コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年09月23日

Fall down in Atsubets

 メンバーを大胆に変えて来たのは、選手の調子を見てのものか、中2日の日程によるものか(おそらく両方だと思いますが)、良い方向に働いたとはあまり言えないような。

 前線は、菊岡トップ下に都倉と荒野のツートップ、あるいは都倉のワントップに菊岡と荒野のツーシャドーのいずれにしても、お互いにスペースを作っては互いにそこを埋めるという流動的なプレーが効いていましたし、小回りが利くニウドと鼻が利く宮澤のボランチも、いつでも守備から攻撃へのスウィッチが入りそうで見ていて楽しかった。両サイドの上原と堀米の上下運動と、3バックの右に前貴之という配置も攻撃的な意図が窺えて好印象でした。実際、前半は、荒野の寄せのスピードの速さと相手ゴールへ向かう姿勢が光っていた。特に11分、自陣でボールを受けてからターン、長いドリブルで左の堀米に預け、堀米が更に縦を選択し、CKまで行った場面は惜しかったです。圧倒的に攻めているのに中途半端にマイナスな横パスで自らスローダウンしてしまう傾向こそ気になっていたものの、34分、櫛引のスライディングで与えたセットプレーをクリアし切れず高地の正確なCKから失点してもまだ、荒野は終了間際に単身ゴール前に侵入、突破を図り、更にはアディショナルタイムにも最後まで得点を諦めないプレーを見せ、可能性を感じさせていたのですが…。

 この“中でボールを保持して外に振って、再び中で勝負”という攻めの形が、後半頭からニウドを下げて内村(だったら最初から内村を使えば良いような気もするのですが…)、10分経たないうちに菊岡を小野に替えたことと、それに伴う(前節も機能しなかった)上原を左サイドに回し、荒野も外に追いやるというポジションチェンジによって、崩れてしまったように感じます。特に前線は、小野、都倉、内村と攻撃の駒が揃って何だって出来そうなのに、案外何も出来なくなってしまった。内村が入ったことで活性化した部分もあるにはありますし、個別に良いプレーは幾つもありましたが、全体的にはむしろ、前線とそれ以外の選手が微妙に噛み合わない状態が長く続いていました(67分、ポストを直撃したヘニキのシュートが入っていたら、あの段階でゲームオーバーだったでしょう)。

 72分に都倉に替わって前田が入った時には、小野の位置を少し低めにし、前田と内村が縦に並ぶことで中継点(ボールを預けられるポイント)が増える展開に期待しましたが、実際は、それも叶わず。前節の櫛引に続き今節は福森がPKを与えてしまい今度こそ万事急須と思われた局面こそ、またしてもポストに救われましたが、その後はがっちり引いてカウンター狙いの岐阜に対し、こちらはパワープレーに走って更にバランスを崩し、最終的にはレオミネイロの、自身のPK失敗を取り戻すゴールで勝負を決せられました。直後、スローイングを直接頭でゴールした上原の得点がもう少し早ければと思わないこともないですが、プレーオフ進出を狙う福岡、残留に向け必死の岐阜と、2試合続けて相手の勢いに押し切られた結果に。今の力はここまでと言わざるを得ない、思わざるを得ません。

 ただまあ、お決まりの文句ですが、まだシーズンは残っていますので、少しでも良い形で今季を終えられるよう、まずは立て直し、調子を上げて行ってもらいたいです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Wednesday, Consadole Sapporo met FC Gifu at Atsubetsu Sports Park Stadium for the last day of this holiday weekend and lost it by a score of 2-1 for the visitor. Neither over 8,700 home fans nor the magic of the holly home pitch was not able to help them.

No, actually, it helped the team twice; in the 67th minute when Consadole had already gotten one goal behind from 34th minute’s Takachi’s free kick (with Watanabe’s header), Henik’s middle shot hit the post, and it happened to the 80th minute’s Leomineiro’s penalty kick again. But even twice might not enough to help some change on the team or Yomoda’s decision. Whether it came from his players’ tiredness with the tight schedule or the peak of the physical conditions simply, it ended in the lack of usual balance and combination. Still, the aggressive arrangement for the front line with Tokura, Kikuoka, and Arano, once seemed to have wormed up their playing; especially Arano’s long and fast vertical dribble and hard running was remarkable. Fresh players like Kikuoka and Nild in the center midfield also had worked well too.

The most difficult thing to understand was why Yomoda tried the lineup if he gave it away early like that. Of course, there is need to change the plan and players and their playing based on the situations and contexts, but when he relies on Uchimura finally, the longer is the better about his play time. Besides that, putting Uehara on the left side and moving off Arano to any sides would not work as we saw last Sunday. Before the 72nd minute, got too much stared and confused, Consadole had almost ended. Leomineiro’s scoring from the counter attack in additional time was never surprising. Uehara’s latest goal with his high header to the throw-in rather surprised us...

It showed they have enough talents and strength to get recovered from here. Maybe they can once stop and take a breath to switch them on after swept away bad image for the rest of season; of course, keeping training. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |16:38 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2015年09月20日

Play-off went away again

 Jリーグでは浦和を除いてホームアドバンテージが確立されていないとはセルジオ越後さんの言ですが、どうですか、今日の福岡は!これぞホームアドバンテージ!サポーターの後押し!見事だったではないですか!

 と、自棄にでもならなければやってられんわという、実につまらない負け方をしてくれた我らが札幌。素人のたわごとで、そもそも結果論であることを百も承知で言わせてもらいますと、今日の敗戦は内容以前に失策、責められるべきは選手よりも監督でしょう。

 ツートップに内村とナザリト、トップ下に小野、ボランチに上里と宮澤、スリーバックが左から福森、河合、櫛引、キーパーにソンユン、ここまではまあ、役割がはっきりしている分やや淡白でプレーが読まれやすいのではという危惧こそあれ納得も出来ます。しかし、左サイドに上原、右サイドに前寛之を配した意図は全く解りません。前寛之の起用については、得点力に期待してのものという解釈も可能ですが、それにしても上原とサイドを入れ替える意味が不明。この絶対に負けられない試合に、何を試そうとしていたのか。同じポジションで前貴之の方だったならまだ、いや、むしろ解る。バランスを捨ててでも、両サイドに攻撃的な選手を置きたかったにしても、古田という選択肢もあったはず。おかげで上原は、調子は悪くないにもかかわらず、今日は半分以上消えてしまっていた。もったいない。

 そういった目で見ていたからかもしれませんが、前は序盤からミスが目立ちました(弁護するなら前だってあのポジションが得意というわけではない)。10分にはカウンターから振り切られてピンチを招き(ナイスカバーリングの櫛引に感謝すべきでしょう)、13分には自陣左からのクロスを受けた鈴木をペナルティーエリア内で引き倒してしまいPKを献上(ここも絞っていた前しか届く選手がいない状況がそもそも終わっていたと言えなくもないですが、あそこは身体を寄せて時間を稼いで欲しかった)。

 しかしこれをソンユンがスーパセーブ。最後の瞬間まで微動だにしなかった胆力と言い、弾いた後の起き上がりの速さと言い、試合に勝ってさえいれば今日のM.O.Mでも良かったくらいのプレーでした(前寛之は食事の一回も奢るべき)。これで勢いが出たか32分には遂に先制。ゴール左側(自分たちの右サイド)、ナザリトの持ち込みのこぼれを、ゴールを背にして拾った内村がターン、相手DFをかわし、前に出たGKの裏をかく形で角度のないグラウンダーを対角線上に突き刺しました。札幌にとって間違いなく今日一番のシーンでした。

 前半の残り時間で畳みかけられなかった以上、この1点を大事にしなければならなかったのに、後半開始早々、上原が自陣左サイド深い位置で相手選手に着き切れず上げさせてしまったクロスを、中原の頭でコースを変えられて失点。これが痛かったですが、ここからまだ幾らでもどうにも出来たはず。まず、さっさと上原を右サイドに戻すべきだったのでは。当然、左の前を下げて堀米か古田を投入が妥当。あるいは、ナザリトを諦めて前線に変化を付けても良かった。ベンチに前田がいないのが惜しまれますが、どうせトップ下の小野は動かせないのだから、イルファンのスピードに賭けても面白かったような気はします。

 実際の交代は60分に前→荒野。ただ、同じポジションでの交代で、あのポジションでは荒野は光れない。送り込むなら堀米か古田だった。72分に内村→古田、81分にナザリト→堀米だったことを思うとなおさら。ナザリトよりも先に内村を下げるのも意味不明だし…。と言うか、この流れでスターティングラインナップに名前を連ねられない古田はもっともっと悔しがって欲しい。

 こちらが後手後手に回った分、相手は尻上がりに調子が出て来たように思います。最初に書いた13,000を超えるホームのファンの後押しもありますが、全ての選手交代を終えてなお状況を変えられず、2失点目で万事休すと思えた相手ゴールが直前のオフサイドで流れても、その幸運を引き寄せることが出来なかったウチに対して、アディショナルタイムで再度きっちり点を取って溜飲を下げた福岡には、やはり上に行く資格があるチームの勢いのようなものを感じました。

 この敗戦で実質昇格への足掛かりを失ったと言える札幌。プロスポーツチームとしてシーズンの残りでひとつでも上の順位を目指すのは当然でしょうが、ファンを楽しませるという側面から見れば、リーグは降格しない程度に戦いつつ天皇杯に重心を移すというやり方も、個人的には面白いのではないかと思います。いずれにしろ、まだ今年のサッカーは終わっていません。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo now in 10th place on very border line to reach play-off games met 5th placed Abispa Fukuoka on the away pitch of Level 5 Stadium and lost it by 2-1 for the home team. Consadole went ahead with Uchimura’s 2 games straight scoring in the 32nd minute; taking after Nazarito’s intrusion to penalty area, having the goal on his back, and suddenly turned around and left the defender to get forward more, and shot the diagonal or almost horizontal grounder from their right to opposite side to shake the side net. It was the best moment for Sapporo obviously.

However, the rest of the first half and whole second half, it became Fukuoka’s game after all. And it might had been fault of Yomoda not his players. Uehara who had been put on the left side this day was a player clearly for the other side and Mae Hiroyuki in the right side instead was not enough at least for this match Consadole never can lose (Mae must thank Gu Sung Yun who stopped Fukuoka’s penalty kick because of his foul in the 13th minute. The block was rally super anyway). 

It was not surprising that Fukuoka equalized the game tsoon after the second half started, still, it was late that Yomoda moved to send substitutes and the order and choice was incomprehensible. Changing Mae to Arano should have been done earlier (although Arano is rather for center) and giving up Uchimura to send Furuta was too earlier; who thought Nazarito should play longer than Uchimura? Of course, Yomoda replaced Nazarito with Horigome at last but if he had not forgotten about Horigome, why he did not use him from the first?

The longer they play, the more the tide turned in the home team. Over 13,000 local fans pushed that. Once it could be turned for the visitor when Fukuoka’s shot broke Consadole’s goal but it was not counted as an offside, but they was not able to take advantage of that. The latest goal was for Fukuoka and it showed which team deserves the promotion or approaching to play-off games.

It was really poor defeat but they can learn from that; there are many things Consadole can do for the rest of the season, and luckily they still have survived the tournament for the Emperor’s Cup. Keep work out for the next to get back the fans love and support, go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:58 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年09月12日

Re-starts the league with 2-0 victory

 天皇杯の連勝が勢いを呼び戻したか、先週も勝った相手に自信を持って挑めたのが良かったのか、ホームで横浜FC相手に2-0と、リーグ再開をほぼ完璧な勝利で終えた札幌。序盤こそ中盤でボールを回しつつピンチは多いという状況に不安を感じさせたものの、29分、ペナルティエリアの手前、ゴールに向かって右側からの小野のフリーキックを逆サイドでフリーになっていた内村が力強いヘディングで叩き込んで先制、その後一気に主導権を握ると、49分には相手DFと競り勝ったナザリトのアシストを受けて再び内村が追加点。そのまま逃げ切りました。

 内村をストライカーとして頭から使って来たこと、櫛引のCB、宮澤と上里のダブルボランチ、そして上里―上原の沖縄ホットラインと、個人的にときめく要素が多いスターティングラインナップではあったのですが、正直、トップ下の小野とツートップの一方にナザリトという布陣はどうかと思っていたので、ここは謝らなければなりません。

 小野の技術的な巧さに加え短い時間で局面を変えるアイデアと牽引力は疑うべくもありませんが、ここまでそれが直接勝利に結び付いたことはほとんどなかった。また、彼自身がそうした力量をフルに発揮する時間も短いと感じていました。あの巧さと存在感、何かやってくれるという期待にこだわって使い続けるより、技術で劣っても純粋に得点に直結するプレーを多くする選手を使う方が良いのではないか…とまで思っていたのですが。ターゲットにドンピシャのあのフリーキックは素晴らしかったですし、あれでチームの雰囲気を一気に変えて、勝利へ導いたとも言えるでしょう。直後の30分に見せた、相手マークを背負ったままボールを地に着けずトラップ3回、最後は足裏で味方へボールを逃がしたプレーは、まさに芸術的。また66分に交代で下がるまで運動量も落ちませんでした。小野選手、ごめんなさい。

 ナザリトについても、以前に比べれば守備も幾らかするようにはなりましたが、まだまだお話にならない、味方のプレーへの感じも遅いし、自分のプレーの質の低さを棚に上げてすぐ苛々する、同じ横浜FC相手の天皇杯2回戦では決勝ゴールを決めたとはいえ、あの一瞬の身体能力と決定力にこだわって使うのは得策ではないと断定していたのですが…。2点目は彼の当たりの強さと大きなストライドあればこそ。あそこで横パスを選択したのも意外でした。63分、今度は内村に譲られたボールに小技を見せて転がしたもののポスト1本分外れた場面や、67分、宮澤のセンタリングに思い切り飛び込んだプレーも実に惜しかった。フル出場で最後まで走っていたし。ナザリト選手、ごめんなさい。

 福森、櫛引、前貴之の3バックは終始危なげなく、特に前は静かに要所要所で光る活躍、影のM.O.M(表はもちろん内村)。上里も42分には久々に彼らしいロングシュートを見せるなど悪くはなかった。宮澤が上下する分、どうしても目立たなくはなるけれど。もっとも、63分のCKは、曲げるより、もっとゴールに平行に強力なキックを蹴って欲しかった。

 バランスを取りつつ、きっちり相手を抑え切りたい札幌と、攻撃力を上げて戦況を変えたい横浜、それぞれの選手交代も面白かったです。札幌の交代は66分に小野→イルファン、70分に内村→神田(内村はハットトリックの可能性も含めてもっと見たかった)、81分に堀米→河合。特筆すべきはイルファンの輝き。相手DFは疲れているとはいえ、あのスピードは観る者を興奮させる。何を遠慮しているのかという場面もありましたが、そこがまた奥ゆかしくて好感が持てると言うか(笑)。天皇杯も含め、年内にはインドネシア国籍Jリーガーによる初公式戦得点が見られるかも…という期待を抱かせるに充分なものでした。

 チーム内の競争が過熱することで、更に勢いが出れば良いと思います。何はともあれ四方田体制ではリーグ戦初勝利。それどころか13試合ぶりの勝利です。ホームに限れば前回の勝利は5月3日…。長いトンネルでした。この勝利を無駄にしないためにも次は大事。相手の福岡もプレーオフ圏内に止まろうと必勝の態勢で来るはずですが、ここはしっかり脚を引っ張っておきたい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo met Yokohama FC at Sapporo Dome to re-start this season’s J2 league and won that by 2-0 perfect score with the ace Uchimura’s 2 goals. It was very first victory of Yomoda Sapporo in the league, but before that, also the first time for Consadole to win the league game in almost 3 mounts. When it comes to their home game, last win went back to May 3rd… Two wins in Emperor’s Cup tournament might make them get second wind.

Legend technician and ace striker moved the game. In the 29th minute, ex-national team player Ono’s beautiful diagonal free kick from Consadole’s left side near the penalty area drew Uchimura’s strong header to go ahead the visitor. Uchimura scored another goal in the 49th minute assisted by Nazarito, the Colombian forward who had slept long time and woke up with previous cup game’s goal. 

Actually, many Consadole players succeeded in showing their strength for each in this game, center defender Kushibiki was clever and calm. Mae Takayuki ran harder than usual and kept picking off the trouble before it came. Uehara in their right side back also worked well. Even for substitutes, the first Indonesian J leaguer Irfan appeared in the 66th minute and attracted over 10000 fans there with his speed running and dribble. When those plays cause good rivalry, it is more than welcome to lift the team up higher in its quality and tactical option.

Next game is really important for the rest of the season to enter the play off. Stay the confidence and concentration, and keep working out until next; go, Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |18:33 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |