コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年04月30日

ベルギービール「パトラッシュ」(Beer Kichen AOSHIMA)/Bergium beer PATRASCHE at Beer Kichen AOSHIMA

PATRASCHE


 今日行った浜松町の「Beer Kitchen AOSHIMA」で飲んだベルギービール「パトラッシュ」。

 世界のビール色々飲んでますが初めて!ラベルが可愛いので思わず写真に撮ってきました。瓶も持ち帰り。

 カラメルの香りが蟲惑的。でもアルコール度数8%。甘く見るとやられまっせ。

 ちなみに「パトラッシュ」はブラウンエール。ブロンドエールで「ネロ」というのもあるらしい。次回トライしてみたいです。

 カルピス子供劇場世代以外には響かないネタだったかな?

Bergium brown ale PATRASCHE that Ms. N and I had today at Beer Kichen AOSHIMA in Hamamatsucho, Tokyo.

We like this smoky caramel flavor with 8 percent strong alcohol and a design of Patrasche with Nello (so we brough this bottle for home).

They also have NELLO the brond ale. We'll try that next time.    

 


posted by MasaMaru (横浜在住) |21:54 | Restaurant, cafe, and pub | コメント(0) |

2012年04月28日

第8節 大宮戦/VS Omiya Aldija (Apr 28th, 2012 at NACK5 Stadium)

NACK5


NACK5 初NACK5。今さらだけど、綺麗になったなー、大宮。

 サッカー専用スタジアムなのでピッチから近いし、スタンドは傾斜があって観やすく、良いスタジアムでした(下の写真はスタジアムグルメ・大宮ホルモン丼500円。美味でしたよ)。


NACK5 大宮駅から歩きましたが、それほど遠くなく、駅前の商店街や氷川神社の参道や参道沿いのお店もいい感じ。

 いたるところリスで、地域に愛されているクラブ・大宮アルディージャを感じました。それこそが毎年落ちそうで落ちない底力の源でしょう。


NACK5 今日は天気も良くて、これで勝てていれば最高だったのですが、またしてもほんの一瞬、たった一発で勝ちを逃してしまいました。青山の決勝ゴールは、その前のプレーで相手一人に対してDF二人が重なり、しかも二人で転がってしまったのが痛かった。すぐ起きあがりましたが、あの一瞬、相手をゴール前で数的優位に立たせ、ラストパスを受けた青山にゴール上隅をきっちり狙ってカーブをかける余裕を与えてしまった。


 試合への入り方は煮え切らなくも見えましたが、ワイドに開く割にサイドバックが上がらなかったのは、時間とスペースを主体的に使うことで無駄に走らされることを避け、カウンターのリスクを抑える作戦だったのでしょう。むしろ早めに中に入れて前田と近藤の個の力に懸けたのだと思います。ただ、結果的に大宮の両サイドを攻撃に専念させてしまい、人数がいる分タイトではなかった守備を突かれて前半10分であっさり失点。

 ところがここで難しいのが、前半終了間際に追い付いた場面で、前田が中でボールを持って粘って、そうして生まれたスペースに走り込んだ純平にラストパスを通してズドンという、おそらく意図したとおりの見事な得点だった点。ああいう点の取り方が出来ているサッカーを変えるべきとは到底思えない。今の札幌のサッカーは、良い時間帯は凄くイイ。今日も負けてしまったけれど、突き放された後も何度もチャンスを作っていた。それでも二度追い付けなかったのは、J1では相手がきっちり対応して来るから。石崎監督は策士だと思いますが、策が策としてハマっている間に勝負を決めないと、何処が相手であっても対抗策を講じて来ます。決定力の向上と、辛い時間帯をやり過ごし乗り切れるだけの体力と集中力、判断力が望まれます。


NACK5 惜敗もここまで続くと迷いも生まれるでしょうが、これで良いと思います。変えるとすれば前田をフィニッシャーとするのかゲームメーカーとするのかぐらいでしょう(試合中に状況に応じて使い分けなんて器用なことはできそうにないので、そこは約束事で)。ひとつ勝てば壁が壊れる予感はあります。もちろん、そう言っている間にズルズル行く可能性も多いにありますが、そこは何も恐れず胸を張り闘って欲しい。5月を反撃の月に。頑張れ、札幌!C大阪戦を挟んで日スタには駆けつけます!


Blue sky, sunny sun, beautiful stadium, but the last one piece to begin this holiday week perfectly: victory slipped away from Consadole Sapporo and its fan again, so close again; Saturday they met Omiya Ardija at NACK 5 stadium and lost the game by 2-1 for the home team.

Consadole’s little too much safety and save power playing to enter the game rather helped opponents; without strong pressure Ardija went ahead with Carlinhos’s header easily in the 10th minute. However, this day’s Consadole’s plan based on the skill and creativity of its two forwards Maeda and Kondo started to work one by one and at the very last minute of the first half it finally worked; Takaki’s fine equalizer from Maeda’s enough long keeping ball in Omiya’s penalty area to create the space for the scorer was totally perfect.

After that, there were many chances that Consadole got fare wind but actually it ended in the next goal to Aldija in the 71st minute. Consadole’s 2 defenders slipped and fell at once to ball holder and J1 teams never miss such mistake; Aoki’s curving shot was perfect and it was another lesson for Sapporo to learn that small mistake becomes big damage.

Still, even though they expanded its win-lees streak to 7, they have shown beautiful enjoyable playing so far. What they expect from Maeda; building game or score only could be changed but basically they should keep going. It is good to see and good to try, at least in my opinion.

Once they get win, everything can turned better; every Consadole fan might know that. How long they stick to their playing patiently and tough might be the key for this season. Believe in yourself; there is nothing to fear. Go! Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru(横浜在住・現地観戦) |23:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2012年04月21日

第7節 川崎戦/VS Kawasaki Frontale (Apr 21st, 2012 at Sapporo Dome)

 どうして勝てないのか?我々以上に選手もスタッフもそう思っているでしょう。

 それぞれの最初のチャンス、川崎はレナトが迷わずシュート。DFに当たりはしたが、CKに。札幌はより確実に決めようとパス交換、オフサイドでチャンス終了。姿勢の違いを象徴するプレーにならなければ良いと心配したのも束の間、9分には、高い位置を取っていた岩沼のフィードが、ゴールラインぎりぎりまで駆け上がった岡本の素晴らしいクロス→前田俊介の気迫溢れるヘディングへと繋がり、今季期待のニューカマーの待ちに待った得点で先制。

 その後も運動量と球際への集中力で相手を圧倒。中でもヤスと純平の動きの良さは光っていました。ヤスはドリブルのキレ、守備での粘り、無理をしない(=無駄なミスを減らす)プレーの選択も良かったと思います。純平はサイドバックから1列上がってのプレーでしたが、もともとは前目で活きる選手。昨季までは守備的に計算できる選手が限られていたことから、彼のような選手にも守備をさせていましたが、そうして使い続けていたことにより、今季のような、逆に攻撃的な駒が不足している時でも融通が利く。ユーティリティな選手を多く作って来たチームの成長を感じます。

 32分には、ノースのこれも素晴らしいボール奪取からテンポ良くパスを繋ぎ、最後はJ1初出場となる日高が勢いのあるオーバーラップと正確なクロスを見せ、その純平が打点の高い芸術的なヘディングで追加点を上げ、そのまま前半終了。あれだけ主導権を握って丁寧にできれば、ウチだって決して負けはしないということを証明しました。

 ただ、良過ぎた前半が災いしたか、後半は頭から明らかに動きが落ちていました。プレーは変わっていませんでしたが、プレスに迫力がなくなり、セカンドボールへの反応が遅れ出します(前半は取れても取れなくても突っ込んでいたのが、後半は拾えそうだと見てから走るから間に合わない)。

 すると52分、そんな流れを見て投入された中村憲剛に、ゴール前、振り向きざまの凄いシュートを叩き込まれ1点差に、続いて68分、憲剛の登場で息を吹き返したレナトを阻もうとした日高がペナルティエリア内でたまらずハンド、PKを決められ追い付かれます。その後も押し込まれ続け、最後はカウンターから、これも交代で入った山瀬に強引ながらも技術のあるシュートを突き刺されて終了。

 敗因は明確、前半の戦い方を後半も出来ない持続力のなさと、交代選手のクォリティの差です。スタミナについては、それを考えてセーブして勝てるようなチームではないので、監督の言うとおり、鍛えて行くしかありませんが、後者はやはり深刻。横野など、あの場面で出て来て出来ることはひとつしかないだろうに、ヤスや前田よりも走っていなかった。ここまでカップ戦でも使われていないのが良く解ります。

 とは言え、今のやり方を変える必要はないでしょう。何点取られていようが、守備は今のメンバーがウチのベストだし(キーパーはホスンと高木どちらが良いのか微妙ですが)、攻撃にしても、他のやり方で劇的な変化を与える飛び道具のようなピースが存在しない以上、基本的には同じ方向で行くべきかと。むしろ、前田までが離脱して、そこを変えざるを得なくなる事態の方が心配。

 何だかんだ言って毎試合のように点は取れていますし(今日はリーグ戦初の2得点)、今はみんなが我慢しどころではないかと思います。稲本や憲剛のワールドクラスのプレーを相手に出来ることを楽しみ、そこに屈する悔しさを力に変えて行けば良いのでは。勝てずに悔しい。我々以上に選手もスタッフもそう思っているでしょう。“仲間信じ、最後まで戦え”、そう歌っているのですから、信じてみましょうよ。次は頑張れ、コンサドーレ札幌!

Again it was too much far to the first victory in this season’s J1 stage for Consadole Sapporo that met Kawasaki Frontale at Sapporo Dome on Saturday; it ended in a dramatic 3-2 turn over winning but for the visitors, and the home team expanded its win-less streak in the league to seven with the result.

In spite of the 9th minute’s going ahead with long-long-expected Ace Maeda’s very first score of this season: strong header to beautiful diagonal cross from Okamoto who had run up to the goal line and 31st minute’s quick streaming attack from North’s cutting to Takaki’s finest high header via Hidaka’s hard long running up on his left side, Consadole finally missed the game this time too. Why? It was simple; they were not able to play same whole 90 minutes. Okamoto’s dribble and speed running and decision to next play were excellent and Takaki who had moved his position forward did worked more than expected and the other players’ other play also good; pressing was tight and its defence was organized, but only in the first 45 minutes.

From the beginning of the second half they had been tired and got slow down and once Kawasaki’s Nakamura Kengo broke Lee Ho Seun’s goal with a world quality quick turn shot in the 58th minute right after his appearing to change the tide, this national team player even woke up Brazilian team mate Renato and drew his equalizer from a penalty kick in the 68th minute and leaded it to the latest goal of another substitute Yamase. Those overwhelming players were what Consadole did not have.

Yet it seems that the one thing they can do might be remaining their play style. It worked in the first half at least and 2 goals for a game in the league was first time for them this season. They are getting better little by little matching up those strong teams; to give it up without particular alternative plan can cause another problem. Now it is the moment to stand and believe in our way. Keep going on, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |22:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2012年04月18日

続・我が家のチューリップ/Another tulip blooming

tulip


tulip 地植えにしていた株も綺麗に花を咲かせました。先に紹介した鉢植えのものよりも全体的に力強く、鮮やかで明るい黄色と赤です。

 見ているだけで何となく嬉しくなります。出勤前に力をもらっています(笑)。

 コンサドーレも早く花が咲きませんかねー。今日はナビスコの鹿島戦。頑張れ、札幌。残業しながら応援してます。

Another tulip flowers have come for us; grew stronger and livelier than pot one, and have really bright fine color of yellow and red.

Beautiful! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |07:33 | A piece of my life | コメント(2) |

2012年04月14日

試合観られてません!(感想を読もうとして来てくれた方へ)/I didn't watch today's game!

 高い金を払ってスカパー!に加入しているのに悪天候で受信できず。

 午前中に見ていたWOWOWの映画も、途中から受信不能になったため、続きが観たくて近所のレンタルショップに走りました。金も時間も無駄に使わせやがって(怒)!ちなみに標準画質のチャンネルは受信できていました。雨風に弱いハイビジョン放送め…。

 仕方なくオフィシャルサイトの実況中継を追っていました。まあ、ぼろ負けのようですので、悔しさは半減ですが…。最後に良く1点返した。偉いぞ古田。ということで、火曜日、残業せずに帰って来れたら再放送を見ます。

I could not watch today’s game between Consadole Sapporo and Nagoya Grampus because of TV reception problem from bad weather.

Consadole lost it by a score of 3-1 for Grampus so I rather not to watch the game actually; I could check how it went with the official web site report, still, I’ll try to watch rebroadcast on Tuesday and write report.

posted by MasaMaru (横浜在住) |20:42 | Others | コメント(3) |

2012年04月13日

チューリップが咲きました。/Our tulip blooming

tulip


 先日こちらで紹介したチューリップですが、一本、花が咲きました。

 想像していた(良くある)チューリップとはちょっと違いましたが、淡い色もドレスのようにヒラヒラッとした花も好きです。まあ、自分で植えて咲かせたから特別に可愛いのだとは思いますが。

 残りはいつ咲くか、毎日楽しみです。

One of our tulips has been blooming!

Though it was a little deferent from what I had expected; mote typical shape and strong primary color, I prefer this dress shaped right yellow flower. This is our tulip!

We still have some to wait for the flower coming. It is fun!


posted by MasaMaru (横浜在住) |00:02 | A piece of my life | コメント(0) |

2012年04月08日

砧公園でお花見/Cherry blossom viewing in Kinuta park

cherry blossom viewing


cherry blossom viewing 今日は世田谷区の砧公園でお花見をして来ました。

 朝6時起きで、N嬢はお弁当作り。その後は二人で先行して場所取り。

 仲の良い友人や懐かしい人も呼んで、おしゃべりと飲み食いを満喫しました。もちろん、桜も。

 春らしい陽気で、天気も良く、満開の桜も綺麗で、言うことなしでした。

 参加いただいた皆さん、ありがとうございました。来年もやりましょう!


cherry blossom viewingToday we had a cherry blossom viewing in Kinuta park in Setagaya, Shibuya, inviting some close friends and old friends so it became a kind of reunion. All of us totally enjoyed talking, eating and drinking under the full blooming pale pink flowers in blue sky background.

It was perfect!


posted by MasaMaru (横浜在住) |20:48 | A piece of my life | コメント(2) |

2012年04月07日

第5節 柏戦/VS Kashiwa Reysol (Apr 7th, 2012 at Sapporo Dome)

 前年の王者をドームに迎えてのリーグ戦、またしても力の差を思い知らされる敗戦。ホームで2-0の完敗はずっしりと応えます。

 工夫は見られました。ここまで両サイドのMFが守備に追われて高い位置で仕事ができないゲームが続いていたのですが、ならばその守備を高い位置でやれば良いということで、近藤祐介が積極的にプレスを仕掛け、攻撃参加。実際、最初の10分はこれが機能して良い形を作れていたのですが、それも相手が慣れるまでの話。結果的には、攻撃において数少ない計算できる選手である近藤がより早く疲弊しただけで終わってしまいました。

 守備に関しても、両サイドが引っ張られても真ん中を固めておけばそうそうはやられないという、水曜日のナビスコ予選勝利から持ち込んだ部分が活かせていたように思ったのですが、それも33分に(その真ん中の)奈良のトラップミスで先制されるまで。決めたのは奈良が“飛び級”で選抜されたオリンピック代表から漏れた工藤壮人。ライバル意識が、プレーに作用していたかもしれません。

 奈良は少し動揺してしまったのでしょうか、その後、精彩を欠くプレーも少なくありませんでした。ただ、この段階ではノースが良くフォローしてくれていたので、慌てる必要はなかったように思います。相手によるのかもしれませんが、ああいう点を取る役がピンポイントに入り込んで来るタイプのサッカーだと、彼の高さとポジション取りの良さは助かります。時には田中順也を、時にはレアンドロ・ドミンゲスを、堅実に封じていました。

 また、右サイドバックの高木純平が良かった。早々にへばってしまった近藤に変わって、前への推進力を生みだそうとする、勝ちたい気持ちの見えるトライが何度もありました。しかし、それも肝心の前の選手が踏ん張ってくれなければ生きては来ない。後半から入った古田にしてもそうですが、どれだけ上下運動しても、最後に決めてくれそうな味方の飛び出しや呼び込みがなければ、報われない。キープしていても、囲まれて奪われてしまうわけですから…。独りで頑張っては結局チャンスを潰すという場面が、今日は中の選手も多かったように思います。上手く行っていないチームという感じがしましたね。

 古田に関しては、ここまで出られなかった悔しさがあると思いますし、マッチアップした酒井とは、やはり同じ五輪代表世代ということで意地も見せて欲しかったのですが、少し残念でした。

 解らないのは大島の投入と、3バックへの変更。

 前者については近藤の疲労を考えると交代自体は納得なのですが、あの局面で何故、より前からのプレスがかからなくなる状況を作るのかが不思議。彼には彼の良さや武器があるのは解りますが、ほぼ一方的に押し込まれていて、自陣から前線のターゲットへ余裕を持ってロングボールを供給できる状態になく、かつ、セカンドボールに対して競り負けている状況で、自分からボールを取りに行かないポストプレーヤーが活きるとは考えづらい。結局は守備の時間を減らすこともできず、63分にレアンドロのCKからベテラン近藤直也に追加点を許し、大勢を決められてしまいました。

 そして後者ですが、今の札幌がJ1で唯一何とかやれている部分は、毎試合失点していてなお、おそらくあのディフェンスライン、純平、ノース、奈良、岩沼と、その前の河合です。機能していないのではなくて、それでもやられているのです。力の差で。我慢しなければならない時にそこを崩してしまったことで、一人一人の役割すらあやふやになり、ますます混乱してしまった。こんなことでチームのリズムまで狂わせてはもったいないように感じますが…。

 キーパーの交代は良いとして、ここは1週間、改めてプレスと連動した攻め上がりを鍛えて欲しいと、個人的には希望します。何か変化をつけたいなら、キリノを最初から使ってみるのも手かもしれません。次はアウェイで、これまた強敵の名古屋と対決。まあ、最初から失うものは何もないんです。思い切って行きましょう!コンサドーレ札幌!

Consadole Sapporo that had seemed to be in a tunnel of top quality games of J1 saw its first light on Wednesday night’s first victory of this season on Yamazaki Nabisco Cup trial and came back to the league, to Saturday’s Sapporo Dome, to meet Kashiwa Reysol; last year’s champion, and it ended in another defeat with merciless 2-0 victory for the visitor that now also takes part in AFC Champion League, but this time was a little deference from before. It was not close.

To resolve the problem that both sides’ midfielders cannot play effectively in the front of the pitch because they have to stick on defence too much, they actually moved forward the work field; Kondo aggressively chased and pressed Kashiwa’s defence line and it totally worked in the first 10 minutes alone. It lasted in his earlier tiring up.

The Wednesday’s winning that they deadly kept its one goal lead showed its defence would be able to stand against even 30 minutes longer never stopping attack unless the center defenders Nara and North got ready and steady; but this day, from Nara’s miss trapping Reysol went ahead in the 33rd minutes. Scorer, Masato Kudo who never missed the opportunity had been fail in an election for U-23 national team on next Olympic Games this week, and Nara had had his position with 18 year old young. A rivalry might have affected.

Ishizaki changed it to 3 defenders system from the second half and sent two substitutes, Furuta and Oshima. This choice confused his players more. Oshima would not work as a striker or a target man as usual and Furuta, he played too defensively to kill the 3 back defence. When next goal was made for Reysol in the 63rd minute from the corner kick of Leandro Domingues, the MVP of the league; it already decided this game.

Still, Furuta’s coming back was good news for Consadole, although the rivalry between Reysol’s Sakai and him never worked for us. And Jade North, another national player who cared his upset young partner very well this day is reliable. Junpei Takaki’s hard long running to help his teammates was also good. Now the team is in a difficult time. They always can try other players and other play styles only to escape this moment as same as they can straighten up and polish up the way they came and they know how it was. See the next game to find what they do.

posted by MasaMaru |22:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2012年04月05日

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ 横浜 F.マリノス戦/Yamazaki Nabisco Cup trial league vs Yokohama F. Marinos

Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium


Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium やりました!今季初勝利!

 若手と控えの混合チームを予想した前回の投稿(の英語の方)で、このマリノス戦にはベテランらしい抜け目のなさと野心あふれる若手のプレーを望むと書いていたのですが、まさにそのとおりになりました。立ち上がり、相手ディフェンダーの不用意なトラップミスを見逃さなかった大島の先制点、そして小さい身体をその運動能力とセンスで補った榊の追加点、仕事帰りでヘトヘトでしたが燃え上がりました。

 ただ、そうした得点シーン以外は、全てマリノスの時間でした。早く正確なパスをワイドに展開され、ゴール前では斎藤学のドリブルにいいように振り回され、ひたすら守る時間が続きました。


Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium しかし、その守りにおいてこそ昨日の札幌は唯一相手を上回っていた。集中が続きましたし、個々の能力で負けることがあっても、最後の最後では身体を張ったプレーで弾き返していました。それでも一度は(やはり斎藤学のドリブルから)遂にゴールを割られるのですが、しっかり切り替えて持ち直したのが素晴らしかった。スーパーセーブ連発の高木は、次のリーグ戦でホスンと入れ替わってもおかしくない活躍で、奈良、櫛引もその能力を存分に発揮。そして前半早々から交代で入った岩沼。彼の投入に関しては最初、上原が怪我でもしたのかと思ったのですが、こうなると守備が重要になると判断した石崎監督の英断以外の何物でもありません。


Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium そしてもう一人守備で貢献していたのがキリノ。彼についてはちょっとまじめ過ぎるくらいで、その身体能力を守備に費やされるのは正直残念。後半のあの、ゴール裏の我々に真っ直ぐに向かって来た鳥肌ものの長いドリブルとディフェンダー三人抜きも、もうちょっと余力があれば得点まで行ったのではないかと思います。

 そうした彼、あるいはもっと攻撃的に行きたい両サイドの選手がなかなか思うように働けない理由としては、最前列の大島のプレス不足は挙げておきたいところです。いや、大島に限らず、昨日は前線からのプレスが少なかった(そして持ち込まれた時に不必要に食い付いて引きずられる選手が多かった)。あるいはそういう約束だった可能性もありますが、そうなると今度は、せっかくの初勝利がここまで継続して来たサッカーと別物である点が気にかかると言えば気にかかる。


Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium しかしまあ、何はともあれ勝つ感覚を取り戻せたのは良かった。控え組が発奮して勝ったこの試合に刺激され、今度は主力が発奮してくれれば最高です。明後日のリーグ戦は昨季のチャンピオン柏が相手ですが、ドームです。ファンの後押しも力にして是非ジャイアント・キリングを起こして欲しい(次はホームの皆さん、頼みますよ!)。頑張れ、コンサドーレ札幌!

 榊、ちっちぇー!


In my last article about Consadole Sapporo, I said that we just would expect the ambitious young and sneak veterans for the second match of Yamazaki Nabisco Cup trial league against Yokohama F. Marinos; and it came true. Wednesday night game at Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium that had collected many fans came after their work (included me) ended in 2-1 victory for the visitors because of Consadole’s sneak veteran Oshima and young ambitious Sakaki.

It was the 6th minute early that Oshima caught Marinos defenders miss trapping to make going ahead and then, the latest goal of the first half from Sakaki’s perfect chest trapping and header to the cross from Hidaka who had ran up long on his right side expanded the lead. Sakaki, the quick shorter of Sapporo, ran and tried really well this day; undoubtedly deserve Man of the Match.

However, except those two goal scenes, it was totally the game for the home team. Marinos overwhelmed Consadole everywhere, especially on its game making and each player’s skill. Tough and hard work to block and lock out the rival’s attack alone was that Sapporo exceeded Yokohama. Goalkeeper Takagi, defenders such as Nara, Kushibiki, Hidaka and Iwanuma, who came as a substitute, were worked really well. Even that, once got broken by a super technician of Marinos Saito’s dribble in the 23rd minute; and it could change tide at all.

Still, they hung on to the end by keeping focusing on defence and playing simply, repeating counter attack from long feed. It even made Qurino’s so close long dribble and turning 3 defenders in the 34th minute.

One thing that we could worry about was it had been too different from their usual play they kept going since last season; pressing from the front line was not enough and aggressive choice hardly seemed. 

Even though, this very first win might boost up them. Consadole met Kashiwa Reisol, last season’s champion, for next league game on the home pitch of Sapporo Dome. We can have high expectation from that. Go, Consadole Sapporo! 


posted by MasaMaru(横浜在住・現地観戦) |20:47 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2012年04月01日

アフリカンフェスティバルよこはま 2012/African Festival YOKOHAMA 2012

African Festival Yokohama 2012


African Festival Yokohama 2012 行って来ました。「アフリカン・フェスティバルよこはま2012」at横浜赤レンガ倉庫1号館。横浜で開かれるようになって5年目。毎年楽しいです。今日は最終日でしたが、来場者も例年以上に多く、盛り上がっていましたよ!

Today we went to African Festival YOKOHAMA 2012, one of our favourite events here in Yokohama celebrated 5th anniversary this year, to meet African culture and products and enjoy shopping them; trying native food and beers and wines too. There were many people in Yokohama Red Brick Warehouse Building No.1 on the last day of this 3 days event to see the great atmosphere full of African colors, art, passion and energy of wild lives. It all was totally fantastic!


African Festival Yokohama 2012 私たちのことですから、まずは“飲み”からです。ガーナパームドリンク(ヤシの樹液のワインだとか。一口目だけ鼻に抜ける不思議な香り?などと思いましたがジュースのように飲んでしまいました)と、同じくガーナのビール、お馴染みSTARです。相変わらずあっけらかんと軽いです。

Ghanaian Palm Drink and STAR beer


African Festival Yokohama 2012 ボトル片手に工芸品や特産品の並ぶ各国ブースをぶらぶら。楽しいです(ちなみにここはエトルリア大使館のブース。一番上の写真もここの展示)。

 ジンバブエの王冠アート(マーガレット・マジョさん作)。

 華やかで生命力に溢れ、そして可愛い。

Zimbabwean bottle top art

How colorful, livery and fan to see!


African Festival Yokohama 2012 カメルーンのライオンと、牛の神様?

 魔除けで部屋に置いたら心強そう!

 経済力不足からお迎えすることは到底かないませんが…。

Cameroonian folk craft lion and bull god


African Festival Yokohama 2012 お迎えしたのはこの子です。ウガンダ大使館のブースから、シュービル(ハシビロコウ)のぬいぐるみ。

 お姉さんに「その子、お家を探してるんです」と言われ、あっさり陥落。2200円を200円負けてもらって連れ帰りました。プチ国際貢献にもなるそうで。

(本物はこちら、上野動物園で会えます。)

Ugandan stuffed animal shoebill

We got him to our house!


African Festival Yokohama 2012 エジプト大使館のブースにて。エジプトってアフリカなんだって案外忘れがちではありませんか(そんなことないか)?

 スカラベにピラミッド。ハムナプトラな感じです。

Egyptian accessories

We can see really treasure-like beetles and pyramids!


African Festival Yokohama 2012 本イベント協賛のマダガスカル航空のブース。

 販促グッズ色々配っていたからかもしれませんが、大人気でした。お隣のマダガスカル大使館のブースには、特にワオキツネザルをモチーフにした素敵なTシャツも飾られていたのですが、売ってはいませんでした。売り切れてしまっていたのかも。

Air Madagascar’s booth

It was one of main sponsors of this event.


African Festival Yokohama 2012 今日のお目当てのひとつは南アのワインを卸値で購入すること。去年飲んでおいしかった「ドルニエ・メルロ」の2006年を購入、今飲んでいます。

 香りと渋みが素晴らしい。ちょっとスパイシーな後味も素敵です。

We really love South African wines; never could miss this great opportunity to get them wholesale!


African Festival Yokohama 2012 日本・ケニア友好協会のブースにて。ウガンダのTシャツ。

 Only elephants should wear ivory. 「象牙をまとって良いのは像だけ」。そうだよね、そのとおりだよなと、泣きそうになりました。色も赤だったし、是非欲しかったのですが、サイズがLしかなく…。断念。代わりにカッコ良いキリンのTシャツSサイズを購入。

 こちらではコーヒー豆や木のスプーンなども購入。今日は結果的にウガンダ産品を沢山買いました。

I love this short sentence on red Ugandan T-shirt; the truth in this message. When I think of the wild lives threatened unfairly by us just for money or vanity, it makes me almost crying… This was too large for me and they did not have smaller size so I bought another one giraffes printed on it.


African Festival Yokohama 2012 遅めのランチは、右の写真を上から時計周りに、ガーナのビールGulder、タンザニアの(ブースで買った)「サモサ」、ケニア料理「ウガリ(ヤム芋のマッシュポテト)&スクマヴィキ(現地のホウレンソウとケールを茹でて炒めたもの)」「ムキーモ(あるいはモキモ。グリーンピースが入った緑色のマッシュポテト)」。

 どれも優しいお味で美味でした。ウガリの食感はクスクスにも通じる面白さ。

 ステージのみ時間が合わずちょっと残念でしたが、今年も満喫しました。アフリカ、いつか行ってみたいです!

Ghanaian beer Gulder, Samosa from Tanzanian restaurant booth, Ugari (mashed Yam potato) and Sukumawiki (brazed local spinach and kale) and Mukimo (mashed potato with green peas and corns) from Kenyan restaurant

We loved this African lunch, tastes of vegetable and scent of ethnic spices.

We wish some day we could visit those countries! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |21:44 | Entertainment | コメント(0) |