。一日も早い地震の終息と地域の復旧を願います)。それでも、河合を使って来るなどラインナップの幅を広げて行こうという意図は覗かせつつ(増川はベンチにいたので別に怪我ではないでしょう)、1-0で勝利。これで3連勝。C大阪は勝ったものの町田が引き分けたため、札幌が得失点差で首位に立ちました。

 序盤から金沢のタイトな守備と積極的なプレスに勝ちたい気持ちを感じましたが、それでも結局は札幌ボールになって終わってしまう、中盤の力量の差を感じました。最終ラインに5枚並ばれても、シュートまで行ける、場合によっては波状攻撃まで持って行ける、今のウチの強さが出ていました。

 先制は17分、マセードのスローイン→都倉のリターン→マセードのクロス→ジュリーニョのヘッドで札幌があっさり得点。しかし後が続きませんでした。宮澤と深井は今季も大車輪の活躍でしたし、進藤の攻撃参加も効いてはいましたが…。2点目が遠い。

 後半は前節同様、何故か相手のペースに。カウンターやワイドなサッカーで押し込まれる時間が増えました。途中65分に内村に替えて小野、81分にジュリーニョに替えてヘイスを投入するも攻撃は活性化せず(ヘイスはチームにフィットしませんね。あれなら確かに菅の方が良い)、それでも要所で攻撃を遅らせることは出来ていましたし、相手の拙攻や運にも救われ、最後はアディショナルタイムに堀米に替えて櫛引を入れてクローズ。何だか前節を見ているような、物足りなさも残る試合でした。

 最初の交替は、疲れの見える都倉よりも、得点の匂いがする内村を残すべきと思いましたが(小野が入るなら尚更)、四方田監督は都倉を選択。都倉は最後まで走り回って監督の期待に応えましたが、あそこで追加点が取れないようでは、チームとして今後辛いかもしれません。もう少し得点への意識と工夫は高めた方が良いかも。

 次の試合はジュリーニョが警告累積で出場停止。荒野も小野もいますし、もともとジュリーニョ自身トップ下の選手でないことを思えば問題ないような気もしますが、誰であっても替わって入った選手には全力でアピールかつ活躍して欲しい。それがいずれは厳しい時期を持ち堪える層の厚さに繋がると思いますし。まずは今節の分析と評価、そして次に向けた練習。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Amid of the Golden Week, holiday Tuesday, Hokkaido Consadole Sapporo met Zweigen Kanazawa on the away pitch of Ishikawa prefecture Seibu Ryokuchi Park Field and Track Stadium, and win that keeping one goal lead with Julinho’s header to same Brazilian team mate Macedo’s cross from their right side in the 17th minute.

However, the rest of the time Sapporo got slow down as if we saw the video of the previous game. It was too narrow victory to the bottom placed team. About the quality and technique, Consadole midfielders overwhelmed the other side but sometimes the home team’s aggressive playing broke even defence line. Substitutes such as Ono and Reis would not work to change the situation (Kanazawa suffered from their poor finish and also bad luck).

Playing in the temperature over 30 degrees was hard for Consadole player coming from snow covered city but it could be frustrated for the fans there as same as them. Still, what one of the most important player for the team Kawai full played in the center back was welcome also for the rest of the season; and with the result, Consadole expanded its winning streak to three and came to the top of J2 league.

Saturday’s match planed in Kumamoto will be postponed due to the earthquake disaster (I wish it stopped and the people and the area got back usual lives soon). Use the time to brush up the team and to study the rivals; we cannot rely on just lucky all the time. Go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |09:39 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |