コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年10月27日

Kyoto blocked out Sapporo from play off

 地力の差が出た感じです。ここに来て6連勝、今日買って7連勝という京都の成績は、ただの勢いではない。今日、札幌が2-0で完敗したのは、上に行くべきチームと、実際そこまでの位置にいないチームの試合としては妥当な結果と言えるのではないでしょうか。

 とは言え、札幌も入りは悪くなかったと思います。スターティングラインナップはワントップに前田、2列目に砂川、内村、荒野、ボランチに河合と堀米、最終ライン以降は固定の顔ぶれと、現状で考え得る最良のメンバー。15分には砂川のFKがDFの隙間を突き、そこへ内村が抜け出すなど、あるいはと思わせる惜しいシーンも。

 しかし、直後の18分に、奈良のクリアミスを山瀬にかっさらわれて失点。流れとしてはありがちですが、一瞬の気の緩み、いや、緩んでいないまでも呼吸ひとつの休止でやられるタイトな勝負に泣く展開を象徴するかのような場面でした。そのすぐ後、20分には再びこちらのチャンス、右サイドから日高のクロス、前田が跳んで潰れて砂川が逆サイドからシュート、CKを得たものの同点には出来ず。26分にも内村の粘りと、対面する相手DFの股を抜く縦パスという前田のアイデアに荒野がきっちり反応、素晴らしいプレーを見せながら、得点には至らず。その後も早めのチェックとブロック形成で、縦へのスピードで勝る京都の攻撃を良く防ぎつつ、何度かCKを獲得するも、そこまで。むしろ、少しずつ多く走らされている分や、個々の局面で負けた時にファウルで止めている分が、後に響く不利としてじわじわと蓄積している印象はありました。

 京都にあって札幌になかったものは、勇気とスピード溢れるドリブラーの存在。自分達の良い形を造るために、“間”が大事な札幌に対し、京都はどんどん突っかけて、そこからリズムを作っているように見えました。以前はそこに美しさも求めていた感がありましたが、今は流麗さも後から付いて来るようでさえあります。この“攻性”に、常に少しだけ後手に回らされたのが痛かった。

 そんな状況を打開するために監督が取った、後半から砂川に替えてフェホを投入という手段は、なかなかドラスティックだったと言えるでしょう。点が入る形を拡げるための交代なのは明確ですが、フェホは砂川と違って攻撃の中継点にはなれず、ポストとして当てにならないことも判明しています。期待できるとすれば、あの長いストライドで抜け出された場合を警戒して京都の守備ラインが低くなる効果ですが、それにはいつでもフェホに縦のボールが出ると匂わせるため、それまで以上にボール支配率を高める必要があり、これが砂川アウトとは連動しないからです。前田を1列落としてボールの収まりどころとラストパスの供給役にするとしても、そこまでも、砂川、内村、前田、荒野は流動的にポジションを変えていて(それがチャンスを作っていた)、むしろ一枚減らして決定的なクロスやスルーパスが増えるとは思えませんでした。最も安易なフェホの身長を頼るという道でも、砂川が抜けたことで、彼にピンポイントで当てる選手がいなくなってしまっていたわけで。

 ドラスティックと書いたのは、ドリブルで押し込まれる分、クリアーをシンプルに大きくすることで、負けている部分を無意味化する、つまりは勝てない中盤をすっ飛ばして、蹴った走ったで出たとこ勝負という、指向するサッカーを変えてでも結果にこだわる選択をした可能性もあるため。ただ、効果を見極める前に、50分、左サイドから綺麗に入った相手クロスを受けた選手をペナルティエリア内で奈良が倒してしまい、PKから更に失点、点差が広がったことで、京都が守備ラインを下げたり、雑な撃ち合いに乗って来て隙を見せる率も低下。ツキもなかったです(ただまあ、次の交代が前田から榊だったことを考えても、戦術云々より選手個々の動きに賭けていた可能性は高いかも)。

 後はひたすら走りながら、出来ることを模索するだけ(だったのではないでしょうか)。65分にはCKから最後はソンジンのシュートがポストを叩く惜しいシーンがあり、76分には遂に札幌も本格ドリブラー、岡本を送り込みますが、既に前線と中盤のシナジーは失われており、ファンとしてはやや気の毒でした。しかも下がったのが内村なので、最後の計算出来る得点源を手放した感が勝っていたような。

 次節は千葉、次は神戸と、PO進出圏内にいるチームとの対戦が続きます。厳しいですが、こちらの頑張り次第では好ゲームとなること必至。いっそファンを楽しませることに専念して、良かった時のサッカーを貫けば、案外結果も伴うような気もします。個人的には勝ち負けへのこだわりは、リーグ戦での勝率5割未満で昇格を狙うことより、賞金が手に届く距離にある天皇杯で見せて欲しい気もしますし…。

 いずれにしても残り全部、やり切るつもりで戦って欲しいです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo aiming at the play off from the 7th place met 3rd placed Kyoto Sanga F.C. on the away pitch of Nishikyogoku Sports Park Stadium and got blocked out by a score of 2-0. Kyoto expanded its winning streaks to 7 with this result to approach the play off, whereas Sapporo got behind and rather far from the tournament for the promotion to J1.

It could be even and close game at least first 15 minutes but once Kyoto went ahead with ex-Sapporo player (though it was long long time ago) Yamase’s goal that picked up Nara’s failure in clearance, the deference of quality and strength between two teams gradually appeared. Especially Kyoto players’ aggressive quick dribbles were overwhelming the visitors. Consadole still had kept managing that organized and patiently, it also made them get wasted.

From the second half, Zaizen sent the high tower Brazilian striker Ferro to replace an experienced midfielder Sunakawa with; of course to boost up the offence and to increase the opportunity for the score, however, it would not work that much. It seemed to even blow up the balance and relationship in the front line and ended in next scoring for the home team from the penalty kick in the 50th minute. What the next substitute Sakaki was the shortest player in Consadole is a little interesting but his speed and agility but finally he changed anything. Including Okamoto, the only real dribbler of Consadole, those substitutes just showed how the starting lineup had been good. Even though, they were not able to much Kyoto.

It is questionable that Consadole Sapporo deserves J1. Maybe entering to the play off is too much wishful thinking. But one thing unquestionable is they have to try best to excite fans for the rest of the season, for the last 4 games, and the Emperor’s Cup tournament games (personally, I think we can expect more from the Cup race). That can be the hope for the future and grow the team and club. Keep working on, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年10月19日

Preview; Sapporo vs Yamagata

 明日の山形戦は見られないので恒例の希望込みスターティングラインナップ予想。

      前田

   神田 荒野 内村

    宮澤  堀米

上原  奈良 ソンジン  日高

      杉山

 これしかないでしょう。天皇杯で格上を撃破したもの同士で激戦は必至、こちらはホームで何が何でも勝ちたいとなれば、正直、安定度(実績)重視で行きたいところ、本当は、個人的には2列目の左はそろそろ岡本を、ボランチの一翼には砂川を使って欲しいのですが、先週天皇杯で活躍した若い選手のモチベーションも大切にしたい。砂川は、途中のどこで入れてもそれなりに仕事をしてくれるでしょうし、ヤスもチームとしてのプレーを考えた時に(まだ)レ コンビンよりは上だと思うので、ここはひとつ若い二人にチャンスを与える方向で(って、誰だよ、あんた)。

 山形は浦和を破った自信を糧に最初から最後まで走る意気で来るはず。決して臆して下がらないこと。前からプレッシャーをかけ続け、後ろはコツコツと潰して行けば、必ず攻める相手の裏を取れるはず。先制して相手が前掛かりになることを誘えれば、早めに突き放し、一気に大勢を決することすら可能ではないでしょう。前線では前田のキープ力と若い選手達の運動量、後ろでは宮澤の危機察知能力と視野に期待します。

 プレーオフ進出とか余計なことは考えず、目の前の相手に勝つことだけを考えて頑張って欲しい。シーズンも残り僅か。良い形でフィニッシュするためにも、自分達のサッカーで、自分達で流れを掴んで行こう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

                 Maeda

      Kanda   Arano   Uchimura

        Miyazawa   Horigome

Uehara   Nara   Cho Song Jin   Hidaka

              Sugiyama

This is my recommendation or preference for the starting lineup of tomorrow’s Consadole Sapporo meeting Montedio Yamagata at Sapporo Dome.

It must be tough and tight game; Yamagata’s soccer is based on its hard work and now they are on a kind of self confidence from the victory against a J1 team Urawa Red Diamonds in Emperor’s Cup Tournament.

However, Sapporo also broke another J1 team Jubiro Iwata and has survived the tournament; there is no need to be afraid that. Playing aggressive with hard pressing from beginning from the front line and staying simple quick clearances must lead them to win. I have great expectation for the work of our young talents such as Kanda, Arano and Horigome, with experienced good players.

To finish the season in good, this might be an important game. Get win and get wind. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:51 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年10月13日

Sapporo survives Enperor's Cup

 天皇杯3回戦突破おめでとうございます!

 相性の悪さはこの上ない磐田を、敵地ヤマハスタジアムで1-0で破り、ベスト16進出。リーグでは、プレーオフ進出を標榜していながら2週続けて下位に敗れるという好ましくない状況下なだけに、ありがたい、かつ嬉しい勝利です。是非、この雰囲気をリーグ戦にも持ち込みたいところ。

 とは言え正直、スターティングラインナップを見た時は、勝ちは想定していませんでした。それどころか、またしても財前采配の奥深さに打ちのめされていました。

 プレースキックを蹴る選手がいない。

 決して悪い印象があったわけではありません。前田ワントップ、二列目に神田、荒野、三上のチョイスは、むしろリーグ戦であってもおかしくないくらい。日高を休ませるために松本を左サイドバックに、仕方がないので上原をいつもとは逆サイドにというのも解りました。CBが奈良とソンジンなのも、櫛引が代表参加で不在である以上、妥当でしょう。ボランチも宮澤=守備、堀米=攻撃と考えれば、バランス良くまとめた感すらありました。しかし、フリーキックやコーナーキックを誰が蹴るのか。砂川以上の選手は考えられません(ベトナム代表で持って行かれていなければレ コン ビンでも良かったかもしれませんが…)。実際、前半はFKもCKもまったくチャンスに出来なかった。

 前半が終わってもまだ、勝てる気はしませんでした。スタッツやスコアにおける数字こそ0-0イーブンでしたが、個々のプレーではほぼ負けていましたし、プレスのスピード、パスの精度、予測の動き、全てにおいてジュビロの選手のそれは、やはりウチはまだまだJ1には遠いと感じさせるものでした。ただ、それを承知で(?)若さに賭けた起用と、この前半を0-0で終えたことが、最終的に財前マジックを発動させることになりました。

 ちなみに、前半0-0が良かったのは、点を取られなかったということにおいてだけではありません。10分、高い位置でボールを拾った宮澤が、素早い判断でドリブル突破、充分ゴールに近づいてから右サイドの荒野へ振り、荒野も思い切り良くシュートしたものの、サイドネットに終わった場面、あれで札幌が先制していたら、磐田の覚醒は早まり、当然、札幌が苦しくなる時間は増えたはず。0-0で折り返したからこそ、敵将・関塚監督も動くのを躊躇した。ただ、その時間が札幌の選手に“やれるという自信”と“やれているという心地良さ”を与えてしまったのは、誤算だったのではないでしょうか。

 ジュビロに働いたサッカーのセオリーは、“決められる時に決めないと、勝利の女神はそっぽを向く”というもの。一方、コンサに働いたそれは、“若者と天才肌は調子に乗せるとちょっとやっかい”というものだったかもしれません。

 キャプテン・ゴメスこと堀米と神田、そして前田俊介がどんどん良くなって行くのが驚きでした。堀米は好守に渡り大健闘だったと思います。神田も、久々の出場でしたが落ち着いていた。ポジションからするともう少し縦への意識が有っても良かったと思いますが、それは先輩達も同じで、攻撃の時の(もう少し粘って縦へ運ぶ)我慢は、全体的に足りませんでした。そして前田。今日の彼は金魚の中の鯉だったと言っても過言ではないでしょう。まあ、持ち過ぎて潰されることが多いのはいつもどおりだったのですが、この試合に関しては、彼のキープで稼ぐ1分1秒の意味合いが違いました。何とか均衡を崩したいジュビロに、総力戦を仕掛けることを、遂に許さなかった。そして、運命の66分。

 そもそもは前田→三上のシュートという相性の良い二人の連携からでした。このシュートで取ったCKを三上が蹴って、相手DFがブロック、しかしクリアには至らずこぼれたボールを前田がキープ、縦へ送ったシンプルなパスに神田が反応、追い付いた後は周りを見ることすらせず力強く脚を振り切りシュート、これが磐田ゴールの左上隅を綺麗に突き刺し、遂に先制。札幌サイドの歓喜以上に、磐田に衝撃と焦りが走るのを見た瞬間でした。

 この時には既に神田と砂川の交代が認められていたのが、またツイていた。神田と堀米は、そろそろポジション取りが甘かったり最初の一歩が送れたりし始めていましたが、こういう“チームが一丸となって頑張っている試合”では、選手交代は難しいはずで、しかもあんな活躍をされては、監督としても、もう少し様子を見たくなっても不思議ではない。本当に、今日のゲームは様々なラッキーが札幌(主に曵地)を助けていました。ただ、その後、磐田が続け様にカードを切る中、次の選手交代をじっくり待ったのは、ラッキーでも何でもない、財前監督の判断の良さだったと思います。残り10分で三上→フェホ(磐田の最後のパワープレーを牽制)、最後の最後で堀米→日高(きっちり守り切る意思表示)という采配は、ベストだったのではないでしょうか。

 個人的には、38分、荒野のドリブルで中央突破、相手DFを二人引き付けて左の前田へヒールパス(!)、前田が更に運んで2度切り返した挙句、ブロックされたシーンと、アディショナルタイム、左サイド、相手陣内の深いところで足下で20秒くらいボールをキープした砂川の時間稼ぎに痺れました。内容が悪くなかった後半でも、特にプレスで何故もう一歩踏み込まないのか(それで奪えずに抜かれた場合を警戒しているにしても、どうせ最終的には抜かれているわけで…)など、歯痒い点も少なくはないのですが、何にせよ、勝てたのは良かった。来週は再びリーグ戦、勢いはそのまま、改善点は少なくないというところでは切り換えて臨んで欲しいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Emperor’s Cup tournament game, J2 team Consadole Sapporo met J1 team Jubiro Iwata on the away pitch of Yamaha Stadium and won it by a score of 1-0 to step into next round. 

It was close game but never was even; Jubiro players’ skill and performance exceeded visitors from the first to the end and they always could decide the game like many people had expected, however, time was not on their side at least this day. Once turned the side after first 45 minutes by 0-0, Sapporo’s striker “technician” Shunsuke Maeda and two young midfielders Kanda and Horigome may be chosen for this cup game got better and better with kind of self confidence that they would match enough J1 team including national team players such as Ryoichi Maeda and Komano. Jubiro had not looked down Consadole but just spent time too much to watch the tide; of course, they could turn over everything against the J2 league team with some little change, but actually, the tide never changed and Condadole went ahead with Kanda’s crisp middle shot to Maeda’s through pass, in the 66th minute.

This goal could make the home team a little upset; they tried to balance the game and boost up the team by changing players but it would not work. Conversely, Consadole’s substitutes worked very well; Sunakawa settled down the center of the team and used the time really effectively with his experience and the J2 tallest player Ferro’s height and long stride enough held up Jubiro’s power play for the last 10 minutes. Regular right side back Hidaka to close the game was same.

It might be exaggerated that call this result a giant killing but it can be a surprising. And the surprising can connect to another one not only for the cup tournament but also for the rest of the league if they keep playing hard and aggressive like this game, especially when the young talents make that. To next good game, go! Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |22:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |

2013年10月06日

Atsubetsu magic won’t work

 今季厚別最終戦を勝利で飾れず。それどころか3失点で完敗。

 プレーオフ進出の可能性が集客を増やすと見越して、2試合を厚別開催から札幌ドームに変更したとのことですが、HFC、浮ついているようにしか思えません。そういうことはまずチームが大事な試合にしっかり勝ち切る力を付けてから考えた方が良いのでは。こんな体たらくでは、昇格はおろか、ドーム開催にしたところで、望むような観客数を集めることは出来ないでしょう。

 まあ、会場変更は選手がやっていることではありませんし、今日の敗戦については、更に選手を責めづらいのも事実(選手は良かったというわけでもありませんが…)。この絶対落としたくない試合に、何故、あんなメンバーと配置で臨んだのか。センターバックにパウロンを入れたかったとして、なぜ、ソンジンを残し、右サイドバックにスライドしたのか。日高を(あれだけ結果を残している)定位置から弾き出すほど、ソンジンにサイドバックの資質があるとは素人目にも思えず、また更に意図不明なのが、その日高を、ほとんど経験がないというボランチで起用した点。

 財前采配、ここに来てまた奥深さを増しています。

 ソンジンへの執着は(完全に理解不能なので)脇に置くとして、日高のボランチ起用に関しては、そこまで他に適材がいなかったでしょうか。攻撃の加速が狙いであれば、これまでに実績もある砂川と宮澤の組み合わせで良かったように思いますし、サブの面子だけ見ても、河合、堀米、櫛引の誰であっても、(いつもどおり日高が右サイドバックであったなら)今節のフォーメーションよりは機能したと思うのですが。まさか“パウロン使いたい、ソンジンも使いたい、日高も外せない”といったような発想から駒を左右前後に動かして決めたわけでもないでしょうし…。ちなみに前線は、フェホのワントップに、2列目は左から砂川、内村、レ コン ビン。フェホとレの組み合わせについては、第30節愛媛戦の3点目が頭にあったのかもしれませんが。

 それでも開始すぐ、自陣からのボールに飛び出した日高に任せておけばよいものを、フェホが触ってオフサイドになってしまった場面などは、正直“これが財前マジックか?”とも思いました。ただ、そこで決められていればの話。3分には案の定、ソンジンのサイドから崩され、パウロンが股を抜かれて、ゴール前でフリーになっていたエデルに決められて先に失点。これで全体的に後ろが気になり出し、消極的なプレーや余裕のないプレーが増えます。16分、フェホが右サイドで倒されて痛がったプレーは、相手のファウルになりましたが、シミュレーションを取られていてもおかしくなかったと思います。直後の日高からのクロスに、フェホ→レ→フェホと繋いで押し込めなかった場面などでは、高さと強さも感じましたが(今日は特にヘディングを頑張っていましたし)、彼のああいう不要なプレーには本当にがっかりします。

 結局前半は、その後も幾つか造ったチャンスで追い付けないまま終了。パウロンのプレーが不安定かつ組織的な守備を壊しているため(コントロール出来ていない奈良も悪い)、上原が攻撃参加できない状態になっているのが致命的でした。日高が、後ろに引っ張られつつ、前でも期待された仕事をしようとして、前半から運動量が多くなっているのも気になったところ。いっそ宮澤が前に出るか、いつものように後ろで危機を摘むかのいずれかで主張してくれれば落ち着いたようにも思うのですが、宮澤だって慣れない相手でやりづらかったことでしょう。

 レ コン ビンは、走り回っているようで、実はそれほどプレスには行ってくれません。最終ラインにまで顔を出して守備を助ける場面もありましたが、それも、そもそも彼の右サイドで前から守備を出来ていないことで押し込まれていた結果(あるいは、日高のポジションを動かしたことが、ここでも影響したとも言えます)。流れの中のプレーでも、パスを受けてから味方へ展開するまでに少々時間がかかっている印象があり、ストライカーではなく、あのポジションで使うなら、もう少しスローなサッカー向きかもしれません(あれなら横野の方が良かったかも)。フェホも、2列目以降が充実していれば、守備を意識させるより、ゴールに向かうボールを追わせて走らせた方が相手にとっても脅威になり得る気がしますが、チームが今日の状態では厳しい。

 後半のポジションチェンジに期待しましたが、そのフェホを前田に替え、内村をトップにスライドし、2列目を、左に前田、トップ下に砂川、右にレとしたものの、後ろはそのまま。根本的な問題の解決にはなっていないような気がしたのですが、47分、またしてもソンジンが保崎に寄せ切れず、打たれたシュートを曵地が取りこぼしたところをエデルに押し込まれて2失点目(曵地も、前2試合は悪くなかったのに。チャンスに弱いのだろうか?)。攻撃でも、前田が自分でボールを運べる分、ゴール前に迫る回数は増えたものの、結局崩せてはいないため、得点までには至らず。

 しかし、55分、ソンジンを下げて荒野を投入、荒野をボランチに据え、日高を右サイドに戻すと、次第にスペースを使えるようになり、66分、砂川→前田→日高と中央から右サイドへ展開したボールは、日高のクロスと荒野の豪快なボレーシュートによる得点へ結実。“ほれ、見たことか!”と多くのファンが思った瞬間でしたが、しかしこの追い上げムードもそれほど長くは続かず、73分、パウロンが治療なのか何なのかピッチ外にいる間に、セットプレーから交代で入ったばかりのダニエルに流し込まれて、大勢は決しました。直後のカウンターで内村から上原に渡ったシーンは惜しかったですが、その後の見せ場と言えば、パウロンに変わって入った河合が僅か5分でイエローカード2枚を集めて退場となったことと、気が付けば3バックの組み合わせが、左から宮澤、奈良、荒野という不思議なものになっていたことくらいだったでしょうか。

 奇策は所詮奇策だったというところでしょうか。まあ、目を覚ますのには良かったと思います。本当は、前節の敗戦で覚めていて欲しかったのですが、出来なかったものは仕方がない。リーグは残り6試合、シーズン中、良かった時のサッカーを思い出して、良い試合をすることだけを考えて頑張って欲しい。シャキッとしろ、コンサドーレ札幌!今日の分も来週の天皇杯で楽しませてもらうことを希望。

Atsubetsu magic would not work. Sunday, Consadole Sapporo met Thespa Kusatsu Gunma on the holy home pitch of Atsubetsu Sports Park Stadium and lost it by 3-1 for the visitors. It was the season last game at Atsubetsu; Hokkaido Football Club had changed the stadium for next 2 games from Atsubetsu to Sapporo Dome expecting the team to enter the play off, but with this result, Consadole’s no lose streaks in Atsubetsu stopped by 8, and they might have fallen behind rivals besides that. 

It was unfortunate for Consadole players that Zaizen chose an unusual or even strange line-up and formation for the important game; it could confuse them not a little. No one knows what kind of reason made the manager put Hidaka on the center midfield and replaced him with Cho Son Jing, but both were definitely not for the position. Even though center defender Paulao’s who had come back from the injury pushed off Son Jing; there was no point in moving Hidaka for that. Consadole has other players for center midfielder but about right side back, nobody plays well the way Hidaka does. Maybe many fans foresaw this new attempt’s failure. Son Jing and Paulao caused losing goals twice for each whether it was directly or indirectly and the unstable defence even slowed down the offence too; actually, the high tower Brazilian striker Ferro was not so good from the first though.

Still, after Maeda took after Ferro and Hidaka went back to his original field by Son Jing’s out, they got refreshed and in the 66th minute, Arano who was sent for Son Jing just 10 minute before finally scored with beautiful volley shot to Hidaka’s cross from his right side, and turned Thespa’s lead to one goal. If next goal were for Sapporo, it would be deferent story; but in fact, it was for the other side. The 73rd minute’s Daniel Lovinho’s goal decided the game. Thespa kept playing hard and tight to the end and it was difficult for Consadole to push back after wasting too much time in a kind of funny surprise attack.

Aiming at the play off or the promotion to J1 cannot be wrong; it rather should be done for the professional team. However, there is other thing to think and to be worried about before that. When the team was in good condition, always there is hard press from the front line, quick pass changes, and long up down running. It was nothing special but something special came from those plays and helped the teammates each other. Maybe this lost game reminded them about that and we can see how they recover their soccer from here.

posted by masamaru |20:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |