コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年05月29日

第14節 岡山戦/VS Fagiano Okayama (May 29st, 2011 at Atsubetsu Sports Park Stadium)

 今季の厚別初戦を勝利で飾り、これでホームは3連勝。

 アンドレジーニョ、ブルーノ、宮澤へと顔ぶれを変えた前線は、ボールの収まりも良く、推進力もあり、40分、近藤の力強い突破からの難しいミドルシュートで先制するに至っては(今日の近藤は攻守にわたって大活躍、文句なしのM.O.Mでしょう)、チームに刺激を与え活性化させるうえでも成功だったかと思わせたものの…。

 後半開始早々のあっさりした失点により、ボランチ芳賀より前の選手の意思疎通と連携面での不安を露呈、加えて前線からのプレスの甘さと、守備から攻撃への切り替えが今ひとつ遅いこともあって、次第に接戦に持ち込まれましたが、相手のチアゴとストヤノフというキープレーヤーを上手く抑えられたこともあって、最後はいつものホットライン、砂川からチアゴへのクロスで岡山のオウンゴールを誘い、結果的には監督の采配が的中した形で勝利。

 アンドレジーニョはかなりJ2のサッカーに慣れて来たように感じましたが、こうして見ると、ブルーノが使われていなかった理由がなんとなく解ります。

 どこかのんびりしているというか、判断も、ひとつのプレーから次のプレーへの移行も、ちょっと周りより遅い気がしました。全体で細かくパスを回して相手を崩すサッカーがやりたい監督としては使いづらいのかも。前からの守備が少々物足りないのも、相手によっては攻め込まれてボコボコにされる可能性も低くないウチとしてはややコワい。それでも足下は上手だし、長いパスは速くて正確。もっともっとチームに馴染んで、出場機会を増やして欲しいものです。

 荒っぽいゲームとなる雰囲気があったのか、カードが多く出され、ブルーノも2枚のイエローカードで退場、次節はまた出られません(やはり何処か抜けてる印象があります…)。途中不自然に下がった高木の状態も気になりますし、次はまた難しい試合になりそうですが、何とか頑張って欲しい。鍵は前線でのボールホルダーをいかにサポートできるか、そしていかに速くシュートを打つ決断ができるかだと思います。頑張れ、札幌!

J2 league soccer on the last Sunday of May, Consadole Sapporo met Fagiano Okayama at Atsubetsu Sports Park Stadium to win this first game on its holly home pitch by a score of 2-1. With this victory, Consadole expanded its home game winning streaks to three, and stepped up to 11th place.

The first 45 minutes was for the home team. Ishizaki had given some action on its starting lineup this day and it seemed to work well at least on the offence; Andrezinho and Bruno for center midfielder and one top forward Miyazawa kept the ball enough long to control and build the game, and from the aggressive active playing they went ahead in the 40th minute with Kondo’s really difficult middle shot after his energetic strong dribble (this day’s Kondo worked remarkably hard, deserved M.O.M).

However, in early second half, 49th minute’s Kim Min Kyun’s grounder equalizer stung the anxiety of this changing especially about communication and combination because they allowed it too easily and carelessly. Actually, tight pressing and quick move to counterattack also had not been enough than usual, and then it turned to a close thing in the end.

But Okayama failed in picking it out over all; its key players Stoyanov and Tiago were held tight and kept away from the goal, strike back never finished. Whereas Sapporo, the substitutes worked. In the 83rd minute, its recently hot-line, Sunakawa’s cross to Tiago, finally drew the own goal from Faziano defence to decide the game.

It was a kind of rough game; with an ejected player for each even winner was exhausted but Consadole now got a chance to catch the fair wind again. Next game is really important. Go! Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2011年05月22日

第13節 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (May 21st, 2011 at Best Amenity Stadium)

 またしても連勝に失敗。なかなか上手く行きません。

 ただ、今朝5時に起きて録画放送を観ましたが、それほど酷いものではなかったですよ?早い時間帯での失点は、古田に当たったボールが相手にとって良い位置にこぼれた不運もあったように思いますし(もちろん金民友のシュートは素晴らしかったですが)、現地の暑さ、特に札幌との温度差と、CBにルーキーの櫛引が入っていたことを考えると、むしろ最少失点で済ませた点は評価に値するのではないでしょうか。まずは追い付きたい札幌は早々に回転数を上げざるを得なくなり、結果、前半からバテ気味。先制してやり易くなった鳥栖に、後半更にガツガツ当たって来られてますます消耗しましたが、何度も決定的な危機を迎えながらも、芳賀と河合を中心に結局追加点を許さなかった。守備は気持ちが入っていました。河合のこと、鳥栖ファンは相当憎らしかったはず。

 攻撃においても、個々のプレー自体には良いものもあるし、石崎体制になってからこだわり続けている形を感じさせるものもありました。13分、純平→三上→日高でシュートまで行ったシーン、37分、自陣右サイド、相手ボールを奪ってからパス3本でゴール前まで行ったシーン(フィニッシュは三上が僅かに届かず)、50分、相手ゴール前でいつもの速く短いパスを回したあと、右に出来たスペースを砂川が突いた場面、54分、プレスからボールを奪い三上→純平→三上の壁パスでスピードアップした場面など、あとはフィニッシュまで持って行ければ…と思わずにはいられません。

 チアゴの使い方にも賛否あるようですが、77分、砂川→岩沼→チアゴと運んだ惜しいプレーや、82分、カウンターからチアゴの体の強さを活かして取ったコーナーキックのように、終盤の膠着した状態で彼が出れば、何だかんだでチャンスも生まれています。とは言え、あのプレー時間であの疲れ方では、(FWだろうがDFだろうが)やはりまだフル出場は無理でしょう。

 そもそもどれだけ良い点があっても、相手以上にゴールを奪えないことには勝ち点は入って来ない。ここが厳しいところです。まあ、サッカーですから、良くやっていても勝てないこういう時期が続くこともあるでしょうが、そうと解っていても、負けが続けば焦りや不安が溜まるのがファンの心理と言われれば、それもまた真理。

 それでも個人的には、“いっそ全部放り投げてしまえ”とそれらを怒りに転ずるよりは、もう少し今彼らが挑戦していることを続けさせてあげたい。地元出身やユース上がりの若い良い選手も育っていることですし、目の前の勝ち負け以外にも楽しめる要素はあります。

 無論、勝ってくれればなお楽しい。次は“ホーム”3連勝を賭けて厚別で岡山戦。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, at Best Amenity Stadium, again it was too far for Consadole Sapporo to win two game straight; home team Sagan Tosu succeeded in keeping only one goal lead from its Korean midfielder Kim Minwoo’s 13th minute’s stunning middle shot.

Still, it could be worse. The temperature reaching to 30 degrees centigrade high was another difficulty for the visitors from northern land now in cherry blossoms blooming; it kept wasting their strength from the first to the end. Tosu’s aggressive physical soccer taking advantage of the lead made them tired more. Only first half was enough for Consadole players to get exhausted. Besides that, one of their center back was an 18 year old rookie who played very first on J league pitch. Although he was actually not so bad over all, when it comes to that situation, even it was able to say that they did well. Especially, Haga and Kawai always played hard and cleverly. Their concentration to pick and block opponent attacking never ran out remarkably.

On the offence, there were some good chances were created from the pass playing that they kept trying; some of them were really closed but only fine finish did not appear. Substitutes such as Sunakawa and Tiago did not work enough this day too.

It seems that they can be in a long tunnel and it might be a little tough one, however, it always can happen when they play football league; there is no need to throw it all away amid the season. Fortunately we still enjoy young talents glowing in home town; Mikami, Furuta, Miyazawa and Kushibiki all are our hope. Stand by them and believe in.

posted by MasaMaru |11:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(11) |

2011年05月15日

第12節 鳥取戦/VS Gainare Tottori (May 15th, 2011 at Sapporo Dome)

 Jリーグ一年生の鳥取相手に、ドームで三上の2ゴールで快勝。

 開始から僅か6分、古田のワンタッチの長いパスに走り込み、元札幌のキーパー井上をかわして流し込んだ何度の高い先制点は、ユース出身の若い選手同士の連携から生まれたもの。60分の2点目は、果敢な上がりを見せた日高のクロスに飛び込んだ、“高い、強い、美しい”と三拍子揃った見事なもの。こちらも新加入選手とのコンビネーションで、しかもどちらも流れの中から、ストライカーが決めた得点ですから、色々な意味で希望が持てるものでした。ちなみに、68分、砂川のクロスに合わせた古田のヘディングがポストを叩いたシーンも、得点にはならなかったものの実に素晴らしかった。

 日高はこの試合、再三長い距離を上がり下がりしチャンスを創出。相変わらず守備の要として獅子奮迅の活躍を続ける芳賀とともに、今日の勝利に貢献。あの上がりが常時見られるようだと、相手陣内に持ち込んでからの選択肢が少ない今のウチの攻撃にも、いくらか幅が出て来るはず。

 しかし、シュートを打つことを強烈に意識していたと言うほどに攻め込んだ印象はなく、むしろ手を急いでミスになったプレーや、前に人数をかけたところでカウンターから危機を迎える場面が目立ったような。中にはかなり際どいものも。相手の決定力不足と運にも助けられ、最終的にはゴールを割らせませんでしたが、守備でのシンプルなクリアー、攻撃での早いフィニッシュを継続するにしても、ディフェンスは次節までに調整する必要がありそうです。今日の相手のようなスーパーな選手を擁さず(失礼)、かつ攻撃的なチームに対しては、ある程度やりたいことができるかもしれませんが、まずは守りを固めて僅かな隙を突いてくるチームや、個の能力の高さで圧倒して来るチームばかりですから、すっかり安心はできません。

 とは言え、実に粘り強く攻め続けた今日の鳥取の足を最後は止めた点や、こちらも少しずつコンディションが上がって来ている選手がいるのは救いです。次節鳥栖戦はアウェイですが、今度こそ連勝で良い流れに乗りたい。頑張れ、札幌!

Sunday’s Consadole Sapporo met Gainare Tottori on the home pitch of Sapporo Dome and beat this season’s newcomer to J league by a score of 2-0 with its hopeful 19 year old young striker Mikami’s 2 goals. 

The 6th minute’s first scoring after running to Furuta’s long shotgun pass and turning goal keeper Inoue who used to play for Sapporo was really difficult enough to show his skill but the next one in the 60th minute heading to Hidaka’s cross ball was more; it was high, strong and beautiful. Hidaka also worked really well this day; his long and many times up and down running had created some great chances and had helped the team until he was changed to Okamoto in the 85th minute.

Tottori played hard and patiently; they never stopped to be aggressive with its 17 shots almost doubles home team’s, however, it always blocked at the last moment and finally they ran out of gas.

In this game, Consadole seemed to change its playing a little; reduce usual short quick passes and try simple clearances for the defence and early shots to score instead. It worked against kind of small team like Gainare, still, even they sometimes threatened Lee Ho Seung’s goal; they might need to tune the defence before next game to relieve the anxiety now grew up too big on the fan.

posted by MasaMaru |19:34 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2011年05月08日

第11節 熊本戦/VS Roasso Kumamoto (May 8th, 2011 at KKWING)

 アンドレジーニョの負傷離脱によるフォーメーションの変更と熊本の蒸し暑さを考慮してか、前2戦に比べやや慎重に見えた前半、決して悪いとは思いませんでしたが、嫌な時間にカウンター一発で綺麗にやられました。

 高い位置で主導権を握って攻撃的に試合を運びたいチームにとっては避けられない危険とは言え、もう少し早い段階で対処したかった。あそこまで自由に走らせてしまってはさすがに厳しい。そこまでは中盤を支配できていたし、それほど危ないシーンもなかっただけに残念。結局これでやりやすくなった熊本にしっかり守られて連勝ならず。波に乗り損ねました。

 シュートを打てなかったのは、今日はここまでの“持ち込んで折り返し”ではなく、何故か裏を狙う攻撃に切り替えていたこともあるかもしれません。高木が前でプレーできることで何か策があったのかもしれませんが…。それにしても、もう少し“勝負”の回数を増やしても良かったかも。攻撃時、常にかわして前へという意識を持っているように見えるのは近藤と砂川くらい(ただ、近藤は残念ながらプレーに精度がない)。あと、三上はもう少しキープして欲しい。あそこで競り合えないとチャンスは増えないでしょう。

 熊本は(というか試合数もここまで増えるとどのチームもだと思いますが)ウチを良く研究していましたね。キーとなる選手とプレーはしっかりチェックされていました。砂川や切り札チアゴもきっちり抑えられてしまった。まあ、それを打開するのが選手のアイデアだと思うのですが…(最後の砂川のフリーキックで外のチアゴに当てたのはさすがでしたが、せっかく相手DFを引き付けて落とした、そのボールに飛び込む選手がいなかった)。

 まあ、熊本は守備から入る、J2では安定した成績を残しやすいチーム、負けたことでそれほど悲観的になる必要はないかと。日高が90分プレーできたことと、高木が前でやれる状況は少なくとも好材料。次節、再びホームから巻き返す可能性は充分あります。頑張れ、コンサドーレ札幌!


Only one counter attack decided the game. For this Sunday, Consadole Sapporo started the playing a little carefully against Roasso Kumamoto because of the change on its players’ position and the high temperature with the humidity in KKWING. It was not bad in the first half totally until they allowed the home team to go ahead from the 41st minute’s counter attack; still, finally they were not able to catch it up.

Although this day’s Consadole players seemed that they want to play simpler or try to use the space behind Roasso defenders, it won’t work over all. Kumamoto’s defence was hard and tight. And then, they had studied visitors really well. Sapporo’s key players and key playing had been checked and blocked from the first to the end. Even when Sunakawa came to the pitch in the 57th minute taking over young furuta’s position, they cared it calmly. Sunakawa still created some good chances with his fine play from the high experience but it was not enough to equalize; there was not enough help from his team mate too. Sending Tiago as a last resort did not work.

It was difficult for offence-like team such as Sapporo to break that kind of defence. However, they could shot more to change the situation; poor finish came back again. And Mikami should have been tougher to hold the ball as a post player.

There is no need to feel down; it was not so bad totally. Andrezinho’s injured and off was unfortunate but Hidaka’s appearing and Takaki’s play in the front were at least good news. They can start to strike back from next home game against Tottori by matching new formation. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2011年05月05日

かしわ餅/Japanese sweets for May

Kashiwa-mochi


 連休も終わろうとしています。

 毎日ジョギングしたし、好きな勉強をしたり、映画を観たり、コンサドーレが勝ったり、結構良い連休でした。

 明日一日働いてまた週末とは言え…仕事行きたくないですね(笑)。

Kashiwa-mochi, sticky rice cake having sweet soy beans paste in it and wrapped by Oak leaf, is one of Japanese traditional sweets for this season. The 5th day of May is Boy’s festival in Japan and we eat this cake as a tradition.


posted by MasaMaru |15:28 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年05月04日

第10節 草津戦/VS Thespa Kusatsu (May 4th, 2011 at Sapporo Dome)

 今回も正直いつやられるかと思っていましたが…。

 前へ向かう気持ち、得点と勝利への執念が、決定力のなさを上回った形でしょうか。遂に今季初得点、初勝利。おめでとうございます。ありがとうございます。

 最後の一手というところで精度を欠く、アイデア不足からスローダウンしてしまう、追い越すプレーが少ないなど、不満不安も尽きませんが、迫力のある攻撃も増え、だいぶ良くなって来ているように感じます。守備も時々裏を突かれたり、終盤疲れが出始めると脚の早い選手に引きずられて下がってしまう傾向が怖いですが、ギリギリのところで守れている。

 守備に関して言えば草津の集中力はウチ以上で、カウンターへの準備も素晴らしく、一本のパスでゴールまで持って行かれる危険は常にありました。救世主は、今日もアンドレジーニョのポジションを引き継いだ砂川。選手間の距離を修正し、攻撃時の縦へのスピードを再び取り戻しました。また、86分のチアゴの幻のゴールも、ロスタイム、相手ゴール前の混乱の中、必死で伸ばした脚と爪先でボールに触れた宮澤の決勝点も、砂川の正確なキックから生まれたもの。ただ、その前のアンドレジーニョのプレー61分間があったからこそ、彼のプレーがスパイスアップになるとも言え、一概にどちらが良いとは言いづらい部分もありますが。

 もう一人良かったのは近藤。攻守にわたって長い距離を走り、力強いドリブルからチャンスも演出しました。本来のポジションではない左サイドに甘んじている悔しさもあるかもしれませんが、それも力にして今の場所で持ち味を発揮していただきたいと思います。

 岡本の帰還も嬉しい限り。石崎監督の組み立てと崩しにこだわる攻撃には、彼のドリブルが不可欠なはず。当面は、サイドなら古田、近藤の、中央なら砂川の次の選択肢かもしれませんが、虎視眈々と活躍の機会を狙って欲しい。

 すぐ今週末の熊本戦ですが、しっかり疲れを取って、この勢いを維持して行きましょう。頑張れ!コンサドーレ札幌!

Starving for the goal with never stopped aggressive playing to move it up forward and forward finally overcame its chronic poor finish and broke the desperate hard block of the opponents. At holiday Wednesday’s Sapporo Dome, in the additional time, the very first scoring of this season’s Consadole Sapporo was made by Miyazawa’s right leg and toe full strained to fumble ball in jam packed penalty area and this fortunate touch also decided the game.

Thespa Kusatsu never seemed to be defeated; they kept running hard from fist to the end and their concentrations were limitless. Always they could reach Lee Ho Seung’s goal net with its quick strong counter attack. However, the tide changed to the home team in the 61st minute when its most reliable experienced midfielder Sunakawa appeared to take over Andrezinho’s position this time too. Obviously it made them get closer to each other speeding up the play; Tiago’s header taken back in the 86th minute and Miyazawa’s final scoring both came from his accurate kick. 

Kondo who worked as a left side midfielder this day cold be a hero too. His powerful long running trying to goal created some great chances. Okamoto’s return was another good news for over 12,000 delight fans in the Dome; his dribble no doubt necessary to the team to realize Ishizaki’s constructive soccer.

Next match comes soon this weekend in Kumamoto; wish for them to refresh and get over the tiredness and expect another victory. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:40 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |