コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年06月21日

Fail in staying one goal lead

 5試合負けなしの札幌に対し、4連勝中の北九州。接戦は予想されましたが、ホームですし、きっちり勝っておきたかったというのが本音でしょうか。

 ゲームは双方譲らず激しくぶつかり合うと言うよりは、むしろ慎重かつタイトに弾き返し合うところから入った印象。そんな中でも、シャープで強い攻撃を通していたのはギラヴァンツの方で、このまま続くと何処かでやられそうで嫌な感じもしていたのですが、中盤から前を中心にじわじわと押し込み始め(稲本、働くなぁ)、次第に好機も増えて来ました。特に良かったのは今日も古田で、20分を過ぎた辺りから、積極的なプレスからのカット、縦へのドリブルやシュートで存在感を増していましたが、41分、前線の深い位置で相手ディフェンダーからボールを奪うと前寛之へパス、これを前が中央へ戻し、宮澤が微かにアウトへスライスさせたミドルシュートをネット左に突き刺して札幌が先制。落ち着いた良いシュートでした。これで余裕を持って前に出られるようになったか、終了間際には福森のロングフィードを再び前が折り返し、都倉のシュートがバーを越えるなど惜しい場面もあり、良い雰囲気で前半を終えました。

 後半も、流れでも勢いでも勝っていたのは札幌。前線の選手を中心に、惜しいシーンが続きました。73分には稲本に替わって怪我から復帰の荒野が登場、早速キレとセンスのあるプレーを披露し、追加点も遠くないとすら感じたのですが…。それほど甘くないのがサッカー。北九州のショートカウンターと言っても良いでしょう、カットから縦への長いフィード一本で、こちらも交代で入っていた渡が札幌ディフェンスをかわしてシュート、やはりこちらもゴール左、ク ソンユンの長い腕もわずかに届かず、ゲームは振り出しに戻りました。櫛引も寄せてはいましたが、ちょっとした身体の使い方で見事に置き去りにされてしまった。フォローも間に合わず、ディフェンス陣の位置取りや対応がこの時だけ少し甘いと言うか不注意だったように思えるのが、何とも残念。

 79分にはゴール正面からの福森のフリーキックがバーを叩き、アディショナルタイムにはコーナーキックから荒野のヘディングがキーパーに抑えられるなど、もう一歩という場面もありましたが、劇的な結末を引き寄せるには及ばず。12,000人以上のファンを集め、勝って上位へ迫ることは叶いませんでした。ただ、6試合負けなしはフロックではないでしょう。自信を持って今の戦い方を続けて欲しいと思います。出続けの選手の疲労がやや気になる部分もありますが、次節月曜日もドームです。もう一度、狙って行きましょう。頑張れ、コンサドーレ札幌! 

Sunday, Consadole Sapporo came back on the home pitch of Sapporo Dome to meet Giravants Kitakyushu. The latest defeat-less five games had lifted up Sapporo to the 4th place but Kitakyushu also had been in 4 games winning streak so it was expected to be hot and tough from the first. Actually it was close but started a little slow especially for the over 12,000 Consadole fans in the stadium; Kitakyushu’s offence was rather more sharp and strong. However, the home team warmed up and started pushing back the visitors soon and in the 41st minute, from Furuta’s interrupt and in the front line and Mae Hiroyuki’s turning it back to the center, Miyazawa slightly curled up beautiful middle shot finally to broke the silence. Furuta had been good and a key this day too; he had created some grate opportunities with his pass cuts and dribbles.

It seems Sapporo got second wind with this goal; at least they could control the game in the second half too with its offensive players’ aggressive works. In the 73rd minute U-23 national team player Arano who just had recovered from injured appeared and boosted it up.

But that was the soccer; in the 76th minute, when Kitakyushu’s super substitute Watari equalized it from their short counter attack, Consadole defenders were in the bottom of tiredness though, still it was a little bit careless. 

Only three minutes later, for Sapporo, Fukumori’s free kick hit the bar. In the additional time, Arano’s header to the corner kick was stopped on the goal line. Both were so close but not enough to draw any dramatic endings.

Next match, Sapporo will meet another Kyushu Island team, Oita Trinita, at Sapporo Dome again. Six games without lost never can be just flock. Feel confident and stay aggressive, go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |17:06 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年06月14日

WIn and step up to the 4th place

 成績も順位も試合の内容もそれほど悪くはないのだけれど、今ひとつ物足りないと言うか(贅沢だ)昇格するためには加速に苦しんでいる印象がある最近の札幌。前節も千葉に惜しくも引き分け(個人的には荒野に加えニウドも戦線を離脱してしまったことが心配)。今節は、現在7位と20位と、順位に開きはあるものの、思うように結果が出ずに苦しんでいる点と、ここで負けられないという立場では似通っている岐阜が相手。果たしてゲームは予想以上に表面的には静かで、しかしバチバチとタイトなサッカーでスタート、得点ランキング3位(9点)の難波と同8位(8点)の都倉というストライカー対決も注目されましたが、むしろ目立ったのは双方非常に慎重で、特にゴール前での集中した守備と、勝負どころではチームとして一気に圧力をかけて形にこだわらず一気にもぎ取ろうという気迫でした。

 岐阜は、前線でのロドリゴとレオミネイロの連携と距離感が良く、中心選手の高地や小野悠斗らの動きも驚異で、とても下位に沈んでいるチームには見えませんでしたが、それでも時間と共に、前からのプレスで主導権を握り、ボールを持つとピッチをワイドに使い、精度の高い縦へのフィードで攻撃を展開する札幌がじわじわとチャンスを増やし、31分、ドリブルで相手ペナルティエリアに侵入した古田が倒されPKを獲得、これを都倉が決めて先制(古田にはああいうプレーをもっと期待)。結局これが決勝点に。都倉は終了間際のミドルシュートも迫力がありましたが、惜しくもキーパー正面でした。

 後半も、勢いを落とさない相手の攻撃に押されることなく、自分たちのプレースタイルを維持。53分には、内村がカットからスピードのあるドリブルで長い距離を走ったもののシュートまで至れず、直後今度は都倉が相手ゴールライン際で粘ってマイナスのクロスを狙ったがこれもキーパーに止められるなど、追加点が遠いものの、常にその可能性は感じさせる戦いぶりでした。66分に稲本→深井、内村→神田と一気に二人を入れ替えると、中盤を厚くして相手の反撃を起点から制限していく戦術にシフト、相手をいなすような短く細かいパス回しから、全体で押し上げてチャンスを窺う中、古田が二人の相手選手に挟まれながらも身体を上手く使ってキープしたプレーは素晴らしく、その流れで生まれた宮澤のシュートが決まればもう少し楽になっていたかもという場面でしたが、これまた今日ビッグセーブ連発の常澤に阻まれました。一方、久々の出場となった札幌の金山も終始安定したプレーを見せ、特に味方の脚が鈍った終盤はシュートを打たれる回数も増えましたが、危なげないキャッチとブロックでチームを支えました。

 一度に3枚カードを切るなど(!)指揮官の大胆な采配と最後まで得点を諦めない選手の運動量が敵ながら天晴れな岐阜でしたが、札幌も76分に堀米に替えて石井を投入、総力戦で、最後は多くの選手が脚を攣りながら、1点を守り切り勝利。貴重な勝ち点3だと思います。M.O.Mは古田。縦への意識、チャージされながらもプレーを切らない粘りが良かったです(都倉もヒーローインタビューの格好良さでポイントを上積みしましたが、今日は古田で)。今のサッカーは大変良いと思います。継続希望。頑張れ、コンサドーレ札幌! 


Although clearly the detail was difference between the problems of two teams; 7th placed Consadole Sapporo and 20th placed FC Gifu met at Gifu, it was a similarity that both seems to have been struggled and feel difficulty to step up from current positions for each. And actually, Sunday game they met on the pitch of Nagaragawa Stadium, the home team Gifu totally match the visitor from the northern town. They ran hard and well and there was good relation and combination especially between Rodrigo and Leomineiro. The center players such as Takachi and Ono had stayed good condition; it was enough to make an upset.

However, this day’s most excellent player of Gifu was the goalkeeper, Tokizawa. He saved the team again and again with the super savings. If the 31st minute’s Furuta’s dribble had not drawn the penarty kick from Gifu’s defender, he could be even M.O.M.

The fact is Sapporo’s tactics and playing exceeded Gifu a little but definitely. Its organized tight deffence based on hard pressing from the front line finally worked well this time too; it might seem to be a spider web for Gifu players. Besides usual widely side changes and sharp vertical feeds, this day short quick passes appeared to break the deffence line or parry the unyielding Gifu offence. M.O.M is Furuta. Not only the speedy dribble but also the body strength not to stop the play for the team was remarkable. Tokura who kicked in the PK to mark his season 9th goal and get scored the third most scorer was also great.

When the game ended in visitor’s one goal lead almost all Consadole players had had a cramp in their legs. Hard and tough victory lifted up the team to the 4th place where they can aim for more.

posted by masamaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |