コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年06月26日

第18節 富山戦/VS Kataller Toyama (Jun 26th, 2011 at Sapporo Dome)

 前節大敗の雪辱に燃え、最初からガツガツと集中力も保って攻め立てて来る富山相手に、押される時間が長い試合でしたが、負けなかったのはひとつ良い点ではないかと。それくらい富山の勢いは凄かった。

 ただ、札幌の戦い方も悪くなかったと思います。必ず奪い必ず攻め切ることを前提にボールサイドに人を集める、非常にロマンを感じさせる富山のサッカー相手に、打ち合えばそれはそれで男らしかった(?)のかもしれませんが、それではやられる可能性も高くなる。自分達のサッカーは通用していると相手に思わせることで走らせ続け、かつ、得点はさせず、疲れて動きが落ちるのを待つ…という戦術は間違ってはいなかった。現に相手は終盤疲れて脚が止まり、こちらが使えるスペースは格段に増えていました。後は確実にそこを突けてさえいれば、問題はなかったのですが…。

 前半、右サイドで砂川、日高、三上でやろうとしていたこと(三上がもう少しボールを収められるか視野が広ければ良かったのですが)、後半は左サイドから、特に相手の動きが落ちたことで生まれたスペースを活かして岩沼、砂川、岡本(途中出場)で挑んでいたことが、得点まで行くようだと、石崎札幌の真骨頂ということになるのだと思うのですが。特に72分、相手陣内で細かいパスを繋いで最後は岩沼のクロスから横野のヘッドまで行った場面と、75分、岡本のドリブルから追い越す砂川へ繋いでグラウンダーのクロスに横野が飛び込んだ場面は素晴らしかったです(あそこまで行ったら入るか入らないかは運もあります)。

 個人で見ると、今日はアンカーに入った宮澤が良かったです。前半は勢いと運動量で、後半は意地で押し寄せる富山の攻撃に、誰よりも落ち着いてクレバーに対応していたように思います。カットとクリアーのタイミングと判断、きっちりやり切る技術は、後半、皆が疲れた時間帯も持続、冷静に危機を潰してくれました。攻撃では砂川、守備では宮澤が中心になってチャンスを作り、後は近藤や三上、横野(あるいは古田)と言ったフィニッシャーがそのチャンスをどれだけものにできるかが、しばらくは勝敗の鍵を握るかもしれません。

 評価が難しいのが、ブルーノ。相変わらず、球際に弱い(と言うか当たりに行かない)、何となくプレーが軽いという印象ですが、決して悪いとも思えない。球離れの早さはリズムの変化になりますし、パスコースの選択自体は上手いと感じます。奪い合いの時に接触が少なければ、(ウチの天敵とも言える)怪我のリスクも少ないでしょうし…。これはアンドレジーニョにも通ずることですが、彼ら(ブラジル人)の技術やセンスを最大限に活かすのか、あくまでもチームとして機能してもらいたいのか、監督の優先順位次第の部分もあると思います。

 次がアウェーで首位栃木戦であることを考えると、正直勝っておきたかったところですが、踏み止まったと言っていいと思います。ここで修正して、次勝った方が大きいとも言える(難しそうですけれど…)。相手はしっかり守ってきっちり取る、J2では最も強いタイプのチームですが、堅守という点ではウチだって負けていません、ここまでの失点数は栃木も札幌も同じ9。今日と同じ、無失点なら、少なくとも負けはない。そうなると、問題は攻撃陣がどこまでやれるかですが、開幕以来の内村の復活など、期待が持てる材料もあります。次節、恐れるものは何もない試合です。頑張れ、コンサドーレ札幌!

For a Sunday J2 league game between Consadole Sapporo and Kataller Toyama at Sapporo Dome, no goal finally appeared; it was draw by 0-0.

The game was almost for Toyama; aiming to overcome the big defeat of previous game, they playing aggressively and amazingly hard keeping concentration strong, good quick at switching offence and defence, and always it was well organized.

Sapporo also defended well. Especially, Miyazawa who had played in the center of the pitch for this game was excellent; he cut and stopped Toyama’s fast attack many times with his sharp eye and skillful playing before they threatens Lee Ho Seung’s goal as he had been supposed to. In the first half, from their left side, and the second half, from their right side, Consadole players sometimes tried to break the visitor’s defence; the most skilful experienced midfielder Sunakawa built and leaded them as usual. A substitute Okamoto boosted it up with his dribble and in the 75th minute it almost came to Yokono’s 2 games straight scoring that would have been expected by over 10,000 home team fans there (It actually was so close).

Kataller eleven’s slow down and tiring for the last 15 minutes might have been a part of Consadole’s plan; they could lead rivals there, still, they failed in picking the rock over all. However, drawing is almost always better than losing game and there were some good news such as Uchimura’s back and some players keeping in good condition before the next game against the league leader Tochigi FC. Keep confidence. Go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:32 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年06月19日

第17節 岐阜戦/VS FC Gifu (Jun 19th, 2011 at Gifu Memorial Park Nagaragawa Stadium)

 開始わずか1分かそこらでゲームを動かしたのは、久々の日高の思い切りの良い上がりと正確なクロス、そして一度はポストを叩いた自らのヘディングシュートに素早く詰めた宮澤の先制点でした。

 今節宮澤は、その技術とセンスをピッチのいたるところで惜しみなく発揮し、攻守にわたり大活躍。その後は直接点に絡むことこそなかったですが、攻撃ではボールを収めて攻撃の起点となり、時にはサイドを上がり、守ってはスペースを埋め、危機を摘み、時にはファウルを誘って流れを断ち…と、実に素晴らしかったです。まさにキープレイヤーでした。

 次の得点が、相手のキーパーがボールの処理を誤ったオウンゴールだったのも幸運でした。余裕が出来たことにより、両サイドへパスを展開する、いつもよりフィールドを広く使って押し上げるサッカーが可能に。岐阜が対応しきれない中、39分には相手守備のクリアミスを突いた横野のJ初ゴールで更にリードを広げ、前半でほとんどゲームを決めたかにすら思えたほど。

 しかし両チームにとって厄介だった、濡れて滑る芝が、少々ゲームを盛り上げます。後半、守備で疲れた高木に替って入ったルーキーの櫛引が、ペナルティエリア内のファーストプレーでまさかのハンド、74分、PKから失点。札幌の選手は目に見えて運動量が落ちていましたし、ここで勢いづかれると嫌だなあと思ったのですが…。

 結果的には逃げ切りに成功。ここで光ったのが、砂川や河合といった、経験のある選手の巧さ。押し込まれる場面が増え、いつの間にかシュート数は逆転され、ほぼ全選手がゴール前に張り付けられる時間帯もありましたが、囲んだり切ったり倒れたり(?)で、最後の最後で失点だけは防ぎ、時間も上手く使って逃げ切りました。今季、こういう守備の形になると、むしろ強いような気がします。試合後の印象はあまり良くないのですけれど…。

 一方、岐阜はせっかくのチャンスに攻撃の選手が孤立したり仕上げが雑になったりと、(ウチも他人のことは言えませんが)ここまで苦労している理由が判るような気がしました。それでも全体で攻撃するサッカーを指向している点は何となく応援したくなりますが…。ともかく、動き回って背後にスペースを作ってくれたので、今日のウチにとっては相性の上でやりやすい相手だったかもしれません。

 これで再び星を5分に戻し、順位も上げ、大混戦のJ2で望みを繋ぎました。近藤、上原、砂川、横野の、縦への推進力が面白いので、次もこのメンツで行くのもひとつの手かもしれません。まだまだ可能性はありますよ。頑張れ、コンサドーレ札幌!

A Sunday J2 league game between FC Gifu and Consadole Sapporo at Gifu Memorial Park Nagaragawa Stadium, it moved without spending even a minute; Consadole went ahead by its right side back Hikdaka’s long running and accurate cross and Miyazawa’s scoring that he sent the reflection of his header from the post to Muroto’s goal. This day’s Miyazawa was really well; tried hard and worked cleverly all over the place with his skill and sharp eyes as a key player. Two experienced players Kawai and Sunakawa were also excellent.

It was fortunate for the visitors that they expanded the lead by Gifu’s own goal: Muroto’s mishandling in the 34th minute. It made them confident to use the field widely, and then Yokono’s 39th minute’s very first scoring in the league taking advantage of a clearance miss of Gifu’s defenders happened to almost decide the game.

The wet slippery pitch made it difficult for both teams; in the 74th minute, it also drew Sapporo’s rookie defender Kushibki’s handball in his first play as a substitute and the first goal for the home team from the penalty kick. Once it seemed to bring the second wind for Gifu because all Sapporo’s players had obviously slowed down at that time, however, Gifu’s attacks were totally careless and always got isolated at the last moment. Sapporo finally kept the lead and succeeded in stepping up to the 10th place again, whereas Gifu stayed bottom of the league.

posted by MasaMaru |23:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年06月16日

我が家のシシトウ/Sisitou grown

sisitou 4月に紹介した我が家のシシトウが順調に育ち、遂に実を付け始めました。

 そのままにして眺めていたくもなるのですが、“あまり大きくならないうちに収穫して下さい”と何処かに書いてあった気がしたので、幾つかは収穫(味見はまだ)。


sisitou 今たくさん咲いている花が全部実になるなら…結構楽しめそうです。

Our two pods of Sisitou (Green Pepper) have grown enough and now many flowers are there. We already got some early fruits; it seems that good harvest is expected! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |07:50 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年06月12日

第16節 横浜戦/VS Yokohama FC (Jun 12th, 2011 at Muroran Irie Sports Park Stadium)

 芳賀の欠場、ホーム4連勝への重圧と、応援というよりは祈るような気持ちで観ていましたが…。予想どおりの厳しいゲームになってしまいました。今季なかなか調子の上がらない横浜FC相手に、0-2で完敗。

 宮澤と岩沼のボランチ、本来岩沼が入る左サイドには上原という布陣は悪くなかったと思います。と言うか、宮澤の視野と身体能力を守備に使うしかなかったでしょう。プレスの意識と攻守の切り替えが少々弱いブルーノを前に持って行ったのもアイデアとして良かったと思います。アンドレジーニョは足下が巧いので、トップでボールを収めさせて勝負はサイドからという狙いは納得できたし、実際、左は近藤と上原、右は古田と高木の、縦へのポジションチェンジから、良い形が作れていました。21分、近藤が相手選手3人を引き連れてドリブル、ペナルティエリアの手前でファウルを受け、フリーキックを自ら蹴って外した場面と、43分、高木→アンドレジーニョ→高木のワンツーでコーナー・キックまで持って行ったシーンは惜しかった。

 ただ、風上だったこともあり、ここで先に点を取っておきたかったというのが正直なところ。むしろ、あそこで取れないと今の札幌が勝つのは難しいと思います。残念だったのは後半、勝負を急いだか、宮澤をFWの位置に持って行き、ブルーノをボランチに下げてしまったこと。攻めても点が入らない状況を打開したかったのだと思いますが…。

 結果的にはこれが凶と出ました。中盤に隙が生まれ、ゲームを組み立てる場所を失い、得点どころかチャンス自体が減り、押し込まれる回数が増え、バタバタする場面が多くなり、ミスを連発…と完全な悪循環。58分、アンドレジーニョを砂川に変えることで流れを引き戻そうとするも、守備が劣化している中での攻撃的な策はなかなか機能せず、反対に相手の元気な交代選手、西田に68分、ドリブルから思い切り良く打たれて失点。

 あの場面、最後の最後で河合が飛び込んで来て脚を投げだすまで、誰も彼に付いてないんですね。あれではやられてしまいます。76分のカイオのスーパービューティフルなシュートも、あれは打たれた後では止められないでしょう(ホスンは今日2失点ですが、前半は3つくらいファインセーブでチームを救っていますし、彼を攻めるわけにはいかない)。打つ前に誰も寄せていない。ここまで出来ていた粘り強い守りが、今日は途中から出来なくなってしまった。リードされてから宮澤を後ろに戻しましたが、時既に遅し。

 結局、多くを求めて自分達のリズムといつものスタイルを崩し、自滅したように思います。今の札幌はとにかく点を入れられない。それは判りきっているのだから、焦ることなかったのではないでしょうか。とにかく高い位置からプレス、攻め切れなかったら守備にもどり、奪ったらサイドから運んでショートパスで崩す、後半もそれで行けるところまで行って、それから砂川投入、チアゴ投入でも良かったかもしれません。もちろん、全ては結果論ですが…。石崎監督も今の状況に相当焦りを感じているのでしょう。

 しかし、年に一度の室蘭開催で、期待して集まったファンの前で、シュートたった2本で負けてしまったのは痛過ぎる。最大の見どころが相手の選手―経験と技術が光りまくるカズのプレーでは…さすがに寂しい。

 それでも、これで変に凹むことなく次からまた巻き返しを図ってもらいたい。共に闘おう!頑張れ、コンサドーレ札幌!

Fail in winning an annual event match in Muroran Irie Sports Park Stadium, fail in three straight victories, fail in expanding the home game winning streaks to four and the score of 0-2 with only 2 shots… Each was enough to depress more than 7,000 Consadole fans there that expected 10th placed Sapporo beat 18th placed Yokohama FC this Sunday. Seeing Yokohama’s greatest star player Kazu as known as King even could not relieved them.


For Sapporo, it was too unfortunate that its most important key player on the center midfield had put his name in injuries list since last game. Without Haga and his limitless hard work, any game never could be easy for them especially on the defence.

Ishizaki replaced Haga with Miyazawa, another center player and hopeful young talent of Sapporo, and arranged Iwanuma who usually plays on the left side back next to him. For Iwanuma’s position, the tallest forward Uehara played as a defender with his physical strength. Actually it worked, not bad at least. And about the offence, Kondo’s dribble was energetic and strong this time too; he also matched Uehara coming from behind him when they attacked. Furuta and Takaki showed some good tries.

The thing made Ishizaki nervous to switch his mind was two Brazilians playing in the front, Andrezinho and Bluno. After the first 45 minute without scoring, he worried about their poor finish and changed Miyazawa to Bluno and finally this was a fatal mistake. His players lost the point where they start to build the game and it gave the loose space to visitors instead; they totally got poor defence too. Sending a reliable experienced substitute Sunakawa to spice up the mood did not work in the team working wrong; it was early to run out but the press already stopped and they made too many mistakes in pass just carelessly. Boosted up Yokohama took advantage of this. Once they went ahead in the 68th minute from fresh substitute Nishida’s simple but nice dribble, Brazilian striker Kaio’s 76th minute’s beautiful canon middle shot decided the game.

Miyazawa played in the center again in the end but it was too late. If the first score were for the home team, result could be deferent; maybe they should have made it. And even though it could not be made, they should not have changed their play style; defend patiently and tight until find good chance to pick the side of the pitch and built attacking with short quick passes. Get over this defeat and play with confidence next time and win. Never give up, Consadole Sapporo! 

posted by MasaMaru |18:28 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2011年06月07日

Summer Sight

Summer Sight 週末、札幌の実家からアスパラが届きました。

 夏だなあと感じます。


Summer Sight 早速、浅漬けが夜のつまみとして登場。翌日の朝食はこんな感じ。おいしくいただいております。

 下は、N嬢が今年漬ける梅酒用の梅。梅雨時には嬉しい涼やかな風景。

 夏が来ます。


Summer SightMy mother in Sapporo sent us asparagus as a happy annual event.

Ms. N is preparing for this year’s Ume liqueur.

I can feel the summer approaching behind the rainy season.


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:05 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年06月04日

第15節 大分戦/VS Oita Trinita (Jun 4th, 2011 at Oita Bank Dome)

 J最南端と最北端のチームの対決は、0-1で札幌の勝利。北に軍配が上がりました。アウェイ勝利は今季初!連勝はもちろん初…どころか、前回が思い出せないほど。長かった…。

 今日の逃げ切りも、全体を通して見ると“何とか勝った”ということになってしまうのだろうとは思うのですが、それでも前半は素晴らしかったです。12分、宮澤の背中越しの美しい繋ぎから、アンドレジーニョのシンプルな、しかしこれも“そこしかない”というところへの卒ないパスを受けた左サイドの近藤が、前節に続き得点への強い意志を感じさせる強烈なミドルをキーパーの脇の下へと刺し込んで先制。その後も全員がピッチ上の全ての場所でプレスを掛けまくり、大分を圧倒していました。

 中でもキレていたのは宮澤。とにかく足下の技術とパスコース選びのセンスが光っていました。前では攻撃の起点として、戻ってはワンボランチの芳賀を助け、攻守にわたって活躍。攻撃では古田も良かった。右サイドバックに入った高木との相性も良かったのか、この二人のパス交換から何度かチャンスを作っていました。特に9分と19分のプレーは惜しかった。また21分にはアンドレも絡んで、3人で短いパスを回しながらゴールエリアまで侵入。今日は久々に石崎パスサッカーが楽しめたゲームでもありました。

 反対に少し残念だったのがワントップで孤立気味だった三上。宮澤にポジションを譲った前節、その宮澤との比較でボールをキープする力がやや物足りないことが明らかになりましたが、今日はボールを引き出す動きも今ひとつだったように思います。いつもよりも長くプレーしたアンドレジーニョも、文句なしに上手いのですが、周囲との連携はもう一息といった感じ。もっとも、これについては彼がどうこう言うよりは、彼の視野やアイデアに、周りの選手が着いて来られていないだけのような気もして来ましたが…。

 連携と言えば素晴らしかったのは守備。中盤も含めて、まずパスの出し手にプレス、パスコースを限定してカットという動きが徹底されていました。集中力も高く、特に前半最後の10分、攻め込まれて決定的なシュートを打たれるなど(ホスン、ナイス・セーブ!)、ちょっと嫌な雰囲気はあったのですが、きっちりと凌ぎ切りました。

 一方、後半はさすがに脚が止まり、60分も過ぎるとプレスもかからなくなります。相手が早い時間帯でフレッシュな選手を入れて来たこともあり、押される時間も増えましたが、最終的には組織的かつ体を張ったプレーで、何とか守り切りました(63分、左サイドから折り返された時は万事休すと思いましたが…。宮澤、良くやってくれた)。あの芳賀が途中で下がったくらいですから、どれだけハードな試合だったか判ろうと言うものです(替って入った上原の出場は、これまた今季初)。

 今日の大分は、良くない時のウチのようでしたね。気持ちは前に行っていても、思うような組み立てはできず、ミスで自滅する場面が目立ちました。後半、こちらが疲れたことで相対的に盛り返しましたが、砂川が入って要所要所で流れを切ったこともあり、追い付くには至りませんでした。

 実際そんな相手に助けられた部分が多いと言っても、とにかく勝てて良かった。相手によっては自分達のサッカーを展開することができると判ったのも良かったです。毎回これが出来ないまでも、大崩れしないことが大事。次節は室蘭で横浜FC戦、連勝を3に、ホームでの負けなしを4に伸ばして今度こそ波に乗りたい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

How long it had been waited for. The northernmost J league team Consadole Sapporo won two games in a row by 0-1 victory against the southernmost one Oita Trinita at Saturday’s Oita Bank Dome. It was first time for Sapporo to win on the away pitch this season and when they won two games straight before was a year and three months long ago!

Consadole players’ hard work with their strong will was far ahead of Torinita’s one. Especially, once they went ahead with Kondo’s powerful middle shot that slipped in Shimizu’s side to net in the 12th minute created from quick-sharp-pass-connecting between Miyazawa, Andrezinho and Kondo, their tight pressing almost perfectly kept overwhelming the home team. They blocked and cut Oita’s attack from the hard press and organized positioning and turned it to fast offence using players in both side such as Furuta, Takaki and Kondo.

This game’s only one scorer Kondo undoubtedly deserved to have Man of the Match; still, Miyazawa could be another one. His skill and eye to find the best point to send passes were super remarkable this day. He also worked very well for defence for the game; the 63rd minutes clearance really saved the team that almost ran out of gas because of too much hard work of the first half. Furuta and Takaki were also good. Furuta tried well again and again to go forward and Takaki helped it as a boost upper from right side back. Andrezinho could match the team more; his skill and sense of Brazilian is still going ahead the teammates. When he got used to the surrounding to use his companies, the team will get better. 

Finally it became too tough game for Sapporo to keep only one goal lead; however, they managed to success it in exhaustion also taking advantage of Oita’s poor finish. The thing is keeping this play style and trying more. Sticking that aggressive soccer is clearly difficult but now it starts to work, there is no need to through it away. Next Sunday’s home game in Muroran is an annual event for the fan there. Victory expanding the winning streak is expected. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |21:30 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |