コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年04月30日

第9節 FC東京戦/VS FC Tokyo (Apr 29th, 2011 at Ajinomoto Stadium)

Ajinomoto Stadium 正直良く負けなかったものだと。

 あれだけのチャンスをことごとく外し続けた相手に助けられたことは間違いありませんし、あれだけチャンスで決め切れなければ流れが移る、その流れを掴み切れないウチのヘッポコぶりは相変わらずなんですが、今日はそれでも良しとしてあげたい、それくらい耐えに耐えた、耐えるしかなかった試合でした。いいよ、アウェイだし。

 試合前の練習を見る限り、選手の動きは良い感じでしたし、随所に意図や狙いも感じられたのですが、前半はちょっとバラバラな感じでした。個々では敵わない相手に対して最後の最後でタイトに守れていたし、カウンターからチャンスも作るのですが、連携が今ひとつ。そのままの流れで後半に入ると、焦れたアンドレジーニョが個人技に走り、前線の雰囲気が悪化(あれでは周りを信用できなくなる気持ちも解らなくないのですが…)。

 そのアンドレに変わって砂川が入ってからは、大分、得点の目も見え出したのですが…。力及ばず。しかし、ロスタイム、砂川のフリーキック→山下の折り返し→宮澤のシュートがバーを越えたあのシーンは本当に惜しかった!


Ajinomoto Stadium 何が足りないかと言えば、ボールホルダーへの寄せ(頑張っていたけれど、もっと早く)、守りから攻撃に移った時の全体の押し上げ(相手が相手なので怖いだろうとは思うのですが…)、サイドチェンジのスピード(大事に行こうとして中継を選ぶ、タイミングを計るのも解るのですが…)、相手陣内での縦への動き(これは砂川だけはさすがでした)、大きくはこの4点でしょう。アンドレジーニョとブルーノがもう少しチームにフィットし、内村か岡本が戻って来れば、ある程度見通しが立つような気がします。

 ただ、そんな状態でも粘って粘って引き分けた、そこは評価してあげたい。今日の悔しさはむしろ心地良い。最後はプレスも満足にかけられなかったけれど、サボっているわけではなく、脚がヘロヘロで行こうにも行けないのが伝わって来て、自然声援にも力が入りました(やっぱり生で観ると全然違う、その辺は)。


Barcelona 渋谷まで戻って、お気に入りのバルで残念会。連休2日目、おかげさまで楽しかったです。

Saturday, in the start of this holiday week across the months, Consadole Sapporo met FC Tokyo on the away pitch of Ajinomoto Stadium to draw it by 0-0. The game was always ruled by the home team but today was not for them over all. FC Tokyo kept overwhelming the visitors from the first to the end and also just kept missing the great opportunities to score.

Still, today’s visitors were not enough to take advantage of the fortunateness too. Consadole players needed to be more aggressive and quick especially when they turn to offence from defence or when they change the side of the pitch to use, with more press and more dribble to break Tokyo’s defenders. Although it was understandable that they wanted to be carefully against the strong team like that, it was too much. 

Besides that, first they did not feel each other and it ended in Andrezinho’s isolate in the front. Substitute Sunakawa made it better after taking over him but it was too late. He drew additional time’s Miyazawa’s close shot that went over the bar of Gonda’s goal but it was the last big play for Sapporo.

However, they were not defeated at least; they kept concentrating well and playing tight even though they were totally running out of gas. It is admirable.

Andrezinho can fit with the team more and now Uchimura’s speed running and Okamoto’s dribble have been waited. They can do more; I felt it at the stadium and got sure while we’re drinking a Spanish bar in Shibuya after the game. Face up, Consadole Sapporo!
  

Thank you for your comment and sorry for my late reply.


posted by MasaMaru(現地観戦) |23:35 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2011年04月23日

第8節 湘南戦/VS Shonan Bellmare (Apr 23rd, 2011 at Sapporo Dome)

 長い長い中断期間を経て遂に再開したJリーグ。未曾有の災害後、未だ落ち着かない現状に、正直心から何かを楽しむ気にもなれませんが(以前、何とかなっていると書きましたが、全く何ともなっていない部分が多々ある、そのことについてもいずれ書きたいと思います)、やはり心躍るのは確か。しかも我らが札幌にとってはホーム開幕、相手の湘南は優勝候補の1チームとなれば、観る方も力が入ります。

 結果は残念でしたが、思った以上に頑張ったと思います。特に前半はほとんど五分の内容でした。前節岡山相手に5-0で大勝した湘南の攻撃を高い位置で抑えつつ、盛んに裏を取る攻撃でチャンスを演出、後半もその集中力を切らすことなく、56分と64分にはゴールまで今一歩というところまで迫った。しかし、そこで決められないと流れが移るサッカーのセオリーどおり68分、やはりこの人かのアジエルのプレーから崩されると坂本の先制点を許し、その後、落ち着きを得た湘南相手に追い付くことすら敵わず無念の連敗。もう少し積極的になれれば、あと一歩前に行ければという印象を残すに留まりました。

 まあ、最初から時間が経てば経つほど手が割れて相手に有利になることは判っていたので、個人的にはむしろ失点を1に抑えたことを褒めたいくらいなのですが。相性ということを考えれば、今日こそ内村のスピードが活きる試合だったような気もして、敗戦をツキのなさにしたくもなります。ただ、古田や三上のプレーには希望も持てますし、アンドレジーニョも足下の巧さは素晴らしい。彼がJ2のサッカーに慣れればかなり期待ができるのではないでしょうか。

 次週はFC東京戦。またしても強敵が相手ですが、それだけに負けるのは怖くないはず。臆することなく攻撃的に行って欲しい。当方、既にチケット入手済み。全力で応援します。頑張れ、コンサドーレ札幌!

After the long intermission because of the disaster of century hit Tohoku region of Japan J league restarted this weekend. For one of those games, Consadole Sappor met Shonan Bellmare on Saturday at the home pitch of Sapporo Dome.

It was sure that the longer they play the more Shonan benefits from it studying and unveiling Sapporo’s soccer but actually Consadole eleven did very well against that strong team. At least in the first half it was even and also in the second half, the players in the red and black stripe had kept their concentration and sometimes tried well to score. Around 56th minute and 64th minute it was totally for the home team but they missed it and the tide changed. Adiel of Shonan who undoubtedly the most skillful player on the pitch this day, finally broke the defence of Sapporo to draw Sakamoto’s scoring in the 68th minute. Once allowed the visitors to lead, Consadole started to lose its playing and conversely Bellmare got confidence to win the game.

In the end this goal decided the match; Sapporo was defeated again mainly due to its poor finish. However, its two young players Furuta and Mikami showed they could be hope for the next games and Andrezinho who appeared first on J league pitch must get better when he fitted the Japanese soccer more.

Next Saturday Consadole meets another strong team FC Tokyo for an away game. It must be difficult game for them but not impossible to win. Be more aggressive and unshakable, go Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru (横浜在住) |22:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(10) |

2011年04月12日

Our Rosemary Garden

Our Rosemary Garden

 プランティングのシーズンです。

 年替わりで花や野菜を育てていたスペースに、今年はローズマリーを植えてみました。もともと鉢植えであったものに、新たに買い足したものを加えて4種類。写真中、向かって右一列が「マリンブルー」、真ん中奥が「セイレム」、手前が「プリムリーブルー」、左が「コルシカ」。憧れの“ローズマリーガーデン”です。

 もともとあった「マリンブルー」もですが、今回購入したものも全て、生命力が強く、食用に向くタイプを選びました。N嬢が料理で使うからで、生育条件が近いところで出来るだけ種類を多くしたのも、その際に香りの違いを楽しめればと思ってのことです(株を多くしたのは鉢植えだと重要に対して供給が追い付かない傾向にあったため)。今のところ、「コルシカ」が私のお気に入り。

 もちろん、花の違いも楽しめるはずで、今から心躍らせています。

 ちなみに、今年の野菜はシシトウ。元気に育てくれよー。


Our Rosemary GardenFor this planting season, I made this lovely small rosemary garden with some different kinds of rosemary. We originally had had two pots of “Marine Blue” for Ms. N to use them for her cook. This time I added “Salem”, “Primley Blue” and “Corsica” to them. We might enjoy the variety of these flowers soon and also I have a high expectation from these aromas on our dishes.

I planted two pots of Sisitou (Green Pepper) too, with great anticipation for these fruits. 



posted by MasaMaru |23:54 | A piece of my life | コメント(3) |

2011年04月03日

アフリカンフェスティバルよこはま 2011/African Festival Yokohama 2011

African Festival Yokohama 2011


 今週末、横浜赤レンガ倉庫にて開催の「アフリカンフェスティバルよこはま 2011」に行って来ました。

 時期も時期だけに中止もあるかと思っていましたが、チャリティイベントとして開催されました。


African Festival Yokohama 2011 電気の使用や余分な買い物を控えることで被災地の復旧を支援するのは、言うまでもなく大切なことですが、同時に活力のある地域で人やお金を動かして、国としての経済的な体力を維持して行くのも、後のことを考えると必要ではないかと思います。

 バランスは難しいし、それを言い訳にして許されて欲しくないことも色々あるのですが…。


African Festival Yokohama 2011 今回このイベントが、建物の中で行われていたこともあり、それほど浮かれた雰囲気になっていなかったのは、そういった点でも良かったかなと。私たちが出かけた土曜日は、天気が良かったのでちょっともったいない気もしましたが。


African Festival Yokohama 2011 色鮮やかで、面白かったり不思議だったり、アーティスティックで生命力に満ちた民芸品や雑貨、衣類を見て回り、色々な国の人と話をし、彼の地への知識を深め、賑やかなダンスも見て、ここのところ暗い気持ちになってばかりだったこともあり、大変楽しめました。行って良かった。気持ち良く募金もできましたし。


African Festival Yokohama 2011 写真は上からエントランス、テラスにいたケニアのキリンの親子、スワジランドと南アフリカ共和国の置物、とっても謙虚なスーダンのアーティストの作品、ナイジェリアの米袋を加工したバッグ。


African Festival Yokohama 2011 ケニアの商品を扱う「マサイショップ」のブースにて。スパイスとマカダミアナッツを購入。

 写真のお嬢さんは、この日のベストスマイル賞。


African Festival Yokohama 2011 こちらの「SHEEPDOG GLOBAL」さんでは、ナチュラルなアフリカンテイストと個性的なデザインのバランスが絶妙な素敵なシャツを、素敵なお値段で購入(価格交渉に応じて下さったご主人、ありがとうございました。引いてもらった分は募金にプラスしておきました)!


African Festival Yokohama 2011 そしてこうしたイベントで何よりも楽しみなのがフードとビール。場所の関係で列が凄いことになってしまうのは少々残念でしたが、その分活気があって(?)良かったです。

 写真左がセネガルのヤサ(チキンと野菜とマスタードのシチューのようなもの。美味)、右はケニアのミートパイ(パイ生地と言うかパン?無発酵系でずっしりしてておいしい。肉との相性も良し)とサモサ。ビールはガーナのSTARとケニアのTUSKER(タスカー)。


African Festival Yokohama 2011 お土産に南アフリカのワインやウガンダのコーヒー豆も購入。

「よこはまから広げよう!アフリカのパワー」というのはプログラムにあったコピーですが、あの命の根源を想起させるアフリカのエナジー、今の日本にも必要でしょう。

 同時に、それこそこの国の私たちが、技術や効率を追いかけて何処かで置き去りにして来たもののひとつであるような気もします。被害に遭われた多くの人の苦しみを無にしないためにも、日本が今回のことで学ばなければならないこと、取り戻した方が良いことは少なくない、そう思います。

African Festival YOKOHAMA 2011 has been held this weekend at YOKOHAMA RED BRICK WAREHOUSE as a charity event to raise a relief fund for the victims of Kanto-Tohoku Earthquake. Ms. N and I visited there Saturday. Seeing a large variety of many products from African countries such as traditional handcrafts, daily things, clothes, art and food were really interesting and fun. Of course, we enjoyed shopping some of them too. Embassy booths helped us to study those countries as same as talking with native African people there. They have many stages for dance and music and visitors also can try some African foods and drinking at its food booths. I like it! We even enjoyed the donation. 

Saving using electricity and never shopping more than necessary have been suggested and actually it is important now to care and help the damaged area and people under the heavy disaster, however, I think we also need to stay on our usual lives as usual as we can to keep economy and energy for the recovery. This kind event can work well for the both; encouraging people in thinking about the others and relieving them of anxieties.

I wish our donation would reach there with those energetic and beautiful African colors…


posted by MasaMaru (横浜在住) |18:50 | Entertainment | コメント(0) |