コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2014年01月05日

Have a New Year in Chuzenji Lake

Have a New Year in Chuzenji Lake


 新年明けましておめでとうございます。

 昨年12月、もともと調子の悪かった我が家のラップトップが、とうとう完全に沈黙したため、久し振りの投稿になります。買い替え自体は昨年のうちに済ませましたが、使えるようになるまでに一苦労(Windows 8、使いづらいです。本当、勘弁していただきたい)、ブログの更新まではなかなか至りませんでしたが、やっと再開しましたので、今年もよろしくお願いします(ちなみに年内のPart 3とPart 4の再一本化を考えています。定期的にcheckしていただいている方は、併せてよろしくお願いします)。

Have a New Year in Chuzenji Lake 恒例の年末年始旅行、今年は栃木県の中禅寺温泉に行ってきました。浅草から東武特急「スペーシア」で東武日光まで2時間弱、そこからバスで40分。東武日光では土産屋のチェックと昼食。写真は「三天甘太郎」の「ゆば重」1300円。衝撃のおいしさでした。滞在中、これを超える湯葉には会いませんでしたので、近々同方面に行かれる予定のある方はご記憶下さい。なお、酒屋では日野屋酒店が、地元のお酒を求めるには品揃えも多く、接客(特に商品個々の説明)も丁寧でしたのでお勧めです。


Have a New Year in Chuzenji Lake


 いろは坂の急勾配と急カーブをぐりぐり揺られるうちに何時しか外は雪景色に。到着した「日光レークサイドホテル」は、正に中禅寺湖の畔に立つ素敵なホテルでした。華厳の滝までは歩いてすぐ。冬の滝の荘厳な美しさは格別、心打たれるものがありました。見に来て良かった。


 滝の後は(寒さに耐え切れなくなるまで)日没前の中禅寺湖周辺を散策(一番上の写真)。こちらも得も言われぬ美しさでした。

 ホテルでは温泉とおいしい食事を満喫。浴場はさほど大きくはないものの、白濁したお湯は柔らかく肌を包み込むようで、上がった後も体はポカポカ(行きは浴場までの通路が凄まじく寒いのですが、帰りは火照りを冷ますのに丁度良いほど)、お肌スベスベ効果は絶大です。食事は、夜はフレンチで、これがまた素晴らしかったです(特にメインで出て来る霧降高原牛が柔らかい触感と言いとろける脂と言い濃密な味わいと言い、絶品)。朝は和洋のブュッフェですが、元日と二日でお節料理を堪能。つき立てのお餅の振る舞いもあり、毎食、お腹一杯でした。良いホテルでしたよ(お世話になりました)。


Have a New Year in Chuzenji Lake 二日目は、観光と言うよりはお腹を減らすため、中禅寺湖沿いに近くの荒二山神社中宮祠まで初詣に。

 日中の中禅寺湖は昨日見たものとはまた違う美しさでしたが、とにかく寒い!少し風が吹けば軽く吹雪になるし、なるほど、風が強くて常に波が高いため湖面が凍ることがないというのも納得です。


Have a New Year in Chuzenji Lake


 神社では御本尊よりも、お稲荷様が興味深かったです。お稲荷様の塗り絵を願い事によって異なる色で塗って奉納するのですが、足が痛いN嬢は時間をかけて塗っていました。荒二山神社と言えば日光の方が有名なようですが、結局、その辺りは東照宮を含めてすっ飛ばし、三日目は東武日光の手前で降りて(東照宮への参道を逆行する形で)お茶や買い物を楽しんで帰路に着きました。充実の年末年始でしたよ。中禅寺温泉、お勧めです。

Happy New Year!

Last New Year’s Eve, Ms. N and I went to Chuzenji Lake area in Tochigi prefecture to have a New Year there. We had a great time with the scenic beauties of snow covered Kegon Fall and Chuzenji Lake, and nice meal of the hotel. Nikko Lakeside Hotel that we had stayed was really on the lake so we could see beautiful lake view from our room whenever we wanted. And they always served super delicious and tasty meals with some local ingredients; especially, Kirifuri Kogen Beef''' on their French dinners was almost surprisingly tender and juicy. We also enjoyed hot spring; its public bath was not so large but enough to feel how the milky hot water was comfortable and kind to our skin. The difference of the temperature between the bath water and the cold winter air could be an entertainment too!

Besides the coldness, strong gale was impressive. We heard that the strong wind keeps the waves high and never freeze the surface of the lake in spite of the low temperature. The first day, we saw a sunset to the lake and it was freezing. Next day, when we went to Arafutayama Shrine Chugushi where locates at the foot of Arafutayama (in another name, Mount Nantai) for New Year’s shrine visit, it was more;  enough to we got convinced, still, everything shining and beautiful.

We were able to try some local beers and sakes to find good one. About the local gourmet, Yuba (bean curd skin) should not be missed. Especially, not dried fresh one is delicious. We tried that on the rice for our lunch in Tobu Nikko, a large station on our way to Chuzenji Lake, and it was the best yuba we had had. Around Tobu Nikko there are many good cafes and shops and also sightseeing spots including Nikko Toshogu Shrine, a UNESCO world heritage, so I recommends there as same as Chuzenji Lake; it must be good not only to have fun but also to learn our tradition and history again.


posted by masamaru |19:43 | Traveling | コメント(0) |