コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年08月20日

Lost 4 games straight

 日曜日のアウェイ山形戦も1-2で落とし、連敗を4に広げた札幌。開始早々、内村らしい抜け目のない得点で先制していながら、前半終了間際に奈良が自陣ペナルティエリアでハンドを取られ、ディエゴのPKで同点に。後半60分にも、自陣ゴール前でディエゴと競ったパウロンのクリアミスに走り込んだ松岡を石井が後ろから倒してしまい、このPKを再びディエゴに決められ、逆転を許してしまいました。今回に限って言えば、点を取られるか取られないかの局面でのファウルは運も含めて致し方なかった気もしますが、それ以前にそこまで押し込まれている状況を作っていることが残念。リードしている状況で、ズルズルと下がってしまうのは何故なのか。一気に畳みかける力や自信がないということでしょうか。

 やっているサッカーそのものが悪いとは思えません。相手ブロックに手を焼きながらも、ポゼッションとオフ・ザ・ボールの動きでパスコースを作って回す、工夫も技術もあると思います。50分から5分間は続いた攻撃など(最後は石井がもう少し我慢できたような気もしますが)観ていて力が入りました。逆転されてからも、やりようによってはまだまだ戦えたような気がします。

 一方、相変わらず納得が行かないのは選手交代。逆転された直後に上里から都倉へ。個人的にはこれで終わったと思いました。意図が解りません。

 あそこでウチが気にするべきは、守備から攻撃への移行を早くすることと、相手の攻撃を少しでも遅らせる高い位置からの守備だったのでは。そのために上里はむしろ大事な選手で、(動きが悪くなっていることを理由に)替えるにしても、入れるなら砂川のようなスウィッチ&ブーストアップの出来る選手でしょう。都倉では何も起きない。そもそも負けている局面で走らない選手が入るというのが(観る側として)不満。

 次の交代が73分、深井から河合というのが、また解らない。出る選手と入る選手の組合せはともかく、運動量的にも精神的にもチームを引き締めると言うのであれば、この交代が最初ではなかろうか。河合なら、(リードされた直後に)チームに色々なメッセージを運べたと思いますし。何より、都倉を入れることで早目に前に放り込むサッカーへ移行させたはずが、すぐまた中盤をいじるというのが疑問。河合を守備固めと考えるにしても、その前の交代でポジションを下げた宮澤をここで再び上げるなど、無駄にバタバタした印象は拭えません。砂川は78分、菊岡に替わって入りましたが、流れを変えることを期待してのことなら、もう少しプレー時間を与えるべき(それとも、それほど長い時間プレーできないコンディションなのでしょうか)。

 その後は78分、石井がやっと縦への意識を見せたオーバーラップからクロスまで行ったプレーや、85分、相手CKのクリアーに対し内村の身体を張ったキープ→砂川→荒野と繋がったカウンター、89分、ドリブルで上がったパウロンからパスを受けた荒野が折り返し、内村がシュートをふかしてしまった攻撃など、惜しい場面もあったものの、結局得点には至らず。

 繰り返しになりますが、やっているサッカーと、少なくとも先発の選手については、それほど悪いとはどうしても思えない。特に若い選手。深井、荒野、宮澤らはチームの成績とは別にここのところずっと良い。奈良もこの日はミスもあったが、視察に来ていた手倉森監督の前で良さは見せられたのでは。オリンピックに行って頑張って欲しい。リーグのゲームも、どうせ訳の解らない采配で落とすくらいなら、彼らに託してしまえば良いのに。前貴之だって、富山に貸すくらいなら出番を与えてやれば良かったのだ…と思わなくもありません。

 今日はもう天皇杯。清水に勝つのはさすがに難しいと思いますが、おそらく今回も控え組中心でしょうから、疲労の少なさと、ここでアピールしようという野心は、良い方に働く可能性があると言えばあるかもしれません。リーグ戦でパッとしない分、カップ戦で気持ち良くさせてくれることに期待しましょう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Montedio Yamagata at ND Soft Stadium Yamagata to lose it by 2-1 for the home team. Consadole took lead with ace Uchimura’s quick scoring soon after starting the game but failed in staying there finally; they fell down before two penalty kicks from Montedio’s Brazilian striker Diego. With this result, Sapporo expanded its losing game streak to four as the season worst; and also dropped the position to 13th place.

It was never bad play as usual, especially its young talents was showing their promising skill and creativity; Arano, Fukai, and Nara were really deserve to play in next Olympic Games. Another experienced player such as Miyazawa and Uesato were not bad too. There is no need to say about Uchimura. Conversely, Zaizen’s decision to recover his team after Yamagata turned over the game never helped them but confused and ruined them. First of all, his first choice to take back the fair wind was totally wrong; Tokura to replace Uesato with would not work clearly. Sunakawa who was sent last in the 78th minute should have been given more time at least if he had been supposed to pull back the rival to the game. Still, some players’ unyielding aggressive plays made fans feel a possibility and future of their possession soccer.

Wednesday night, they will play Emperor’s Cup game with a J1 team Shimizu S-Pulse. Although it must be hard for them to win, a giant killing normally makes unexpectedly and accompanies with surprise. Excite us, go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |00:54 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2014年08月10日

Depressing 3 games straight

 日曜日。パッとしない成績の中、それでもドームに1万人を集めての京都戦、途中まで相手を圧倒していながら、自分たちでリズムを崩して先に失点、そのまま失速と混乱の中、終了の笛を聞きました。これで3連敗。あくまでも一ファンの、個人的な感想として言わせてもらえば、原因は選手交代(監督の判断)と、代わって入った選手のプレーでしょう。いったい何をやっているのか。

 スターティングラインナップは理想的。試合の入り方も積極的で良かった。特に左サイドから上原、荒野、小野を経由する攻撃が機能。ボランチでは深井がボールカットとターンでキレを見せ、高い位置での守備から素早い攻撃への展開のキーマンとして活躍、中盤の底を見張る上里との分業も美しく、前線でスペースを狙う宮澤や内村との関係性も良かった。この日の前線―内村、荒野、小野、宮澤、深井―とサイドバックの上原に共通しているのは、常に味方を助ける運動量(機動力)と、ボールを簡単には失わない足元の巧さと意識、それを得点機まで繋げるスピードやアイデアを、実際のプレーの中で見せられることではなかったでしょうか。20分、相手ゴール前で粘り強くパスを繋いで、深井のマイナスのパスに上里の強烈なミドルシュートで終わった攻撃は、観ていて力が入りました。

 守備も悪くはなかった。大黒には最終ラインを高く設定することで、山瀬にはきっちり体を合わせることで対応、荒野と二人、この後の代表合宿参加を前にした奈良が心身ともに充実したプレーを連発、危険な局面は数えるほどしかありませんでした。ただ、パウロンのCBはいただけない。9分には大雑把な守備で大黒を逃がし、この時は奈良まで足が動かず、折り返しを山瀬に蹴り込まれたもののオフサイドの判定で命拾い。19分にも似たようなプレーで危機を招くなど、高さと運動能力を差し引いても、やはり櫛引の方が上でしょう(その櫛引が前節レッドカードで出場停止ですから、仕方がないと言えば仕方がないのですが…)。石井の評価は割れるかもしれません。確かに、攻撃参加では必要以上に消極的だったりクロスの精度を欠いたり物足りなさもありましたが、守備では運動量を落とさず貢献。特に最も嫌な相手選手の一人だった田中英雄が上がって来た時に良く抑えてくれていました。このまま行けば、何処かで点を取って、そのまま逃げ切れるのではと思っていたのですが…。

 後半開始から、小野に替えて菊岡を投入。これは小野に連戦の疲れがあったということで、天皇杯で活躍した選手のモチベーションを上げる意味でも理解はできます。実際、チームの勢いが落ちることはなく、49分にはセットプレーの残りから内村のシュートがポストを叩き、55分には宮澤が相手DFの間を抜け、更に一人かわしてシュートまで行くも枠を外し、直後にはカウンターから菊岡が左サイドを上がってクロス、合わせた(と言うか中に入っていたのが偉い)上原のヘッドが惜しくもゴール右へ逸れるなど、惜しい場面が続きました。

 とは言え、これだけチャンスを逃し続ければ流れが移るのがサッカーというゲーム。そしてそれを加速させたのが、56分の深井→都倉という、意図も必要性も不明な交代。中盤の深井に問題があったにしろ、攻撃のスピードアップが狙いであったにしろ、砂川を左SHに入れて菊岡を中央にスライドか、菊岡を一列落として、石井を前に上げるかで良かったと思います。実際は、内村、都倉が並んで宮澤のワントップのような形になりましたが、都倉を目がけて蹴られるボールが増えたことでコンサの前線は(裏を抜けて来る)恐ろしさを失い、間接的に京都のサッカーを落ち着かせ、69分に(選手交代により生じた可能性を否定できない)ちょっとした守備の乱れを突かれ、ゴール前でフリーにしてしまった大黒に決められると、77分には脚を痛めた上里が前田と交替したことで更に失速、そのまま試合を終えました(この交代で菊岡がボランチの位置に入っていることが一層、二人目の交代で何故砂川を入れなかったと感じさせます)。

 追い付き逆転が必要な展開で、観ていて我慢できないプレーを見せた選手は3人。途中から入っているにもかかわらず、最初からいる選手よりも走らない都倉と前田(味方は疲れているんだからボールを受けに行けよ、パスの出しどころを作れよ)。そして雑なプレーを続けたパウロン。ただまあ、財前監督もこれで、今の札幌で“戦える”メンバーの見極めが付いたのではないでしょうか。この敗戦を次節以降に活かして欲しいと思います。

一生懸命やって負けた上に素人に好き勝手言われて選手もスタッフもかわいそうと思いますが、これを楽しみに一週間を乗り越えている私たちです。どうかお許しを。そして力及ばず負けるにしても、次は頑張れと言いたくなるゲームをお願いします。頼むぜ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Kyot Sanga FC at Sapporo Dome and lost it by 1-0 for the visitor. Sapporo started the game very well; especially, Fukai who played as offensive midfielder was remarkable. He remained a key man with his body moving and sense of play to switch the defence to offence. Starting lineup formed by Uchimura, Ono, Arano, Miyazawa and Fukai with left side back Uehara’s overlapping worked excellent and effectively. Defenders were also great. Paulao alone showed his carelessness and instability but Consadole kept overwhelming Sanga at least while these members were playing.

The second half was for the home team first; Sapporo created many good chance, however, they lost those opportunities too much. Besides that, Zaizen’s decision to change players worked wrong again; sending Kikuoka for Ono who had been tired out was understandable but Tokura for Fukai was totally off the point. They just lost sleekness and quickness on their attacking by that; maybe Sunakawa was correct choice to use. In the 69th minute’s Oguro’s scoring that picked up the confusion of the home team was enough to fix the tide of this game. Uesato’s leaving by straining his calf could cause Sapporo’s weakening too. Substitute Maeda also ended in low performance. 

One thing we found from this defeat finally counted three games straight is who can work and act well whole 90 minutes to win the game and who is not. Why they go simply to win? I wish Zaizen to find that for us, fans. It’s enough to learn… No?

posted by masamaru |18:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2014年08月07日

One defeat and one victory

 ロスタイムの劇的な逆転勝利の後は、満を持して迎えたホームゲームで冴えない敗戦、良くない流れを断ち切りたいところで連敗と、まだまだ安定しないチーム力を露呈している札幌。日曜日の北九州戦は選手の顔ぶれを変えて来ましたが、機能していたとは言えませんでした。河合の離脱に関しては、ボランチは宮澤で良かったように思います。トップ下は素直に荒野で良かった。小野とヘナンのSHが思ったより良かったのでなおさら。ヘナンは、足元は上手いし、隙があればゴールを狙う意識があるのも好印象。ただ、ボールを持つとすぐに中に入りたがるのが難でしょうか。難と言えば、石井のクロスが酷過ぎました。本職の場所ではないですし、かわいそうな気もしますが…。他にいないのでしょうか。

 都倉が左サイドをドリブルで突破し、そこから広範囲にパスを繋いで相手を散らし、最後はゴール前へのクロスに都倉がボレーで合わせた15分の攻撃は良かったです。ただ、良かったのはそれと、宮澤が相手陣内の深いところで頑張って獲ったFKを、小野が蹴ってバーを叩いた場面くらい。あの攻撃陣では、パスはそれなりに回せても、最終的に点を取る形がない。前に張っている選手ばかりで、スペースを抜けて行く選手がいない、つまりは速さも怖さもない。連戦を意識して、メンバーをいじって来たのだと思いますが、裏目に出てしまった。内村が使えるなら常にそうするべき。また、暑さを警戒したのか、スローで静かなサッカーで入って、それを続けてしまったのも失敗だったように思います。結果論ですが、畳みかけて圧倒するべきだったのでは。

 41分、濡れたピッチのせいか疲労か、まさかの小野のパスミスから綺麗なカウンターを喰らって失点すると、後半も盛り返すことは適わず、むしろ雨が強まるに連れて攻め手を欠き、64分には再びカウンター気味の北九州の攻撃から、PA内で1対1を耐え切れなかった櫛引が、相手を掴んでしまい一発退場、PKを決められ、ゲームの主導権も抑えられてしまいます。その後は深井→内村、ヘナン→ソンフン、石井→砂川という選手交代も功を奏さず(と言うより、そもそも局面を変えるための手を打つのが遅過ぎ)、ロスタイムにこそ執念を見せる場面もあったものの、力及ばず、連敗で再び順位を落としました。

(櫛引のファウルについては、レッドカードが妥当だったかどうかはともかく、ファウルの判定が理不尽というようなことはないと思います。あそこで掴んで止めていなければどのみち1点だったでしょうし、また、仮にあそこで1点入らなくとも、数的不利がなかったとしても、あの内容でその後こちらが2点取れたとは考え辛いので。)

 前線から最終ラインまでがぐるぐるとポジションを入れ替えるサッカーは、ちょっと面白くもありましたが、見方によっては、各選手が自分の持ち場できっちり仕事をやり切れない現状の裏返しのようにも思えます。小野が入ったからと言って、今から彼中心のチームを作らなければならない(試行錯誤を始めなければならない)わけではないと思うのですが…。昨年培ったもの、それをベースに開幕前に準備して来たものは何だったのでしょう。少々残念です。

 それでもチームはこの面子で残りを戦うしかなく、こちらとしても(いったい何様だという御託を並べながら)応援するしかない。水曜日の天皇杯では、リーグの試合で出ていない面子で大勝ちしたとは言え、相手を考えると選択肢が広がったとまでは行かないでしょうし…。個人的には、いっそオリンピック世代を中心に、経験のある選手にサポートさせるような布陣で、先に期待させてくれるというのも有りですが…。いずれにしても、もう少し試合を楽しみたい。頼むぜ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Giravanz Kitakyushu on the away pitch of Honjo Stadium and lost it by a score of 2-0 for the home team. Consadole’s manager Zaizen might have wanted to brash up the team and also save his key players at the same time with some fresh faces for the tight schedule of the midseason but it did not work finally; they fell down before Giravanz’s counter soccer and the team slipped down to the 11th place from 6th place with this defeat. 

Even Ono Shinji’s creativity and skill was not enough to change the team. The 65th minute’s Kushibiki’s foul in penalty area did decide the game but not so decisive; whether the red card and the penalty kick score had appeared or not, this day’s Consadole never seemed to be able to turn over the one goal lead. At least, Uchimura and Arano should have been given more time to play instead of Tokura and Fukai for us to take lead first and control the game. Strong rain beat not only visitor players but also fans expecting some good things from that. They do not have to rebuild the team really based on Ono from now. Reminding what they had worked out before or in the beginning of the season rather can work. Or trust and leave the games to the young talents; Olympic generation could be interesting too.

In the meantime, they won their first game in the Emperor’s Cup tournament game by 5-0 big score to tonan Maebashi Satellite with substitutes’ team, however, it also does not mean instantly that another hero’s appearance. It came from just a deference of the class between both team. We still should be patient for a while, maybe. Of course, I will be glad to change my opinion by result of next game against Kyoto. Make me, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:10 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |