コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年03月06日

Tokura shines with Hat Trick

 前節、ほぼベストのメンバーであの負け方、そこから小野と稲本が故障で離脱、どうなることかと思う部分もありましたが、蓋を開けてみれば4-0の圧勝。ゲームの入りから宮澤、深井、河合、都倉と、いきなり気持ちの強さと攻撃への意識の高さを見せた札幌、7分にはジュリーニョのキープからクロスにマセードのダイビングヘッドが飛び出し、直後には前線での粘り強いパス回しから深井がシュートを放つなど予想外(?)の奮闘を見せます。ホームの岐阜に一度は持ち直しを許すも(主に石井の頑張りで)流れは渡さず、22分、右サイドのマセードのキープ→ジュリーニョ→上里と中に持ち込み、宮澤に合わせる縦のパス、宮澤の持ち替えてのシュートをキーパーが弾いたところに詰めていた都倉が押し込んで先制。宮澤のシュートがそのまま入っていても不思議はなかった、完璧な流れからのゴールでした。

 35分には左サイドを外に抜けたジュリーニョの巧いキープから中へのクロス、石井のシュートが相手のハンドを誘い、これで得たPKを都倉がゴール右過ぎにきっちり決めて2点目、39分、高地のさすがのキープからのクロスにエヴァートンがヘディングに行った場面は危なかったですが、ソンユンがファインセーブを見せるとカウンターから都倉の長いドリブル→ジュリーニョのサイドチェンジ→進藤の漫画のようなプレーから、再び都倉のスーパーな半回転ボレーで3点目、何と都倉はハットトリック達成。勢いは止まらず、終了間際にはペナルティエリア内まで攻め込んだジュリーニョから都倉への横パスがオウンゴールを引き出し、前半だけで4点のリードを得る楽な展開に。都倉は文句なしのM.O.M。

 相手もあることなので一概には言えませんが、ボランチが上里と深井になったことで、宮澤のポジションがひとつ上がり、攻撃に厚みが出た可能性は考えられます。更に、頭からの起用で上里の展開力を活かす時間が増えた、加えて全体を見る上里と広く動き回る深井という組み合わせが上手く機能したということもあるでしょう。前節不甲斐なくて叩かれたブラジル人コンビの奮起もあったかもしれません(笑)。ただ、最初の得点シーンから、ジュリーニョとマセードは同じサイドでプレーさせた方が良いような気はしました。ディフェンスラインに福森が入ったことも、実際、守備から攻撃への切り換えが機能した点で良かった。

 しかし、興奮させてくれたのはここまで。後半も相手を抑え込んではいましたが、明らかにスローダウン。中盤を飛び越えた、弾き返すだけの守備と単調な組み立ての攻撃では美しく心躍るサッカーは成し得ないことを証明し、図らずも、前節の敗因が選手の顔触れだけにあったわけではないことを明らかにしました。大量リードの余裕からか、61分には深井に替えてヘイスを投入、宮澤をボランチに下げ、しかし間もなくジュリーニョと前寛之を替えて今度は3ボランチにするなど、手の込んだ(?)采配にもチームとして柔軟に対応したのは評価出来ますが、前半あれだけ圧倒したのだから、バランスとしても後半もう1点あっても良かった(最後に都倉と替わった内村が交替直後にゴール前でチャンスがあったので、あそこで取れていれば文句なしでした)。

 ひとつ勝って余裕ぶるわけではないですが、2試合連続で4点差負けとなった岐阜は苦しくなりましたね。今日見た限りでは、高地の戦況を見る目と落ち着き、レオミネイロの個人技以外にさしたる脅威も感じなかった。レオナルド ロシャも含め、能力の高いブラジル人に任せる割り切り方もありかとは思いますが、自分のところがそれをやられたら、きっとつまらないでしょうし…。ラモス監督3年目、腕の見せ所かもしれません。

 いずれにしても、これで最悪の形で迎えるホーム開幕戦は回避した札幌。次節の日曜日は…何と午前中までは札幌にいるのですが、試合を観ることなく戻って来なければなりません。帰って来てからPCをチェックして、並行輸入したクラシックで乾杯できることを願います。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

This is what we wanted to see last week! Sunday, Consadole Sapporo met FC Gifu on the away pitch of Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium and won that by perfect 4-0. It would be the best result for them before their season first game they will meet Ehime FC at the Sapporo Dome.

Ono and Inamoto had dropped out of the team and it made fans warried but Uesato and Fukai taking them over worked enough or better than expected. Pushing Miyazawa up to the front line was correct to make use of Tokura and Julinho. The first goal was made by Tokura; it started from Macedo’s keep in his right side and the ball got across Uesato and Miyazawa’s shot, and it was once blocked by William Popp but finally Tokura kicked it back the reflection in the 22nd minute.

This day’s Tokura was super. Including this going ahead goal, he actually scored 3 goal; the 35th minute’s penalty kick goal drawing by Ishii’s fine shot (Ishii is one of the players worked the most this day) and the 49th minute’s turning volley shot to Shindo’s funny centering (he showed soul by using his sole?) were all excellent. Two Brazilians also got better than previous game. Difence line got steady and aggressive with Fukumori replaced Masukawa. Adding Gifu’s own goal to Julinho’s cross to Tokura in the 43rd minute, Sapporo ended the first half with 4 goal lead.

For the rest 45 minutes, they clearly got slow down; still overwhelmed and controlled the game. In the 61st minute, even the third Brazilian Reis appeared. When the Ace Uchimura came to the pitch, I expected the fifth goal; it ended in only expectation though.

Anyway, they got chance for the season first home game to in a raw; is there any reason to miss it? Warm up the Dome and pull the spring up for the north land, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |21:50 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |