コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年06月30日

Review; Sapporo vs Gunma

 実際のラインナップ。

         横野

   岡本    内村    荒野

      宮澤    上里

上原   ソンジン   奈良    日高

         杉山


 書くつもりはなかったですが、書きたいことが出来たので書いておきます。

 まず砂川を最初から使わなかったのは、やはり失敗だった。攻撃に安定感と連動性がなかったのは彼一人いるいないの問題ではないかもしれないが、明らかに脚のない凧のようなサッカーだった。少なくとも、先手自体は取れていたのに序盤から圧倒できなかったのは、そこから始まっていると思う。上里が、自分が中心になると動きに精彩を欠くのはこれまでにも見られたこと。宮澤のクォリティは深井と差がなかった。内村はそれほどでもなかったが、横野と荒野は前節が嘘のような鈍い動きだった(連勝中でチームには勢いがあるはずで、連戦中で選手に疲れが溜まっているわけでもなかろうに…というのは、素人考えなのだろうか)。

 前線からのプレスはほとんどなく、果敢な突破もほとんどなかった。得点機は自陣でボールを溜めてロングボールで裏を狙うというスローなものばかり。それでもなかなかハーフラインを越えて来ない相手を甘く見たのか、遂には自陣でのプレスや囲い込みも甘くなり、後半になってから失点、完全に流れを引き渡し、その後は後手後手に。砂川と工藤を投入するも時既に遅し。砂川はそもそもポジションが低過ぎたし、相手が押せ押せになっているから前への推進力となれず(あれならサイドに入った方が良かったかもしれない)、工藤は2本の惜しいシュートに力強さを感じさせたものの(ただ、2本目は決めて欲しかった)、あの局面で出て来たからにはもっと走って欲しかったし、もっと得点だけを狙っても良かった。最後は上原を前線に上げるため横野に替えて投入した松本が痛恨のミスで与えたPKを決められ、万事休す。

 またしても逆説的に自分達の力量を認識できた試合となってしまいました。残念なのは、今日の群馬は、少なくとも先制を許すまでは、前節の岐阜よりショボかったと言うこと。平繁の得点力については「見くびってゴメンナサイ」と言わせてもらうが、それ以外はどうということなく見えた。4-0で勝って不満と反省を口にしていた選手達が、今日、どう思っているのかは気になるところです。

 まあ、変に調子に乗るよりも良かったと考えて、切り替えまえましょう。この敗戦を糧に、ここからやり直せば良い。次節の奮起に期待します。仕事で観られませんが…。帰宅後結果を見て、仕事の疲れが癒えることを願います。頼むぜ、コンサドーレ札幌! 

The result was 2-0 for the home team. Starting lineup was this;

                Yokono

      Okamoto   Uchimura   Arano

        Miyazawa   Uesato   

Uehara   Cho Song Jin   Nara   Hidaka

         Sugiyama

Zaizen did not use Sunakawa from the beginning. This might have caused the lack of stability and confidence in their attack; although some players in the front line had been slow and plain this day, at least they tried to attack first and it could work if there were someone put them together and built up the offence. Soon they gave up playing aggressive and started to wait for something. Hard pressing, tight chasing, sharp dribbles and quick short passes were all forgotten and replaced with too much ball holding and long feed from the bottom. Sapporo totally waste the first 45 minutes and it was enough for Gunma to feel confidence and encouraged.

The tide also changed. Finally Thespa scored in the 51st minute and that made Consadole players confused and nervous. Of course, Sunakawa’s absence could not explain everything; actually, he appeared after that as a substitute for Arano, with a newcomer university student player Kudo, but the team did not get well. They kept playing messy and careless. Next goal was for Gunma again; from penalty kick in the 85th minute, and that decided game.

Nobody knows if they were feeling lazy or they had false pride but the truth was that they took wrong way to play the game; they should not have saved power or speed they had. And this is the harsh reality for Consadole Sapporo there is no easy game and no easy team for them; Gunma never seemed to be stronger or better than Gifu that they defeated last time by 4-0. 

Lost game is never easy but we always can learn or find something from that. Just turn it to next time’s success. Get over and start again from here. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |00:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2013年06月29日

Preview; Sapporo vs Gunma

 今日は試合開始が遅いので、観終えた後の感想upはサボる気満々です(出来れば勝利の美酒に酔い潰れたいものですが…)。よって、希望的観測込みのスターティングラインナップと展開予想を投稿しておきます。

(またしても人数間違ってたみたいなので修正入れました。フラッ太さん、ご指摘感謝。)

         横野

   荒野    砂川    内村

      宮澤    上里

上原   パウロン   櫛引    日高

         杉山

 リアリティのベースは、ここまで見た限り、財前監督は“期待値よりも経験則”を重視しているように思える点と(この場合の経験則は選手ではなく監督自身のもの。つまり特定の選手をどういう条件で使ってどうなったかのデータ)、それでいて何処かしらに何かしらのマイナーチェンジを加えて来る点。

 砂川はボランチの片方としての起用もあり得ますが、実際にゲームが始まれば、前線に吸収されることが予想されます。贔屓の岡本を外して荒野先発としたのも、上下してそこをケアする(それも献身的に)選手が必要と考えたため。せっかく今、両サイドバックを含めて攻めながらリズムに乗るサッカーがハマりかけているので、そこは崩したくない。また、砂川はおそらく60分過ぎでスピードがなくなるので、そこで全体のポジションを大きく変えずに入れ替えて最も効果的な選手となると、ヤスがベンチにいることに意味が出て来る。荒野は若いから90分出てもらいたい。

 純粋に“経験則”で頭からだろうとしたのが横野。前節2ゴールを上げましたが、正直ここまで、あまり効果的な走りは出来ていないと思います。前からのプレスも荒野の方が上。ただ、この位置にも(内村を長持ちさせるためにも)長時間走り回る選手を置きたいし、(悪い意味ではなく)駄目なら駄目で変えやすい選手でもある。榊を入れても良いし。

 好みで書いたのはパウロンと櫛引のCB。まあ、実際はソンジンと奈良かもしれませんが、上にも書いた攻撃的という部分を加速させるには、あり得なくもない選択肢かと。櫛引は相変わらず、ここぞと言うところで目の前の選手に釣り出されてしまう傾向がありますが、守備から攻撃への連結という点では決して奈良に引けを取るものではないと思います。また、パウロンが万全なら、そういう櫛引の些細な(?)欠点を補う身体能力+セットプレーにおける迫力が出るので良いのではないかと(群馬もフィニッシュの精度はそれほど高くなさそうですし、こちらが中盤より前でポゼッションできるようであれば、カウンター一発はそんなに怖くないのでは)。一方GKは、杉山が2試合無失点と結果を出しているので、曳地の名を出す理由は見当たりませんでした。

 札幌が勝つためには、やはり先制することが重要でしょう。勢いに乗ると言うよりは、落ち着くために。前線から積極的にプレスに行き、サイドバックが自由に上下できる状況を一刻も早く作りたい。シュートも早めかつ積極的に撃って行きたい。先に点を取れれば、その後押される時間帯があっても、前がかりになった相手の裏を一気に付くというプランBで挽回できます。先手を取られてもじっくり耐えて…などというサッカーを出来るほど、今のウチは成熟していません。相手が調子に乗った時に、いなして引っ繰り返すような器用さはないので、精神的にも引っ張ってくれる砂川がいるうちに2点以上取って、後は若い力で走って走って逃げ切るというのが妥当な線でしょう。そういう戦い方と勝ち方でも、繰り返して行けば自信と強さになる…可能性はありますし。

 3連勝、狙って行きたいですね。頑張れ、コンサドーレ札幌!


               Yokono

    Arano   Sunakawa   Uchimura

        Uesato   miyazawa

Uehara   Paulao   Kushibiki   Hidaka

         Sugiyama

Saturday, Consadole Sapporo meets Thespa Kusatsu Gunma at Shoda Shoyu Stadium Gunma. This is the best starting lineup for that in my mind. Consadole won previous two games straight with very aggressive playing and forestalling; there is no reason to change that. Its two forwards Yokono and Uchimura both have been in good state. Being led by Sunakawa, including both side back Uehara and Hidaka, they can attack at a burst to start it well; trying early finish to decide the game early should be fine. How hard and tough they press the home team defenders in the front line is important.

It also depends on how Arano and Uesato help Sunakawa; Sunakawa’s leadership and experience is now essential for the team but lately it has seemed that he run out the gas a little easily. They would like to make 2 goals lead at least while Sunakawa is filled up. There is good substitute for him too; Okamoto maybe work for them to stay that lead in the rest of the time, after him.

Kushibiki and Paulao for the center defender might not come; it is just my favourite, still I think it is not so bad idea. Kusibiki still makes easy and careless mistakes but he is good in switching team from defence to offence. Paulao can support his young partner with the physical strength and besides that the team can benefit highly from his height.

In any case, three straight victories definitely boost the team up and make the season more exciting one. The second bottom placed Thespa can be rather difficult to match, however, playing too much carefully or slowly would not work this time. Start it hot and beat it down, never hesitate, just go! Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:41 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2013年06月22日

4-0 victory heat Atsubetsu

 岐阜戦は4-0の完勝で厚別2連勝、これで勝率も五分に戻しました。ここまでの一試合最高得点は2点。今節はこのスコアが表すとおりの攻撃的な試合運びで相手を圧倒。得点も内村と横野のFW二人が2ゴールずつと、久々に熱い咆哮を上げたゲームでした。

 上原と日高という両サイドに、ワントップ横野、2列目に砂川、内村、岡本という攻撃的な布陣が非常に効いていた。ボランチの上里を含め、あまりに全員が前に出過ぎる結果、本来のポジションに基づく役割分担が曖昧になり、岡本が守備に回るなど効率の悪いサッカーをしている時間帯もあり、ちょっと眉をしかめもしましたが、19分の内村の先制点で一気に波に乗りました。横野の縦パスを砂川経由で拾うとゴール前までドリブルで切り込み、ディフェンダーを一人かわして、昨季はチームメイトだったGK高木の位置をチェック、冷静にグラウンダーを流し込むという完璧な得点は、チームに勢いを与えるに充分でした。このゴールに触発されたか、ヤスも積極的に前に出始め(笑)、以後札幌は最終ラインからのクリア一本ですら得点機にしてしまうほど岐阜を圧倒、終了間際こそ押し込まれたものの、良い雰囲気のまま折り返しました。

 後半の入りは悪い癖である気の抜けたような守備から、何とか食らい付こうとする岐阜に攻め込まれ、杉山も例の途半端なパンチングを見せ始めたので嫌な感じもしましたが、あの15分で追い付けなかった辺りが現在の岐阜の順位の所以でしょう。

 札幌は68分、明らかに脚が止まっていた砂川に変えて荒野を投入、彼の献身的な前線からのプレスが再び流れを引き戻します。68分、相手DF野垣内の不用意なバックパスをさらった横野がストライカーらしいゴールで追加点を上げると、僅か4分後に今度は岡本がプレスからカット、心憎いヒールパスで内村の2点目を演出。84分、内村と替わって入っていた三上とのパス交換で切り込んだ荒野のグラウンダーは高木のファインセーブに阻まれ、直後のヤスのクロスは上里のポジションを引き継いでいた宮澤が被ってしまったものの、89分、荒野の折り返しに迷わず左足を振り抜いた日高のシュートを高木がブロック、その跳ね返りに再び詰めた荒野の絶妙な横パスに合わせた横野のゴールでゲームが決まりました。

 岐阜の力不足に救われた場面も散見され、良いサッカーが出来るかどうかは相手による辺りは決して手放しで喜べませんが、選手が脚を滑らせることも少なくなかった悪いピッチで、あれだけ多くワンツーを決めて勝ち切る姿を見せられると、次にも期待したくなります。前線の選手以外でも、中盤で身体を張ってチームをコントロールし続けた上里や、今日はDFリーダーとして要所要所で落ち着いたクリアも見せた櫛引も良かった。彼らのポジションを脅かす、現在練習に参加しているフェリペや怪我から復帰したパウロンの存在もまた楽しみ。勝率も五分に戻したことですし、この流れを大事にして行きたい。まずは次、アウェイでの強さを取り戻して連勝を3に伸ばしましょう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo met FC Gifu at Atsubetsu Park Stadium to beat it down by 4-0 perfect score. Two strikers Uchimura and Yokono made two goals for each to lead the team to the victory on the holly home pitch 2 games in a row. The fans gathering in the stand that had been starving for the winning home game until last time totally heat up with this result and sudden goal rush. It was season first time for the team they got more than 2 goals in a game. 

This day, Consadole started to play very aggressively and stayed that to the end. Actually it was so aggressive that sometimes they lost balance; especially, when both sides’ defenders Uehara and Hidaka took part in offence at once, it made some offensive players place lower and defensive instead, to lose ideal formation. However, once they went ahead with 19th minute’s Uchimura’s goal, the momentum pushed the problem aside. He picked Yokono’s feed via Sunakawa and dribbled into the penalty area, turned Gifu defender, check the position of goal keeper Takagi who played for Sapporo last season, and sent the grounder to his net. It was beautiful and strong enough to encourage the team.

But actually, in the last 10 minutes of first half and the beginning of the second half, there was good chance to Gifu to pull back the home team to the game; Sapporo players had lost concentration and stability, still, they just missed it and the tide never changed. In the 69th minute, Yokono rushed to Gifu defender Nagaito’s miss pass to made his second goal of this season and only 4 minutes later, Okamoto’s high press and tricky heel pass drew Uchimura’s second goal of this game. Another remarkable player of this day was Arano who took after Sunakawa from the 62nd minute; he worked really well in the limited play time for substitute. He finally assisted Yokono’s latest goal by rushing to rebound of Hidaka’s middle shot blocked by Takagi but actually it also came from his cross.

FC Gifu now placed second bottom of the league could be easy for Sapporo to match. Still, it was truth that they kept overwhelming the game struggling with rough Atsubetsu pitch. Hard pressing and changing quick passes were excellent, at least this time. This game’s defence leader was Kushibiki and he was good; but Paulao has come back to the team and news about new Brazilian forward has come too. If they keep this play with the best members for each game, they even hang on the promotion race and the fans can enjoy the rest of the season. Of course, we cannot help expecting that; please drive us hotter and hotter. Go! Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |22:34 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年06月16日

Season first victory at Atsubetsu

 昨日は出かけていて観られなかった試合を、早朝5時からの再放送でチェック。まあ、結果は知っていたので、安心して観られましたが。そもそも勝つと判っていなければ、日曜日に5時起きなんて不可能だったでしょう(笑)。

 注目と期待は上原と日高の両サイドバック、砂川のボランチ、横野のワントップ。日高と上原については、これが現時点でベストの組み合わせであることが証明されたのではないでしょうか。どちらも常に高い位置で得点に繋がるプレーが出来る。実際、10分の先制点にして決勝点となった砂川のゴールは、上原がドリブルで相手側ゴールライン近くまで持ち込んでクロス、これを荒野がスルー、フリーの砂川が思い切り良く脚を振り切り、ゴール左上隅に美しく突き刺してのもの。

 本来FWの上原としては、あるいは不本意である可能性もありますが、今の札幌では、あの高さと強さと速さと得点意識の全てがサイドバックとして活かされるべきものに思えます。少々遠くてもコースが開けば積極的にシュートを打つ姿勢は、継続して欲しい。50分、砂川のFKへのヘディングも本当に惜しかった。

 砂川は文句なしに今節のM.O.M。得点以外でも、上里と攻守を分担、自身は前目の位置で左右への配給とボールの追いかけ役に専念、その両方で求められた以上の仕事をこなしたと思います。後半、明らかに運動量が落ちた後も、要所で渋いプレーを継続、チームを救っていました。河合が完全復帰するまで、やはりこういう役割は彼に頼るしかないのかもしれません(裏を返せば毎節やってもらえないと厳しい…)。

 横野については、売りであるはずの前線からのチェイスもプレスも少々物足りなかった印象です。まさに彼の見せ場となるべき瞬間に、ボールに絡める位置にいないことも少なくなかった。持ち味であるダイナミックなプレーを活かす、よいフォーメーションはないものか。真のFWっぽいプレーで光っていたのは2列目の内村の方で、特に裏を狙って飛び出す予測と反応の早さは、いつ点を取っても不思議ではありませんでした。30分、岡本のキープ&速いクロスに飛び込んでオフサイドを取られた場面は、明らかにオフサイドポジションにいた横野が見送ってなお、内村のオフサイドだったのか、あるいは横野がプレーに絡んだという判定なのか、早くて判らなかったのですが、拳を突き上げかけました。まあ、いずれにしろ枠は外してましたけれど…。そのプレー、クロスを入れたヤスは、もう少しボールに絡みたかったでしょうか。少しイライラしていたような。他では、荒野が悪くはなかったのですが、プレーにややムラがありました。

 一方、守備に関しては、両サイド二人が上がりがちということもありましたが、最初からボランチの後ろに変なスペースが出来ていて、そこを突かれていました。それで危なくなった時には全体的に良く戻っていたと思うのですが、一度守勢に回ると、自陣の相手選手の数があまりに簡単に増えていた点、自陣に向かって相手を追いかける守備が目立ったのが気になりました(つまり、その前の段階でプレスに行けていない)。後半は、ゴール前でもボールを回され、攻め切れなかった際に縦のボール一本と走り込む選手の組み合わせで一気に形勢逆転する場面も増え、アディショナルタイムの4分も含めた最後10分は完全に富山の時間帯でした。それでもやられなかったのは、開始早々の西川の負傷で点取り役を失った富山の決定力不足と、効果的ではないまでも、こちらも攻める姿勢を崩さなかったことによると思います。後半開始からの奈良→櫛引の交代は奈良のコンディションによるものとして、77分の岡本→深井、86分の砂川→榊はその意味でも良かったと思います(岡本がイエローカードをもらってさえいなければ、砂川→榊が先でも良かった)。

 いずれにしろ厚別で勝ちを上げられたのが嬉しい。芝の状態が改善されたことや直前の雨が影響したのだとすれば、これまでの管理不充分が悔やまれます(北国ゆえの難しさがあることも理解はできますが)。逆に今後はピッチのせいに出来ない以上、選手には如何なく実力を発揮してもらい(?)、ここからホームの勝率も上げて行きたいものです。まずは辛くても前からのプレスを増やして行くことと、速いパス回しにもっと磨きをかけること、シュートは本数か精度か、両方は無理でもどちらかを上げていくことを希望します。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Consadole Sapporo met Kataller Toyama at Atsubetsu Park Stadium to finally record season first victory on its holly home pitch by a score of 1-0. Consadole’s aggressive side back players for this game; Uehara and Hidaka, both worked really well from the first. Sapporo had the initiative of the game quickly and went ahead with Sunakawa’s beautiful shot in the 10th minute early, assisted by Uehara’s dribble and fast grounder cross and it decided the game after all.

There were also some good chances for Toyama to score; Sapporo’s defence never was tight or careful, still, their offence was not good too. Although it was unfortunate for Toyama that they had lost Nishikawa accidentally in the first 6 minutes, the loose space between the double branches and the defence line of Consadole was always available. The poor finish alone saved the home team to keep one goal lead to the end.

On the other hand, Consadole could be better. Sunakawa had controlled the game in the center of the pitch building the offence with a variety of accurate passes, decisions and choices of play as an experienced player. He also run hard to the ball very well and stayed in good condition longer than usual. Ace striker Uchimura was same. Actually, that made them manage to win; what never stopped attacking even though it was not enough, never allowed opponent players to focus on offence alone, however, if it had been more effective or simply strong, the result would be changed. Side backs’ joining to the attack might have been an answer for that. To keep the distance between each player a little closer and to make their moving more connected can help both offence and defence. Or, they also can beat down rivals by stacking the goal swiftly with hard pressing, quick passes and strong shots. Anyway, practice works for that.

The victory at Atsubetsu must have lifted up the team more than we got. We can expect great thing from next game. Catch the wind, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年06月08日

Agressive but not enough

 今季ここまで今ひとつチームの状態が安定せず、中位から下で浮き沈みしている感がある札幌。リーグの残りを考える上でも、“アウェイでは連勝中”という気持ちの拠り所(?)を失わないためにも、何とか勝ち点3が欲しかった今日の愛媛戦でしたが、結果は3-2の敗戦。どうにも波に乗れません。

 今節、財前監督は攻撃の4人に前田、宮澤、荒野、砂川という組み合わせを選択。開始直後はこの4人を中心に前からプレッシャーをかけに行き、奪ったら細かいパスワークでボールと人を動かすサッカーを展開。流動的かつアグレッシブに、それぞれが空いたスペースへ走り込み互いを助けるプレーは、非常に良い感じでした。5分に前田からのパスを受けた宮澤がゴール正面、ペナルティエリアに近いところでファウルをもらうと、上里のクレバーなグラウンダーのFKで先制。期待が高まりました。

 しかし、後ろが足を引っ張ります。今日のDF陣は、日高の攻撃参加が光る一方、最初から軽い判断と処理が目立っていました。先制されても全体をコンパクトに保ち、人数をかけて一気に押し上げて来る愛媛の攻撃に度々後手に回り、7分の赤井のシュートこそ杉山が勇気あるブロックで防いだものの、15分、同じ赤井にオフサイドトラップの裏をかかれて失点、リードを失うと、ラインコントロールはますます不安定になり、特に河原のスピードへの対処には苦戦、25分には、自陣ゴール前でじっくりと左右に振られ、最後はあろうことか石井謙吾に押し込まれて、あっさり逆転されてしまいます。

 その後は愛媛のペースで試合が進み、札幌も時折、奪ってから小さくパスを繋いで縦に早くという自分達の形で鋭い反撃を試みるも、前半終了間際の攻勢を得点に繋げられなかったように、最後の一歩手前で、やや厚みと工夫を欠いた印象。そこを改善する目的だったかどうかは定かではありませんが、後半開始から宮澤→上原、前田→内村と選手を変え、システムも2トップに変更。ただ、宮澤は砂川との距離と関係が良く、何度か得点の匂いをさせていましたし、前田もボールを持って相手を多数引き付けるプレーが出来ていたので、“高さのある上原をターゲットに、落としたボールを内村のスピードでケア”という狙いが見え見えの交代は、やや安易なものに思えました。

 そもそも問題は前線よりも、クリアーにもフィードにも意図が見えない最終ラインと、ゲームの組み立て役としては物足りなかった上里と深井だったため、状況が大きく好転することはなく、それどころか前線のプレスが極端に少なくなり、攻撃は長いパスを中心とした単調なものへ推移。もっとも、後半は短いパスも精度の低さから失敗に終わることが多く、札幌の選手は60分を過ぎる頃には早々に脚が止まっていたので、良い時のショートカウンターが機能したかどうかは疑問。いわゆる追い越す動きのようなサポートもほとんどなかったですし。

 そんな中、70分、ロングパス一本から奈良が河原に振り切られ、2点差となったところで大勢は決したかと思えましたが、74分、砂川のFKがバーを叩いて戻ったところを松本が押し込み再び1点差に。直後に砂川を岡本に替え、一気に盛り返しを図りましたが、時既に遅く、追い付くことは敵わず。残念です。

 杉山は後半にもファインセーブがあったので、今日も責められないでしょう。ソンジンはプレーが単調過ぎます。高さ以外で櫛引があれより劣るとも思えないのですが…。高さは大事か。荒野は悪くないですが、90分持たないなら持たないで、走れるうちに決定的な仕事をするくらいの積極性が欲しいです。スタミナが足りないのは彼一人ではありませんが…。スタミナと言えば、深井が後半、一人で息を吹き返したように見えましたが、そうしたペース配分も含めて周りと連動出来ていない気がします。上原はサイドバックだと良いのですが、FWで入ると精彩を欠く。やはり後半の形よりは前半の布陣で最初から圧倒し、先制して逃げ切る戦法の方が可能性を感じます。

 しかしそのためにはもう少しフィニッシュのアイデアを増やし、精度も上げなければならないでしょう。キープと突破に関しては強気なのは良いのですが、ボールを失った時のためにサポートと予測は欲しい。反面、サイドチェンジや縦へのパスにはやや消極的だったように見えたので、自信のなさゆえならもっと練習して欲しいと思います。次は厚別です。アウェイで勝てなかった分はホームで取り返すしかないでしょう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday’s Ningineer Stadium, Consadole Sapporo met Ehime FC and lost it by 3-2. It was their second time to lose the game on away pitch in this season. Consadole went ahead in the 5th minute early with Uesato’s free kick; when his strong grounder went through under jump upped Ehime defenders’ feet, it seemed that they could overwhelmed the game. But actually it was their best.

Offensive four, Maeda, Miyazawa, Sunakawa and Arano were not bad; they had worked hard and sharply with quick running and short pass changes, they also switched their positions and roles organically and flexibly. However, it was too short time. And its poor defence ruined that too. In the 15th minute, they failed in offside trap and allowed Ehime’s experienced striker Akai to equalize it. And 10 minutes later, it was turned over by Ishii who came from Consadole youth team and used to play for Sapporo.

There was careless and loose from the first and stayed in plain minimum plays to the end, although right side back Hidaka alone showed good performance with his long up down running. Once they fell behind, it spread out among the team soon. Center midfielders Uesato and Fukai were not able to control the game; they even could not hold the ball for the team against Ehime’s simple but massive and tough attack. Obviously Consadole eleven stopped their feet earlier than opponents. They kept trying to strike back; especially, from the second half that Zaizen sent Uchimura of speed and Uehara of height for Maeda and Miyazawa, still, the lack of accuracy and creativity was serious. The 70th minute’s next scoring for Ehime could decide the game; Sapporo’s second goal right after that by Matsumoto who rushed to the reflection of Sunakawa’s bar-hit free kick was lucky. Quickly Okamoto was sent to catch the fair wind but it could be late for him to change the tide with his dribble.

They are supposed to support each other more, working and trying harder. Aggressive of rather bold playing is never bad; still, it should be accompanied by more state skill and preparation for when it failed. One thing certain is what practice helps that. Study from the defeat and improve the quality of playing might lead them to next weekend’s victory in Atsubetsu. Get over and restart going from here. Face up, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |20:09 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2013年06月01日

Quick blow and patience

1370094239-SSCN2380.JPG


 今日の試合は、かながわ区民DAY!ということで神奈川区在住10年のN嬢と私は、ご招待でした!選手との距離が近い素敵なサッカー専用スタジアムで、区民としては本来敵方であるはずのチームを応援し、あまつさえ勝利の美酒に酔わせていただき、申し訳ない限りです(スタジアムグルメも満喫、お金は落としてるってことで許して下さい。うぷぷ)。

 先手必勝を絵に書いたようなゲームでした。荒野の勢いのあるドリブル突破と折り返しから、積極性に溢れる上里のシュート、一度弾かれたボールを押し込んだ日高の得点力、開始僅か1分の先制ゴールは、こちらを波に乗せ、あちらを戸惑わせるのに充分だったと思います。そして10分の前田のゴールもやはり荒野のスルーパスから。その前に中盤で粘った上里もですが、今日は“球際に強く、奪ったら速く”という今季目指しているのであろうサッカーの一端が良く出来ていたと思います。選手のコンディションも良かったのでしょう、練習の時からやけにパスが綺麗に回るなと、どうして試合でこれが出来ないんだろうと感じていましたから。それが出来れば勝てるということを証明したのではないでしょうか。

 ただまあ、手放しで褒められるのは前半の30分までです。そこを過ぎると、それまで高く保てていたラインも下がり始め、プレスも甘くなっていました。あの時間帯をやり過ごせたのは、河合、砂川の力が大きいと思います(砂川の切り返しはJ2クラスでは本当に魅せます)。また、ここ2試合パフォーマンスが落ちていた深井が、息を吹き返したように頑張っていたのは、ちょっと驚きでした(若者って判らないわ…)。60分を過ぎた頃にはもう、ほとんど全員足が止まっていた。最初からそういうゲームプランで、それゆえの岡本、宮澤、上原、内村という主力温存ラインナップだったのだとしたら、財前監督good job!ですが(でも宮澤もヤスも元気なはずの時間帯にプレスがいまひとつだったのが残念。ヤスはドリブルでそれなりに魅せていたけれど…。もう少し自分で勝負しても良かったと思います)。

 ここでは悪く言うことが多い杉山を、今日は前後半1回ずつのスーパーセーブで褒めておきたいと思います。間違いなくチームを救いました。後半最初のコーナーキックでは、相変わらず立ち位置そこ?とハラハラさせられもしましたが…。

 でも、なんと言っても今日のM.O.Mは荒野だと思います。2得点に絡んでいることもですが、途中から明らかにバテバテになりつつ、最後の最後までボールを追う気持ちが消えなかった。その姿に、N嬢はすっかり荒野押しの人になってしまいました(笑)。毎試合あれを見せてくれれば。

 無失点勝利なのも良かったですが、落ちかけた流れを再び引き戻したという意味でも、この勝ちは大きいと思います。そして、だからこそ次が重要になる。今日のようなプレーをもう少し長く続けられれば、次の愛媛戦も勝てるだろうし、ホームでも勝てるはず。まだまだ強くなれるよ、頑張れ、コンサドーレ札幌!


1370094262-SSCN2381.JPG


High press, hard running and decisive shots in very first 10 minutes lead them to perfect victory. J2 league game between Yokohama FC and Consadole Sapporo at Saturday’s NHK Spring Mitsuzawa Football Stadium ended in 2-0 perfect victory for the visitors.

Arano’s aggressive playing came back. So quick first scoring with Hidaka’s left foot started from Arano’s dribble. He also helped Maeda’s next goal in the 10th minute with the fine through pass. He was definitely today’s M.O.M.

Actually it was really close game but Consadole’s 2 scoring in first half was too far for the home team to turn it over even though most of Consadole players had stopped their feet before it counted 60 minutes. Consadole players defended really tough and carefully. Goal keeper Sugiyama made super save twice too. This result showed that they might win when they can go through with their own playing style. They are on right way. 

It was residents’ day for our Kanagawa ward so we were invited to the game to enjoy away team’s victory for free. I felt a little guilty but finally had a great day. Thank you Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru(現地観戦・横浜在住) |22:42 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |