コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2015年05月24日

2-1 victory was narrow but still strong

 21分に札幌が先制した場面、稲本のシャープな縦へのフィード、空中で競り勝っての都倉の落とし、ボール目がけてスペースへ攻め込んだ荒野が、相手DFに並走されながらきっちり蹴り込む強さを見せて2試合連続ゴールと、期待される選手が期待されたとおりの役割と仕事をこなして生まれた結果は素晴らしいものでした。そこまでは前からガツガツ来る徳島相手に自陣で戦う時間が続いていたのですが、そんな中でも(そしてこの得点以降は更に)、この日の札幌は大きなサイドチェンジと相手選手の隙間を縦に縫う斜めのパスが光っていた。それを可能にしていたのは、全員がチーム戦術のために走り続ける姿勢。そういう意味でも、前に都倉、内村、ニウド、後ろに河合、福森、櫛引、中盤に稲本と宮澤、そして運動量という点ではチーム一ではないかと思われる堀米の体力に、加えて荒野のセンスと推進力というこの組み合わせは、少なくとも安定感という意味では現状で今季一番かもしれません。

 それでも正直前半は、短いパスに何本か不用意に軽いものがあり、カットされてから反撃されることもしばしばでちょっと嫌な感じがしていました。また、コンサの選手ばかりがコロコロ良く転んでいたことも。まあ、芝の癖や状態などもあるのかもしれませんが…(後半もウチの選手は良く転んでいたような)。また、前半だけで荒野とニウドの二人がピッチを去ったのも心配です。タイトスケジュールの疲労が抜け切っていないのでしょうか。中盤の選手層は決して薄くはないとは言え、今波に乗っているメンバーだけに負傷は避けて欲しいところ。

 しかし追加点も札幌でした。65分、内村の左サイド突破とキープから、逆サイドの都倉をきっちり確認して上げた美しいクロスを都倉が豪快なヘッドで押し込んでリードを広げます。都倉はこれで何と3試合連続得点。前からのプレスとチームメイトへの指示でも存在感を示し、まさにエース級の活躍。その後1点を失うと、形勢が一気に逆転、5分のアディショナルタイムを含め、ひたすら攻めたてられた長い長い20分ほどの最後も、味方のクリアボールをドリブルして時間を使い、跨ぎフェイント、タックルされて膝を付いたのちもしつこくキープと、チームを救うプレーが光りました。

(あの展開になってしまったのは、最後の交代が内村→上里であったことも影響していると思うのですが、監督の意図が何処にあったのかは知りたいところ。この交代でポジションを一列上げた宮澤の器用さを堪能できるような展開を見たかったというのは、さすがに欲張りか。)

 チームを救ったと言えば、1点は許したものの、それ以外では神がかり的なセーブを連発、精神面から相手を揺さぶった可能性もあるク ソンユンの活躍も見事でした(前回投稿時、一度休ませろなどと言ってごめんなさい)。M.O.Mはソンユンになるでしょうか。それでも個人的に最優秀選手賞を与えたいのは、堀米。いや本当に、攻守に良く走るし、空いているスペースに気付くのも早い。今の札幌には不可欠な選手。これからも頑張って欲しい。

 次節はフォルランとカカウを擁するC大阪戦。順位が札幌より下なのが不思議なくらいですが、手強い相手であることに変わりはありません。ホームですし、きっちり退けて、順位も引き離したい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Tokushima Vortis at the Pocari Sweat Stadium and won it by a score of 1-2 with Arano’s grounder shot and Tokura’s header. Arano made goal two games in a row; and about Tokura, it was very three games straight.

It was the 21st minute; an elegant vertical long feed from Inamoto reached to the head of Tokura who won the aerial battle for that, and Arano rushing to picked it up shook off the defenders finally flapped the goal net with the quick strong swing of his left leg. With this goal what expected players perfectly worked as they expected, Consadole warmed up and started to overwhelm the home team; in spite of Arano and Nildo accidentally left the pitch within the first 45 minutes, they kept controlling the game especially with the wide side changes and sharp diagonal passes. Next goal was also the visitor; in the 65th minute, the beautiful and slightly curled cross from Uchimura who had broken the left side of the pitch drew Tokura’s high and strong heading shot.

Actually the tide changed to Tokushima; the lead shrunk to one goal in the 71st minute and they never stopped to push up and press out the rival to the end all the rest of the game, however, Consadole managed to hold on. Korean goalkeeper Gu Sung Yun allowed 1 goal but still deserves Man Of the Match enough; a lot of super blocks and savings he really saved the team. Including him, this day’s line up might be the best for current Sapporo; organized and balanced well and everyone works really hard.
My favourit is Horigome; he runs tough and long whole 90 minutes every time anyway, almost unbelievably.

For the next game, Consadole will meet Cerezo Osaka at Sapporo Dome. It must be difficult and tough game again but also exciting one. Heat us up, go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:33 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2015年05月09日

It was so close but...

 連休時期のタイトなスケジュールを、なかなかに良い成績で乗り切った札幌。7試合を負けなし2失点と守備が安定しているのも心強い。稲本、福森の存在に加え、河合が戻って来たのが大きいか。また、選手をやりくりする過程で、前線にしっかりプレスをかけてくれる選手、裏を狙って走る選手が揃った影響もあると思います。特に途中、ナザリトではなくニウドをFWのポジションで起用したのが吉と出た印象。内村も待望の今季初ゴール、2試合連続得点と乗って来たし、イルファンがインドネシア国籍選手で初のリーグ戦出場を果たしてクラブの名前を歴史に刻むと同時に予想以上のスピードを見せてワクワクさせるなど、見どころも増えてきています。

 ポジションによっては本当に誰が一番良いのか判らないくらい力のある選手が多く、戦力の充実を感じさせる。シーズンの入りはそのタレントを活かし切れていないようにも見えましたが、今は、中盤を厚くし、全員守備からしっかり奪って縦に速く攻めるという形も固まって来て、良い状況と言えるのではないでしょうか。揃って攻守にバランス良くセンスを感じさせる稲本と宮澤のダブルボランチから、あるいは上下の運動量が素晴らしいサイドの堀米を経由して前線へボールが入ると、観ていても力が入ります(個人的には荒野がサイドに押しやられているのが不服と言えば不服ですが…)。

 磐田戦が内容結果共に出来過ぎだっただけに前節愛媛戦は物足りなさも感じましたが、アウェイで勝ち点を取って来たことは評価出来ますし、全体的には(疲労から来るスローダウンを覗けば)それほど悪くもなかった。だからこそ、今節の熊本戦でナザリトをワントップで先発させたのは疑問でしたし、開始早々の相手カウンターでボールホルダーを自由に走らせ、あっさりと失点、その後もプレスで負け続け自陣に押し込まれた状態からクロス一本で追加点を許すに至っては、ホーム開幕戦の失望もよぎりました。とにかく守備で後手に回ることで、いるべき選手がいるべきポジションにいない、結果、自分たちのボールになってもチームとしての攻撃が機能しないという、ナザリト起因の悪循環とも言える状態に(コーナーキックから前貴之の意表を突いたグラウンダーがオフサイドでノーゴールという惜しい場面こそありましたが…)。

 後半からの内村投入は当然ながら、下げたのが中原であるのも理解に苦しみます。ナザリトを下げ、都倉をポストに、内村と中原をフィニッシャーに想定するべきだったでしょう。流れを変えることが出来ないまま、僅か10分でコーナーキックから巻誠一郎の身体で押し込む力強い得点がゲームを決めました。ク ソンユンは金山の調子がよほど悪くない限り次は休ませた方が良いかも。結局、次の交代でナザリトを諦め古田と交替、縦への推進力と勢いが出たものの、

 やや遅過ぎました。75分、都倉の物凄いミドルシュートで1点を返すと、内村のスピードで相手のファウルと一発退場を誘い、86分には前貴之のフリーキックを、再び都倉が高さのあるヘディングで決めて2点目、あるいはとも思わせましたが、そこまでにチャンスで精度を欠くプレーが多かったこともあり、突き崩すまでには至らず。ここまで僅か1勝の熊本に手痛い黒星を喫しました。最後に登場、3試合連続途中出場となったイルファンも得点に絡むことは出来ず(それにしてもアディショナルタイム6分は長かった。熊本ファンは生きた心地がしなかったことでしょう)。

 今日の敗戦は明らかな采配ミスと思いますが、選手も、特に今日のようなゲームでは、必ずしも監督の意図や定型のフォーメーションに従ってプレーする必要はないと思います。最後の顔触れで出来たことを最初からやってくれていれば、もっと良い内容になったはず。そこを次回は見せて欲しい。ここからまた立て直して行きましょう。来週は神奈川区民として三ツ沢に招待されているので、横浜FCの応援をして来ますが、頑張れ、コンサドーレ札幌!

In the Golden Week’s tight schedule, Consadole Sapporo had stayed good condition as a team. In these 7 games, they allowed only two goals and did not lose a game. Inamoto, Miyazawa, Fukumori and Horigome have held up the team; and two indispensable key players Kawai and Uchimura have gotten better besides that. When the play turns quickly and strongly from the steady organized defence in the midfield to vertical move for the front line some time with Inamoto’s creative feed and the other time with Horigome’s energetic dribble to Tokura shooting for the goal, it attracts and excite us fans enough. Especially, Nildo who slide up into the position of forward instead of Nazarito has been remarkable. His usual hard work for the team even affect the teammates; actually Tokura starts changing, now he presses the defenders much harder in the top and chases the ball longer than before. As another topic, Irfan had become the first Indonesian J leaguer who play the league game to record the name of him and the club on the football history of this country.

Therefore, Barbaric’s choice for this game they met Roasso Kumamoto at Sapporo Dome seemed a little disappointed; it even made me feel some anxiety. I did not know why it was Nazarito not Nildo nor Uchimjura; Barbaric could think he would have studied new team strategy from outside and got ready to take back his seat as a striker, however, it ended in the team lost balance and aggressiveness over all. The home team lost 2 goals in the first 26 minutes. From the second half, Uchimra came but still Nazarito stayed. And in the 55th minute, ex-national team player Seiichiro Maki’s diving shot to the corner kick almost decided the game. In the 62nd minute, finally he was replaced with Furuta and then, the strong Consadole woke up. Tokura’s dynamic and dramatic 2 goals heated up over 10,000 home fans and froze down the visitors but it was too late. Neither Irfan who appeared 3 games straight and 6 minutes long additional time could not turn it over.

Although the defeat less streaks stopped, they can start from here again. Consadole players worked well to the end especially after they got the second wind. Maybe it works better for the team, for the rest of their season. Never face down, go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |17:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |