コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年09月29日

Stiil not match Play Off

 相手はアウェイでの相性が悪い熊本とは言え、負ける内容ではなかったと思います。トップの内村にクイックにボールを入れ、三上、前田、荒野という2列目の飛び出しも含めた得点機を増やすという戦い方を軸に、プロセスでは、ここまでのポゼッションサッカーで高めて来た細かい繋ぎも織り込むプレーは悪くなかったですし、砂川と宮澤の中央も、砂川がプレスも含めて前へ前へと行く分、宮澤が後ろで危機の目を見張るという、ダブルボランチと言うよりは、アンカー・宮澤とフリーマン・砂川といった関係が、結果的に機能していたように見えました。いつもの最終ラインでも、奈良が地味にいつもよりもポジショニングと判断が良く、早めのチェックとクリア(それも大好きな(?)ダイビングヘッドではなく、足で)は、観ていて安心感があったのですが…。

 17分、左サイドで与えてしまったFKからあっさりと失点。シュートコースの変化に対する曵地の読みが甘かったかもしれません。一歩動けなかった分、長い手も届きませんでした。

 しかし直後の決定的なピンチを上原の脚(戻り)と足(シュートブロック)に救われると、24分、その上原が相手陣内左サイドの深い位置で自ら粘り、DFを一人かわしてそのまま、シュート、自身の誕生日を祝う同点弾でゲームを振り出しに戻します。2分後には同じサイドから前田→砂川→内村と繋がり、内村も角度のないところから技有りのシュートを放ったのですが、あそこで誰も詰めてはいないところが、今日の札幌の“勝ち切れない弱さ”の一端だった気がします。

 39分にも宮澤→砂川がワンタッチで浮かせて前線へ→荒野が中央でドリブルからシュートと惜しい攻撃がありましたが、これもネットは揺らせず。熊本も最後まで攻撃の手を緩めませんでしたが、41分には最終ラインで相手クロスを跳ね返し、44分には左サイドでカウンターをカットするなど、砂川の献身的な守備もあり、悪くはない雰囲気で折り返したと思ったのですが…。

 後半も開始から、前田の巧みなボールキープや内村の抜け目ない飛び出しなど、様々に持ち味を発揮しつつ、次第に攻勢を強めていると見えたものの、やはり得点機で外すというのはそれ自体が良くないことなのかもしれません。“悪くは見えない”というのがまた厄介で、60分過ぎから砂川の動き出しが明らかに遅くなっていたのですが、前半の良いプレーのイメージと、(熊本のプレスがそれほどタイトではなかったことから)それでも中央での配球役、あるいはプレースキッカーとして機能してしまっていたためか、66分の交代は三上からフェホでした。三上は正直ミスが多かった(それも好機で)のでそれはそれで不思議はないのですが、何処かでもう一点取って突き放すことを考えれば、チーム全体の運動量として下げるべきは砂川だったかもしれません。フェホが入った直後に相手DFラインを突破、ゴール前でファウルを誘った場面で砂川があの惜しかったFKを決めていれば、財前采配のミラクルが炸裂した可能性もありますが…。

 73分に前田を下げて岡本を入れると、そのヤスが自陣左サイドで張り切り過ぎのファウル、そこから始まった相手攻撃をクリアし切れなかったところを、波状攻撃で押し切られ79分に再び失点。熊本は何とこれが後半2本目のシュート。そこまで抑え込んでいた相手に、ひとつのミスから付け込まれたことが悔やまれます。砂川にはその辺りを警戒させる役目もあったはず。それが機能しないのなら、あの局面でゴール前に戻れる人数が多い方が良かったとも考えられます。全て結果論ですけれど…。いずれにしろ、チームとして、ここぞという時の執念と慎重さに欠ける印象を深めた失点でした。

 83分、砂川に替えて榊を入れましたが、ポジションも時間も榊がかわいそうなものでした(個人的には最初の交代をこれにして欲しかったです)。しかもこの交代により、中盤でボールを収めてくれる選手が不在となり、すっかり元気を取り戻した熊本相手に効率的な攻撃を仕掛けることはできず。最後の最後、フェホの打点が高いヘディングシュートが枠を外したところで試合終了。

 まあ、今の札幌の実力としてはこの程度でしょう。切り換えて次に臨めば良いだけだと思います。プレーオフ、プレーオフと、(マスコミはともかく)クラブ(社長)も、あまり騒がない方が良いのでは。興行的に大きいのは解りますが、浮つく要因は排して、残り少ない試合をひとつひとつ大事に戦うことを重視して欲しい。こんなんでJ1なんて無理だということは、選手もクラブもファンも、皆が解っているはず。現実を見据えて、出来ることをきっちりやろう。次はまたホーム、しっかり立て直して良いゲームを。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, at Umakana Yokana Stadium in Kumamoto, 7th placed Consadole Sapporo met 18th placed Roasso Kumamoto and lost the game by 2-1 for the home team. The first scoring was for Kumamoto in the 17th minute but Sapporo equalized that with the 24th minute’s Uehara’s goal celebrating his birthday by himself. The long running to reach deep in his left side, skilful dribble and the strong diagonal shot after turning defender were all remarkable.

However; in spite of the overwhelming each play, Consadole kept missing the goal and finally allowed Roasso to lead again. The 79th minute, substitute Okamoto who had been sent to pitch just before that made foul; and the play starting from Kumamoto’s free kick ended in the next goal to decide the game. At the moment, strong pressure and quick check and attack to ball holders from the front line of Sapporo and its organized defence had started to loosen; some tired players could be changed earlier. Or they could learn how they take care of the unstable time and situation like that; it was enough time to make that. Otherwise, they can improve the accuracy of the finish more; it makes them to decide the game before running out of gas.

There is no need to depress that much for Consadole; actually, it was not so deference from usual. Still, it might be better for them that keeping away from the voice of the media or club aiming the play off tournament too much. There is another achievable goal for them to finish the season and it is more important for the future, in the long run.

posted by masamaru |20:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2013年09月22日

Narrow winning, great result

 何とも雑な撃ち合いの末に4-3で敗れた前節の精神的ダメージに加えて上里の負傷による長期離脱の影響も心配された今節でしたが、蓋を開けてみれば3位の長崎相手に1-0で勝利、ホームでの強さは継続していることを示しました(この数字があるうちに観客動員に結び付けて欲しいところです)。ただ、実際は数字から受ける印象以上の辛勝。普通に考えれば負けていても何の不思議もない試合でした(リーグもさ、放映権料による収入増とかその場凌ぎみたいなことよりも、そういうゲームとしてのサッカーの面白さを如何にアピールするかで新規ファンを増やすことを考えてくれないだろうか…って、できればやってるか)。前節、あんなことになってしまっても、今季のウチはやはり先制点が命であることも再認識。

 札幌の前線は内村と前田の実質2トップ。二列目は右のレ コン ビンと左の砂川で、つるべの動き。ボランチの位置に宮澤と深井。CBは奈良とソンジン、攻撃の要(?)である両SBは、左に上原、右に日高で、レの守備に不安があるのか、日高はやや慎重なポジショニング(結果で言えばこれは吉と出ました)。そしてGKには待望の曳地と、今見返してみてもファンとしてはなかなかそそられる布陣。

 しかし、双方の順位にも成績にも偽りはなく、人数をかけてしっかり守りチャンスになれば全員で上がる長崎のサッカーは最初から札幌を圧倒、プレーにも自信と余裕が感じられ、再三決定機を造られては単なるラッキーに救われるシーンが続き、正直厳しい試合を覚悟しましたが、何と先制したのはコンサ。それまでも押し込まれながら縦への長いボールに活路を見出そうとしてはいたのですが、15分、砂川から内村へお馴染みのピンポイントスルーが通ると、左サイド寄りで前田、上原と繋ぎ、逆へ振ったところに飛び込んだレがヘディングで綺麗にゴール。本人のリーグ初得点というだけではなく、リーグにとっても初の東南アジア出身選手の初ゴールということもあり、チームも勢い付いたかと思ったのですが…。

 喜びの表現としてユニフォームを脱ぎ、そのために受けたイエローカードがあれほど高く付くとは、あの時点では誰も予想しなかったのでは。35分、自分の担当ポジションで抜かれて相手を止めようと手をかけたレは、この試合2枚目のイエローカードを提示され、見事、東南アジア出身Jリーガーとして初の退場も記録、チームは一気に危機的状況に。守備陣はそれまでも軽率な判断や連携の悪さ、不用意なミスが目に付いていただけに、残りの時間を考えると戦況は絶望的とも言えたはず。せめて45分、砂川のCKがソンジンの頭へドンピシャだった場面で追加点を取れていればと思わずにはいられませんでした。

 まあ、実際は前半を無失点で終えられただけでも御の字だったと言えます。あえて言えば、上原の粘り強い、前への意識を感じさせるプレーと、前田がいつになく守備でも巧さを発揮していた点が希望ではありましたが、その前田も後半から荒野に交代(内村をトップにスライド、荒野が左SHへ)。荒野は荒野で人数の不利から持ち前のアイデアと思い切りの良さを活かせず、苦しい時間が続きました。ここで頑張りが見えたのが宮澤。深井が今ひとつ浮いているというか消えている時間が長かった分も、右に左に必死に身体を張っていました(しかし上里不在による危機感がなければあの働きが出来ないというのであれば、少し残念)。

 次の交代が69分、コンディション上の問題からその深井を下げてフェホだったのは怪我の功名だった可能性があります(内村→フェホが、最もあって欲しくなく、最もありそうで怖かった)。これによりフェホのワントップ、荒野がボランチに落ち、内村が再び左SHへずれるという、ある意味、チームとして取るべき戦術は見え易い形に。フェホがまた、いつになく守備に絡むことで上手く時間を使えると見るや、74分、(本当ならもう少し早く下げたかったであろう)砂川に替えて櫛引を右SBに投入、日高を一列上げ、荒野を中央トップ下に据えるという、観ているこちらも混乱しそうな選手とポジションの入れ替えをチーム一丸となってクリア、79分、味方のクリアボールに対しフェホが長いストライドを活かした機動力で魅せたシーンが得点機としては最後でしたが、何とか逃げ切りに成功。一番ホッとしていたのは間違いなくレ コン ビンだったでしょう(笑)。

 順位が上の相手に、一人少ない状態で勝ったという点は次に繋がると思います。反対に不安材料は、いつ崩されても抜かれてもおかしくなかった守備陣。長崎が、最後は放り込んで来る相手で(高さでは負けない札幌としては)助かったと言えるでしょう。しかし、曳地を使っての完封勝利はありがたい。キャッチ、フィード、時間の使い方、全てにおいて問題なかったはず。是非このままで行って欲しい。レを庇ったインタビューも男らしかったし。頑張れ、曳地、頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, 8th placed Consadole Sapporo met 3rd placed V. Varen Nagasaki and managed to win that by 1-0 keeping the lead from Le Cong Vinh’s very first goal in J league in the 15th minute. This goal was not only memorial for the team but also for the league; it was the first moment that Southeast Asian J leaguer scored. With this victory Consadole succeeded in expanding its home game lose-less streaks to eight.

It started from usual laser beam through pass from Sunakawa to Uchimura in the left side of the pitch and they relayed that to Maeda and Uehara, and finally led the beautiful header of Le Cong Vinh in the other side. However, the Vietnamese hero marked a disgraceful record too; in the 35th minute with the very first second yellow card for the Southeast Asian player in the league, and the team got really difficulty to stand up the rest of the 60 minutes with 10.

But actually, it could make them more united and concentrated. It was never easy for Consadole players to adjust the changing of players and positions after that to handle the disadvantage; they made it in the end. All substitutes worked really well; especially, Ferro’s dedication with his long stride and physical strength was remarkable.

V. Veren’s poor finishes also saved the home team again and again. Consadole defendes’ easy and carless misses do not allow fans to expect good thing from next game. Uesato’s drop out because of his injury is harsh for the team. Still, Hikichi’s perfect saving was definitely good news for us at least. How many fans have waited for him? It should have been done much earlier; he deserved that. Keep going on Hikichi, keep going on Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:04 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2013年09月14日

Preview; Tochigi vs Sapporo

 栃木戦は予定があって観られないので、スターティングラインナップの予想(希望)と試合の展望(希望)を投稿しておきます。先発の11人と布陣については下記のとおり。

      フェホ

  砂川  内村  荒野

    河合  上里

上原  奈良  櫛引  日高

      曳地

 先週天皇杯で使った選手から(全体のモチベーション維持のためにも)必ず何人か入れて来るはず。一方でリーグ戦の残りを考えると一敗もしたくない。折衷で考えるとこんなものでしょう。東京でイベント参加のレ コン ビンは外すとしても、横野とか榊とか押してあげたい選手も多いですが、普通に考えて最も出番が回って来て妥当なのが曳地なので、ここは是非お願いしたい。また、アウェイでも強気に行って欲しいという願いからも(と言うか本当、今季のウチは、ここぞという試合で慎重に守ってろくなことがないので)櫛引を押しておきます。相変わらず釣り出される点が少々不安な分は、河合の早めの潰しと、いざという時はDFラインに吸収されるくらいのポジショニングでケアしてもらえれば。

 色々なところで言われているピッチの悪さを考えると、高さとストライドのあるフェホを入れて、放り込むサッカーへの対応力を増しておきたいところでしょう(それがなければ横野を押したかったのですが…)。同じ理由で、ドリブラーの岡本や足下で受けてナンボの前田を除外。長いボールを蹴った時に安定感があり、プレースキッカーとしても計算できる砂川を選択、状況を選ばない得点源であり砂川との相性も良い内村、技術とアイデアの荒野を並べました(本当は荒野トップ下、内村SHで行って欲しいのですが、外からの崩し重視と、砂川との距離優先で内村をトップ下に)。とは言え、ピッチの状況を意識し過ぎてフェホに当てる攻撃一辺倒になると、却って相手を楽にしてしまう可能性があります。荒野にはその辺を適度に崩す役割も期待したい。

 理想はいつもどおり、さっさと先制して自分達から余裕を持てる状況を作る展開。芝がどうあれ、前からプレスをかけて押し込み、ゴールが近ければ積極的にシュートを撃って欲しい。相手が慎重になって中央に絞って来るようなら、得意のサイド攻撃が活きる場面が増えるはず。

 相手は今、強化部長と監督が揃って辞任するなどバタバタしています。河合と内村が早々に来季残留を決めるなど、前進しながら足下も固めている札幌とは対照的。その差を是非活かしたい。きっちり勝って帰って来てくれ。頑張れ、コンサドーレ札幌! 

                  Ferro

   Sunakawa   Uchimura   Arano

           Kawai   Uesato

Uehara   Kushibiki   Nara   Hidaka

               Hikichi

For Sunday’s Consadole Sapporo that will meet Tochigi SC at the away pitch of Tochigi Green Stadium, I recommend this starting lineup. It has been said that now the pitch of the Green Stadium is rough and bad so Manager Zaizen also might want to count on Ferro’s height and long strides. The more he drew Tochigi’s defenders, the more “Ace” Uchimra get the chance to score too. Sunakawa’s accurate feeds and Arano’s hard work and creativity will help them too.

Uehara and Hidaka are definitely necessary not only for the defence but also for the offence in their play; present team tactics. Although the condition of the field can make their up-down moving difficult and, they should keep playing actively and aggressively. Using Kushibiki in the center of defence line might keep them away from too much careful playing. Even when he is a little daring, actually it can happen, their experienced leader Kawai can balance that.   

If someone is picked up for this game from the Emperor’s Cup game in last weekend, goal keeper Hikichi is that. It is enough time for him to take the position from Sugiyama who never has been good so far this season. It also brings new wind to the team and spice up.

It seems that Tochigi is now struggling around the lower middle place in the league and the manager resigned this week. We want to take advantage of that situation too, to hung on the rest of the season and finally enter the play off. This is important game. Go win, Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |09:01 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年09月01日

2-2 draw is good or bad?

 先制されたゲームを一度は引っ繰り返していただけに、アディショナルタイムに追い付かれての引き分けには、“勝てたろー!!”という、道内を含む全国のコンサドーレファンの叫びが聞こえて来そうな幕切れでしたが、前半はむしろ同点で終われれば御の字の内容でした。

 プレスがかかっていない、ボールを回せていてもプレーが軽い、カウンターを受けた際に全くと言って良いほどパスコースやドリブルを切ることが出来ず、後ろから追いかける守備ばかりが目立つ有り様。これは上里と宮澤の中盤が落ち着かなかったことが大きい。

 直前までの雨でズルズルのピッチの難しさもあったかもしれませんが、特に宮澤はひとつひとつの局面で出足が遅く、判断でもプレーでもミスが目立ちました。上里は、プレー自体は悪くなかったものの、チームの中心になり切れていなかった。左サイドバックの松本は、出場停止の上原を意識してか、序盤から積極的に高いポジショニングを見せたものの、それほど効果的なプレーもなく、むしろ逆サイドの日高の上がりを制限してしまう結果に。先制を許した39分は、じわじわと走り負け始めていた頃で、そろそろやられそうな空気が漂っていました。テレビ観戦で、アップになる度に眼光の強さが嫌な感じだった押谷にソンジンが裏を取られると、櫛引も釣り出される形で大きく左サイドにスライドした守備ラインの逆を突かれ、ガバッと開いた中央から蹴り込まれて失点。

 後半から選手を変えてピリッとさせても良いのではと思っていたのですが、行けると踏んだ監督の判断に応えるように先発組が奮起。開始早々、荒野が右サイドの相手陣内深いところでラインギリギリに残したボールをお洒落に浮かせたクロスに、中央をスルスルっと抜けた内村が、右脚アウトでこれまた洒落たトラップからトゥーキックでキーパーの逆サイドに流し込んで同点とすると、53分には前田が持ち味のテクニックとキープ力を何と相手ゴール前で発揮、キーパーを引きずり出したうえで相性の良い三上へトスのような優しいパス、これを三上が鋭いシュートできっちり決めて逆転。点が入ると全体の動きもガラッと良くなるのは不思議ですが、上里も落ち着きを取り戻し、持ち前の当たりの強さとボールを奪った後の配球のセンスと視野の広さを発揮、もう一点取れればゲームも決まるのではというところまで盛り返しました。

 65分、宮澤から河合は納得の交代。72分、両足を攣った前田に替えて砂川投入も肯けるチョイスだったと思います。ただ、最後まで脚が止まらない岡山の選手に対し、今日はいつも以上に攻守で走り回っていた内村を残り5分まで引っ張ってしまったのは、悔やまれるところかもしれません。

 残り時間が少なくなってから再び押し込まれる場面が増えていただけに、絶対的なエースに前に残っていて欲しかった心情も良く解りますが…。また、結果論ながら、替えるにしてもレではなく横野とだったような気がします。横野に前線からボールを追わせ、河合が入ったことで役割と位置取りが少し中途半端になっていた上里を前めに固定し、相手にプレッシャーをかける、あるいは出足を遅らせるなどの工夫があればと感じました。

 アディショナルタイムの失点は、CKからヘディングを決められたことよりも、その前、CKを取られたプレーが問題。杉山だけが悪いわけではないでしょうが、あそこでボールを抑えられていれば。

 全体的には、悪い流れから良く盛り返した印象で、下を向く必要はないと思いますが、前節に続いて先制されてから逆転出来たとは言え、やはり先に取られると危険なことに変わりはありません。先制してリードを広げ、一気に押し切る戦い方を優先した方が良いでしょう。次節、上原とフェホの出場停止が解けた上で、どういう布陣で来るのか注目したいと思います。自分達で良い流れを取り返して行こう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

At Sunday’s Atsubetsu Sports Park Stadium, Consadole Sapporo met Fagiano Okayama and drew it by 2-2. It could be both better and worse. The pitch was runny and difficult because of the rain in the morning, and tide changed extremely.

The first 45 minutes were totally for the visitors; the home team’s play was unstable and careless. Also against the Okayama’s counter attack with Oshitani’s dribble in the 39th minute, Sapporo’s defenders followed him too much and opened the center easily to allow Kuwata’s scoring. But for the next half, they came over. In the 48th minute, Arano’s beautiful arch cross drew Uchimura’s long toe shots to pull back the rival to the pitch, and it brought the addition soon; Maeda skillfully hold the ball in Okayama’s penalty area to take defenders and use time to assist Mikami’s 53rd minute’s goal.

Finally it was equalized again by the latest goal Okayama from the corner kick; Fagiano players work harder than Consadole’s until the last moment, however, there is no need to feel disappointed or regret; it seemed that they had stayed in good condition and Uehara and Ferro will come back from their suspension next match. Brushing up their own soccer and starting the game more tightly and aggressively, and finishing the attack more carefully and accurately might help them to get second wind from here. Keep work out, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:30 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |