コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年06月30日

中目黒、飲みに行ってコンサの試合を観るの巻(第16節 鳥栖戦)/Drank out and saw the game against Sagan Tosu (June 30th, 2012 at Best Amenity Stadium)

Tap room


 今日はN嬢と恩師と3人で、中目黒の「Tap room」で恩師のバースデイ飲み(ちなみに店のビールは全種制覇。飲める人が揃うと楽しー)。

 で、そこの店で偶然かかっていた鳥栖対札幌を観てしまったりして。

 内村が入った時に何とかなりそうな雰囲気はあったのだけれど。

 なんで、最後の最後、あそこで点を取られるかなとがっくり来て気を遣われたりして。

 勝てない。今季は勝てないんだわ。もう、そう思って観るしかないでしょう。

 明日6時に起きられたら、結果の判っている録画放送を見ます。キツイわー。

Tonight, Ms. N and I drank out with my Master at Nakameguro to celebrate her birthday. Tap room the pub was really nice; they serve good beer and fine foods, we totally enjoyed the tastes and atmosphere.

And I saw the game between Sagan Tosu and Consadole Sapporo there by chance, rather unfortunately...

I cannot understand why they allowed the goal there, at the moment. However, maybe that is them and us this season. It could almost decide how we spend the rest of the season. It might be really harsh. We had better prepare it to stand by the team as same as we used to…


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:44 | A piece of my life | コメント(2) |

2012年06月23日

第15節 G大阪戦/VS Ganba Osaka (June 23rd, 2012 at Sapporo Dome)

 両チームの差は順位ほどには近くなかったようで。

 16分、相手の先制点はまさに狙いどおり。ゴールの中に入ろうかというくらいラインぎりぎりに張り付くポジションにこだわっていた相手選手達と、そこにきっちり蹴り込める遠藤の技術。やろうとしていることをやれる、それだけでも羨ましい限りです。前半の3分の1も耐えられずに失点した札幌は、またしても楽になった相手に良いように振り回され続ける展開に。

 ウチはと言えば、25分の追加点となった倉田のミドルシュートのシーン(再生映像)からも判るとおり、一人一人がそれぞれ目の前の危機に対処するのが精一杯。人数はいてもチームとしてはグズグズで、あれでは守備から攻撃への切り替えなど出来ようもなく、何か攻め手をと思えば大島の高さに賭けるしかないのかとも思い、ちょっと監督の意図が解ったような気さえしました。

(ただ、今日の大島はいつもよりは良かったです。最初の5分までは前に向かってボールを追って走るシーンもありましたし、5分に右サイドでボールをキープ、ヒールパスを砂川に通したプレーはナイスでした。)

 3点目、遠藤のフリーキックは完全に個人技。二川や今野、明神もですが、ああいうしっかりした中心選手に有望な若手が合わさった編成でも、チームとして結果が出ないことはあるのだなと実感。まあ、今日ウチが咬ませ犬となったことで、今後上向いていく可能性も大ですが…。

 後半の入りは悪くなかったと思うので、最初の5分で1点返せなかった段階でほぼ勝負あったかと。最後アディショナルタイムの失点は余計でしたが、カウンターを食らい続けていたので、それ以前の何処で失点していてもおかしくはなかったです。杉山自身は今日もファインセーブを連発で好調に見えるだけに(やっと掴んだリーグ戦での出番に充実しているのでしょう)、チームの状態が残念。

 とにかく自分達がやりたいことを何一つ出来ず、瞬間瞬間の守備に追われ、疲れてしまう。交代で入ったフレッシュな選手も、(体力がある分余計に)そこに引きずられて終わり。どうにも手の打ちようがない感じです。混乱や自信喪失に陥っている選手を休ませてリセットさせようにも、怪我人の多さがそれを許さない。苦しいです。

 こんな状態で、シーズン最初に指向していたサッカーをやろうとするのは難しいと思いますが、かと言って今から、例えば0-0を狙うサッカーをしても意味はないでしょう。あくまでも取り戻す方向で、一試合一試合もがいて行けば良いのでは。次節はまた、色々な意味でやりづらい相手ですが、失うことを恐れるほどのものはそれほど残ってないでしょう、思い切りやって来て下さい。宮澤のワントップを希望。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday’s Sapporo Dome, 4-0 perfect victory for the visitor, Gamba Osaka, finally showed the deference between these two teams was not as close as their positions in the league; 17th placed for Gamba and 18th placed Consadole Sapporo. The 15th minute’s Paulinho’s going ahead header to Endo’s accurate corner kick clearly made the teammates feel confident and easy for the rest of the game and when they expanded the lead to 3 goals in the first half, it was almost decided. The third goal again from Endo’s right foot was fantastic showing national team player’s quality.

It seems that Consadole players totally has been lost of their playing they had tried when the season started, in this long hard miserable beaten days. J1 rivals never allow them to achieve so far, and their too much injuries make it more difficult. It force them to keep playing only to get lid of the problem before them every moment, almost all 90 minutes, until they got tired and disappointed enough. So either their fear or suspicion might be natural to feel, still, they should handle it and start trying that again. There is no point in changing it to one that shooting for more 0-0 drew game anyway.

Goalkeeper Sugiyama has shown many fine savings more than he allowed scoring and in this game, Miyazawa and Uehara came back. Good news is there too. Just stand this tough moment. Go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |21:28 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2012年06月16日

第14節 仙台戦/VS Vegalta Sendai (June 16th, 2012 at Yurtec Stadium Sendai)

 コンサ・ド・オールド(?)、仙台に4-1で完敗。若手の怪我や不調で台所が苦しい中、ベテランの経験値に懸けましたが不発。唯一の得点も、ウチは何もしていない相手のオウンゴールで、最後まで観るのが辛い試合でした。

 それでも前半はベテラン揃いらしい落ち着いた試合運びをしていました。実際圧倒されていたことに変わりはないですし、今日がJ1リーグ戦初出場の30歳・杉山のスーパーセーブ連発がなければ前半で3-0でもおかしくなかった内容とは言え、のらりくらりとやれていた。杉山は頑張っていただけに、せめて前半は0-0で終わらせてあげたかったです。アディショナルタイムの山本のオウンゴールは、まさに勝てないチームのツキのなさ、歯車が狂った在りようを見た思いでした。

 後半も開始早々にリードを広げられながら先にも書いた相手のミスでラッキーなスコアになるも、それを反撃の糸口とできず相手に主導権を戻してしまう不甲斐なさ。唯一の武器とも言える高さで自分より身長の低い渡辺広大にまったく競り勝てず、マイナス方向に走る時以外はボールを追いかけることをほとんどしない大島のワントップに象徴される、何がやりたいのかさっぱり解らない今日のウチのサッカー(監督の采配)には疑問も不満も色々ありますが、それを除いても正直札幌には勝ち目はなかったと思います。

 仙台の選手がボールを持った時に生まれる次のプレーの選択肢の多さには、絶望的な気持ちにさせられました。これまでも書いて来たことですが、直接の敗因は、決定的な場面での個々の技術やプレーの精度の差と、交代選手のクォリティの差。今日のキリノはさすがにかばえない。まあ、それも個人的には投入のタイミングや、替わりに下げる選手を間違えていやしないかと思わずにはいられないのですが…。

 今季の戦術として想定していた、前田俊介にボールキープを託したショートカウンター主体の攻撃が出来なくなったとはいえ、前線からの果敢なプレスでチャンスを作って素早く攻めるサッカーまで諦めることはないように思うのですが…。まあ、今日は体力的な不安もあったでしょうし、これだけ負けが込むとどうしても慎重にならざるを得ないのも解りますが、こういう時こそ自分達のベースを思い出して欲しい。弱気はクリアーの大きさとかプレーを切る判断の思い切りの良さとか、安全なプレーへと繋げてもらうとして。

 ここに来て監督を変えるとか大きな補強をするというのは、あまり現実的ではないと思います。中断期間で劇的な改善がなされなかったことが明らかになった以上、博打を仕掛けるなら今だとも思いますが、そこに勝って残留したとしても、払う金額の重さは“J1にいれば何とかなる”というものではないことは、ある程度このクラブを見て来た人なら、誰もが身に染みているはず。ましてやそれで失敗した日には目も当てられない。個人的には“腰を据えてクラブのカラーを作りたい”という今のHFCのメッセージには賛同できますし、ここで現状維持を選択するのは、むしろ英断だと思います。

 その観点でいくと、過去3季、限られた戦力でチームを回すやりくりの上手さを何度となく見せてくれた石崎さんは、今のウチを指揮するには適任である気もしますし。一部では不評の試合後のコメントも(これは柳下さんの時もそうでしたが)、こういう時だからこそなおさら、淡々と指揮に当たってくれていると思えて安心できますが。後は、その監督に使ってみようと思わせるだけの若手の奮起に期待。J1にいる今、試合に出る以上の経験はないと思いますからね。頑張れ、若いの。頑張れ、コンサドーレ札幌!

ConsadOLD Sapporo did not work. The first J1 league game after two weeks intermission for the World Cup trial games between the league leader Vegalta Sendai and the bottom placed Consadole Sapporo at Saturday’s Yurtec Stadium Sendai ended in 4-1 perfect victory for the home team. Sapporo’s starting lineup full of experienced players fell down without putting even small light of hope to get out the long long tunnel now they are staying.

There was a small chance that Sapporo drew it for their best against that strong team Sendai. Consadole’s goalkeeper Sugiyama who played first on the pitch of J1 league game in his 30 years old was good. He saved the team at least 3 times in first 45 minutes but got broke his goal by a teammate Yamamoto in the additional time of the first half. Next scoring also for Sendai right after the second half started almost decided the game. It once became 2-1 by another own goal of Vegalta, however, it never could be close; every moment everywhere Sendai overwhelmed Sapporo on its speed and accuracy of play. The difference of quality and skill of each player between them was clear. It made Consadole players stick and be tired of defence and made Vegalta players easy to work aggressively and decisively.

This difficult situation for Sapporo that had decided by Maeda’s leaving because of his injury even seemed to have taken away their play style based on hard pressing from the front line and quick counter attack but it might be rather wrong choice. There is not so enough time to try deference soccer. They should be just a little more careful and find what they can and cannot, instead of feel weak and draw back.

Changing head coach Ishizaki or strengthening team by signing expensive players cannot be realistic choice either. When it comes to after this season, both of them can be more problem especially economically to manage club team. Ishizaki’s experience and patience is even necessary now for the team. He can grow the team again with his good young talents if the surround allow him to act a little more fearlessly. Play as just you are. Go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |20:48 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |