コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年04月29日

What’s wrong with Shorter?

 顔ぶれを大幅に変えて来た今日のヴェルディ戦、トップに前田、2列目に榊、古田、砂川を、ポジションチェンジの自由を与えて配した点は、内村が欠けて以降の不甲斐ない試合内容を思えば、当然歓迎されるべきものでした。GKをホスンから金山に、中央を櫛引と奈良の組み合わせにそれぞれ戻し、今季初めて小山内が右サイドに入った守備陣も、立ち上がりこそ連携面でちょっとバタバタしたり、相手が先にエンジンがかかったこともあり、特に攻撃の組み立てで、上手くスペースを埋められてボールの出しどころに困ったりしている印象もあったものの、櫛引の気の利いた判断と、砂川が広範囲に動き回ることでそこをサポート、次第にリズムを掴み始めます(櫛引は今日終始良かったです)。

 特に砂川から前田へのパスが綺麗に通るとここ暫くなかった得点の匂いがしましたし、実際、16分には日高→前田の流れで左サイドから攻撃を作ると最後は前田のクロスに榊が飛び込むもキーパー佐藤優也の正面というあと一歩のプレーが生まれ、18分にはやはり左サイド寄りから斜めにスルスルッとドリブルで抜けた宮澤が美しいミドルシュートを放つも、これまたコースが正直過ぎて(?)キーパーがキャッチ、30分には砂川→小山内と繋ぐと小山内が縦への突破を見せ、ゴールラインギリギリから挙げたクロスに榊が待ち構えるも惜しくも身長が足らないなど、ドリブルや裏を通すパスで何度も現実的なチャンスを作りました。

 前線へのパスも弾道が低い分速さがあり、結果的に攻撃にもスピードと迫力、期待感が戻って来た。一方で34分、河合が平本に振り切られて凄いシュートを打たれたシーンは金山がファインセーブ、38分には、これも河合のトラップミスから、平本にドリブルでペナルティエリアの危ない位置まで侵入を許すも奈良の身体を張ったプレーで難を逃れるなど、チーム一丸で戦っている雰囲気も悪くなかった。敢えて気になった点を挙げるなら、プレスの時に寄せる距離が中途半端で、相手から余裕を奪うような場面はほとんどなかったことくらいでしょうか。

 0-0で折り返した後半も開始から積極的で、前田のキープ力が頼もしい限り(ああいうのを本当のキープ力というのだと思うのだけれど…)。59分、相手ペナルティエリアに入ってから前田→古田→前田のワンツーでゴールに迫ったシーンなどワクワクしましたし、61分に古田がしつこいチェイスから奪ったボールを前田の長いキープとドリブル、前で榊へと繋いだところから始まった攻撃が、砂川のCKにドンピシャで合った奈良のヘディングが相手DFの頭に弾かれて終わったプレーも非常に良かった。ただ、ここで監督は榊を見切り、石井を投入。この辺から怪しくなって来ます。

 確かに66分にはカウンターを食い止められず、またしてもベテラン平本のシュートを金山がかろうじて抑えるなど、後半から入った相手右サイドバック、安西(先の奈良のシュートを弾いたのもこの選手)のスピードに苦しんでいる面もあったので、そこだけ見れば榊より石井だったかもしれません。確かに石井なら攻撃にかける人数を減らさずに守備のテコ入れも出来たでしょう。事実69分には、河合が“らしい”カットからすかさず縦へ送ったボールを前田がフカしてしまったプレーがあり、まだ希望は持てました。しかし次の交代は、

 78分、砂川→都倉。

 何を考えているのか。もう突っ込むところが多過ぎて何処から始めたら良いのか整理している間に怒りで頭がおかしくなりそうです。そもそも久し振りに期待出来る内容だったサッカーを、勝ちの目がどうにも見えなかった状態に戻すというのが理解できない。まあ、そうは言っても(現在下位のヴェルディ相手に)結局点を取れてないでしょ?と言うにしても、前節(下位の岡山相手に)あのどうしようもないサッカーを90分も引っ張ったことを思えば、今節は今節のサッカーを最後までやっても良かったのではないでしょうか?

 百歩譲って誰かが都倉に期待出来たとして、彼にボールを供給する一番手の砂川を下げるなら、砂川投入の意味がない。砂川に疲れを見て彼を下げることが主目的だったなら、ファーストディフェンスとしてほとんど役に立たず、攻め込まれている場面でも自陣に戻るのが遅く、結果的に相手がシュートを打つ機会を増やしているような都倉を交代で入れることにやはり意味が感じられません。事実これで石井は守備に忙殺されることになってしまった。だったら最初の交代で前(貴)にチャンスを上げた方がずっと良かったのでは(いや、そこで選ばれない程度の練習時のパフォーマンスだからチャンスがないのか…)。

 もちろん素人の、しかも個人的な好みに基づいた感想ではありますが、この采配が攻撃に与えた弊害については78分、小山内と石井のワンツーで作ったチャンスが最後の一手(山なりのクロス)でスローダウンしてしまったあのプレーに象徴されると思います。その小山内も87分、脚を攣って菊岡と交代。菊岡はポジション的には石井と交代、石井を入れた意味はますます薄れることに。交代は前後の状況もあるので一概には言えませんが、その前に前田のポジションをひとつ下げ、榊ワントップ、砂川を左に、古田を右に動かすことで、榊を活かす方法を模索してみて欲しかった。監督がこれでまだ都倉を使い続けるようなら、観る方としても覚悟を決めようと思います。

 アディショナルタイムにもあわやというシュートを打たれましたが、無失点で終了。こんな展開は予想していませんでしたが、案外、引き分けられただけでも良かったのかも。何処に行くコンサドーレ札幌…。

Almost ten thousand Consadole Sapporo fans filled up holiday Tuesday’s Sapporo Dome with their sighs when the game they drew it by 0-0 with Tokyo Verdy after the 90 minutes strange straying of the team.

Actually, I did not hear any sighs from TV but it never can happened that no one got disappointed by that game. The beginning was not so bad. Zaizen’s new option with the front line made by Maeda, Sakaki, Furuta, and Sunakawa was fresh and aggressive enough; it seemed that they were even getting back the quickness and speed they had been lost for a while, such as energetic vertical running using both sides’ space, breaking dribbles, and rapid shotgun feed (instead of the plane mountain shape long pass that the landing point is always predictable). Especially, Shota Sakaki could be one of the most brilliant players in this game; he was really bouncing around the field and got close to score again and again with the small body. This day, the defence line of Sapporo also had been given some changes but they soon adjusted each other and got themselves organized well so that there was no need to feel nervous, maybe.

However, the manager’s limit of patience was 65 minutes. Zaizen gave up Sakaki and sent Ishii who was more capable for defensive play but it still was understandable. Unbelievable was he replaced Sunakawa with Tokura soon after that to draw back their play to last weekend’s miserable 2-nil defeat. That showed how Zaizen loved just tall player (at least more than Shorter with quickness and strong heart). But when he rely on Tokura as the target man, Sunakawa might be the best to send cross to him. This change did not have synergy anyway. It ended in slowing down the team and chilling down the game for the home team fans. Nothing surprising; no, it totally surprised and upset me, I never expected that when very they kicked it off!

Or we should accept the result with thanks especially for our patient defenders; draw game could be worse. I wish they were not starting to lose their way of course, but…

posted by masamaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2014年04月27日

Make it bitter medicine

 前節から何の上積みも見られず2-0で敗戦。内容も寂しいものに終始。

 スターティングラインナップを見た時には、古田と日高の右サイドで攻めて、菊岡と松本の左サイドで支える…ような形を想像しました。また開始5分、菊岡のCKに都倉が飛び込み、ヘディングシュートがバーを越えたシーンには、都倉の使い方を幾らか変えて来たかと期待もしたのですが…。蓋を開けてみれば、またしても、さしたる工夫もなく都倉目がけて蹴り込むプレーに終始。あれでは勝てないでしょう。都倉が魅せたのは25分、日高の長いフィードを菊岡がクロスに繋げ、都倉のバイシクルシュートで終わった攻撃くらい。他では、これまでに比べればボールに触るようになったものの、落としたボールは味方のところへ行かない、足元で受けてもキープできない、パスを味方に通せない…のないない尽くし。

 都倉の“高さと強さ”に拘ると、どうしても攻撃時のボールの行方が見え見えの、単調で怖さのないサッカーになってしまう。更には、例えば今日の布陣なら、せっかくの古田や日高のスピードを無駄にしてしまうだけではなく、チーム全体から速さと展開力、柔軟性や意外性を、奪ってしまうように思います。前半終了間際、相手のクリアミスを宮澤がはたいて古田がミドルシュートを放ったプレー、ああいう攻撃と両立できるならともかく…。都倉本人が悪いわけでもないのでしょうけれど。

(いや、前線でボールを待っているだけでプレスにも行かない時間が長いことを考えると、やはり、あまり使ってほしいとは思えない。これは完全に好みの話ですが。)

 もっとも、お粗末だったのは攻撃だけではありません。20分、ゴール前の混戦から相手のCK、あわや失点というところまで行った場面の、人数はかけていても動いている選手が少ない嫌な雰囲気が象徴的でしたが、全体的に受ける守備で押し込まれていました。前半は相手のフィニッシュの精度の低さに救われましたが、いつやられるだろうとヒヤヒヤしながら観ていました。と言うか、パウロン、危なっかし過ぎる。彼もまた“高さと強さ”では解り易く見栄えがしますが、プレーが雑でムラがあり、守備から攻撃に繋げるような動きも(櫛引や薗田と比べて)物足りなく感じます。

 後半開始直後にはカウンターから古田の右サイド突破でチャンスを作ると、菊岡のCKにパウロンのヘッドが惜しくも相手キーパーに弾かれるという見せ場もありましたが、そのすぐ後、パウロンの不用意なバックパスから生まれた隙を突かれて、つまらない失点。札幌はこれでリズムを崩し、55分には松本がこの日2枚目のイエローカードで退場、立ち直るきっかけも逃します。

 この状態で57分に前田を下げ砂川を投入した監督も監督です、驚きました。砂川を入れるのは納得としても、得点するためには彼から前線へ供給されるパスを“現実に”キープできる前田が不可欠だったのではないでしょうか。実際、宮澤と砂川を中盤の起点としてからは、(同じ放り込むにしても)砂川の正確で鋭いフィードにより(短い時間ではありましたが)チームは活性化しました。そこを逃さず一気に火力を増すべく65分に榊を送り込んだのも納得です。しかし下げたのはまたしても不可解なことに、前線でタメと時間を作れる菊岡。榊は直後に左サイドライン際を駆け上がりチャンスを演出するなど頑張っていましたが、彼の抜け出す動きは本来フィニッシャー。もったいないと感じました。最初の交代で都倉を下げるのが正解だったのではないでしょうか。都倉→砂川であれば、榊に替えるのが前田でも菊岡でも、その前後で何かが起きたように思えてなりません(まあ、何もなかったかもなのですが)。最後は古田を切って工藤を入れ、あくまでも得点に拘る姿勢を示しましたが(FW登録選手がピッチ上に多ければ攻撃力が上がるというわけでもないと思うのですが)、84分、数的不利から完全に崩されて失点、実質終了(ホスンは責められません。今日、どれだけ彼に救われたことか…)。

 そこまでして都倉を残した意味があるとするならば、答えは77分、奈良からのロングパスを都倉が胸で落としたところを榊のボレーという、あのプレーでしょう。ただ、あれだけ都倉をターゲットに放り込み続けて形になるのが1回きりでは効率が悪過ぎる。69分のループシュートこそアイデアを見せたものの、72分には、あれだけ長い時間自由に前を向いていたのにシュートを打つことすら出来ない。もちろん、都倉にしてもパウロンにしても、プロの監督が戦力としてベストと判断しての起用だったことに疑いはないですが、一ファンとしては、昨季と全く変わらない可哀想な使われ方だった工藤の方が、がむしゃらに走っている分、都倉よりはまだ可能性を感じました(がむしゃらに走っていれば良いと言うつもりはありません、当然。でも今日の負けって、がむしゃらに走る相手に負けた部類のもののような気も…)。

 ここからGWの連戦です。どのみち固定メンバーで戦い続けるのは厳しい。今の面子で上手く行っていないのだから、改変を試みて欲しいと思います。連休の浮き立つ気分に水を差すようなサッカーで、観客動員数増など、望むべくもないでしょう。連休中は全ての試合は観られませんし、観てもレビューをupしないかもしれませんが、過酷な日程を乗り越えた時に、チームが盛り返していることを期待します。頼むぞ、コンサドーレ札幌!

A special Saturday to start the long holiday week what we call Golden Week here in japan, Consadole Sapporo met Fagiano Okayama at Kanko Stadium and lost it by perfect 2-0 for the home team. Before the game; Consadole had been aiming for the second place from its 6th, while Fagiano struggled in 19th place. But it never seemed that; the home team player kept working hard and stayed fresh to overwhelm the visitors. At the beginning of the second half, they went ahead to move the game picking Consadole defenders’ careless mistake. Once Sapporo lost its left side back Matsumoto by the second yellow card for him in the game, they caught the fair wind and held that until they finally decided the victory with the latest goal in the 85th minute.

The major factor in Consadole’s defeat could be “two towers” who Zaizen had relied on recently; Tokura and Paulao. Height and physical strength is a common strong point to them and actually we can see that but more we find another face; Paulao’s play sometimes easy and unsteady (Okayama’s first score obviously came from his thoughtless back pass to Lee Ho Seung.) and Tokura is not so good to keep the ball and create the time for his teammate as the target in the front line, at least as he has been said. About Tokura, now he is not enough to finisher too. In this game, we saw his few good plays and many plain harmless plays. His lack of speed and mobility and the team strategy just feeding long high ball to him rather makes their soccer more predictable and slow it down. Is he really indispensable? He did not even went press well.

Zaizen’s answer should be yes; he sent 3 substitutes to turn the tide and boost up the offence but always Tokura was left on the pitch and it prevented fresh speeder or attacker from work. Of course, both Tokura and Paulao can be good player; the thing is how use them and what kind of players are in the team. It is really tough that play 6 games in 3 week for the Golden Week unless much them. I wish Zaizen find that instead of stick tall strong players. Furuta and Sakaki seemed to good and interesting.

Make this defeat to bitter medicine. Wake up and warm up the games and fans again, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2014年04月20日

How use Tokura

 変なところで名前と顔を売った深井。>今夜のJリーグラボ。いや、有意義な視聴時間でした。村井満チェアマン、頑張って下さい。

 さて、明日の草津戦はリアルタイムで観られないので、希望主体のプレビューなどupしておきます。

 主題は都倉をどう活かすか。個人的には他の選択肢を模索して欲しいとも思うのですが、おそらく都倉が外れることはなさそうなので。

 そもそも都倉に何を期待しての獲得だったのか。強力な武器となってくれる選手なのは間違いない。札幌としては何度か痛い目に逢わされているし、その辺りは議論の必要もないでしょう。ただ、じゃあ対戦相手として怖かったのはどういう都倉なのかと考えた時、今の彼のプレーと合致するかと言えば、答えはNoです。草津でも神戸でも彼が出て来て嫌だったのは、あのズドーンと飛び出して来る感じやグイグイと突っ込んで来る感じであって、少なくとも、待ってボールを受けて、落として味方を使うようなプレーではなかった。一ファンの意見として、チームにはそこを考えてみていただきたい。

 と言うわけでレコメンデイションはこちら。

     前田

 菊岡  都倉  古田

   砂川  宮澤

松本 奈良 パウロン 日高

     ホスン

 前節は“ポストプレーヤー・都倉”としての見せ場も幾つかあったものの、内村不在のチームに勝利の可能性を感じさせるには程遠いものでした。とりあえず当てて何とかしてくれるというなら、前田の方が遥かに期待できるでしょう。高さという観点もあるでしょうが、もともと財前コンサは縦への速いパスが魅力のチーム。むしろ都倉を囮に抜けるパスでチャンスを作る方が面白味も増すのでは。

 そういった意味からも、菊岡と砂川の併用を選択。ポジションやタイプで被るところがあるのは確かですが、どちらかを使ったらどちらかは使えないという縛りはない。砂川には、前田とはやや対角線の位置取りでダイアゴナルなアタックを量産して欲しい。前田が溜めたところで前の選手が流動的にスペースを埋めてしまうのが理想。開いた菊岡に渡れば外からクロスが入る。そこに都倉がズドン。前田が選手を集めたところに古田が右サイドをえぐってもいい(石井がやや消極的になりつつあり、榊の調子が上がっていない今、スピードを担う選手は彼しかいない)。ゴールに平行に走るクロスに都倉がズバン。もちろん、前田から直接マイナスのラストパスに都倉がドカンもあり得る(正直その形は砂川先生で描いた方が決まるのだけれど…)。

 ボランチについては、河合が不可欠の存在というのも一面では否定できないものの、スピードで劣って嫌な雰囲気を作る場面が散見されるのも事実なので、ここは賭けに出たい。宮澤の守備的センス、特に危機の芽を潰す嗅覚と視野の広さがあれば、後ろにそれほど不安はないはずです。特に今節、上原(慎)が出られないようなので、押し込まれるようなことがあれば、サイドバックも割り切って守備重視でも良いような気がします。河合にはリードしたままで試合を終えたい時間帯に、満を持してクローザーとして登場してもらうということで。

 いずれにしても、前節のような煮え切らない内容は避けて欲しい。繰り返しになりますが、都倉の迫力が活きるのはポストではないと思うのです。形を変えざるを得ないにしても、開幕から3試合目くらいまでの、観ていて楽しいサッカーを取り戻してもらいたい。再放送を楽しみに出来る結果を期待します。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo meets Thespa Kusatsu Gunma at Sapporo Dome. They might want to make up last weekend’s defeat against Oita Trinita on the home pitch of the Dome and of course, we either. For that, the lineup I recommend is this.

       Maeda

  Kikuoka  Tokura  Furuta

   Sunakawa  Miyazawa

Matsumoto  Nara  Paulao  Hidaka

      Ho Seung

The key is how use Tokura as long as Zaizen stick on him. When we remind him as a troublesome attacker on opponent side, it was not a post player but powerful pouncing striker. The answer is how encourage him to focus on scoring. What makes them hold it back? 

Post play can be taken after by Maeda who is the best at the part. Once a diagonal line appeared between Sunakawa and Maeda, many effective vertical supplies can be expect. While he is holding ball, it will also create the time and space for Kikuoka and Furuta to open up both sides, and it can expand more, to crosses or corner kicks to Tokura. Kikuoka’s technique and accurate kicks and Furuta’s speed running both match to this strategy.

Although putting Sunakawa on the center midfield can seems to be too offensive, Miyazawa’s keen sense of defence especially to catch and pick out the sign of danger and the face of all-rounder might help that enough; it worth trying.

Getting back those quick aggressive play in early season will lead them to get better. Thespa is not bad opponent to attempt something new. Go! Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |02:11 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2014年04月13日

There’s no substitute to Ace

 前節、難敵・松本山雅(と言うか反町)を、前半で負傷した内村に替わって入った都倉の、加入後初ゴールを守り切る形で退けた札幌。今節は降格組の大分とアウェイで対戦。都倉については前回のレビューで扱き下ろしていただけに、今節も活躍するようなら、この投稿も“やはり所詮は素人目”とお詫びから入らなければならないかとも思っていましたが…。残念ながらエース不在の試合で明らかになったことは、やはり今季の札幌の武器はテンポの速いパスワークと縦へ抜けるスピードであることと、実際そこを見据えたチームとサッカーになっているということでした。都倉に関しては、少なくともポストプレーについては、これまで観た中では最も良かったです。高さが活きた惜しいプレーもありましたし。ただ、いかんせん、彼自身が点を取れる雰囲気を持たないフォーメーションで、その回数が少な過ぎる。

 8分、早過ぎた失点は、自分たちのリズムでゲームに入れたという安心感もあったのか、自陣ゴール前のプレーとしては不用意だったと言わざるを得ません。アシストの選手に対する石井の寄せも、決めた末吉に対する奈良と宮澤の寄せも、いずれも甘かったし遅かった(奈良は、今日は全体的に緩いプレーが多かったように思います)。それでもその後、13分には前田らしいヒールパスに上原が惜しいシュートを放ったり、17分には砂川の自陣でのカットから前田と繋ぎ、前線へのスルーパスが相手DFラインの隙間を突いたりと(まさしく内村なら1点ではと思わせるシーンでした)、そこで決められていれば流れも変わったかもというチャンスもあったものの、結局、大分の勢いを止めることは出来ず、守勢に回る時間の長さが攻撃への転換を一層難しくする悪循環もあり、前半はほぼ一方的に押し込まれて終了。

 後半頭から砂川を菊岡に変えた意図は、中盤での機動力増強とボールの保持率を上げることで主体的にゲームを組み立てる可能性を増やそうとしてのものと思いますが、プレースキックのことを考えても、この交代自体は妥当だったでしょう。実際、開始直後には菊岡のコーナーキックを相手選手がクリアーしたところに上原がボレーを合わせる惜しい場面も生まれました。また、宮澤が外に開くことで、攻撃に幅を持たせる試みも、あるいはと思わせるものでしたが、いずれも策としては相手が対応する前に結果を出しておきたかった。むしろ、次第に砂川がいなくなったことによる前への展開速度のスローダウンという支障が目立ち始め、62分にはそこを補うべく石井に替えて古田を投入するも、相変わらずの守備への真面目さが災いし(悪いこととは思いませんが)、反撃のきっかけとなるには至らず。

 札幌の選手が最後まで勝負を諦めていなかったことは、大分が逃げ切りを意識していたとは言え、終盤相手陣内でプレーする時間とシュート数が共に増えたことからも明らかですが、そこで最後の交代が日高を下げてチョン・ソンフンだったのは、全く理解に苦しみます。都倉の高さが機能し切れていないところに更に高さを足してどうするつもりだったのか。雨で濡れたピッチひとつ取っても、縦への鋭さを活かすべきだったように思うのですが…。結果、最後の猛攻をかけるべき時間を、3バックでカウンターへの備えを薄くして、イチかバチかでターゲット目がけて蹴り込むだけの雑なプレーに終始してしまった。

 裏を返せば、あそこでチョイスされない榊が、いかにアピール出来ていないかということでしょうか。次節も似たような布陣で戦うなら、相手の対策をかわすのは相当難しくなると思われます。都倉に頼るなら彼の長所を活かすため大幅に戦い方を変える必要があるでしょう。個人的にはそれよりも、誰かが内村の役に近づく方が、ウチの保有するタレントと昨季の蓄積から考えれば効率的に感じます。石井や榊にもっともっと頑張ってもらって、エース不在期間を何とか乗り切って欲しい。いや、誰が活躍しても構いません、とにかく、今日の内容では次も厳しい。しっかり敗戦を分析して、切り換えて、練習して、また強い札幌を見せてもらいたいです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Oita Trinita on the away pitch of Oita Bank Stadium and missed it by 1-0 for the home team. The 8th minute scoring for Oita was too much early and also too much careless for Sapporo when they played without Uchimura because of his injury from last week’s game; once they allowed the opponent to lead, they did not have so many ways to catch it up and leave it behind again. Previous game, Tokura took after Uchimura to save the team with his first goal in Consadole, but this time he finally would not work. Or it could be his strong point such as physical strength and height did not much the team strategy, but anyway, they stayed plain and rather less creative play to end that.

A few good play were there; especially in the last 20 minutes, it almost seemed that Sapporo suddenly got second wind, still, even which only showed one truth that they did not have any substitute to the ace at least now. Uchimura’s absence was heavier than it had been expected. Many Consadole fan might have found all his cunning moving, vertical speed from the fast running, and the sharp nose to finish were very essential for this season’s team.

Zaizen’s command was a little monotonous or confusing. First, he replaced Sunakawa with Kikuoka maybe for more possession in the midfield but when he found they had lost quickness to attack by that, he gave up Ishii and sent Furuta to make it up. But the most difficult to understand was the last card he chose; 190 centimeter high Korean forward Jeong Shung Hoon. Both Tokura and Shung Hoon might be good player as long as they work on their specialty but this game was totally not for them. When it comes to the slippery glass under the rain, another quicker, for example, Sakaki could not be good option?

Anyway, some action necessary for the next game; whether they change players or they change the play plan. I hope the team to use next week enough effectively to recover. Wait to see strong Consadole again!

posted by masamaru |22:05 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |