コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年07月26日

Yomoda Sapporo lost the first game

 チームの成績が振るわないからと監督を交代したところで、一気に状況が良くなるとは限りません。言うまでもないことですが。

 それにしてもクラブは思い切ったなと感じます。確かにファンとしてバルバリッチ前監督に任せておけばというほどの安心感を与えてもらった覚えはない。引き出しの少なさや決断の遅さを感じさせられることもないとは言えなかった。しかし、大宮、C大阪戦の連敗は計算できるものだし、次の讃岐戦はともかく、北九州戦の引き分けだって、監督の采配以上にピッチにいる選手の力によるものだろうと思うのですが…。しっかりした守備から無理のない攻撃へというサッカー自体は、今のJ2で有効と感じますし、実際絶対的なDFリーダーと、しっかり前線からプレスをかけられる選手が揃っていた時期は調子よく勝っていた。それ以前に、愛媛で残した結果を考えれば、バルバリッチ氏にそれほど過度の期待をするのもいかがなものかと。契約解除は、昇格を絶対的な目標に定めるクラブとして現状すら看過出来ないと、本気度をアピールすると同時に現場にもカンフル剤的効果をもたらしたい、経営側の思惑が強く働いたものでしょう。バルバリッチ前監督、お疲れ様でした。

 初戦にドームで愛媛を迎えた四方田札幌も、基本的な布陣は前体制と変わらず。ただ、菊岡が前線に入り、開始直後は気を吐いていた。でもやっぱりそこまで。あのポジションであそこまでなら、最初から内村で良かったと思います。時間と共に札幌が長くボールをコントロールするようになるものの、ゴール前では失速するという展開もいつもと変わらず。むしろ愛媛の集中力とカウンターの鋭さが際立つ中、24分、札幌ゴールに迫る縦のクロスに向かって走る瀬沼に、競り負けそうな櫛引が必至のスライディング、届くには届きましたが、ボールは再び瀬沼の足に当たり、ソンユンの脇をすり抜け無情にもゴールへ。不運でもあったかもしれません。それでもこれが決勝点に。

 後半、四方田新監督は荒野に替えて内村を投入(荒野も良く走り回っていて悪くないのですが、もう少し相手にとって恐ろしいことが色々出来ると思うので、そういうプレーを期待します)。すると58分には相手ゴール前の密集から、実に内村らしいボディバランスと抜け目のなさを活かしたシュートが放たれ、68分にも内村のパスを都倉がシュート、跳ね返りに前寛之が詰めるも僅かに間に合わず、70分には宮澤の浮かせたクロスに都倉が合わせるも枠を外すなど、前半は偶発的なものしかなかったチャンスを自分達で作り出せるようになって来ました。この勢いを加速すべく、ベンチは菊岡に替えて神田を投入。ただ、この段階で内村と堀米のポジションは入れ替えておくべきだったのでは。内村のワントップならともかく、ターゲットが都倉なら内村は外に置いた方が、裏を取るのにかかる時間が短縮される点からもボールを持った時にゴールに切れ込む動きが斜めになる点からも、相手にとっては嫌だったはず。

 82分、稲本に替わって上原が入った際に、都倉と上原の2トップ、内村シャドー、堀米がボランチ、神田がサイドに回ると、直後に右サイドから前寛之がクロス、内村が上手くマークを外してヘディングした場面は惜しく、85分には後方から放り込まれたボールを都倉が前方に落とし上原がボレーを打つなど、最後まで得点を狙い続けたものの、追い付くには至らず。新体制を黒星でスタートさせました。

 それでもこれで終わったわけではないですし、シーズンはまだ続きますから。総力戦で追い上げを図っていただきたい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

The answer for Hokkaido Football Club to recover and rebuild the team that had been gotten slowing down in the midseason was giving up Barbaric. Consadole Sapporo with its new manager Yomoda Shuhei who had led its youth team met Ehime FC at Sappro Dome and ended his first game by 1-0 for the visitor.

It was based on Barbaric Sapporo except Kikuoka lined up in offensive position, and also there was nothing new on their playing; they could hold ball well but lacked vertical moving and strong finish. Conversely, Ehime’s defense was tight and well concentrated and its counterattacks were quick and sharp enough to threaten the home team. It even could be decided when the first goal made for Ehime in the 24th minute from a long feed of Ehime and Kushibiki’s unlucky miss clear; but in the second half, they hanged it over with the substitutes. Especially, Uchimura who took after Arano’s place warmed up the team again and drew some great opportunities too; however, it was still not enough. Toward the end, Sapporo got aggressive and strong but stayed one goal behind until the last moment.

Of course, Yomoda can learn and study his team from now; using his players in appropriate positions will get better. Almost half of the season has been left yet. Face up and keep going on, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年07月18日

Enter into another tunnel?

 8試合負けなしの後の3連敗。大宮とC大阪に勝てなかったのは、負け方や失点数など問題は多いものの、結果自体は想定内。ただ、悪い流れを断ち切り巻き返しを図りたかったこの讃岐戦を落としたのは痛い。内容もパッとしなかっただけに一層。

 個人的にはどう守備を立て直して来るのかも含めて、櫛引のCBに注目。16分、右サイドに釣り出された後、何でもない浮き球をかぶって大ピンチ、ソンユンの滞空時間の長いジャンプとキャッチに救われた他は、危なげなくこなしていたようにも見えましたが、終始、目立ったのは攻守に広く顔を出していた福森の方でした。ただ、あの場面に既に敗戦は覗いていたのかも。

 終始圧倒的にボールを支配し、時折サイドから崩しを狙い、実際シュート数でも上回っていながら、讃岐の目が細かい守備と速度のあるカウンターに苦戦。前半終了間際に同じ右サイドから木島に押し込まれると、あっさり中央に放り込まれ、永田の打点が高いヘディングシュートに先制点を献上(櫛引がこの時どうしていたかは見ていませんでした…)。注意すべき選手にきっちりやられてしまう、河合や稲本のような“感じられる”選手の不在によるものでしょうか。

 札幌はダブルボランチに宮澤と堀米。堀米が走り回って光る選手ということもあり、宮澤が一人ピッチの中心を担わされていた印象がありますが、それでも前半は頑張っていたと思います。サイドも右は荒野と古田、左は内村と前の距離感が悪くなく、あの辺りをもっと巧く使えていればと思います。そこは結局、稲本が最初から出られていなかった影響かもしれません。それにしても縦への動き、具体的にはドリブルでの攻撃が少ない(ついでに言うと、自分たちのCKの際に動き直す選手も少ない)。後半頭から上原が入ったものの、期待したほどの変化は生まれず。それでも54分、右の堀米からサイドチェンジ、上原が落として古田がミドルをふかしたシーンは惜しかったし、60分台の長い攻撃はフィニッシュまで行きさえすればと可能性を感じさせるものでした。

 ここでバルバリッチ監督はフィニッシャーではなく、その前の段階の精度を上げるべく内村→稲本の交代を選択。確かに先にも書いた通り稲本が改善する部分はありましたが、正直この選択は疑問。内村を諦めるよりは、彼のポジションが下がってしまっている状況をどうにかして欲しかった。あの交代で点が入るようになるとは思えない。堀米をサイドに移し、上原をトップにしたことで、むしろ相手にすれば予測しやすく守りやすい布陣になったのでは。70分には古田を下げて神田を投入、突破する力はますます減少。77分、稲本のロングフィードを荒野が神田に繋ぎ、神田のグラウンダーショットがポール一本分外だったのは惜しかったですが…。

 そもそも連敗に対して都倉以外の答えを見つけられなかった時点で監督には不満。目先の順位も気になるとは思いますが、ここは耐えてチームの幅を広げても、残りのシーズンを戦う上では良かったような気がします(そういう流れでの負けなら個人的に楽しみを見いだせなくもないし)。もちろん、そこで強烈にアピールして出て来られない他の選手にも問題はあるのでしょうけれど。多くのファンの三連休をこの失望でスタートさせた責任は重い?本格的なトンネルに入らないうちにどうにかしなければ。

 最後に移籍について。榊にはウチでもっと活躍して欲しかったですが、海外でやれるというチャンスを最大限に活かして欲しい。砂川の岐阜行きは、昨シーズンの岐阜戦で、ラモス監督が負けたにもかかわらず凄い笑顔で砂川に握手を求めに行っていた場面を思い出しました。確かにラモス好みのベテランです。ミスターコンサドーレが去るのは寂しいですが、まだまだやれるところを他所でも見せて欲しい。頑張れ、榊、砂川!

After 8 games no lose, lost 2 games in a row, and expanded it to 3; it seems that Consadole Sapporo is approaching into a tunnel for the second half of season. Sunday, they met Kamatamare Sanuki on the home pitch of Sapporo Dome and ended it by 1-0 for the visitor. Actually, most of the time Sapporo had controlled the game, however, they kept struggling with Sanuki’s hard and tight defence and quick counter attack from the first, and once they get behind in the last few minutes of the first half, never could turn over the one goal lead staying one goal behind to the end.

Consadole could fell down on the lack of vertical moving; they always held ball well and their quick short pass changes were good and beautiful but never enough to break the final defence line. Sometimes, Furuta or Horigome remembered that but it would not spread out nor draw followers. Consadole has enough players good at those kind of plays; even Uehara Shinya had come back from the injury and appeared from the second half, still, stayed a little quiet over all.

Barbaric’s strategy was also disappointing and never satisfactory. With previous two defeats he could not find any answers except putting back Tokura to the front line. The more he sent substitutes, the more their playing got plain and predictable in this game too.

The last moment, goalkeeper Gu Sung Yun joined to the offence, some good chances slightly scented. If they could show the spirit much earlier, I thought.

posted by masamaru |19:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年07月05日

Stay no lose but…

 昨日の横浜FC戦は雨の三ツ沢で現地観戦。見せ場はあっただけにスコアレスドローは少し残念(かなり危ないシーンもあったことを思えばラッキーとも言える?)。これで3戦連続の引き分け。不敗を続けてはいるものの、確かに停滞した空気を感じなくもない。

 そうした雰囲気を意識してのものか、単に選手のコンディションやすぐに平日の試合がある日程を考慮したのか、監督は今節のスターティングメンバーに少し変化を付けて来ました。個人的にはかなり好みの面子で、基本的にフィニッシュひとつ前はターゲットに当てに行くここ暫くの札幌のスタンスよりも、より裏へ抜けるスピードが増しそうなうえ、雨でボールが速くなりそうなピッチではグラウンダーのスルーパスが有効に思えて、期待したのですが…。素人考えでした。

 前線は柔軟にポジションを入れ替えながら、攻撃的な選手が空いたスペースに次々走り込む展開を予想したのですが、蓋を開けてみれば攻撃のきっかけとなる最初のパスを出す場所とタイミングに困っているように見えました。ポゼッションは出来ていて、ピッチをワイドに使ってボールを運ぶのですが、さてそれからどうする?というところで、時間がかかって奪われるか自ら後ろに下げてしまうかのいずれかで、結局いつもの都倉がいる状況と比べてどうだったかは微妙なところ。

 荒野のFW起用についても、内村のひとつ下で縦に並べ、もっと荒野にボールが集まる形を想定しましたが、実際は広く走り回って決定機に絡んでいた印象。ちょっとツキにも見放されていた感がありますが…(そしてその運動量は後に影響することに。後述)。現状では、フォワードやトップ下よりもサイドハーフがハマっているのでしょうか(そもそもその役回りなら前田の方が向いているように思いますし。前田はベンチにもいませんでしたがどうしているのでしょう)。

 いずれにしても、前半終盤、こちらのセットプレーが続いた一連の攻撃で決め切れなかったのが痛かった。後半も特に中盤では良く競り勝って、相手ボールをカットしてから攻める形も何度も見られたのですが、時折、深井や堀米の大胆な切り込みで戦況が動くものの、今ひとつ決め手に欠ける状況は変わらず。もう少し、縦に頑張ってドリブルで運んで欲しいところでクロスが入ってしまうのはもどかしかった(あと、何故か札幌の選手ばかりがスリップして転ぶのは気になりました)。選手交代も、最初の選手交代が古田→神田なのはともかく、次が内村→小野だったのは疑問。確かに小野は巧いです、目の前で観ると一層。あの球捌きをしながら、周りに指示を出すのは凄い。彼が入って雰囲気も一変しました。ただ、この交代で決定力はむしろ下がったように思います。そして最後の一枚が深井→上里だったことで(上里が出たのも嬉しかったのですが)、その傾向は修正されぬまま。また、あの得点の匂いが強まった時間帯に、とうとう荒野の脚が止まってしまっていたことも痛かった(荒野は責められません)。深井(宮澤)→小野、最後の一枚で内村(荒野)→中原(菊岡)だったらどうだったでしょうか。

 負けないのは良いことです。守備が安定しているか、守備と攻撃のバランスが取れていると考えられますから(ちなみに今回良かったのは、上では一度も名前が出ていませんが、守備の櫛引。特に弾き返すのか、繋ぐのかの決断が良かった。ボールに触るほどに乗って来ていたような。あとは中盤で深井と堀米)。特にアウェイで(多少選手の顔触れを変えて、それなりにピンチも有りながらなお)0-0なら上等と言えます。

 とは言え、クラブとして絶対昇格を掲げるなら、もう少し安心させて欲しいのもまた、ファンとしては自然な心理かもしれません。しかし、今季もおそらく順位争いは最後まで団子、どんぐりの背比べです。冒頭にも書きましたが、やや停滞した雰囲気が感じられたとしても、今はそれほど悪くない、むしろ踏ん張る時期だと思います。あくまでも個人的にですが。あえて何か言うとすれば、たまに出てきた選手はもっとアピールして欲しい。中原とか菊岡とかさ、監督の目の前で不自然にダッシュを繰り返すくらいのことしてでも出て来てよ、と思ったりするわけです。

Saturday, at rainy NHK SPRING STADIUM, Consadole Sapporo met Yokohama FC and drew the game by 0-0. Barbaric gave a little deference taste on the team because of his players’ conditions or this week tight schedule but finally it did not work so well. Arano as a forward was never bad whole 90 minutes; he ran long and hard and actually was in many great opportunities to goal, still, finally did not reach the last moment of glory. Midfielder Fukai who had been line upped after a bit while was good with his some daring decisions in his 74 minutes’ play but not enough too. Including the other teammates, they showed good performance, still, it was really difficult to say better than usual Consadole with Tokura and Inamoto.

This day’s their soccer based on controlling midfield to advance it widely worked itself, however, at least I never saw what was there after that. More vertical actions were supposed to make especially before last crosses. Horigome alone knew that maybe.

Ono who many fans had expected to see on the pitch and appeared in the 65th minute taking after the ace Uchimura definitely changed the atmosphere of the team with his skill and leadership but there was no substitute for Uchimura; it ended in lack of finisher. It was also unlucky for Consadole that Arano already had been tired up when Ono brought in the second wind.

There is no need to take this result so pessimistic; Yokohama was organized well and worked hard but Sapporo blocked them from first to the end, now their defence was stable. Especially, Kushibiki was excellent at least in this game. Situation that variety of players compete closely is rather good when it comes to the fact they still have whole half of the league. First of all, they still stay on no lose. J2 league might keep in many teams’ mixed up to the end this season too, so hanging it up even can help them later, more important time. 

We hope it comes true. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru(現地観戦) |17:29 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |