コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年08月29日

Win the first game of Emperor's Cup

 天皇杯1回戦、札幌大学戦は5-1で勝利。初戦で北海道代表が潰しあう組み合わせ(案外多いような気がする)を少々残念に感じつつ、やはりここはきっちりプロの強さを見せて欲しかっただけに、リーグで出番の少ない選手と若手中心にしっかり勝ち切れたのは良かった。得点が多かったのも単純に楽しかったし。

 札幌の布陣はツートップに前田と中原、中盤は、トップ下の神田に前寛之とニウドのダブルボランチと言うよりは、両サイドの古田と上原も加えた5人が流動的に動き回って、左から進藤、永坂、パウロンの3バックの前のスペースをケアするというもの。ゴールキーパーは(厚別との相性がやや心配ではあった)杉山。

 ゲームの入りから中原と前田の距離感の良さ、サイドからの上りに迫力は見せていたが得点には至らず、反対に札幌大学にも得点の匂いが残る17分、先制したのは札幌。神田からの前線へのパスを中原が胸トラップで更に前へ、相手DFラインを追い越した前寛之が、キーパーに寄せられながらも落ち着いてループシュートを決めました。そこまで互角にやれているという相手の気持ちと、前線で選手が入り乱れた瞬間の連携、両方の隙を上手く突いたようなゴールでした。その後もプレーのひとつひとつで大学生を圧倒、39分には進藤の長いクロスに対し、ニウドがゴール前で潰れ、抜けたボールを上原がゴールに背を向けた状態から振り向く形で蹴り込んで追加点。後半開始直後、ゴールネットが枠から外れるという珍しいアクシデントによる長い中断もあったが、59分、中原がキープと持ち上がりから放ったシュートがポストに当たった跳ね返りを前田が押し込み3点目、その後にカウンターから攻め込まれあわやと言う場面もありヒヤリとさせられたものの、70分、(良く判らなかったが)セットプレー時に相手ゴール前空中戦中の接触で得たPKをニウドが決めて4点目、大勢を決しました。

 交替はその前の65分に古田→小野、71分にニウド→深井。前寛之と深井でボランチ、小野はトップ下、中原が古田の抜けたサイドに回った印象。74分、なんとDF進藤による5点目も、小野→中原→進藤(中→外→中。中原の、一瞬ボールを溜めて走らせたアシストが何気に凄かった)という流れの中でのものでしたから、機能したと言えるでしょう。それでも小野は(まだコンディションが上がり切らないのか)勢いも運動量も持ちませんし、ナザリトにいたってはフィットしていないにもほどがある。今回アピールできたのは中原、ニウド、上原の3人。次いで神田、前田まででしょうか(進藤は、本職での活躍ではないので除外)。相手では1年生の平塚。雰囲気も良いし、振りの小さいシュートも魅力。本人もプロ志望とのことですし、当然クラブとしても目は付けているのでしょうが、手も付けておいて良いでしょう。

 87分、相手左サイドからのクロスを許し、澤野のヘディングシュートは杉山が一度は弾いたものの、再び詰められ失点。まったく余計と言うか締まらない結果だったが、これで四方田体制初勝利、またアマチュア相手に、プロの巧さ(狡さ、えげつなさ込みの)も随所に見せられたように思います。この勢いを、まったく振るわないリーグ戦にも持ち込みたい(表向きはともかく、早々に狙いを天皇杯に切り替えるのも手かも…)。リーグもカップ戦も、頑張れコンサドーレ札幌!

 おまけ。今日アピールした選手を混ぜて組み直して欲しい次節横浜戦のスターティングラインナップ。

    内村  中原

      ニウド
     (荒野)
古田  宮澤  稲本  上原
(堀米)
  櫛引  河合  福森
 (前貴之)
     ソンユン
     (金山)


Overwhelming game finally brought Yomoda the very first victory in one month, since he took the team; Saturday, Consadole Sapporo met Sapporo University on the pitch of Atsubetsu Sports Park Stadium for the first round of Emperor’s Cup tournament games and beat it down with 5-1 big score. In spite of Consadole started the game with its young talents or some players who usually counted as substitutes at least this season, enough showed off the deferent between J leaguer and university players. It could be unfortunate that two Hokkaido representative teams eliminated each other for the first round of the tournament but the fans in the stand also must be excited by many good plays and many goals.

Consadole’s 5 goals were all fine but especially first 2 were excellent. In the 17th minute, Kanda’s cross form their left side was forwarded with Nakahara’s chest trap and went over the goalkeepers head to the net by the scoop up shot of Mae Hiroyuki who had turned the defence line; that was very beautiful. It might move the game to call the tide for Consadole. The 39th minute’s Uehara’s strong shot with turn around volley to the vertical feed from their youngest defender Shindo who was selected for this day’s hero was also impressive to show his perfect recovery from the injury. 

Soon after the second half started, there were an accident that the goal net came off the flame and stopped the game 6 minutes long. It could be a great opportunity for Sapporo University to change the tide or rebuilt the team but actually they missed it. Actually Sawano made the latest goal but about Sapporo University, Hiratsuka seemed to have good sense and atmosphere more than Sawano. He is still in the first grade but HFC should contact and catch him as soon as they can (or they already might have made some action).

Consadole might want to bring the good mood to the league where they are almost losing the hope even to enter the play-off. Of course, keeping stay the cup tournament can be new motivation for the rest of season for the both; players and fans. Either will be fine if we can see more their wins…

posted by masamaru |18:25 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年08月15日

It’s getting better but…

 最終ラインに河合が復帰し、ボランチに上里と宮澤が並んだ今日のスターティングラインナップは、個人的にはかなり好みに近いものでした。あえて言えばトップ下は菊岡よりも荒野、菊岡も使いたいならトップで内村と並べるのが良かったように思います。まあ、ナザリトも久々で気合は伝わりましたが(実際悪くなかった)、やはりもっと自分の前にスペースを与えられるサッカーでないと苦しいか(そしてそういう状況はもうJ2でもなかなか出来づらい)。

 荒野は思わぬ形で前半から登場することとなりましたが、それ以上に堀米が抜けたのは痛かった。もう少しだけ何かが足りない今の札幌の“何か”を、その運動量と戦う姿勢で補い続けていた堀米。長引く怪我でなければ良いですが。幸い今日は、宮澤がそれを引き継いでいました。宮澤は良かった。もともと強さと思い切りの上里と、器用さと視野の広さの宮澤という組み合わせが嬉しいのですが、この試合の宮澤は加えて機動力とアイデアが光っていた。いわゆる“ピッチ上の何処にでもいる”という状態ですね。10分には自陣の深い位置からロングフィード一本で内村に左サイドを抜かせ、55分にはゴール前のワンツーでやはり内村に得点機を提供。まあ、いずれもゴールには繋がりませんでしたが…。自分でも積極的にシュートを放ち、何とかしてやろうという気持ちが、そのプレーの随所に感じられました(荒野も、あれくらい自分で決める姿勢を見せないと、代表入りへのアピールとしても物足りない。50分、右サイドから長い距離をドリブルで持ち上がりゴール前の内村へ水平なクロスを入れた場面は素晴らしかったけれど…)。

 宮澤以外でも、それぞれの選手の持ち味が活かされるゲームと言うか、布陣だったように思います。今節も決して強固とは見えない岡山の守備を崩し切るに至らず、監督交代から4試合、勝ちもなければゴールもないという状況は焦るなという方が無理だと思いますが、それでも焦る必要はない、と言うより焦ってもどうしようもないでしょう。シュートに至るまでの形はある。もう少しの精度、タイミングを早めたり遅くしたり。続けていれば感覚的に合って来そうな部分です。ごまかしごまかし、シーズン終了までに6位以内に滑り込める可能性はまだ充分あります。むしろ、変に欲や緊張がない方が、目は上がるような気がします。四方田監督にはあまり弱気になったり迷ったりはしないで欲しいです。

 一方、後半の選手交代、自分たちの時間が続いていたあそこで、小野投入は正しかったのかというような疑問はあります。巧いのは一目瞭然ですが、チームの攻め立てるリズム(潮目)は変わってしまった。小野がファーストチョイスになれば、相手は守り易くなる。上里→稲本で攻撃を後ろ押し上げる態勢を厚くし、その後、菊岡と替えて小野でも前田でも石井でも。ただ、誰を入れるにしてもナザリトは残した方が良かったと思います(ナザリトがどうこうではなく相手のやり辛さとして)。最後の最後まで攻め立てる力は残っていただけに残念でした。

 まあ、悠長に構えているうちにシーズンが終わってしまう可能性もなきにしもあらずですが、他に出来ることもない以上(まさかここに来て補強もないでしょうし)、騒いでも仕方がない。こんなことは(もっとひどいことも)今までも幾らだってありました(繰り返しているのか!と切り返されれば、それもそうか…と揺らぎもしますが)、下を向く必要もなければ、背を向けることもない。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo finally expanded its win-less streak to 11 with the 0-0 draw to Fagiano Okayama at Sapporo Dome. It also counted 4 for the new manager Yomoda with no win and no goal. Sapporo kept overwhelming the visitor almost whole 90 minutes to the very last moment but only one goal was far.

His team and players seemed to be good; some players obviously has gotten back or started to show their strength and colors to build up their offence. Yet they keep crying on their poor finish though… Miyazawa’s wide-sight and sharp-nose based on the sense of football were getting much better under Yomoda. Besides that he ran very long and hard this day as if he were everywhere on the home pitch. Ace Uchimura might be one of the re-shining stars; Yomoda’s tactics is more aggressive than Barbaric and it helps him to us his speed and sleek turn breaking the defence line. Mae, Kushibiki and Arano are all once pupils of Yomoda. They will work well under the ex-manager of the youth team. Even Nazarit, Colombian striker who had slept long in Barbaric Sapporo, can wake up.

They created many good opportunities still it was not enough to goal. However, there is no need to be disappointed or feel anxiety too much. The most expected two experienced players, used to be national team member, Ono and Inamoto was not work very much this day and its young limit less engine of the midfield Horigome’s leaving pitch at the 35th minute worries us but there are substitutes for make it up. Just try another approach to goal; maybe a little quicker and more accurate shots work and once new formation and line-up got match each other, it will be done more easily. 

posted by masamaru |20:45 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |