コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年02月28日

Fail in good start

 今シーズンは黒星スタート。結果もですが、内容も良くなかったのが残念。

 ラインナップ自体は、まあ考えられる中ではベストに近かったように思います。ただ、やっていたサッカーが、それとは合っていなかった。

 中心線に球捌きの巧い選手を並べていて、FWが二人とも裏へ抜けるタイプではない段階で、自然、中盤の高い位置でポゼッションして、そのままゴールへ向かうラストパスに前の選手を並走させて最短距離で決めるか、何処かで外に振り、ウィングバックからのクロスにフィニッシャーが合わせるかが目指すべき得点の形であったはず。しかし、実際は中盤で競り負け、マイボールも効果的に前に運べていなかった。サイドも、石井謙伍の左サイドでは何回か深い位置まで持ち上がれたものの、右のマセードはほとんど見せ場を作れず。相手にそれを見抜かれてからは、左からも攻撃を組み立てられなくなりました。

 それでもと言うべきか、だからこそと言うべきか、少ない好機には人数をかけて圧倒したい気持ちは感じられたのですが、そこで攻め切れなかった時の守備への切り換えと言うか、前に上がったDFの戻りが嘘のように遅い。結果、FWも含めた全員で必死に下がって球を弾き返さねばならず、必要以上に消耗したはず。たまに相手ゴール前でボールを持っても時間を使い過ぎて押し戻されてしまっていたのも、それと無関係ではないような気がします。反対に、カウンターを怖がらなくていいヴェルディの選手は精神的に楽だったのではないでしょうか。前半に限って言えば、良さが目立ったのは石井とソンユン、都倉の3人だけ。ただし都倉が良かったのは献身的な守備であって、本来の仕事はさせてもらえていなかった。

 そして選手以上に問題があったのは監督の采配。てっきり後半頭から選手を変えて来ると思いましたが…。少なくともマセードは下げて上原を入れるか、謙伍を右サイドに持って行って空いた左に堀米を入れるかはするだろうと、欲を言えばジュリーニョを下げて、そのまま内村を入れるか、小野をトップに上げてでもMFを増やして中盤を厚くするくらいのことはして欲しかったですが、何もなかった(現実的ではありませんが、個人的にはDFも増川を櫛引に変えて欲しかった。動きがもっそりし過ぎてる)。

 結果、(開始直後こそ攻め込んだもののすぐに)前半とさして変わらないか、それ以下の内容で時間を浪費してしまうことに。後半も半分近くになっての最初の交代で内村を入れたのはともかく、抜いたのが、内村を裏に走らせるべくパスを送るはずの小野だったのは理解不能(小野が疲れてしまっていたというならともかく)。一方、相手は送り込まれたフレッシュな点取り屋アラン ピニェイロがしっかり仕事をし、75分で1点ビハインドと、かなり厳しい状況に。続く稲本→上里の交替も、サイドチェンジとミドルシュートという選択肢を増やすためなら遅過ぎるし、そもそもあの時間帯、ワイドに展開するサッカーなんてやれてはいなかった。最後にようやく上原を使いましたが、下げたのは河合。確かに今日の河合はそれほど良くはなかったですが、増川と進藤いずれよりも劣るということはなかった。むしろ、手詰まりな状態からの説明不可能なひと押しとか、同点に出来た後にしっかりゲームを終えるための精神的支柱になってくれそうな選手を外す意味は不明。上原は、ポジショニングからしてパワープレー要員だったわけでもなさそうですが、結局、内村ともども守備に追われて終わり。

 それでも最後の方で、もしやと思わせる場面もあるにはありましたが、あれでゴールにならない辺りも、今日は札幌の日ではなかったのでしょう。トータルのチーム力でそれほど劣っていたとも思えないだけに選手も悔しいと思いますが、今日はヴェルディの方が、局面の見極めやプレーの選択における集中も割り切りも上だったような気がしました。

 やれることは気持ちの切り替えと、反省を活かしたトレーニングでしょう。監督は新戦力にこだわらず、チーム戦術を発揮できる選手を起用すべき。ここはひとつ、ホーム開幕前にもう1試合アウェイがあることを幸いと思い、次勝って、ホーム初戦勝利で連勝を狙って行きましょう。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

February 28, Sunday, finally this year’s J2 league started. For one of its first games, Hokkaido Consadole Sapporo met Tokyo Verdy on the away pitch of Ajinomoto Stadium and failed in starting new season with victory; Verdy took lead in the 75th minute with Alan Pinheiro’s goal and styed that. Consadole also showed the desperate efforts to win in the latest attack but it never leached to the opponent at all points.

It was far from what at least fans had expected. Midfielders including world famous ex-national team players Ono and Inamoto and new captain Miyazawa could not hold nor control the game; actually mostly, they got pushed in. Forwards helped them instead of drawing good feed or crosses, they even defend in the front of their goal because the defenders were slow and fragile. Newcomer Brazilians were quiet. Especially, Macedo had not worked at all as a wing back in the right side. (Conversely, in the other side, Ishii had worked really well and created some chances with his running and dribble but he got picked on by Verdy players soon. Ishii and goalkeeper Gu Sung Yun alone were good this day. Tokura also worked well but for defence not his position, striker.) In few opportunities, he wasted the time more than necessary because of indecisiveness or passivity or short of gas to miss them.

Still, they hanged on by 0-0 in the first 90 minutes. However, manager Yomoda stuck his Brazilians 20 minutes more. Finally he send Ace Uchimura but gave up Ono who could send the last pass to Uchimura. The other decisions after Alan Pinheiro’s goal that he replaced Inamoto with Uesato and changed Kawai to Uehara were also irrelevant or too late. Poor conduct could be another reason of the defeat.

Consadole will play another away game to FC Gifu next Sunday and come back to Sapporo for their season opening home meeting Ehime FC. There is enough chance that they win the both, 2 games straight. To make it true, study from this game and training to resolve the problem. Re-start from now, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru(現地観戦) |22:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2016年02月14日

Again win a training much!

 Jリーグ・スカパー!ニューイヤーマッチ 北九州戦は、稲本のスーパーゴールと、新戦力ジュリーニョのカウンターからのダメ押しで2-0の勝利。トレーニングゲームでの成績が好調です。荒野と内村の故障による出遅れは残念ですが、結構良い感じに仕上がっていると言えそうです。あと2週間、怪我人を出さないよう、しっかり調整して、開幕を迎えて欲しい。

 ディフェンスラインが進藤、増川、福森、ボランチが前寛之と稲本だった前半よりは、後ろを進藤、河合、増川に変え、中央に宮澤を入れた後半の方が断然良かった。やはり中央のラインは大事(前線は都倉が仕上がりの良さを見せつけているので安心でしょう)。後半のラインナップが開幕のメンバーに近いと見てよいのでは。ただ、ジュリーニョ、マセード、小野も含め、このままでは技術で魅せても結局得点に至らず勝ち切れない試合を重ねそうな空気も残ります。また、試合単位でもシーズン単位でも持久力がなさそうな印象も受けました。サイドを使った攻撃は、昨季終盤、少し勢いを取り戻した頃の戦術がベースにあることを感じさせましたが、迫力とスピード両方で劣ったような。今日はジュリーニョとマセードは、調子にかかわらず可能な限り長い時間プレーさせるつもりだったと思いますが、実績のある選手や外国人選手ありきの布陣に拘ると、思わぬ落とし穴になりそうな気もします。

 今日のM.O.Mは稲本でしょう。守備的ボランチとしての危機を潰す動き、守備を攻撃へ繋ぐ働き、いずれも素晴らしかったと思います。加えてゲームが膠着した時間帯の誰も予想出来なかったシュートと得点ですから、これはもう文句なし。他で良かったのは与えられた仕事を最後まできっちりこなした進藤と、マセードと競合しない左サイドでも可能性を見せた石井。石井は前線から守備への戻りも早いし、クロスも上手い(前半出ていた堀米と比べるとその差は明白)。

 解らないのは中原。あの時間帯で運動量が落ちた(落ちてあれなのは凄いですが)都倉ではなく小野と替えた采配にも疑問符が付きますが、それで大人しくトップ下に収まっているようでは、先はないような気もします。内村が故障している今だからこそ、裏に抜けるスピードをアピールして良かったように思いますし、最後にジュリーニョが見せた独走からの豪快なシュートも、本来なら彼がトライして良かったプレーなのでは。もちろん、フォア・ザ・チームの意識は大事なことですし、先に書いた石井のように複数ポジションへの適応力をアピールすることも、何がどうなるか判らないシーズンに向けて意味のあることです。それでも、リーグ戦では出来ないこと(なかなか許されないこと)をやれる(やっても許され得る)チャンスだったので、もったいなかったような。

 まあ、リードしているゲームを、リスクを減らしてきっちり終えるのも重要なことですね。追い付かれて引き分けになって失う勝ち点を、今季は減らさなければいけないわけですし。同時に悪い時でもしぶとく勝ち点を取る強さも求められる。まずは開幕戦、きっちり勝ち点を取って良いスタートを切りましょう。出来れば勝利。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

February 14, Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo played the training game to Giravanz Kitakyushu as one of J league SKY PerfecTV New Year Match and won that by a score of 2-0 with Inamoto’s super long shot came from almost the center line (!) and its newcomer Brazilian midfielder Jurinho’s latest middle shot from counter attack.

It seems that Consadole has been in good condition and communication as a team based on last season’s play style and tactics at least with those pre-season matches, we have also heard some key players such as Uchimura and Arano got injure though.

Two Brazilian Jurinho and Macedo played long this day but they could fit more. Sapporo’s side attacks were not so energetic nor quick than expected; maybe they should remain last season’s main players for a while. Man of the Match was Inamoto. He played whole 90 minutes and was almost perfect as a defensive midfielder; cutting, intercepting, feed to the front line, and the amazing goal, everything was super. Young defender Shindo worked well too. Ishii showed up his strength in long running and elasticity for some different positions, with his play for the team even though he came as a substitute for the second half. Tokura, Kawai, and Miyazawa seemed fine and stable too. As wing back player, Ishii was better than Horigome. As center defender, Kawai was better than Masukawa. As one of dois vorante, Miyazawa was much better than Mae Hiroyuki. Nakahara who took over Ono’s place could do more; he should try to show his advantage such as speed and shot as a forward. It was a training game he is young!

Anyway, still two weeks rest for the season open game; we all fans wish they would have it without anyone separated from the team. Even draw will be fine. Please start it safe and well. For the big season, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |18:02 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |