コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年05月25日

Wake up call ringing?

 状況を変えるゴールやプレーというものはあるのだなと実感。前2試合続けて大勝ちしている好調の水戸をドームに迎えた日曜のナイトゲーム。上手く足を掬えればと思っていましたが、まさかこれほどの完勝になろうとは。

 正直、今日も都倉のワントップというラインナップで既に気持ちは沈んでいました。実際、7分にカットからドリブル、ゴール前の前田にパスを通したシーン以外は(それだって初めてあんなに良い都倉のプレーを見た気がしました)、前半は相変わらずポストとしてもフィニッシャーとしても中途半端。ファーストディフェンスは前田より走らないし、苛々しっぱなし。

 チーム自体も、10分、中盤で前田がトリッキーに小山内とスウィッチ、そのまま押し上げた小山内のクロスはお粗末だったものの逆サイドで河合がフォロー、上原のシュートでCKを獲って終わった攻撃や、18分、左サイドの上原からのクロスに宮澤がヘディングシュートに行ったシーン以外は、可能性を感じることもそれほどなく、むしろ、23分、自陣ゴール前でごちゃごちゃっとなって危なかった局面で、その前に相手の攻撃を遅らせた上里の粘りを無にしていることや、26分、前田が相手ペナルティエリア内まで侵入しながら孤立させられて潰されてしまうような、連携や組織的な動きの悪さに目が行ってしまい、期待するにはほど遠い心境でした。

 それでも今日も河合とボランチを組んだ上里は素晴らしく、彼の所で確実に攻守の切り替えを行ってくれていたことで試合の均衡を保てていたと言っても良いでしょうし、前節と同じ右SHで出場の宮澤も、都倉の分も前線から追い、ボールサイドに積極的に顔を出すなど、精力的に動き回って味方を助けていました。石井も、相手が攻撃を仕掛けるサイドだったこともあり、なかなか攻撃には絡めませんでしたが、我慢強いプレーを見せてくれていました。ただ、全体的にはプレスが弱かったり、寄せる距離が物足りなかったり(チームとしての約束事?)で、不安を残す折り返しだったのですが…。

 47分、河合の縦へのフィードを、ゴールを向いて背後から受けた都倉がグラウンダーのシュート、キーパー本間に防がれるものの、跳ね返りを石井が蹴り込んで先制すると、直後にはまたしても石井が左サイド相手ゴール近くで粘って、最後は上原がCKを獲得、上里のキックを都倉が頭で決めて2点目。都倉は65分にも強烈なボレーを放つなど、突如輝き出した印象ですが(急に前線でもチェイスし始めるし(笑)。でもまあそういうものでしょう)、ちょっと遅過ぎた気がします。一方、59分、パウロンのカットから細かいパスを繋いで最後は左サイド、前田から石井のワンツーがオフサイドになった攻撃などは、昨季や今季最初の頃のサッカーに近くて、観ていて力が入りました。

 しかし54分には奈良の不必要に消極的なプレーでピンチを招き、61分には自陣ゴール前で相手選手を簡単にフリーにする軽い守備という悪癖から、あわやというシュートを打たれ金山がかろうじてブロックするなど、危ないシーンはありました。もっとも、ここでベンチに内村がいたのが大きかった。

 疲れが見えた前田に替わって内村が入ったのが68分、ジャンプの後の着地で足首を捻った都倉に替わって砂川が入ったのが73分。ここからは、砂川、内村、石井で組み立てる息の合った良いプレーが幾つもありました。内村がいる札幌は攻撃時における前への推進力とスピードが全く別次元です。また彼はボールを足元に収めさえすれば、そうそう失わないのも強み。

 79分には、相手CKのクリアボールに走り込んでDFとの1対1を制してシュート。本間が弾くも、長い距離を良く詰めていた上里が押し込み3点目。直後には宮澤が視野の広さを感じさせる配給で石井にビッグチャンスをプレゼントするも、石井はこれを決め切れず、84分にドーム初登場となるヘナンと交替。するとそのヘナンが、アディショナルタイム、カウンターから抜け出すと、足元のテクニックと洒落っ気を見せてJ初ゴール。その後、船谷のシュートにバーを叩かれるなど、最後まで気を抜けない相手でしたが、失点も0で抑え、良い形で終わることが出来ました。

 もちろん、これで勢いを取り戻して連勝などと、簡単なものではないでしょう。そうだとしても遅れを取り過ぎていますし。むしろ取り戻して欲しいのは自分たちのサッカーと、そこに対する自信。勝った時の気持ち良さでしょうか。まずは、次節、苦手とする“流れを掴むために大事な試合”をものにすることに集中しましょう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

After the six games winless streak, Consadole Sapporo finally woke up with 4-0 big score against Mito Hollyhock on the Sunday night game at the Sapporo Dome. When it comes to what Hollyhock was in 6th place to 17th placed Consadole before the game, this result also could be awakening for both fans. Of course, there is no reason that we Sapporese do not love this surprise though…

The lineup was predictable and we never could expect too much at least in the first 45 minutes; their attacks were usually choked somewhere and defence came to loose when it should not have been even though some players much better than latest games. But everything suddenly changed in the second half. In the 47th minute, Tokura’s shot catching a vertical through pass from captain Kawai was once blocked by Mito’s experienced goal keeper Honma, still, Ishii rushed into the reflection and sent it to the goal net again. That kind of streaming aggressive offence, we had been almost forgetting. Only 2 minutes later, this time Tokura scored by himself with high header to Uesato’s corner kick. I never thought that he really took back his strength like this as he had shown in his career but not in Sapporo.

Although Sapporo’s pressure was not enough and careless mistakes were there especially in its defence, center midfielder Uesato helped that. It seemed that almost only he turn or connect defence to offence and he finally kept holding teammates until they caught fair wind by going ahead and expanding the lead. Both side half midfielders Ishii and Miyazawa worked well this time.

However, who actually brought the victory to the team might be Uchimura, in spite of the 25 minutes of play as substitute, and it is same as Sunakawa. Their speed and combination play and great experience lift up the team and its soccer to different stage. His 79th minute’s play that drew Uesato’s scoring with his long quick running to clearance from behind was truly excellent. That was what we were waiting for. Including Renan who appeared the last and closed the game with his very first goal in the league this day, those substitutes Zaizen can hold to rebuilt or spice up the team are really helpful and useful. When they can play from the start, it is better.

Staying good is never easy we know but we want to believe that eventually they awoke and wish they are awake the rest of the season. How does it go next month, the World Cup games will be played? Can we have fan from the both?

posted by masamaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2014年05月18日

Dawn still not come

 90分間、観ているのが辛い。

 アウェイながらも相性の良いスタジアムという点に、一縷の希望を託してもみましたが…。まあ、そんなことで勝てるようなら苦労はありません。それどころか、ちぐはぐだったり呼吸が合っていないように見えたりするプレーが増えていたようにさえ感じられる内容で、2-0の完敗。中盤に上里が、左サイドに上原が戻って来たにもかかわらず、ここのところメンバーをくるくる変えていたことで(注:変えること自体は歓迎です。ただ、変える選手と変えない選手のチョイスが解らない)、味方同士の相互理解と言うか、良く言われる“同じ絵を描く”ということが出来ていないのでしょうか。

 守備で言えばラインが揃わないし、自陣の相手ボールですら簡単にパスやクロスを通される。マイボールになったかと思えば、全くプレッシャーがないところでもパスミス。攻めていても、中途半端なプレーから自分たちでピンチを招いているような気がしました。もっと一つ一つのプレーを、ズバッとやり切れないものか。

 2分、縦一本で抜かれて、のっけからピンチ。小山内が必死に戻ってCKに逃げるも、6分には谷澤から井出へ同じような形で通され、今度は上原がかろうじて間に合うといった、心臓に悪いスタート。更に16分、谷澤から今度はケンペスへ、やはり縦に速く蹴り出されると、小山内がケンペスを捕まえ切れずあわやという事態に。千葉は、谷澤、ケンペス、井出の3人が絶好調でした。対して札幌は小山内の出来が今ひとつで、また、危険なパスの出処がことごとく谷澤と判った後も、彼に対して有効なプレッシャーをかけられる選手がいなかった。この辺が今節の敗因だと思います。23分にも、河合を筆頭に3人がケンペス一人に抜かれてシュートまで撃たれましたが、金山がファインセーブ。河合もここ数試合、競ったり並走したりすると負けることが増えたような気がします。疲れているかもしれません。

 札幌の攻撃は18分、砂川が絶妙なスルーパスを通しますが、受けた都倉はシュートさえ撃てずにチャンスを潰しただけ。30分には前田のドリブルとクロスから宮澤がヘディングで前へ送り、上原が詰めるも追い付かず(ただ、シュートなのかパスなのか曖昧なものだったので、上原は責められないかと)。

 直後に千葉のこの日7本目のコーナーキック(多過ぎ…)、山口のヘディングがバーを叩いたシーンは、肝を冷やしました。しかし運もここまで、34分には谷澤のクロスに抜け出した井出に蹴り込まれ、遂に失点。ただあの場面、札幌の選手は誰も井出に付いて来ていなかった。そりゃやられるでしょう。直後にも追加点の危機があったものの、ここは金山が止めて、かろうじて1-0で前半終了。これが入っていたら、ゲームはここで決まっていた可能性もあるだけにホッとしたのですが…。

 後半もメンバーは変わらず。まずそれが理解できないのですが、51分、小山内のクロスが相手選手に当たってマイナスにこぼれたところを上里のミドルシュート、これは惜しかった。上里の復帰は頼もしいところです。しかし風向きを変えるには至らず。何と言っても、ジェフのプレスが早いし、速い。しかも奪ったら4人くらいが横一列で上がって来る。64分には左サイドを抜かれて長いクロスにケンペスのヘッド。金山が左手一本で弾いて事なきを得ました(金山は、本当に一人で何点防いでいるんだという活躍ぶりでした)。

 状況を打開すべく行われるはずの交代は、64分に砂川→石井、68分に上里→中原と、チームの中骨を抜くもの(上里に関しては故障上がりで仕方なったかもしれませんが)。それでも70分にはカウンターから石井→上原でチャンスを作るも、上原のクロスはGKがキャッチ。ゴール前には3人走り込んでいただけに惜しかったですが、上向いて来たかと感じる間もなく、73分、今日何度もやられている自陣左サイドからのクロスにケンペスのヘディングで再び失点。最後に付き切れていないのは小山内でしたが、そもそも小山内は逆サイドの選手。ここはどちらかと言うとクロスが上がらないようにして欲しかった(単純に高さだけでパウロン投入とならなかったのは良かったですが)。2点差となったところで、勝負はほぼ決しました。

 この失点の後に前田を下げて内村を入れたのは更に理解不能。内村を使う気があったならもう少し早い段階の方が、流れを変える意味でも良かったのでは。いや、交代の話をするなら、その前に、個人的には都倉がキープも出来ない、ドリブルも出来ない、パスも下手、前からプレスにも行ってくれない選手に見えてしまって仕方がないので、最初の交代が都倉下げて石井でも、都倉下げて中原でも(前田のワントップ、砂川トップ下で、交替で入った選手を右SHへ)、もう少し勝ち目は増えたように思います。

 中心選手が少しずつ戻って来ていますが、楽観はできません。ちょっと混乱しているように見えますし。これはもう、自分たちの意図するプレースタイルを確認しながらやれる相手と、やれていることを認識できる内容で、少なくとも90分プレー、願わくはその試合で勝利して、自信を取り戻せるのを待つしかないかもしれません。この日の千葉がそうだったように。

 まあ、このタイミングでの監督交代や、小野伸二合流以前の大きな変革は(野々村体制では)行われないと思うので、個人的には文句を言いつつ見守るしかないと考えます。幸いリーグは長い、一度やり直すくらいの気持ちで、戦術と基本的な約束事の確認と練習を!

How can we believe that the team break this dark night before long? Of course, there is not so much to do for us fan without to keep watching them and seeing the games though… Sunday, Consadole Sapporo met Jef United Ichihara Chiba at Fukuda Denshi Arena and lost it by a perfect score for the home team of 2-0.

It might have been severe for the club and team not only for its fans; there was no organized defence line and no aggressive pressing on Consadole, the opponent sent speed grounder vertical passes to go through the clacks of that again and again, it never seemed to be difficult actually. Both goals are totally convinced or even predicable; Consadole players should have put high pressure on where Jef had started the attack, who had fed those passes, instead of they followed and chased the finishers near their goal in confusion. It seemed that Osanai was not much to Jef attackers especially Kempes and captain Kawai got tired and slow. Unstable starting line up in struggle also could cause poor communication. We could not expect any good thing from the offence with Tokura as post player from the first; still, it was more terrible than we thought. It was before how attack. Too much mistakes and too careful plays (or just hesitation) also made fans feel down.

Now some center players such as Uesato, Uehara, and “Ace” Uchimura are coming back from their injuries but it will take for a while them to play with previous conditions or much the team. The situation remains difficult.

They might need a game that they can check how they are playing with confidence, just like Chiba did it with us. The victory, the better. Anyway, stop once and look yourself to know what is wrong and to find what soccer the team used to try on first of all. Now is never late to make it in long season. Come on, Consadole Sapporo

posted by masamaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2014年05月12日

Preview; Ehime vs Sapporo

 ゴールデンウイークは結局1勝も出来ず、順位も16位まで落とした札幌。勝点では首位の湘南から20点差、2位の長崎からも10点離されています。開幕後数試合はそれなりに説得力を感じさせた“自動昇格”の目標も、ここのところパッとしない試合を重ねる中、現実味を失う一方。

 きっかけが内村の負傷離脱であったことは疑いの余地もありませんが、直接の原因はその後、安直にサッカーを変えてしまったことにあると思います。財前監督にとって内村の次に評価(信頼)出来るストライカーが、まったくタイプが異なる、しかも今季途中加入の都倉であったことも不幸でした。結果、プレス、ポゼッション、細かく早いショートパス、サイドアタックを含む縦への推進力(これについては、上原不在も痛いですが)といった、相手にとって脅威、ファンにとって魅力であった、そしてなにより昨季からの継続であったサッカーを、とりあえず都倉に当ててみる、集めてみるといったシンプルで解り易いスタイルに変えたことが裏目に出た印象です。攻撃からは速さと迫力が消え、都倉は内村ほど守備をしないこともあり、中盤がコンパクトさを保てず、相手ボールになった時にそのままピンチになる回数も増えたように思います。

(前線での守備が足りないのは前田についても言えますが、彼の前線でのキープ力と相手守備を引き付ける技量はそこを補って余りある。そもそも、前田のそういうプレーは織り込み済みのサッカーを、シーズン前から作って来たわけで。)

 ここ数試合は再びやり方を変えているようですが、ちょっと遅かった気がします(しかも、これから点が欲しい局面で、少なくとも点が取れている、あるいは取れそうだったサッカーから、点が取れていなかった面子とスタイルに戻している…。素人には理解不能です)。しかも失点が増えてしまった。2試合続けて2失点。熊本戦は得点も2でしたが、内訳は相手のミスとこちらの個人技(前田のシュート、砂川のFKともに素晴らしかったですが…)。得点力不足が解消されたというわけではなく、これで守備も不安になるようだと、相当厳しい。

 ただ、主力選手、中心選手が一人も欠けずにシーズンを終えられることなど、そもそもあるわけがなく、結局は応用力不足、準備不足だったと言うことでしょう。それをいつまでも嘆いていても仕方がないので、ここは切り換えて行って欲しい。希望としては、出来るだけ当初のスタイルに戻しましょう。まずは前からのプレスと、長い距離を戻って守備参加出来る選手が欲しい(前田の特徴を最大限に活かすためにも)。攻撃では縦へのスピードアップと、サイドの制圧を。サイドバックにそれが期待できないなら、サイドハーフの圧力で相手守備を押し込んでおきたい。前が時間を作ってくれれば守備は落ち着くと思いますが、出来ればコミュニケーションとファウルの少なさを優先したい。具体的にはワントップは榊、トップ下前田で。砂川は先発、右サイドには古田を置いて攻撃的に。ボランチは前と宮澤で。河合がピッチにいないとどうしても不安だと言うなら、いっそセンターバックで使って、櫛引か奈良をサイドにスライドさせても良いのでは。

 今日の愛媛戦は当然仕事で観られませんが、復活のきっかけとなることを願います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

It seems that our Consadole has been in a kind of dark tunnel again; since Uchimura got injured and left, they might have been lost confidence from the play style they kept going on with and actually worked quit well when the season started. Uchimura is undoubtedly the ace of Sapporo but another key player’s injured and out also has caused problem; left side defender Uehara is. Instead of their speed and skills and hard works, Zaizen relied on Tokura’s height and physical strength but it would not work at all, and unfortunately it took long for him to find that. The team has been lost the way during that.

However, they still have good talents; especially Maeda can hold the team literally on the pitch. Sunakawa’s accurate play and experience will help the team too. There is no reason that Zaizen does not use some good speed players like Furuta and Sakaki or aggressive flesh players like Mze and Kudo with them to make their play similar one to before. Maybe we see that in the game they met Ehime FC tonight or I wish so.

posted by masamaru |09:02 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |