コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年03月26日

cashicoyaのスコーン(横浜のお菓子屋さん)その2/Scone! again

cashicoya


 こちらで紹介したie+のマーケット(楽市)とcashicoyaさんのスコーン第2弾。

 前回食べておいしかったものは何故かひとつもありませんでした(笑)。

 しかし、前回の失敗を踏まえて素直に紅茶でいただいた今回の「クランベリー」(手前)と「チョコ&オレンジピール」が、これまた美味。

 後ろに写り込ませたのは一緒に買って来た笹川ファームさんの玄米。新潟からいらしてました。放ったらかしで育てるお米が実は一番おいしいとか、興味深い話も聞けたりして。玄米好きですし、たまらず購入。

 日本中が大変な時期、こんなおいしいものが食べられることを心から感謝したい、こういうおいしいものを皆が食べられるように早くなって欲しい、心からそう願います。

Ms. N and I today visited to ie+ the sundries shop to get nice scones from cashicoya that I introduced here before. This time we got “cranberry” and “chocolate and orange peel”. Those were both really good with the simple tastes.

They were also selling some rice from Niigata. We bought small pack of brown rice. It must be enjoyable; we like brown rice. 

I can feel how we are happy with these good and safety foods in this country now under the many difficulties from the terrible disaster, and I wish the life with good and safety foods like this come to everyone as soon as possible.


posted by masamaru |23:33 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年03月21日

今週末に思うこと/Spending this weekend

 東日本大震災が起きてから10日。

 自分達の生活や仕事に影響がある範囲内で確実に不便や苦労を感じつつ、一方メディアやインターネットを通じて目にする悲惨な状況、本当に被災の中心にある人達が直面している困難に、自分達がそこにいないことを不思議にすら感じつつ、素直にありがたく、こんなことで文句を言ってはいられないと思う、そんな日々が続いています。

 アルバイト先のビルの5階が相当揺れて、柱もギシギシ言っていた時から、正直それなりの覚悟のようなものをしています。備えとか心構えとかではなく、どちらかと言うと“なるようにしかならんだろう”といういい加減な方の。N嬢もそっち系なので、まあ、ウチとしては特に慌てているようなことはありません。どちらも普通に仕事があるし。

 常態として人命が関わる彼女の職場はともかく、私のところなど、(企業と被雇用者、顧客の都合さえ考えなければ)いっそ休んでしまった方が、電力やガソリンの節用の上でも、被災地支援になるのではないかと思えるのですが、皆、通勤や停電の時間帯、客の要求に苦労しつつ、働き続けています。正直、バカなんじゃないかとさえ思ったりします。

 ただ、一時期この国はどうなってしまうのだろうと思われた数々の事態が、その被害と根本的な問題の解決はともかく何らかの対処を与えられている、次々と持ち上がる難題に、遅い早いはあっても何らかの対応がされている、そこから先に進んでいる、その経緯が見える、そこに驚嘆する時、どんな状況であっても責任を果たすべく働く、そういう日本人のメンタリティがそれを可能としているのかと思うと、先の発想は自分の間違いのような気もして来ます。

 もちろん、今も現場で必死の作業に当たっている自衛官や警察官、消防士、各種職員、医療関係者の苦労と、自分の勤務先のそれを一緒に語るわけにはいかないのですが。

 死者・行方不明者の数は増えていますが、この数字の上昇が状況の悪化とは必ずしも一致しない。個人的に驚いているのは、福島原発の状況が少なくとも最悪の状況を脱しつつあること。他国の声に聞くまでもない、日本人は凄い。

lemon lieves in a teapot こういう状況ですから、休みといってもおとなしくしています。Jリーグがないから更にゆったりとしたもの。昨日は、レモンの枝を切り、家の周りの草むしりをし、今年は何を植えるか計画を立て。命を感じ、また、確実に春が来ていることを感じました。

 被災地の方々にも一日も早く春が訪れますよう。直接力になることは何もできませんが、本当にそう思います。


Since the gigantic earthquake and Tsunami stroke the Pacific Ocean side of northern east of Japan ten days before, we have kept worrying about the people and land, every kind of serious damage and problems on them such as food, water, medical service, electricity, gas, transportation and the crisis of breaking down Fukushima nuclear power plant. The disastrous situation with the terrible number of the dead and missing never has made us relieved. 

At that day, I was shook hard in the office where is on 5th floor of the building and had to spend a night there. And now, actually we have difficulty in our life especially commuting and shopping; rail ways under limited service to save electricity and lack of things can find there even here in Yokohama.

I think we might be able to give up everything too easily if we were there. I thank we missed the disaster as I see those hard news from the media and internet.

But the more important and amazing thing is that all of those problem has been cared somehow; government and municipalities have kept trying to solve them with the hard work of the self defense forces, polices, firefighters, many medical staffs and engineers. Everything still has been in trouble but they already start to stop it at least… Japanese people’s diligence and responsibility surprises me. And I wish the people under the anxiety and fear get better soon.

This weekend, I cut the branches of our lemon tree and weeded to prepare this season’s planting to finally find the energy of those greens. It showed the spring surely has come.

Spring must come for everyone.


posted by MasaMaru (横浜在住東京勤務) |17:15 | A piece of my life | コメント(3) |

2011年03月05日

開幕戦 愛媛戦/VS Ehime FC (Mar 5th, 2011 at Ningineer Stadium)

 歓喜と落胆。愛媛と札幌、ホームとアウェイで明暗がくっきり分かれたそれぞれの開幕戦でした。

 とは言え札幌のこの負け方は、正直想定内のものではありましたが。やはり攻撃の、最後の一手が足りない。相手ゴール前での崩しにこだわる昨季までのサッカーを継続するにしても、点を取るためのフィニッシャーか、得点の形、どちらかはある程度決まっていた方がいいのではないでしょうか。

 もっとも、あの“こねくり回す”戦術に、カウンターでこそ光る内村の得点を期待するのも少々酷なので(それでも近藤や横野に比べれば断然得点の匂いはあるのですが)、切り込むドリブラータイプか一撃必殺のストライカーがいない以上、もうシュートは2列目が打つことに決めて、前線でパスを回してコースが開いたら、その時のボールホルダーが即打つ、なんて約束事でも良いような気がしますが。とりあえず、打たないことには入らない。

 いっそ、身長もあり、足下も巧い宮澤をポストにして、ラストパスは短くマイナス方向に、飛び込んで来た選手が打つなんていう形も面白いかなとも思うのですが…今日は宮澤、良くなかったですね。

 と言うか、誰一人ピリッとしなかった。DF4人は昨季の酷かった時と変わらないし、スカスカな割に上がりもないし、キーパーも、1点目はともかく2点目は技術があれば止められたような気がします。全体的にルーズボールへのアプローチが遅く、危険なパスの出所へのプレスも甘いように感じました。芳賀や砂川の動きや表情を見るに、キャンプの疲れが溜まっているような印象も受けましたが…。

 ただまあ、そんなに失望する必要もないと思います。ブルーノはまだチームにも日本のサッカーにもフィットしていないうえ(特に距離感)パスの判断も遅いですが、やっぱり技術はあるし、あの縦に長いグラウンダーのパスのスピードと精度は相当面白い。そのうち何か凄い場面を作ってくれそうな気がします。チアゴだって、たった一瞬で見せ場を作る力強さがありましたし、各選手のコンディションが上がって来れば、形になる試合も増えて来るはず。

 まずは来週、ドームで仕切り直し。ホーム開幕戦から反撃開始と行きましょう。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Delight for the home fan and disappointment for visitors; Saturday, one of the opening games of this season’s J2 league between Ehime FC and Consadole Sapporo at Ningineer Stadium ended in 2-0 perfect victory for Ehime. Consadole started this season with an anxiety. 

For Sapporo, poor finish and poor defence both were not so surprising; it rather could be expected. Sapporo’s defenders still had not been organized with three new comers; center back Kawai from Yokohama F. Marinos was a good player but they were totally lack of speed and they pressed not enough. The 16th minute’s Josimar’s first scoring was inevitable. Although they allowed Akai’s slightly curl up middle shot in the 56th minute too, about that goal, Korean goal keeper Lee Ho Seun should have blocked it somehow.

It seems that Consadole keeps their playing style on its offence with changing many short passes to break the defence but they may find difficulty this season too, without decisive striker. Uchimura’s long speed running can do not much the tactics but actually he is the best choice for Ishizaki to use when he compares Uchimura with Yokono or Kondo… Midfielders’ more dribbles or middle shots might be necessary.

However, there is some hope. Bruno still has not fit the team and Japanese soccer; his play was not so tight and sometimes his decision used too much time but his long straight grounder passes were nice and exiting. Something great will happen from that in near future! Tiago also showed his physical strength with the impressive header in the 79th minute. It was so close! Other key players not in good condition this time such as Haga, Miyazawa and Sunakawa will get better soon.

First of all, they re-start it next Sunday, the home game with Giravanz Kitakyushu in Sapporo Dome. It is not too late to judge them after that.

posted by MasaMaru |19:51 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |

2011年03月04日

シーズン到来!今年は順位を予想してみました。/J2 league forecast for this season

1 FC東京 F.C.TOKYO
2 横浜FC YOKOHAMA FC
3 ジェフユナイテッド千葉 JEF UNITED CHIBA
4 京都サンガF.C. KYOTO SANGA F.C.
5 栃木FC TOCHIGI FC
6 湘南ベルマーレ SHONAN BELLMARE
7 ロアッソ熊本 ROASSO KUMAMOTO
8 コンサドーレ札幌 CONSADOLE SAPPORO
9 東京ヴェルディ TOKYO VERDY
10 徳島ヴォルティス TOKUSHIMA VORTIS
11 ザスパ草津 THESPA KUSATSU
12 サガン鳥栖 SAGAN TOSU
13 愛媛FC EHIME FC
14 水戸ホーリーホック MITO HOLLYHOCK
15 カターレ富山 KATALLER TOYAMA
16 大分トリニータ OITA TRINITA
17 ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA
18 FC岐阜 FC GIFU
19 ガイナーレ鳥取 GAINARE TOTTORI
20 ギラヴァンツ北九州 GIRAVANZ KITAKYUSHU

 いよいよ明日、Jリーグ開幕です。totoと併せてまたしばらく楽しめます。今回は個人的に今季のJ2の順位を予想してみました。

 まずFC東京は決まりでしょう。面白くはないですがどうしようもない。万が一最初でつまずいたり途中で一時期上手く行かなくなったりしても、最終的には建て直せる、と言うか、あの選手層と経済力は後になればなるほど有利なような気がします。

 運営費で言えば、京都と千葉も強力です。特に千葉は204cmのノルウェー人FWオーロイのゴール量産が予想できます。ただ、一方で昨季までの戦術から大きく方向転換しそうな点と、そのオーロイに何かあった場合のアイデアという点で、盤石とまでは行かないかと。

 京都については、富山と共に超攻撃的な戦術に夢を感じるファンが多いようですが、J2ではそうした攻撃的なサッカーは機能しない傾向があります。一方、対照的に守備をきっちり作って来るチームは大崩れしないことから、栃木と熊本は今年も安定した成績を残すのではないでしょうか。もっとも、どちらもまだ昇格するには力量と経験が足りないようにも感じますが。

 横浜に関しては、それほど特別な選手がいるわけではないですが、選手の層は厚そうなうえ起用にも融通が効きそうなのと、クラブとして昇格の経験もあり、勝負所を解っていそうな点、チームとしてまとまりがありそうな点から2位を予想しました。

 さて我らが札幌ですが、残念ながら今季も厳しそうです。攻撃の形は昨年をベースにするとしても、最期の得点の形が未だ見えて来ない。加えて早くも怪我人が多いですし…。

 ただ正直、上位もFC東京以外はそんなに差がなく、何かあれば一気に崩れる可能性もあり、我慢強く食いついていれば充分3位以内に滑り込むチャンスはあると思います。終盤、主力が復帰して来て盛り返すという展開も素敵ですし。是非良い意味で期待を裏切ってもらいたいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

This is my forecast for the final standing of 2011 season’s J2 league. F.C.Tokyo is sure to overwhelm the others to get back to J1 taking advantage of the number and quality of its players. Kyoto and Chiba are also closer to J1. Especially Chiba is supposed to be well with its 204 meter high Norwegian forward Aaroy but their changing of the tactics for him can be difficulty too.

Yokohama FC has not as big budget as these three and there are any special players, however, it has many good flexible players and it seems to be state and strong as a team.

Although many fans already expected something great from Kyoto and Toyama because of its aggressive tactics and formation, its difficult succeeding with that style in J2. Conversely, defensive playing usually works well so Tochigi and Kumamoto will be well; both of them still has not had enough experiences to promotion yet though.

Our Consadole Sapporo, unfortunately it seems not to have been prepared for J1; still, actually there is not so big difference from 2nd place to 10th so there is a chance that Sapporo steps up to J1 as long as they hang on those top teams. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |07:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |