コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年08月27日

第26節 岡山戦/VS Fagiano Okayama (Aug 26st, 2011 at Kanko Stutadium)

 昨夜は仕事で試合を観られませんでしたから、情報を入れないようにして今日の再放送を見ました。

 残念でしたねー。5連勝ともなると、やはりそう簡単にできるものではないか。ただ、負ける相手とも思えませんでしたが…。

 ジオゴを1トップにして、砂川を衛星に、両サイドの近藤、古田、サイドバックの高木までをフィニッシャーとした布陣は、相手の研究の裏をかく意味でもスピードのある内村を温存する意味でも面白かったと思うのですが、ジオゴの位置が高過ぎたうえ、常にマン・ツー・マン以上でマークされラストパスの供給源として機能せず、また、攻撃的な選手がパスを受ける動きを優先したため前線からのプレスが甘く、中央から簡単に攻められ過ぎていたような気がしました。

 それでも宮澤、河合、山下が効いているゴール前は厚さと堅さを見せていましたし、前半を0-0で折り返した後も、あのまま我慢していれば、そのうちこちらにチャンスが生まれそうな雰囲気はあったのですが。

 後半開始直後、明らかに札幌の時間帯に、何度か続けて惜しいオフサイドを取られて流れを逃したのが痛かった。監督も言っていたスリッピーな芝の難しさに加え(言いたくても言わなかったのでしょうが)連戦の疲れもあったかもしれません。先制されたシーンはちょっと集中力が切れたかなといった印象でした。これまで何度も突破を許した選手を警戒し過ぎ、交代で入ったばかりの元気な選手をフリーにしてしまいました。あのスペースは、グダグダになっても崩されない今季のウチの守備からはあまり考えられないものだっただけに、余計悔しい。

 それでもまだまだチャンスはあったのですが、残念ながら、最後の最後で得点のためのアイデアに欠けました。また、こちらの交代選手はあまり機能しなかった。内村は縦へのスピードを活かせず、上原にしても横野にしても、出された意図に沿う働きが出来たとは思えません。特に上原、放り込んで来る味方のボールに対して効果的な位置に動けていなかったような気がします。

 でもまあ、負け惜しみ半分で言えば、ここで負けたのは不幸中の幸いだったかもしれません。ジオゴ加入後、ちょっと“あやしい”勝ちもあったので、一度足下を見直すと言うか、高い位置からのプレス→奪ってサイドからの上がり→少人数で細かいパスを回して更に相手陣内へという、強い勝ち方が出来た時のサッカーを取り戻して欲しい気がします。まずは休んで、練習し直して、次の水戸戦もまたアウェーですが、再スタートを切って欲しいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Wednesday night, Kanko Stadium in Okayama, on the beautiful green away pitch wet by the hard rain that had just stopped, Consadole Sapporo failed in extending its winning streak to 5; the game finally ended in 1-0 for the home team Fagiano Okayama with substitute Kishida’s scoring in the 66th minute.

Slippery difficult pitch rather worked for Fagiano and it was sure that Consadole players had been tired from previous 3 games in tight schedule. Ishizaki might have expected from his super Brazilian newcomer forward Diogo that he would hold the ball in the front of the team and supply it to many finishers such as Sunakawa, Kondo, Furuta and Takaki, but he had been marked too tight whole 90 minutes. 

This day’s Okayama had studied the rival really well and kept playing aggressively with confidence, whereas Sapporo, they lacked usual hard pressing, quick short passes, creativity and even luck. After missing some good chances by close offside, they allowed Fagiano to go ahead with Kishida’s header from carelessness. Right after that Ishizaki sent Uchimura who he had saved as a counterplot against Kageyama’s study but it was not enough to change the situation after all. The other substitutes Uehara and Yokono did not work too.

However, there is no need to get disappointed too much; it rather can be a good opportunity to look back their playing style that they had stuck this season before caring joining the promotion race now. First they should take a rest and prepare next away game in Mito. Face up, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:46 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年08月21日

第25節 京都戦/VS Kyoto Sanga F.C. (Aug 21st, 2011 at Hakodate Chiyogadai Athretic Sutadium)

 水曜日の圧倒的かつ完璧な復讐劇―ドームで千葉を4-0で下したゲームの興奮も冷めやらぬまま迎えた函館での京都戦、ホームの割には相性が良くないスタディアム、宮澤を警告累積で、芳賀に加え高木まで負傷で欠くという不安もありましたが、終わってみれば2-1で4連勝、ほぼ1週間で3試合という過酷な日程も見事全勝で乗り切りました。天晴。

 とは言え、中盤の要を欠き、連戦の疲れも隠せない中、人数とスピードで押して来る京都の攻撃に良いように引っ掻きまわされたあげく先制を許した前半は、正直、今日は辛いかもと思いました。その攻撃を牽引する10代の3人がまた、噂に違わぬ運動量とアイデアの持ち主で、何度ヒヤヒヤさせられたことか。一方、こちらの攻撃に関しては、前の試合で自分達がやったように、スカウティングからジオゴを経由する攻撃を封じられ、決め手を欠く状態が長く続きました。

 しかし、そんなチームを救ったのが、見事J初ゴールを決めた当のジオゴでした。個人技でボールをキープ、相手のクリアミスと一瞬の守備の油断を突いて、綺麗にゴール隅に落としたミドルシュートと、丹頂鶴の舞い(?)は、チームとスタンドのファンを一気に活性化、20分後には砂川の素晴らしいインターセプトから(疲れていてドリブルで上がれなかったのがかえって良かったか?)長いパスに力強く走り込んだ近藤が冷静に流し込んで逆転に成功。あとは今季お家芸となりつつある“ぐだぐだになりつつ負けない”守備で逃げ切り、なんと4連勝、上位の尻尾をがっちり握って離しませんでした。お見事。

 持ち前の高い位置でのプレスも、数人でボールを交換しながらの攻め上がりも今日は見られませんでしたが、それでも結果を残したのは大きい。前半に怪我をした鼻をハーフタイムに縫ってフル出場を果たしたジオゴや、ここ数試合特に攻守にわたって広い視野と高い技術を見せつけている砂川、身体能力以上に得点への意欲とガッツでチームを助けている近藤らが素晴らしいのは言うまでもないことですが、個人的には今日は日高と岩沼をM.O.M.に押したい。

 日高はテクニックとセンスが光りながらも少々プレーが軽いような印象があったのですが、今日はしつこくタフに守っていて、攻撃の起点ともなっていました。岩沼も途中でポジションが変わりましたが上手く適応し、特に後半は精力的に前後に動いて要所要所で危機を潰し、ボールを前に運んでいました。こういうチーム状況が厳しい時に活躍が光る選手がいるというのはありがたい。これで一息つけます(もっとも、次節またウチだけ金曜日ですけど…。試合観られないじゃん…)。

 前の試合の千葉もそうでしたが、今日の京都も良いチームです。ウチのとは似て非なるものですが、あのパスサッカーは面白いし、脅威です。この1勝、後々大きかったということにもなり得ますよ。何はともあれ、良くやったコンサドーレ!次も頑張れ!

Sunday, for the annual home game in Hakodate, Consadole Sapporo met Kyoto Sanga F.C. at Chiyogadai Athletic Stadium having over 6,000 Consadole fans with their great anticipation for this game from the previous perfect 4-0 victory at Sapporo Dome against one of the league leader Jef United Chiba Ichihara.

Too much expectation could be heavy pressure; Sapporo allowed the visitors to go ahead in the 13th minute. Kyoto players moved really well to stir Sapporo’s area; they always worked more aggressive and quicker than the home team and the refrain of rapid attacks with changing many short passes kept threatening Lee Ho Seung’s goal. For Consadole that had been in the hard schedule of 3 games 1 week and playing without Miyazawa by his suspension and Haga and Takaki because of injured, it even seemed to be impossible to stop it.

However, the impulse of rising team in the 3 games winning streak finally exceeded it. Once the 47th minute’s Diogo’s beautiful middle shot equalized the game, his very first scoring in J league and the celebrating dance looked like a flying crane wormed up the team. 20 minutes later, Sunakawa’s intercept and long shotgun pass draw Kondo’s energetic hard running to turn it over.

Usual Consadole’s playing style: hard pressing from the front line and changing short passes on a small attacking group did not work well this day; rather it was of the opponents, but with some players worked tougher and more careful than usual such as Hidaka and Iwanuma, at least they stacked another winning in the end. How handle the hard time like this is actually really important to hang up the league. This could be a big match for Consadole Sapporo when they finished the season. Well done!

posted by MasaMaru |18:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年08月14日

第24節 富山戦/VS Kataller Toyama (Aug 14th, 2011 at Toyama Athretic Recreation Park Sutadium)

 新加入のジオゴは練習で相当良かったのでしょう。先発の布陣からして、石崎監督の攻撃への色気が溢れていました。2列目に攻撃的な選手を4人並べ、両サイドバックには前を追い抜かせる気まんまんで岩沼と日高(笑)。

 監督だけではありません。スローイングでもクロスでも第一の選択肢は常にジオゴだったところを見ると、チームメイトからの信頼も既に厚いようです。ただ、それゆえにチームのサッカーが少し変わってしまったようだったのが気になります。先制された場面も、攻めに意識が向いている分、いつもの前からのプレスがかからず、カウンターを許してのもの。まあ、あの失点自体は、ホスンが飛び出さなければ相手が勝手にふかしてゴールキックになっていた気はしますが…。

 しかし、ジオゴは実際いいです。シュートも得点もなかったものの、まず、パスが上手い(それくらいは当たり前なのかもしれませんが、今季最初からいたブラジル3人はそのレベルから見せられていませんでしたので…)。前半の内に同点にできたオウンゴールのシーンも、ジオゴの存在感が相手のクリアミスを誘ってのこと。今日は直接点に絡む活躍はなかったものの、いきなり90分プレーしたことも併せ、今後に期待できそうです。

 全体を通して見た時に、富山の方が良いサッカーをしていたのも富山の時間が長かったのも明らか。個人的に今日のM.O.M.である河合を中心に最後の最後で何とか凌いではいましたが、ボランチの宮澤があの位置から上がれず、砂川をあそこまで抑えられては、主導権を握るのは難しい。

 ところが、嬉しいことに芳賀が帰って来ました。これで宮澤が一列前に上がったことで終了間際の得点が生まれたわけですし。ジオゴのスルーパスから日高の折り返し、ディフェンダー2人に挟まれながらの宮澤のダイビングヘッドと、またしても結果的に監督の采配が奏功した形で逆転勝利。下位相手と言えばそれまでなのですが、戦力が整えばそうは負けないチームであることを実証しました。

 もっとも、それが千葉に通用するかと言うと、正直微妙。前を追い抜く動き自体は歓迎ですが、しっかり守れずに攻撃力のある相手を跳ね返すのは容易ではない。プレスとポゼッションという、ここまでこだわって来たことを大事にするべきだと思います。今日の富山は無駄に走って勝手に疲れてくれた部分もありましたが、千葉はそういうこともないでしょう。日程が詰まっている分、体力的にも不利になります。堅実な試合運びから一刺しで勝負を決める方が現実的なのではないでしょうか。

 ここで勝てば上位も見えて来ますが、負ければ良い流れが途絶えてしまう。どちらが大事かは難しいところですが、まずは自分達のサッカーをやって欲しい。頑張れ、コンサドーレ札幌!!

Sunday’s J league game between 19th placed Kataller Toyama and 6th placed Consadole Sapporo at Toyama Athletic Recreation Park Stadium ended in 2-1 victory for Sapporo. Toyama succeeded in going ahead with ex-national team player Kurobe’s scoring in the 10th place from the fine counter attack but they equalized it themselves by 19th minute’s own goal. 

Still, the game was always for the home team; Consadole with new Brazilian striker Diogo focused on offence too much and missed organized, usual hard press was not there. Diogo actually worked well; he was enough skillful and feared Toyama’s players enough. Toyama’s own goal was clearly drawn because they cared him too much. Once he fit the team more, he can work more as a target in the front and also a scorer. Sapporo can benefit from him more from now.

But who really saved this day’s Consadole was Kawai or Yamashita. They kept blocking Kataller’s attack in the last moment. It was unfortunate for Toyama that their aggressive playing worked for the visitors too; both team tired as same, and when Ishizaki moved his most talented player Miyazawa from defensive anchor to forward they were not able to care him. Miyazawa’s latest header scoring to Hidaka’s cross from Diogo’s through pass decided it.

Although Sappro managed to win this time, it never made them (and the fans) confident; it might not work for next much at Sapporo Dome against Chiba, however, also there was good news at least, Haga appeared. This hardest worker’s coming back from injured this time allowed Miyazawa to go offence and must help team many times from now. 


It is difficult how play for next big game but the most important thing is keeping their play style; hard pressing and using short passes. It might connect to better games for the rest of the league. Believe in yourselves. Go, Consadole Sapporo! 

posted by MasaMaru |22:16 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年08月07日

ハワイアンイベント Ukulele Picnic 2011

Ukulele Picnic 2011


 今日は横浜赤レンガで行われていたこちらのイベント「Ukulele Picnic 2011」へ行ってまいりました。なんだか今年は特にハワイアンのイベントが多いような気がします。楽しくて結構ですが。

 その名が示すとおり、そもそもはウクレレを愛する人たちのイベントのようです。ステージも基本はウクレレ。

 プロから発表会レベルまで幅広い演奏を聴きましたが、まったりした雰囲気は共通。いいですねー、ウクレレ。音質とか、音量とかが、押しつけがましくない点が何よりいい。


Ukulele Picnic 2011 ウクレレを販売しているブースも、幾つもありました。まあ、デザインや大きさが意外と多様なんだなと思ったくらいで、見ても良く解らないのですが(写真のものはパイナップルがギリギリ技有りで)。
 
 ワークショップや体験レッスンのようなものもやっていましたが、やはり、どちらかと言うと興味が向くのは


Ukulele Picnic 2011 デザインも値段も素敵なアロハであったり(実に掘り出し物をget)、


Ukulele Picnic 2011 ハワイアンなビールとフードであったり。


Ukulele Picnic 2011 ギラギラの太陽の下、まったりした音楽を聴きながら、それらを満喫、体に熱を溜め込んで帰って来ました。今もまだ体温が下がらなくて大変。

 でも楽しかったですよー。天気が良くて良かった。


Ukulele Picnic 2011 こんな空気の中、毎日ゆったり暮らしていたら、確かに人間余計なことを考えたりやったりしなくなるかも。人間が、ただ生きて行く以上に不必要なことを少しでもしない、地球を長持ちさせるためにはそれが一番なのは間違いないわけで。

 そうそう、今回、協賛のオンラインショップ「HALEIWA」のモデルさんたちを別にしても、ブースの売り子さんたちの美女率が高かったことも特筆しておきます。

 毎年のイベントのようですから、ハワイ好き、ウクレレ好きでご存じなかった方は、是非チェックしてみて下さい。


Ukulele Picnic 2011 ちなみにこちらは赤レンガ横に出現した水上コテージ風空間「RED BRICK RESORT」。


Ukulele Picnic 2011 奥にはこんな感じのバーもあります。8月28日までですので、機会のある方は是非どうぞ。

 途中100人でウクレレ大合奏があったりして(下の写真)。でもやっぱりほんわかまったりでした(笑)。


Ukulele Picnic 2011Sunday Ms. N and I went to Hawaiian summer music event Ukulele Picnic 2011 that had been held at Yokohama Red Brick Warehouse for this weekend. We totally enjoyed the moderate peaceful sounds of Ukulele, Hawaiian beers and foods, and even shopping a nice aloha shirt with a good price. Under the hot summer blue sky, everything made us feel the happy atmosphere from the island of eternal summer. It was so nice.

I read this is an annual event originally for Ukulele fans. Visitors also can learn playing the instrument and buy own one.

Yokohama Red Brick Warehouse where in the 100th anniversary now has a special water side space looks like a cottage of south island resort. There is a bar too so check it out before it closes on August 28.


posted by MasaMaru (横浜在住) |20:11 | Entertainment | コメント(0) |