コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年11月23日

4-1 is not bad to close season

 道外に居ながらホーム最終戦後のセレモニーも見られる、ありがたいことです。スカパー!様に感謝。野々村社長の挨拶はちょっと推敲と練習が足りなかったようにも思えますが(多忙なのでしょう)、来期の四方田体制継続発表も含め、らしさは出せていたように思います。獲得予定の戦力に触れなかったのはむしろ良かったですし、堀江貴文氏とのトーク(Jリーグラボ)で触発されたことを何とか盛り込みたかった気持ちも理解できました(伝えられたかどうかはともかく)。野々村HFCになってから、毎年平均観客動員数が上がっているのは事実な訳で、社長には来季も更に頑張っていただきたいと思います。

 札幌ドームで迎えた最終節は、今季最下位でJ3陥落が決まっている栃木相手に4-1の勝利。2万人を超えるファンを喜ばせて締め括ることが出来ました。内容も、終わってみれば前半だけでシュート10本、3点のリードと圧倒、後半開始直後に失点したものの、すぐに再び突き放す強さを見せ、90分を通してボールも人も良く動き、流れの中から多く点が生まれるという素晴らしいものでした。何故こういう戦い方をもっと早くから出来ないのかとも思いますが、本当の最後の最後に来て、理想の戦術とそれを実現できる布陣(あるいは現有の戦力とそれを最も活かせる戦術)が見つかって、チームと選手のコンディションと噛み合ったということでしょう。実際には相手もあることなので、それも一概には言えませんが、本来なら更にサブも含めて今日以上のメンバーが揃っているわけで、やはりポテンシャルとしてはもう少し上を行って然るべきクラブでありチームであると言えるのでは。来季に期待。

 試合は29分、河合のロングフィードを右サイドの石井が良く追い付き、中央へクロス、これを都倉がボディバランスの良さと強さを見せつけるターンで相手DFをかわして流し込み、札幌が先制。今季13ゴール目を決めた都倉も見事でしたが、石井のクロスも良かった。実は都倉が合わせられなくてもその先にまだ味方が走り込んでいたことを考えると、相当可能性を高めるコースに蹴っていたと言えます。素晴らしい。

 これで勢いが出たか、更に押し気味の展開から42分、福森のCKに宮澤が頭で合わせて2点目、前半アディショナルタイムには福森の前線まで達するドリブル中央突破から小野のシュート、キーパーのブロックをそのまま福森が押し込みリードを広げます(小野は苦笑)。

 後半開始間もなく自分たちの左サイドでのクリアミスから1点返されますが、57分、相手陣内右サイドから中へ、宮澤→小野(左足外側でのワンタッチ、スーパープレー!)→左を回って前に出た堀米と繋ぎ、堀米のJ初ゴールですかさず突き放しました。73分に小野と稲本を下げ、中原と永里を投入したのも全体の勢いと運動量を落とさずゲームを終えるためには良かったと思います(結果的にチーム自体の世代間の関係も匂わせたりして)。85分の都倉からナザリトへの交替も、相手のパワープレーを封じる意味でも効果的でした(実のところ栃木にパワープレーを仕掛ける戦意と余力があったかはともかく。ナザリトが、出てすぐ当たりの強さとストライドの長さを見せつけるプレーをしたのも大きかった)。

 この結果を受けて今季のリーグを10位で終えた札幌。天皇杯でも敗退しているので今年はこれで終わりです。選手、スタッフ、ボランティアの皆さま、ファンの皆さま、ドールズも、1年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。クラブは既に次のシーズンに向けて動き出していると思いますが(いや、厳密には誰もがそうなのかもしれませんが)、まずは一息ついていただいて、次に良いスタートを切れるよう急速含めて準備していただきたいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!(総括は次回に。)

Holiday Monday, Consadole Sapporo met Tochigi SC on the home pitch of Sapporo Dome for the season last game and beat it by a score of 4-1. Even though Tochigi already decided to end the season in the last place and go down to J3 next season, it was good to finish this year’s league with great excitement of over 20,000 home fans and also to look over the next season.

Captain Kawai’s long feed in the 29th minute made Consadole went ahead; Ishii caught it and sent horizontal grounder cross to Tokura in the center of the penalty area and then, Tokura turned a defender with his physical strength and body balance to score his season 13th goal. It was really excellent and enough to worm the team; soon they expanded the lead to 2 goals in the 42nd minute with Miyazawa’s header to Fukumori’s corner kick, and to 3 with 46 minute’s Fukumori’s shot kicking back the reflection that Tochigi’s goalkeeper blocked Ono’s shot. 10 shots blow only in the first half from Sapporo to Tochigi seemed to almost decide the game. Actually they allowed the rival to hang over with Kaneko’s volley shot just after the next 45 minutes started but even it was from Sapporo’s poor clearance; soon, Horigome took the lead back with his very first goal in the league and really decided it.

It was nice and beautiful victory; both ball and players moved wide and well to space, there were many try and idea to break opponent’s defence line. Every Consadole players were excellent including substitutes, especially young Nakahara and Nagasaka took over Ono and Inamoto, experienced player for each (it also made fans think of the generation change in the team for the future). Fukumori could be M.O.M this days; it was for Ono and even the hero interview went to Horigome though. Miyazawa, Arano, Ishii, Kushibiki and Kawai all worked super as recent games; they might finally found the best playstyle and formation now and actually they still have same more good players. It is natunal we think it can be better. 

I know someone wants to say it was too late and wants to complain that we have kept looking forward to next bend for years; I also never content with 10th place, but stop it just for now, it is the time to thank everyone on the club and team and praise them. Have a good rest and prepare for the next season. Thank you and see you soon, Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |21:54 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年11月14日

Fail of promotion but…

 アディショナルタイムの逆転弾が決まった瞬間、現地観戦の札幌ファンが感じる雨は急に強さと冷たさを増したのではないでしょうか。まあ、仮にあそこを凌いで引き分けだったとしても、結果の厳しさは変わらなかったわけですが…。1-2で水戸戦を落とし、プレーオフ進出の望みは絶たれた札幌。来季J2残留が確定しました。

 徳島戦は木曜日に録画を観ました。流れからの2得点で2連勝、素晴らしい内容で、天皇杯を戦って中2日の水戸に対して圧倒的に優勢かと思っていたのですが…。雨でスリッピーなピッチの難しさもあったと思いますが、中盤が意外と動きが重く、連携も良くなかった。特に稲本と、最終ラインの福森が、いつもに比べて動きが悪いように見えました。それでも荒野、都倉、小野の前線と、宮澤のフォア・ザ・チームな働きが絶品で、また石井も好調を維持、堀米がここに来て再び元気を取り戻していることもあり、次第にゲームの主導権を握ると、24分、都倉の強気なシュートが引き出した相手DFのハンドで得たPKを、都倉が自ら決めて先制。サイドを有効に使い、前を追い越す選手の迫力で相手を圧倒したまま前半を終え、これは行けると思いきや。

 後半はホームのファンの後押しも受け、水戸がじりじりと勢いを増す展開に。ここで理解できないのが、四方田監督は何故動かなかったのか。稲本を深井に替えた交代自体は納得です。ただ、もっと早く行われるべきだった(何だったら後半開始からでも良かった)。あるいは中盤で競り負けるシーンが増えた段階で、前からのプレッシャーを強めるという選択肢もあった。実際に行われた都倉→ナザリトも悪くはないですが、イルファンや中原でも良かった。あるいは、河合のセンターバックと右の櫛引が安定していたので、前節Jデビューの永坂を福森に替えるという手もあったと思います。いずれにしても何らかの手を打っておけば、71分の失点は防げた可能性が大です。頼みの綱のスーパーサブ上原も今日は不発。色々な意味でがっかりさせられる結果でした。あるいは、J3降格圏を脱したい水戸の想いが、限りなくゼロに近いプレーオフ進出の可能性にすがる札幌のそれを凌駕したか。

 最後のホームゲームを消化試合にしてしまったのは残念ですが、まだ有終の美を飾るというミッションがコンサドーレには残されています。しっかりファンを笑顔で帰して欲しい。頼むぜ、コンサドーレ札幌!

The strong rain hitting Consadole Sapporo players and fans got harder and colder when they lost the Saturday J2 league game against Mito Hollyhock at K’s Denki Stadium with Mito’s Mishima’s latest goal closed it by 2-1 for the home team. With this result, actually both Sapporo and Mito decided to stay J2 next season too but the meaning is completely deferent; it was success in the survival the demotion race for Mito and was fail in slipping into the play-off tournament with the rest of one game for Sapporo.

The game between Mito that had played Emperor’s Cup fourth round just 3 days ago and Sapporo the had come back to the promotion race with previous victories 2 games straight totally seemed to be for the latter. However, it became a difficult one because of the hard rain and wet slippery pitch and Consadole’s midfield was slower and stiffer at least than expected. Still, the front line with Tokura, Arano and Ono was great; Tokura’s shot drew a handball from Mito’s defender and he also scored the penalty kick goal in the 24th minute to go ahead.

Once they appeared to had gotten warmed up and confidence with this lead but in the second half, Mito got second wind and Sapporo players stopped first; it was the 71st minute, they allowed the rival to equalize it and finally got turned it over in additional time to miss a slight chance to go back to J1. 

Some players were good such as Arano, Ono, Miyazawa, Horigome, Ishii and Kushibiki; they kept chasing the ball and pressing ball holders really well and used to the space very effectively to break the defence but on the other hand, Inamoto and Fukumori were clearly not finer than usual. Especially Inamoto suddenly got slow down obviously; I cannot understand why Yomoda let him play such long. Changing from Inamoto to Hukai should have made much earlier. Replacing Tokura with Nazarito might have been good decision but it was late too. When they lost the control on the midfield, he should have tried to fix the defence line or sent more aggressive and fresh player to the front line; sending Irfan or Nakahara for Tokura and using Nagasato for Fukumori is my answer (Before that, why Uesato was not there in substitutes? I cannot understand…).

Over 6,000 home team fans must have helped their team. Next week Consadole players will get it; even if they disappointed their fan by missed J1, they just can please them on the season last game at Sapporo Dome in the home town. Finish the season with big smiles; go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:35 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2015年11月01日

Still survive!

 PK戦で鳥栖に敗れた天皇杯は、帰宅後スカパー!でライブ中継を観ていました。選手もでしょうがこちらも疲れた。磐田戦は結果を知らぬまま録画を観ました。3点目は仕方がありませんでしたが、先制されるまでは互角だっただけに悔しかった。大分戦も所用で観られませんでしたが、結果を先に知ってしまい、内容をチェックするためだけに負け試合を観る気にはならなりませんでした。

 ただ、昇格は完全になくなったと思っていたのですが、まだ可能性は残っていたんですね。そして今日の劇的な勝利。高いデカくて強い選手(ペチュニク)と小回りが利いて速い選手(森本)という相手FWの組み合せは、札幌が苦手とするところでもあり、厳しいかと思っていたのですが…。興奮して何度も大声を挙げました。近所迷惑だったと思います、すみません。ドームの盛り上がりは相当なものだったのではないでしょうか。おめでとうございます。

 今日の札幌のサッカー、選手の充実ぶり、プレーの内容ともに文句なしでした。如何にして点を取るか、そして勝つかを考えて、チームとしてそれを実践しているのが90分間(とあのアディショナルタイム)を通して伝わって来た。河合→稲本→小野という背骨のラインもですが、如何に攻めて崩すかというところでサイドの選手とフォワードの二人が素晴らしかった。そして宮澤。相変わらずの視野と嗅覚、特に危機の芽を摘む動きと位置取りに加え、それを攻撃に切り替える際のボールを運ぶ動きもキレを増していたように思います。攻め込まれる時間もありましたが、奪ったらシンプルに味方に繋ぎ、サイドに散らし、縦に運んでクロスからシュートという流れが止まることがなかった。言うのは簡単ですが、それを形にするために、どれだけ選手が走り続けなければならないか。それが出来ていた。

 札幌以上にプレーオフ進出の可能性を残している千葉も必死だったでしょう。当然、接戦となり、競り合いの中、ギリギリのプレーが増えれば激しさも増し、それひとつで勝負を分ける決定的な場面も増える。稲本のタックルは完全にフェアで素晴らしいものでしたが、前半早い時間で水野が負傷退場したのは、千葉にとって痛かったでしょう。一方、前半終了間際にソンユンがファウルを取られ、PKで先制された場面は、札幌にとって痛かった。64分、石井のクロスに荒野が頭を合わせて完全にポストを超えたシュートがゴールと認められなかったのは納得がいきませんが、その分、5分後、再び石井のクロスに今度は福森が頭で合わせた同点弾に溜飲が下がりました。それでも74分、相手のクロスが直接ゴールに吸い込まれ再び勝ち越された時には、勝てない日なのかとも思ったのですが…。

 76分、コーナーキックを弾かれたところから粘って、河合の前線へのクロス、稲本に替わって入っていた上原の落とし、そこに石井のスライディングで捻じ込み、またしても追い付いた場面など、ゴール前に札幌の選手が5人いました。勝ちたい思いの表れだったでしょう。そしてアディショナルタイムも尽きかけていた、あの歓喜の瞬間。それもチームとして最後の最後まで得点を狙い続けたからこそ生まれたものでしょう。荒野のシュートがコーナーキックを呼び、福森のキックを上原が低い位置ながら頭で押し込んで千葉を振り切りました。

 試合を決めたという点では上原のM.O.Mは確定かもしれませんが、前線でプレスを少しもさぼらず、同時にアイデアと得点に直接結びつきそうなプレーを連発していた荒野、先に書いた宮澤、サイドで攻守に大活躍、クロスの精度が良かった石井、DFでありながら前線にも積極的に顔を出し、石井同様直接間接に点に絡んだ福森も素晴らしかった。チームを底で支え、終始鼓舞し続けた河合も見事でした。まあ、全員が頑張っていましたし、四方田監督も選手交代の判断とタイミング、特に稲本を諦めて上原を送ったのが何時になく(?)果断で良かった(敢えて言うなら堀米、もう少しクロスの精度を上げよう。石井を見習ってくれ…)。こういう戦い方を、シーズン通してやってくれていたら…と思わずにはいられません。

 次が非常に難しく、重要になってしまいました。相手も何かと因縁のある徳島。しかし試合場はまたドームです。ファンの声援も力にして、良い結果を残して欲しい。期待しています。頑張れ、コンサドーレ札幌!

It was definitely the most exciting game of this season for all Consadole Sapporo fans; especially who had been in Sapporo Dome, and above all, had seated the back of the goal for the home fans to see the moment of truth coming to the end of the 4 minutes additional time with a substitute Uehara’s header before them.

Sunday’s J2 league game between Consadole Sapporo and Jef United Ichihara Chiba became really close and tough one; both teams had kept playing very hard and keen from the first. From Nejc Pecnik’s latest penalty kick goal in the first half to Ishii’s second equalizer in the 76th minute, they scored by turn. Draw game by 2-2 was never surprising even though it was not enough for Jef still hanging on the race for the play-off tournament, however, actually the miracle happened for the home team eleven wearing the red and black stripes. After they missed the great opportunity once from their corner kick, finally Uehara sent Fukumori’s cross to Takagi’s goal to push back and pull down the rival.

Many dramatic plays appeared. Jef’s key man Mizuno left pitch in the 24th minute early hurted by Inaamoto’s hard tackle (it was totally fair and fine though). The 64th minute’s Arano’s heading shot went across the goal line but it was not admitted (apparently misjudge). When the cross ball from Jef’s left side directly reach to the net over goal keeper Gu Sung Yun in the 74th minute’s, it seemed that the tide had stayed for Chiba, but Sapporo turned it over by playing harder and more aggressive; the time Ishii rushed and slid to lose ball in the crowd in front of Jef’s goal, five Consadole players had been ready in the penalty area! The number of shots Consadole made finally counted 24 against Jef’s 9.

M.O.M might come to Uehara but Arano and Miyazawa were excellent too; Arano kept leading the offence and also spicing it up in the front line and Miyazawa always worked only for the team, he picked off a lot of buds of the danger and rebuilt their play. Ishii and Fukumori also stood out with their fine performance, and of course, we never can miss great captain Kawai. About the decision to change experienced players like Inamoto and Ono to fresh substitutes, manager Yomoda was also good. We saw they had kept thinking and trying just to make goal and win whole 90 minutes. I wish if they played like that through the season…

Anyway now there is slight chance that Consadole steps into the play-off with the result. And next game against Tokushima Vortis became very important and difficult but it will be held at Sapporo Dome again; over ten thousand fans can help them. Expect exciting match. Rock us and heat us up, go Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |19:40 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |