コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年11月23日

End season in 10th place with 1-1 draw

 既に前節でプレーオフ出場権を失ってはいるものの、ホームで迎える最終戦、大勢のファンに少しでも良い戦いを見せたかったコンサドーレ札幌。相手は今季、戦力実績共に他を圧倒しての昇格が予想されながら意外に苦戦、それでもここで勝てば3位が確定、少しでも有利にプレーオフを戦いたいジュビロ磐田、難しい試合になることは必至でしたが、健闘したと言えるのではないでしょうか。結果的に1-1の引き分けでしたが、開始早々に先制してから後半残り10分を切るまで、リードしている時間も長く、選手一人一人がそれぞれの持ち味と気持ちの入ったプレーを存分に見せてくれたと思います。

(他会場で千葉が勝ったため、最終的に磐田は4位に。ウチの存在感は示せたかも?)

 特に良かったのは、プレーする範囲の広さと豊富な運動量に加え積極的にゴールに向かう姿勢が光った荒野(前半、左サイドから一人で3人を抜いて、カットされたと見えたところを持ち堪えて更に前に進んだプレーは震えました)と、8分のフリーキックを直接決め、以降も攻守にわたり中盤を引き締めていた上里、集中力の高い守備から前線での攻撃参加までを献身的かつ意欲的かつ強気に続けた奈良と櫛引。他でも日高と前田は何度も見せ場を作ってくれましたし、相手マークを引き付ける都倉の存在あればこそとは言え、中原のポジショニングと動き出しも相変わらず得点の可能性を感じさせるものでした(前半アディショナルタイム、あの一対一を決めるか、せめて都倉に渡すかが出来ていれば、ヒーローだったのだけれど…)。

 83分、セットプレーからフェルジナンドのヘディングシュートで追い付かれた場面は、尻に火が点いた磐田が攻勢を強める中、直前に危ないプレーが幾つか続いて嫌な雰囲気が漂う中でしたが、解らないのはそこに至る前、前田に対しても彼に交代して入った内村に対しても、前からプレスを掛けるのではなく下がって中盤の人数を増やすよう指示していたと言うバルバリッチ監督の意図です。前田に守備を要求しているというなら、まあ、理解も出来ますが、彼と替えて(プレスから相手ボールを奪って一気にシュートまで行き得るスキルを持つ)内村を入れておきながら、その指示はないだろうと思うのですが…。結果的には自陣で相手選手が自由になる時間を増やしたような気がします。

 最後はファンサービスも兼ねて(?)小野も投入、小野には惜しいシュートもありましたが、流れを引き戻し、もう一度磐田を突き放すには至らず。交代枠を一人分残して終わるなら、ステファノを出して欲しかったなど、言いたいこともありますが、負けずに終えたのは良かったと思います。

 何はともあれ、一年間お疲れ様でした。クラブや監督はまだこれからやることがあると思いますが、選手は、まず一息入れるところから来季へ備えて下さい。今季を通した感想と来季への希望は次回書きます。

For the last game of this season, Consadole Sapporo met Jubiro Iwata on the home pitch of Sapporo Dome. Mid of three day weekend because of holiday Monday, more than 19,600 fans gathered in the dome but it finally ended in 1-1 draw game. Sapporo took lead first in the 8th minute early with the beautiful free kick from Uesato’s left foot that slightly bent and shot Hatta’s goal directly and kept the lead long and very tough but in the 83rd minute it was equalized by a Brazilian forward, Iwata’s substituted Ferdinad’s header to their corner kick.

Even at the moment, Consadole players had kept high quality performance and hardworking especially Arano, Uesato, Hidaka, Nara and Kushibiki were excellent; so it was pity that Barbarić wanted them to play more safety and defensive because it seemed to help rivals after all.

With this result, Consadole Sapporo finished this season in the 10th place, worth than last year. However, we rather have an expectation for the next season if those young talents grow and bloom fully. (Of course, worth case is always there too…)

Anyway, I would like to thank and regard them all for now. I also hope them to rest enough before prepare the next year. Thank you Consadole Sapporo, see you again next season!

posted by masamaru |18:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2014年11月02日

Stay back to play-off with 0-0 draw

 雨の味の素スタジアム。結構寒かったですわ。

 試合の方も、気温の低さを吹き飛ばしてくれる…までには至らず(スタンドのファンはいつもどおり熱かったですが…)。現在20位と苦しんでいる東京V相手にきっちりと勝ってプレーオフ進出へ近付きたかったところだと思うのですが、結果は0-0の引き分け。10月は富山戦しか見ていませんが(相手によっては魅せてくれるなぁといった印象でした)好調だったようなので期待していたのですけれど…気迫も工夫も今一歩?だったでしょうか。

 意図してシンプルで無駄を省いたサッカーに移行したのは明確で、あれで勝っていたら割り切った強さを感じたのかもしれません。ただ、攻撃の段階(局面)や個と個の勝負で圧倒する場面があれだけありながら最後の最後で得点できないなら、何かを変えた方が良かったように思います。

 具体的に言えばフィニッシャーとフィニッシュの形。少なくとも昨日に限って言えば、もっと裏を狙う選手を活かせる人選と配置が欲しかったところ。中盤では宮澤と荒野が良かった。特に荒野は攻守共に、相手の動きに対する反応の速さと相手を出し抜くアイデア、そして運動量で光っていました。一方、都倉をターゲットとして縦に一気に入るパスが増えていることで、もったいない余り方をしていたのが前田。都倉もそれほどボールを受けられておらず、セカンドボールを拾ったり衛星的なプレーでチャンスを広げたりすることが期待されていただろう中原が今ひとつだったので、フィニッシュ手前は荒野と前田を中心に少し溜めて、石井や内村に外を回らせた方が面白かった気もします。

 都倉については、バルバリッチ監督と相性が良いのか、得点と自信が好循環を成しているのか、何と言っても勢いと実績がありますし、前半も惜しいシュートを2本見せていたので替えづらかったのかもしれませんが…(特に43分、ホスンのゴールキックを直接シュートしたプレー。あれが入っていれば、まさに今の彼と札幌の関係を象徴する得点だったでしょう)。後半すぐ中原と菊岡の交代は納得として、次に内村が入った時、下げるべきは前田ではなく都倉だった気がします。その後も都倉がファーストターゲットであるサッカーに変更がなかったため、選手を入れ替えた効果は半減、むしろ時間と共に雑な選択やミスが目立ち始め、そこから反撃を食うことも増えたような。最終ラインは奈良を中心に粘り強さと安定感を持続させてくれましたが(パウロンは本人比で凄く良かったと思います。いつもよりは我慢が効いていた)、ここぞというチャンスで荒野や石井が走り疲れてしまっていた場面もありました(そして内村も。控えに回っているだけあって、やはり好調時のキレはない)。

 後半は特に、何となく持ち込まれてゴチャゴチャっとなった時に相手にフリーの選手が目立つなど(中でもニウド。ゲームの中で怖いプレーがあるわけではないのですが、気が付くと嫌な位置にいて非常に気になりました)ハラハラする回数と時間も多かったので、引き分けでもラッキーというのが生で観戦した印象ですが、プレーオフ進出を狙う上では痛い結果となりました。個人的には交代枠を残して終わるくらいならステファノを見せて欲しかったのですが、誰と替えられたかとなると…難しいですね。

 まあ、まだシーズンが終わったわけではありませんし、次節以降も勝ち続ければプレーオフだって可能性は残ります。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo looking at the play-off stage from its 8th place met 20 placed Tokyo Verdy at Ajinomoto Stadium and drew it by 0-0. It was not cold rain nor wet air but the result and performance of the team that disappointed Consadole fan; with this draw, now the most optimistic scenario alone is left for Sapporo to slip inside the play-off tournament game.

Simple and plain play style based on vertical long feeds to Tokura had brought the strength to the team and actually lifted them up to the position close to the play-off, however, this day it would not work. Quickness and process saving from those playing also killed some skillful players like Maeda and Arano, and also it could be easy for Verdy defenders to block out. To handle the situation, Barbarić sent Kikuoka and Uchimura but the play style should have been changed before players. 

In the late, they even started to allow the opponent to threaten the goal because of their slow playing or mistakes not few times but the defence line formed by Nara, Kushibiki and Paulao was stable. They work really hard and patiently to the end. It was a good face of this game and actually the other players were never bad; they can do more even from now for the rest of season. Going to play-off must be good but it is not everything, trying to excite fans with attractive soccer is expected; at least, I am waiting another Consadole next time. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru(現地観戦) |19:38 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |