コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年10月27日

季節の味/Double local tastes

double local tastes


 札幌からジャガイモ(きたあかり)が段ボール箱で届きました。秋本番を実感します。ありがとうございます、おいしくいただいております。

 一緒に写っているカブは、現在の地元、神奈川県産(神奈川と言っても広いですが…)。野菜はできるだけ地物を食べるようにしていますが、ジャガイモはやっぱり北海道が一番でしょう(対抗できるとしたら…ペルー産か?オリジナルだし)。他にもイクラやホッケも届いています。おいしい故郷、流通の発達した世の中、双方に感謝。

 下は昨夜の遅い晩御飯。サッポロの新商品「麦とホップ<黒>」のコクと苦みはカレーに良く合います。昨夜は試合速報をパソコンの隅でチェックしながら残業。勝利を確認してから帰宅しました。これで再び昇格圏内に順位がup、久々の“らしい”勝利に、N嬢のカレーの味も更にup!

 今週末は試合を観られませんが、東京V戦は行きます。頑張れ、コンサドーレ札幌!


double local tastesA carton of potatoes was sent from my family in Sapporo this year too; we have felt the fall’s coming. The radishes in the picture next to the potatoes are products of Kanagawa where we live. We have enjoyed both local products; from my home town and current our place.

Black caned beer is a new product of Sapporo Breweries for this season. It was nice; went well with Ms. N’s curry. Last night Consadole Sapporo decided 2-0 big victory while I was in work late; it could make the taste sweeter though!


posted by MasaMaru (横浜在住) |08:21 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年10月22日

第32節 鳥取戦/VS Gainare Tottori (Oct 22nd, 2011 at Tottori Bird Stadium)

 ここに来て3連敗と、まさに昇格の難しさを味わっている札幌。連敗の後で迎えた今日の鳥取戦は、正直建て直しのきっかけとしたいところでしたが、終わってみれば自分達らしさを出せない前2試合を引きずった形になってしまいました。

 徹底して裏へのパス一本からのチャンスメイクにこだわったのは、今日の戦術、約束事として問題ないとしても、本当にプレスがかからないのがちょっと不安かつ不満。9月の良かった時期は、ピッチの何処ででもプレスがかかっていて、どれだけ相手にボールを持たれていても、させたいプレーはさせていなかったし、それが失点の少なさ、奪った際に選手が前を向いているからこそのカウンターの速さに繋がっていた。それが、鳥栖戦あたりから相手選手との距離が開いている。ボールホルダーに次のプレーを考える時間を与えていて、結果、攻撃でも守備でも後手に回る場面が増えているように見えます。主体的にプレーできていないから、押し込まれてバックパスも増える。少ないチャンスでも余裕のなさから攻め急いだり、慌てて精度を欠いたりする。今、ちょっと歯車が狂っているようです。

 ただ、まだ騒ぎ立てたり悲観したりする必要はないでしょう。シーズン序盤の苦しい時期を思い返せば、今この位置にいることは充分健闘していると言えますし、疲れてはいても、選手のコンディション自体は悪くない。監督が川崎や柏を率いて昇格争いを何度も経験している石崎監督であることも強みのひとつでしょう。ひとつひとつ目の前の試合をこなしていくしかないのです。次節、これまた重要な徳島戦まで間がありませんが、切り替えて持ち直して欲しい、頑張れ、コンサドーレ札幌。

Saturday, October 22, Consadole Sapporo met Gainare Tottori at Tottori Bird Stadium. The cold slippery away pitch under the hard rain gave Consadole another difficult game. Consadole players could be nervous or afraid of the much after two straight lost games; they kept tiring carless or sometimes too much careful playing till the end and once allowed Hamed to score in the 77th minute, failed in draw it or turn it over.

There were also some close plays for Sapporo that they might have taken it so far; maybe just something goes wrong now. There is no need to be upset or feel down, they still have remained high place of the league. Settle down and take you back before next important game against Vortis Tokushima, Consadole Sapporo! 

posted by MasaMaru |20:49 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |

2011年10月16日

第31節 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (Oct 16th, 2011 at Atsubetsu Sports Park Stadium)

 昇格争いのライバルを厚別に迎えての大事な一戦でしたが、残念ながら敗戦。星を落とし順位も落とし、この試合で受けた警告により河合とジオゴが次節出場停止と、後にも影を落とす、実に手痛い負けとなりました。この両選手が受けた警告が、どちらも自らの軽率なプレーが招いたもので、試合の内容同様お粗末なものだったというのがまた痛い。何のために天皇杯に、若手と控え中心で臨み、落としたのか。

 試合開始直後から、まったくいつものサッカーが出来ていなかった札幌。開始早々にPKから失点すると、売りであるはずのプレスとショートパスによる崩しは何処へやら、攻め急いでは鳥栖の守備の網にかかり、フラストレーションを溜めてファウルやミスを連発、ますます焦ってリズムを崩すという悪循環で完全に自滅しました。

 前半終了時点でシュート数が相手より多かったというのが、そもそも思うように出来ていなかった証拠。攻撃力に自信のあるチーム相手に、圧倒的に攻めているのに得点できない状態を与えておいて、焦りからのミスを誘いたかったところを、自分たちが先に焦れてしまいました。ハーフタイムの監督の指示のとおり、冷静に自分たちのサッカーを出来なかったことこそ、最大の敗因です。

 加えて後半、ジオゴの2枚目のイエローカードがゲームをほぼ決めてしまいました。1枚目の肘鉄は、見られていなければ“テクニック”でしたが…。2枚目については、ジオゴはもともとハイボールを受ける時、ボールに対して競らない傾向があるので、いつ取られても不思議はないもの。特に公正さを欠くジャッジだったとは思いません。ただ、システム変更や選手交代で何とか状況を打開しようとしていた最中だけに、もったいなかったと思います。

 その後も集中力と勢いを落とさない鳥栖の攻撃に対し、数的不利に加え、カウンターを喰らいやすいパワープレーを仕掛けながらも、追加点を許さなかったのは立派。唯一評価に値する点ではないでしょうか。

 ここからアウェイ3連戦、状況は厳しいですが、今日の敗戦を機に足下を見直し、攻守のキーマンを欠く事態を逆手に取るくらいの強さが欲しい。宮澤の復帰という光もあります。切り替えて頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday’s J2 league game between second placed Consadole Sapporo and third placed Sagan Tosu at Atsubetsu Sports Park Stadium ended in 1-0 victory for the visitors. The first scoring for Tosu from the 5th minute’s penalty kick was never decisive; however, Tosu’s limitless organized and concentrated play kept overwhelming the home team and even drew its careless mistakes from the frustration. Consadole that forgot its high pressing and the attack with quick short passes were totally deferent from usual. The 75th minute’s Diogo’s leaving by shown his second yellow card for this day almost decided their painful defeat in this important game against the rival of promotion race. With this result, Tosu stepped up to the second place. 

Keeping the score in the rest of the game with 10 players was one of few good points for Sapporo. Miyazawa’s coming back from injury also could be a small hope. From next weekend they play on the away pitch 3 games straight and for the first one, two key players Kawai and Diogo are not there because of their suspensions but they can try reviewing to take back their play style or spicing up with fresh players, either will work. Face up and stand against this difficulty, go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |16:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2011年10月09日

ワールドフェスタ・ヨコハマ 2011/World Festa Yokohama 2011

World Festa Yokohama 2011 今年も行って来ました、世界の食と酒と文化の祭典、「ワールドフェスタ・ヨコハマ」。秋の山下公園は天気に恵まれ過ぎて暑いくらい。最高でしたよ。

 今回のテーマは「世界のシーフード」。毎年N嬢と二人で、色々食べたい気持ちと現実的に食べられる量の差に悔しい思いをして来ましたが、今年は親しい人達にも声をかけ、多くの種類を少しずつ試せる状況を設定。これが大成功!…だったのですが、トークに夢中になるあまり写真の撮り忘れが意外と多いことを、今気付いている次第。

 でも楽しかったです!

 民族衣装のお姉さんたちはもちろん、以下、(ステージ上以外で)写真を撮らせていただいた方たちは、皆さまブログ掲載了承済みです。ありがとうございます!


World Festa Yokohama 2011An annual big event for worldwide food (and beer) and culture, World Festa Yokohama was held this weekend at Yamashita Park under the autumn blue sky.  This year, it featured world sea foods. It was a little hot for the fall enough to warm up the festival and visitors.

Ms. N and I who usually feel “We want more!” because of the limit of our stomachs but this time take some good companies there to resolve this matter. And…it really worked! We were able to enjoy more variety of food and beer with casual talking. Thank you friends!

Taking pictures of the site of festival, world food and beer, traditional handcraft and beautiful girls is always fun. We totally had a great time.

(I thank everyone who allowed me to use their pictures for this weblog. Thank you.)


World Festa Yokohama 2011 まずはペルーのビール2種、クリスタルクスケーニャ。クスケーニャは初めて。どちらもクリアーで割と日本人好みの味。

 料理はインドシーフードビラニ(でもシーフードは何処に?)とタンドリーチキン。

Two Peruvian beer; CRYSTAL and CUSQUENA with Indian seafood pilaf and tandoori chicken


World Festa Yokohama 2011 タイベはパレスチナのダークエール。パレスチナ唯一のビールとか!大麦、ホップ、水、酵母のみ使用の王道エール。しっかりした味。

「タイベ」はこのビールを生産する村の名前であると同時に、アラビア語で「おいしい」の意味だそうです。名前に偽りなし。

 真ん中がエジプトシシカバブ、奥はメキシコのビール・ティファナ。

Palestine beer TAYBEH and Mexican beer TIJUANA with Egyptian kebab 

TAYBEH is good taste ale that made in Taybeh as only one Palestine beer.

TAYBEH is the name of the village and also means delicious in Arabic. It has truth!


World Festa Yokohama 2011 ベナンのブース。看板が好み。

 アフリカの国は今回少なめでしたが、ここは特徴があって良かったです。

Benin booth

I like these signboards and their unique specialty.


World Festa Yokohama 2011 シーフードフェアにふさわしい一品、エスコビッチフィッシュ。

 エスカベッシュやエスカベーチェと語源は同じでしょうね。揚げた魚に酢とパプリカで味付けした、ベナン風南蛮漬け?写真は鯛。

This is it, Escovitchi Fish; fried fish seasoned with vinegar and some spices. The picture is of breams at the booth.


World Festa Yokohama 2011 こちらは鯵。と、スタービール(ガーナ)。おいしかったです。でも、箸がなかったら食べづらそう…。

 ビールが進む危険な味。

This is of horse mackerel; we tried with Ghanaian beer STAR. This kind marine or escabeche is popular here in Japan so we love it. 


World Festa Yokohama 2011 こちらもアフリカ。ガーナのブースにて、ビーズの動物たち。とってもカラフル。

 今回は民芸品などの物産テントが少ない印象でした(その分、国内の協賛テントが頑張っていたような…)。でも“ワールド”フェスタですから、もっともっと色々な国のものが見られると嬉しいです。

Colorful beads craft animals at Ghanaian booth


World Festa Yokohama 2011 チリのブース。とってもフレンドリーでした。スペイン語会話ができて大満足。

 こちらではチリワインと、今回の私のイチオシを入手。それは…

Very friendly Chile booth staffs.


World Festa Yokohama 2011 フィッシュジャーキー!

 旨い。そして危ない!

 魚はマグロなので、まあ、赤身の魚で牛肉には比較的近いのかもしれませんが、うーん…。これは考えたこともなかった味ですわ。

 ちなみに奥に写りこんでいるのはスリランカデビルフィッシュ(スパイスの効いたエビチリ)。

Chilean fish jerky (tuna) is really dangerous tasty! It surely boosts up your drinking beer…


World Festa Yokohama 2011 まだシーフード行きますよ、インドゴアフィッシュカレー&ナン。

“ゴアフィッシュ”が何なのかで盛り上がりました。白身魚なのは間違いないですが、タラにしては身が締まっている、スズキの系でもない、はて…となったところで、一人がナマズではないかと提案。そう言われれば妙に納得で、以前にナマズを食べたことがあるわけでもないのですが、そうだそうだナマズだよと、ナマズに決定(この時点でかなり飲んでますから…)。

 ちなみにネットで色々検索した結果、“ゴアフィッシュのカレー”ではなく、“ゴアのフィッシュカレー”、ゴアは地名で、魚に決まりはないことが判明(笑)。結局正解は判らず。

Indian Goa fish curry with nan bread

We love this fish curry too. We talked about the fish in the curry to find out what it was but finally we did not. It could be cat fish, we thought though….


World Festa Yokohama 2011 食べ物ばかり紹介して来ましたが、ステージでも様々な出し物がありましたので一部紹介。

 右はもうおなじみ、スペイントゥナバンド。

 実は開場直後。まだ温まっていない会場に苦戦しつつも、ノリの良い音楽と軽快なトークで健闘。

Spanish tuna band on the opening stage warms up early visitors for the festival. 


World Festa Yokohama 2011 インドネシア舞踊。

 庶民的な踊りと宮廷風の踊りの組み合わせ(写真は後者。叙事詩的な構成)。

 指の反りと動きの“溜め”が優雅。

Epic and elegant Indonesian traditional dance


World Festa Yokohama 2011 フィリピン舞踊。

 ダイナミックな決めポーズ。頭の甕が落ちないか、観ているこちらがハラハラ。

Active and acrobatic Philippine traditional dance


World Festa Yokohama 2011 横浜らしく、中華街(中国)から獅子舞も登場。

 舞台から飛び出し、観客席へ。大迫力の演舞に、熱狂は最高潮へ。

From Yokohama China Town, lion dance appears. 

The legend says that the lion bites make people happy and healthy so two dancing lions jumped in the audiences really excited them.


World Festa Yokohama 2011 チェコのブースのマリオネット。

 浦沢直樹の「モンスター」を思い出したり(笑)。

Marionettes at Czech Republic booth

I bought a bottle of red vine for home not these wood dolls.


World Festa Yokohama 2011 購入したのはマリオネットではなく、恒例のチェコワインでしたが…。素敵な笑顔をありがとうございました。

 今回は参加各国から、「頑張れ、日本」のメッセージも沢山いただいていました。ありがたいことです。こういう場に流れている空気のままに、本当に世界中が尊敬し合って、助け合って、やって行ければ良いのでしょうけれど…。現実は難しく厳しい。

 そこに対して実際何もできませんが、来年もこの場所に来られるよう、自分の生活を頑張ろうと思います。ビバ、ワールドフェスタ!今日、一緒に飲んだ仲間、来年もよろしく!

Many messages cheer up Japan where still under the difficulty in overcoming the tragedy damage of the big earthquake that hit northeast area this March sent from the countries there. I thank them all.

How nice it is if all countries in the world could be in the warm and peaceful atmosphere full of the consideration and respect for each other with good understanding. Of course, it cannot be true all the time. However, this kind event can work for that, even though always it is a small step, and I would like to join it to help them whenever I can.

Viva World Festa! See you next year fellows! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:45 | Entertainment | コメント(0) |

2011年10月03日

第30節 横浜戦/VS Yokohama FC (Oct 2nd, 2011 at National Stadium)

National Stadium


 キックオフ直前の国立競技場のピッチ。練習風景が撮れなかったのは、ビールとつまみを買うためにひたすら並んでいたから。J2の試合でそれほど入らないだろうと踏んでいたのですが…。招待客いっぱい入れていたんですね。入場者数1万6千人超。チェック不足でした。サッカー観てない子供があちこちで騒ぐので辛かったです。落ち着いて試合が観たいからバックスタンドに座ってるのに…。まあ、勝ったのでそれも良しとします。

 ただし、勝ち方であれだけ盛り上がったのは、そこまでの内容が良くなかったから。今日は最初から、とにかくプレスが甘かった。寄せなかったり、寄せても距離が中途半端だったり。加えて、相手の方が、より勝ちたい気持ちが動きとなって現れていたため、少しの差でどっちに転ぶか判らないボールを持って行かれることが多く、そのせいで自分たちの形で組み立てられず、終始苦しみました。ネットを揺らされたものの難波のオフサイドで救われた場面も、遅かれ早かれという印象でしたし。


National Stadium そういう状況だからこそ、ジオゴのところで落ち着けて時間を作りたかったのでしょうが、ジオゴはマークされていたというより、“セカンドボールを拾えるポイント”として、ほとんど狙われていました。攻撃に転じてもそこで押し戻されてしまい、自陣でゲームが行われる時間が続く。不安な空気に包まれたままゲームは後半へ。


National Stadium それでも先制するのが、昇格争いを引っ張るチームの勢いなのでしょうか。ジオゴに対してハイボールを当てるのをやめて、腰より下へ渡し始めたのがまず良かった。先制したシーンは、次第に決定機に絡むようになっていたジオゴの個人技から。センターサークルからの長いドリブルと、よくぞあそこまでというほど溜めに溜めて出したスルーパスを、狙い通りに裏を抜けた内村が態勢を崩しながらもゴール。今季は先に取ると強いだけに、さすがにホッとしました。

 しかし、やはり守備が良くなかった。リードされても気落ちせず、むしろより攻撃的になった横浜に縦の突破を許し、ディフェンスが競り負けたところで強力なミドルを打たれて同点。まさに引き戻された感じでした。並走して勝てないなら、走らせないように寄せておかないと。


National Stadium 最終的にカイオ、フランサ、エデルと相手ブラジル人が3人揃ったこともあり、流れを考えると非常に嫌でしたが、今度は石崎監督の“溜め”が奏功します。残り10分を切ったところで、クリアをそのままチャンスに出来るように、あるいはセットプレーにおける得点の可能性を上げるために速さと高さを併せ持つ上原を入れ、更に前線でボールをキープし、攻撃のリズムを変えられる岡本を投入。結果、岡本のドリブルが誘ったファウルから、砂川の物凄いフリーキックは相手キーパーのスーパーなパンチングで防がれたものの、再び砂川のコーナーキック、今度は上原がこれまた物凄く高い打点のヘディングで叩き込んで辛勝。


National Stadium 横浜にすれば、88分間、“跳べないジオゴ”の高さに慣らされていたのが災いしたかもしれません。もちろん、それ以前に決められる場面を幾つも外していたのが痛かったのですが…。ウチはこのラッキーな勝利に安心せず、休んだ後に、もう一度プレーを見直して欲しい。次は“負けない厚別”ですが、相手は攻撃力が恐ろしい鳥栖。向こうのサッカーにはまらないためにも、最初から圧倒し、鬼のようなプレスで戦意喪失させることが必要。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday’s J2 league game between Yokohama FC and Consadole Sapporo at National Stadium finally ended in 2-1 close victory for Sapporo. The game was for the home team Yokohama FC for a long time; Consadole had lost its hard pressing and the Brazilian ace Diogo had been stopped totally by Yokohama defenders’ tight block.

Still, Diogo got close to the goal step by step; in the second half, after missed 3 golden opportunities, Diogo dribbled almost from the center circle to wait for Uchimura’s running up the left side and sent him a beautiful pass that leaded the teammate to going ahead scoring in the 59th minute. Yokohama FC once pulled back the visitors to the game by the 78th minute’s Nozaki’s middle shot but Consadole’s two substitutes worked more for the last 5 minutes; Okamoto’s dribble drew Yokohama defender’s foul and Sapporo expanded it to Uehara’s latest sky high header to Sunakawa’s corner kick that decided the game.

Consadole managed to stay the 2nd place with this win before they meet 3rd placed Sagan Tosu at Atsubetsu Sports Park, the holly home pitch, two weeks later as another difficult match. Rest for the first and review their own play style might be necessary.


posted by MasaMaru(現地観戦) |00:25 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年10月01日

横浜赤レンガ オクトーバーフェスト 2011/Yokohama Akarenga Oktober Fest 2011

October Fest 2011


 今年もこの季節がやって来ました!「横浜オクトーバーフェスト2011」at 横浜赤レンガ倉庫です。初日は昨日、9月30日でしたが、早速行って来ましたよ(民族衣装のお姉さんはブログ掲載許可済み。ありがとうございました)!

The season has come this year too; “Yokohama Akarenga Oktober Fest 2011” just has opened since this Friday at Yokohama Red Brick Warehouse! There is no reason that Ms. N and I miss this fantastic drinking event. Saturday, we got there and tried some great tastes German beers with the happy lovely atmosphere. Das ist sehr gut!!


October Fest 2011 まだお昼ですが、人気のテント内は既に満席。屋外の席もほぼ満席。隙間を見つけて割りこませてもらう感じで場所を確保。盛況で何よりです。

 屋外席風景はこんな感じ。あいにくの曇り空、ちょっと肌寒い感じですが、皆さん、お構いなしに飲みまくりです。

The Cloudy gray sky and a little chilly wind never stop the visitors crowding; even out of tent, people enjoyed enough the festival. 


October Fest 2011


 テントの中はと言うと、既に尋常ではない盛り上がり。センターステージでの演奏が一曲終わる度に“Eins! Zweil! Drei! G’suffa! Prost!!(アインス!ツヴァイ!ドライ!ズッファ!プロースト!!)”の掛け声とともに盛大な乾杯が交わされます。席が近い人はもちろん、たまたま通りがかった人とも乾杯!

 みんな幸せそう~。

Under the tent, it was full of more people in the joyful excitement and lively voices selling beers and foods. On the center stage, nice live performance of German music was played and at the end of each number, “Ein Prosit Der Gemutlichkeit” the toast song came and loud voices calling “Eins! Zweil! Drei! G’suffa! Prost!!” went up.

It’s been warming up enough? No, already heat up!

This event lasts for 3 weeks from today, so let’s check it up and try those fine beers if you have any chances. Have a nice beer!


October Fest 2011SPATEN OKTOBER FEST BIER & BITBURGER PILSNER

 ここからは今回飲んだビールの紹介。まずはピルスナー2種。定番中の定番、「シュパーテン オクトーバーフェストビール」(手前)と「ビットブルガー ピルスナー」。同じピルスナーでもビットブルガーの方が、モルトの味が強いかな?

 シュパーテンは、今年はジョッキがマスと呼ばれる1リットルサイズのみで、中身をレギュラー(500ミリリットルなのかな?)で頼むと写真のように最初から飲みかけのごとき間抜けなことに。色々飲みたい人にはちょっと意地悪?複数名で行くならマスを買ってシェアが良いかも。


October Fest 2011SANKT GALLEN ORANGE WHEET

 N嬢の2杯目は、地元横浜は湘南の地ビールメーカー、サンクトガーレンから「オレンジウィート」を。ヴァイツェンにこれも地元産のオレンジ、湘南ゴールドを混ぜて発酵させたという会場限定ビールでしたが…。もともと甘いヴァイツェンにオレンジが入って、ちょっと甘過ぎかも。

 爽やかな香りはさすがですが、それなら素直にその名もズバリ「湘南ゴールド」(フルーツビール)を飲んだ方が良いような気もしました。


October Fest 2011FLENSBURGER PILSNER

 本日の私イチオシはこちら、「フレンスブルガー ピルスナー」。ドイツ最北端フレンスブルグから、横浜初上陸です。

 ピルスナーの割には、ホップの苦みが強くて飲み応えありと、宣伝の文句そのまま。エンブレムもお洒落。


October Fest 2011HACKER-PSCHORR HEFE

 N嬢の3杯目はまたしても白ビールで「ハッカープショール ヘフェヴァイスビア」。同じく横浜オクトーバーフェスト初登場。これもジョッキのデザインがなかなか。

 フルーティーな香りと口当たりの良さ、醗酵飲料を実感できるしっかりとした味わいが印象的。他の銘柄も試してみたくなる味です。

 実はこちらのブース、屋外の端っこに位置するためか、比較的空いていて、結構穴場かもです。次回は集中的に攻めるつもり。


October Fest 2011 散発的に、突如始まる一気飲み。誰かがやると別な場所で誰かが応える(笑)。周囲は拍手喝采で応援。

 楽しいです。でも、せっかくのおいしいビールがちょっともったいないような…。


October Fest 2011PAULANER WEISSSBIER & HOFBRAEU DUNKEL

 この日のN嬢は徹底してヴァイツェンで行くと決めたようで、デュンケルも「パウラナー デュンケル ヴァイツェン」(奥)。一方私は、冒頭のお姉さんのいたブースから、これもオクトーバーフェストの大定番「ホフブロイ デュンケル」。

 どちらもおいしいのですが、デュンケルの命、香ばしさと、キレとコクのバランスでホフブロイが上というのが、我が家の統一見解でした。


October Fest 2011ERDINGER WEISSE DUNKEL

 最後の一杯は二人でシェア。買って来たのはN嬢なので、結局ヴァイスビールですが、ドイツの小麦ビールの生産ではトップシェアを誇るエルディンガーの「ヴァイスビア デュンケル」です。

 ここまで来ると、正直、細かい味の違いは判らなくなって来ているのですが(笑)、こちらもショコラの香りとまろやかな口当たりが美味しかったです。

 今年は10月16日(日)まで、もちろん平日もぶっ続けで開催中です(ラストオーダー21:00)。ビールは全て購入時にデポジット料金(ジョッキ代)1000円込みの金額となりますから(飲み終わって返却する際に戻って来ます)、お財布には余裕を持たせて行くことをお勧めします。ちなみに昨年の様子をこちらこちらでupしてますので、良ろしければご覧下さい。

 では皆さん、Gute Nachat! 明日は国立参戦します。頑張れ、コンサドーレ札幌!


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:29 | Entertainment | コメント(2) |