コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年04月28日

Fall down over the holy home pitch

 今季の厚別開幕を勝利で飾れなかった札幌。主力を欠き、雨と強風で難しい試合だったのは判らなくもないですが、馴染みのないコンディションというわけでもなく、ましてや“聖地”と呼ばれるホームのピッチ。そこは味方に付けこそすれ、泣かされるポイントではないはず。

 その点、風上に立てていた前半は、あるべき姿を見せられていたと言えるでしょう。開始直後こそ、予想以上に伸びるボールとスリッピーな芝にバタつきましたが、すぐに修正。強気の押し上げと粘り強く攻める姿勢は、13分、早くも結実。奪われたボールを自ら取り返した岡本のプレーから始まった攻撃は、左サイドバック上原のオーバーラップとクロスへと展開、これを再び中で受けたヤスのドリブルと折り返しから、前田の今季初ゴールが生まれ、幸先良く先制。

 その後も高い位置からのプレスとセカンドボールへの寄せの早さを武器に熊本を圧倒。常に相手ゴール前に人数をかけ、前田、岡本、宮澤、荒野の4人が狭いところで器用にボールを回しながらの攻撃は見ていて小気味良く、時折見せる上里の多様なロングキックも期待を感じさせるものでした。ただ、守備では相手のロングボール主体の攻めを予測も交えて凌いでいたものの、開始4分にはポストに救われ、30分には櫛引の対応ミスから決定的な場面を作られるなど、決して安心出来る内容ではなかっただけに、あれだけ押していながら結局1点止まりで前半を終えたことが、裏を返せばまずかったのでしょう。

 後半、風上と風下が替わると、ゲームの内容も完全に逆転。開始僅か5分であっさり同点とされるわけですが、それにしても失点の直接の原因となった杉山のGKは、信じられないお粗末さでした。今日の風がどれだけ強いか、前半の45分で理解出来ていなかったのでしょうか。杉山は54分にも危ういファンブルを見せ、57分には相手FKを弾き切れず、これが奈良の足に当たってオウンゴール。

 これで熊本は完全に落ち着いてしまい、逆に札幌は自分達のサッカーを取り戻すきっかけを失ってしまいました。風を活かしたセーフティなプレーと巧く時間をかける攻撃を織り交ぜて来る相手に、向かい風で押し戻される攻め方を徒に繰り返す札幌。荒野と宮澤を下げ、スピードのある榊にターゲットとなるテレの2トップに変更、上原を前線に上げると同時に、ロングフィード一発で状況を変えられる上里をサイドバックに、前田も一列落として中盤からの展開も見込むなど手を打ちましたが、機能せず。最後は前田を見切り、上里をボランチに戻すために怪我から復帰した松本に替えましたが、88分、その松本が、相手クロスのコースを変える形でこの日2回目のオウンゴール。勝負が決しました。

 負けるにしても負け方があるのでは、としか言えない敗戦。順位をさほど気にする時期ではないと言え、負ける相手ではなかったし、3点取られる必要もなかった。悪天候にもかかわらず駆け付けたファンも、あれでは報われないでしょう。GWの連戦はまだ続くので、選手には気持ちを切り換えて、次のドーム京都戦に臨んで欲しいです。ピリッとしろ、コンサドーレ札幌!

Even the holy home pitch of Atsubetsu Sport Park Stadium was not able to help them. Sanday, Consadole Sapporo met Roasso Kumamoto to miss the first game at Atsubetsu in this season with a score of 3-1 for the visitors.

It must be difficult because of hard rain and strong wind; glass was so slippery and fast too, still, the weather was rather familiar to Sapporo. They naturally took advantage of the fair wind and carried on the game smoothly at least in the first 45 minutes. Although the absence of its key players, Consadole’s aggressive press and try worked really well. They went ahead with Maeda’s season first goal in the 13th minutes, and the attacking pack with Maeda, Okamoto, Miyazawa and Arano kept overwhelming the defence line of Roasso with quick short pass changes and their speeds.

However, once they switched the pitch, the tide was totally changed too; it seemed that the wind blew harder against Sapporo than it had done against Kumamoto in the first half. It was equalized soon from Sugiyama’s miss goal kick (it was clearly his fault. No one knows what made him scoop up the kick stupidly against the head wind) and the goal was enough to shake down and confuse the unstable immature Consadole defenders. And then, the disorder spread all over the team. It seemed like they forgot away how they once used the wind to push the opponent previous 45 minutes. 

The other 2 goals for Kumamoto were both Sapporo’s own goal but it is not the point of the matter; the thing is they could not react on the environment and the situation correctly. Actually, manager Zaizen’s decision and work that he replaced Arano and Miyazawa with Sakaki, the speedy shorter, and Tele as a target man accompanying changing the positions of some players with that to rebuilt the team might have been not wrong; it just was not understood by them. Roasso was never too difficult team for Consadole to match. Lack of imagination and enough experience could cause of the result.

It must have disappeared many fans in stand getting together for this day in spite of severe weather. For the next game, Consadole Sapporo will meet Kyoto Sanga F.C. on another home pitch of Sapporo Dome. They have to make up this fault exactly also for the rest of the season. Spice you up, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2013年04月21日

Northernmost vs southernmost end in 0-0

 J最北端対最南端の対決をドローで終え、2週間で3試合、それも後ろの2戦は鳥取に九州というアウェイ連戦を2勝1分けで終えた札幌。欲を言えば3連勝で終えて、更に勢いに乗って欲しかったところですが、今日の長崎戦で0-0の結果は御の字。勝ち点を取れただけでも良かったと思います。

 ゲームの入りは非常に良い感じでした。特に相手ボールの時に、人数をかけて寄せる→囲む→潰す→奪うという一連の動きが面白いように決まっていましたし、ホーム初勝利を挙げた徳島戦の後半辺りから形になり始めた、縦へ走らせる長短のパスも綺麗に繋がっていました。

 一方、ソンジンが左サイドバックに戻って来た最終ラインは、不安定さが解消されたとまでは行かず。ソンジンは、特に前半は人にもボールにも淡白な対応が周囲とのズレを感じさせる場面もあり、攻守の切り替えのブレーキになっていたような気もしました。センターのパウロンと櫛引については、パウロンがDFリーダーの方が、ラインが高く保たれるように思える半面、その運動能力が災いしてボールホルダーに釣り出される傾向があるのも不安。長崎の詰めの甘さ、フィニッシュの精度の低さに助けられていたものの、結構、最終ラインにズレや穴を作られ、そこを突かれる危ないシーンがありました。また、その際、杉山のポジション取りというのが、どうも安心できないところがある(これに関しては素人の思い込みであることを願いますが…)。

 右サイドの小山内については、出ているうちに良くなって来ている印象があります。特に今日は、後ろを捨てて勝負をかけるべき所の判断と、オーバーラップのスピード両面で良かったです。25分、岡本のドリブルを受けて折り返したものの、宮澤がふかしてしまった場面や、49分、上里のCKの流れから、最後にもう一度、深い位置からのクロスで終えた場面などは素晴らしかったと思います。

 もっとも、その辺りについてはボールを簡単に諦めない(サイドが上下動する時間をきっちり創出している)攻撃陣の姿勢に助けられていたところも少なくないかと。上里と深井の中盤で鍵をかけ、砂川、内村、岡本、宮澤でボールを前に運ぶ形は、これが今やりたいサッカーであることが明確に伝わるうえ、見ていて面白い。特に今日は宮澤に気迫を感じました。自分が失ったボールは自分で取り返そうというプレーや、得点にこそ至りませんでしたが、30分に相手ゴール前で見せた粘りは素晴らしかった。また、砂川の驚異的な運動量と移動範囲については言うまでもありません。頭が下がります。

 まとめると、最終ラインの4人はそれぞれが良く頑張っているものの、常に不安定な状態、中盤から前については概ね自分達のサッカー(勝ち方)が見えているといったところでしょうか。ただ、攻撃も、もう少し不用意なパスミスを減らして行かないと、強いチーム、上手い相手には、簡単にやられてしまうだろうと思います。

 パウロンが膝の負傷で下がった後半は、それが一層顕著に。前半も、いや過去2試合も、パウロンの個人技と身体能力に救われた回数は少なかっただけに、これは痛かった。ソンジンをCBにスライド、左サイドには上原を入れて高さは維持しましたが、相手に与える威圧感が減少したのは否めません。次いで57分には内村を前田に替え、前線でのボールキープ率=攻撃時間の増加と、間接的な守備の軽減を意図したものの、思ったほど機能せず。逆に守備でバタバタするシーンが増えた分、そこでエネルギーを消費、明らかに爆発力が落ち、カウンターでも攻め切れない時間帯が続きました。そういう状況で、安易なバックパスが多いのもヒヤヒヤします。確かに相手はまんべんなく散っていて“目が詰まっている”のは判りましたが…。ちょっと巧かったり速かったりする選手に自陣で掻っ攫われたら、一発でお終いでしょう。

 その辺もあったか、82分には砂川を中原に替えて、状況の打開を図りましたが、結局、セカンドウィンドは訪れず、相当危なかった。この交代に関しては、財前監督にしては決断に時間をかけた印象があります。あるいは、砂川の経験値、チームを落ち着かせることができる力を抜きたくなかったのかもしれません。負傷者が増えるとともに、選手層の薄さ、若いチームである怖さがジワジワ出て来ているような気もします。

 まあ、そうは言ってもシーズンが続く以上は現有戦力で回して行くしかないわけで、これによってチャンスを掴む選手の奮起に期待します。次節はホームに帰って来て、相手は再び九州勢、ロアッソ熊本を相手に厚別開幕戦。何とか踏み止まって欲しい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met V Varen Nagasaki at Nagasaki Sogo Sports Park Stadium and drew the game by a score of 0-0. The result was not so bad for Consadole when it was their third game in these two weeks and the last 2 games were both played on away pitch; after the previous game in Tottori, they had stayed in Osaka and this day came to Nagasaki, the southernmost town having J2 league team.

Consadole players might have been a little tired. Injured players have been stuck up too. Still they started it rather well; intercepts from hard pressing worked enough and quick short vertical passes ran fast and accurately. Its center midfielders Uesato and Fukai controlled the game safe and state and offensive players such as Uchimura, Okamoto, Miyazawa and Sunakawa worked very hard and effectively; they flexibly switched their position in the game to help each other and showed try for the goal. Miyazawa’s guts were sometimes remarkable. Suanakawa’s play area and mobility were both massive and its experience made it more.

Conversely, defenders stayed unstable. Each player was not bad. For example, a rooky side back Osanai seemed to got better and better in playing; his decision to run up deep and its speed was also good. Paulao’s height and physical strength helped team many times as usual. However, it could not be organized; there were many cracks or breaches and actually they allowed Nagasaki’s player to pick them again and again. Sapporo Just poor finish saved the visitor.

After Paulao hurt his knee and left pitch with only 45 minutes playing, it became clear. Uehara took after him and make up the height still not enough yet. Soon they got tired of long defence. And the difficult time drew many errors from them; sometimes it was error of judgment, and the other times careless pass. Zaizen sent Maeda and Nakahara to turn round the situation but they did not improve that.

The number of the injured can be big problem of Consadole now; the lack of players has stayed on them since this season and they try to the soccer never count on super player though, it is becoming serious. Now Sunakawa is only player who can lead and encourage the young team to bust up and settle down the teammates when it is necessary on the pitch. Its best striker Uchimura is in good situation now but he has chronic backache. Even team play counting on strong unite cannot work without those key players. As a potential solution, they need to organize their plain to help the tactics with careful hard training and to unite stronger. Studying opponents well maybe help that too. Next is the first game on their holly home pitch of Atsubetsu Stadium. Roasso Kumamoto is not deferent from us, try best and wait for the moment of delight. Go, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:50 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2013年04月07日

Close game but still far from win

 何とも力が抜ける敗戦。最終的に勝った岡山が強かったことは疑いようもないが、こちらにも同点で終えられた、いや、勝って終っていてもおかしくない要素が充分にあった。何故それを掴めないのだろうかと、この後1週間、悶々としてしまいそうな結果でした。

 札幌のラインナップは前線に内村とテレ、中盤は両サイドに上里と宮澤、中央に深井と河合、最終ラインは左から前、奈良、パウロン、小山内。テレとパウロンが初めて揃い、J1経験者の前が初スタメンと、むしろ、本来こうあるべきではとさえ感じさせる面子。実際、テレの最前線からのプレッシャー、前の攻撃の意識と上下動の距離、パウロンの高さと強さなど、キックオフ直後はそれぞれの持ち味が効いているように見えました。

 ただ、今季まだ負けがなく2連勝中というチームの勢いと、風上の利を活かして攻め立てる岡山に対し、自陣ゴール前でのプレスがやや中途半端で、相手選手が比較的自由にプレーできているのが嫌な感じではありました。それでもピンチの度に反応良く戻り、何とか凌げてはいたのですが、17分、パウロンが荒田に詰め切れなかったところで、思い切りの良いループシュートを決められ先に失点。

 あそこで迷わず打った荒田を褒めるべきゴールで、時間帯も早かったですし、何も慌てることはなかったように思うのですが、やはり先制されて焦ったのか、そこから不必要にバタバタしてしまったように見えました。最終ラインからの組み立ては精度と工夫を欠き、縦へのトライがなくなり、自陣でのミスからピンチになるので対応が後手に回り、守備から攻撃への準備が出来ないまま、かろうじてクリアするも不充分、また相手にボールが渡る…というような展開が繰り返され、決定的なチャンスはないまま、前半終了。

 後半開始から前を上原に、深井を砂川に替え、砂川と上里のポジションを入れ替えたのは、守備に欠けるウェイトを減らさないまま、攻撃力もかさ上げするには良い交代だと感じました。事実、ボールをキープ出来る時間と、マイボールになった時の縦への推進力が明らかに上がった。そして74分、右サイドからの砂川のクロスに内村がヒール(?)で合わせて同点。まさに札幌のホットライン。またこの時、ボールに届く位置には上原とテレも突っ込んできており、確実に攻撃が活性化していることが窺えました。続く79分には、上里のロングフィード一本に、抜けだした内村が綺麗なミドルを突き刺し逆転と、完全に流れをひっくり返したかに思えたのですが…。何故あそこで一度落ち着けなかったのか。

 岡山の気持ちの切り替えと攻め続ける姿勢が上だったということでしょうか。80分、左サイドを破られ、自陣でごちゃごちゃっとなったところでパウロンがクリアし切れなかったボールを押し込まれ、再び同点。すると直後に相手のCKのこぼれ球をまたしてもクリアし切れず押し込まれて逆転を許してしまいます。

 これで勢いはまたしてもホーム側へ。札幌はテレを前田に替え、前線で何かが起きる可能性にかけましたが、余裕を持って主体的にボールを回せていない状況では“J2屈指のテクニシャン”も機能しないことを証明したに過ぎませんでした。85分、パウロンの執念とフィジカルの強さを感じさせる凄いディフェンスがあったり、87分、砂川の判断が光るミドルシュートから2回CKが続いたりもしましたが、ラストプレー、左サイド上里のCKを逆サイドの河合、パウロンと繋いで、内村のヘディングシュートまで持って行ったもののGKにキャッチされ、試合終了。

 結果はどちらも敗戦でしたが、前節と今節で札幌の鍵となったのが、上里と宮澤の両サイドハーフ。端的に言うと、キープ力と展開力には優れるものの、特にカウンターを仕掛ける時など、縦へのスピードに欠ける印象。前方でボールを回せている分には面白いですが、全体的に押し込まれている時には、手詰まり感を増長しているような気もします。

 特に上里の、一発で局面を引っ繰り返す精度の高いキックはボランチの方が活かされるようにも思えますし、守備時の当たりも強いので、河合と2枚でゴール前を固めてもらった方が安心できる面もある。同時にファーストディフェンスとしてのプレスや、攻め切れずにボールを失った時に味方が戻る時間を稼ぐプレーで、古田が戦列を離れた今、彼以上の選択肢があるかとなると…難しいところです。

 ただ、もともと足元の巧さが売りの前田もですが、宮澤やテレ、上里、砂川に内村と、予想以上にキープできる選手が揃っている印象を受けます。また、そういうプレーを意識しているようにも見える。同じ2試合の良い時間帯(あるいはワクワクさせる時間帯)のプレーを見るに、昨季まで指向していた、プレス→カット→ショートパスというサッカーを、プレス→カット→キープ→パスなのかドリブルなのかサイドチェンジなのか…と選択肢が多いサッカーに移行して行ければ、面白いと思いますし、今のところ内村のスピードに頼っているフィニッシュにも、幅と厚みが出て来るのではないでしょうか。しかし、この布陣でそれを形にするためにはDFラインはかなり押し上げなければならないでしょう。パウロンと奈良の連携、サイドバックの人材など、不安要素は残ります(小山内が今日リーグ戦デビューしましたが、正直、実力を付けてのし上がって来たという感じではない)。

 もうひとつ心配なのは杉山。岡山の2点目と3点目は、確かに守備に入っているフィールドの選手も、全員が少しずつ反応が遅れているのですが、それでも“ひょっとしてキーパーが下手なのか?”と思わずにはいられない失点でした。曳地が更に劣るとなると、厳しいです。

 これで3連敗、順位も再び最下位に近付きましたが、まだ先は長いので、慌てず建て直して行ってもらいたいです。まずはきっかけとなる勝利が望まれます。次節は頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday’s J2 league game between Fagiano Okayama and Consadole Sapporo at Kanko Stadium in Okayama turned into really close one. Strong wind from Okayama helped the home team too. The first goal was for Okayama. In the 17th minute, Arata’s decisive middle shot sticking Paurao’s loosen defence flew in an arc and went over Sugiyama’s head to the goal net. Actually, it could be nothing for Consadole at that time, but it obviously seemed that they had got upset or confused and lost its balance and clever play.

Zaizen might have wanted their players to hold the ball at the front of the pitch, especially on both sides, as long as they can. Ueasato and Miyazawa who had been set on the each side are good at press and interrupt as first defence, and also good in turning it to offence quickly. They were totally supposed to overwhelm Okayama with their aggressive playing on both deffence and offence. Especially, Uesato’s accurate long feed would work for wide-side-change to shake down the opponent; although finally it did not. The fact is Okayama kept pushing off Sapporo almost whole 45 minutes.

However, for the next half, Zaizen sent Uehara and Sunakawa to boost up its vertical movement and speed, and then it worked. In the 74th minute, Sunakawa’s cross from his right side drew Uchimura’s tricky heel shot equalizer and only five minutes later, Uesato who had slid to center because of Sunakawa made a shot gun long feed to their ace’s second scoring of this day, to turn the game over this time. It was beautiful middle shot and it seemed to be enough for Consadole to get their second wind.

It was not enough after all. Fagiano players’ patience and strong will to win exceeded the visitors. It might be confidence that they had not lost yet this season. Anyway, Consadole allow them to make it even again, and to lead it again so easily and quickly mainly from its poor defence, especially goal keeper Sugiyama’s bad positioning. When Uchimura’s latest header was caught by Nakabayashi, Okayama finally ruled the game by 3-2.

This is third consecutive lost game. What can turn them better? It seems that the first plan was not so bad; the thing is how they use Uesato and Miyazawa, their abilities and characters and how they stay that situation. Maybe they need to push up the defence line more first, even though they will take some risk too. And more creative play or hard try is necessary to finish; now they count on Uchimura’s sleeky running and its speed too much. 

Using Sunakawa and Uehara from first sounds attractive but it can fix their play too early and take away the choice to spice up or settle down the game. If they try to change something, it can be goalkeeper; still, drastic change cannot be expected at least now. Find out the problem in the lost game and resolve that in the training and show us the solution in the victory. Go, Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |20:52 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |