コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年02月23日

cashicoyaのスコーン(横浜のお菓子屋さん)/scone!

cashicoya


 日曜日の話ですが。

 買い物帰りに良く行く雑貨屋さんie+を覗いたところ、いつもは置いていないテーブルに、いつもは売っていないお菓子やお茶、野菜(!)がずらり。

 マーケットだったんですねー。ラッキーでした。

 で、こちらcashicoyaさんのスコーンを購入。帰宅後さっそくお茶。


cashicoya 写真手前から時計周りに「かぼちゃ」「全粒粉」「いちじく」。

 うすうす気づいてはいたのですが、合わせるべきは、コーヒーより紅茶でした。

 どれも素材の味がしっかりしていて、それも“ギュッ”ではなく“フワッ”という感じで凄くおいしいのに(かぼちゃは香りも良かったです)、その優しさゆえ、コーヒーに全部譲ってしまう感じ(また悪いことに今ウチにあった豆がバリとスマトラで…)。

 ちょっともったいなかったかも…。


cashicoya でも後ほど赤ワインと合わせてみたら、こっちはばっちりでした!

 特に全粒粉。タンニン系の、もっとしっかりした赤でも行けそうな印象。

 写真手前から時計周りに「かぼちゃ」「全粒粉」「いちじく」(笑)。ごちそうさまでしたー。

 横浜近郊でご覧の皆様、機会がございましたら是非お試しを。

Sunday, on a shopping for a week, we stopped by ie+, a small sundries shop selling really nice and beautiful and environmental friendly articles as usual. And then, found these scones not as usual. It had had a kind of Sunday market.

In the front of the picture is pumpkin taste. Right is whole wheat flour and left is fig. All of them were nice; good fluffy and not too much sweet, we could feel those ingredients’ tastes to find how they made it healthy and environmental friendly as they said.

We also found that those quiet touches and tastes could go well with round red wine; at least it must be better than strong aromatic coffee. We totally love it and maybe try again too. 

Please check cashicoya for more information if you are interested.


posted by MasaMaru (横浜在住) |07:16 | A piece of my life | コメント(0) |

2011年02月19日

大倉山観梅会 2011/Ume blossom-viewing in Okurayama 2011

Ume blossoms in Okurayama


 今年も梅の季節になりました。今週末は大倉山観梅会も開催されています。人出の多い観梅会はあえて外すというのも手なのですが、今年は気候的にも何となくこの辺かなと。

 正直、もう少しでした。5~6分咲きといったところでしょうか。種類によっては咲いていないものもあり、太陽光も今ひとつ。まあ、今週は雪、雨、風と続いたことを思えば、晴れてくれただけでも御の字かも。

Okurayama Park, a famous place for its Ume (Japanese plum) trees near our house has held an event for Ume blossom viewing this weekend. We visited it today this year too.

Although it was a little earlier for full bloom, it attracted many people to the hill top with its beautiful flowers and a variety of food booths. Visitors were enjoying seeing Ume, taking pictures, eating and drinking. Mild weather also helped that.


Ume blossoms in Okurayama月影」

 落ち着いた基調の白。上品な雰囲気があります。

Tsukikage (Moonlight)

Its white color is really cool and elegant.


Ume blossoms in Okurayama白加賀」

 青空に映える白い梅の代表格。

Shiro-Kaga (White Kaga)

Kaga is ancient place name of present Ishikawa prefecture. The clear white goes well with blue sky background.


Ume blossoms in Okurayama野梅」

 上の白加賀とこの野梅が、大倉山では最も多くみられる白梅。

 野梅は花の量も多く、咲いている期間も一番長い気がします。

Ya-bai (Wild plum)

Ya-bai is one of most typical white Ume blossom here as same as Shiro-Kaga.

It comes early and blooms strong and long, nice and easy to see.


Ume blossoms in Okurayama緑萼梅」

 私が最も好きな白梅。白と緑の配色というか影の付き方、それと花の形も。

やや個体差はあるものの、花の集まり具合も多過ぎず少な過ぎず。美しい。

Ryoku-gaku-bai (Green calyx)

I like this the best among all white Ume blossoms I know. I love the shape of flower, color contrast of the green and white, and also what it has a shadow in it. And the flowers do not straggle too much. It is totally beautiful.


Ume blossoms in Okurayama こちらは「冬至梅」

 同じ白梅でも、花の中心部の色によって印象が大きく変わります。

 この梅を撮ったのは初めてですが、なかなか色っぽくていらっしゃる(過去の梅の写真は毎年2月のエントリーからご覧いただけます。ちなみにこちらは去年のもの)。

Touji-bai (The winter solstice)

The red color in the center of the flower makes it even sexy.


Ume blossoms in Okurayama 紅梅で好きなのはこちらです。「鹿児島紅」。

 何と言っても判り易く紅い。そして鮮やか。香りもいい。

Kagosima-kou (Kagoshima rouge)

My favourite red Ume blossom is this. The vivid strong rouge seems clean for me.


Ume blossoms in Okurayamaしだれ紅」

 残念ながらまだ少し早かった感じ。満開で枝垂れている様はさぞ綺麗なことでしょう。

Shidare-kou (Drooping red)

This red Ume is really interesting to see but unfortunately it is still early today. We would like to see more flowers in bloom vertically!


Ume blossoms in Okurayama見驚」

“けんきょう”と読みます。花弁の多さ、花の大きさ、密集具合から来る見た目の見事さが名前の由来でしょうか。

 そうした特徴の割にそれほど野性的な印象がしないのは、その淡いピンク色のためでしょうか。

Kenkyou (Marvelous to see)

Its many petals, large flower and straggled blooming might cause the name. These natures could make this Ume more rugged, however, the pale pink saved it.


Ume blossoms in Okurayama 今日の“花より団子”はこちら、「鶏皮餃子」。その名のとおり、鶏の皮で餃子の餡をくるんで焼いたもの。いわゆる“B級グルメ”な一品です。

 味は…想像の範囲内で美味しいです。下に敷かれたキャベツとの相性は抜群で、この盛りと量で500円は屋台売りとしては立派、とはN嬢の評価。

 甘酒よりはビールに合わせるべきだったかも。

We also enjoyed some foods and drinks. Grilled chicken skins stuffed with ground meet and chopped cabbages are good or interesting. Drinking amazake (a sweet hot white liquor made from sake lees) in this kind of outdoor event in winter is a tradition of Japan.


Ume blossoms in Okurayama 最期の一枚は「花香美」。“はなかみ”と読みます。

 こちらも写真に撮るのは初めて。そもそも咲いているのを見たのが初めて。この梅林には何度も来ているのですが…。

 色は(薄い赤ではなく)本当に淡いピンク。正直ピンクはどっちつかずであまり好みではないのですが、これは綺麗。たくさん咲いていたこともあって、カメラマンにも大人気でした。

Hana-ka-mi (Scent of beauty in the flower)

It was first time for me to see this Ume; I had never found it in this park.

The pale pink was really beautiful. It was in full bloom and was drawing attentions from many photography fans.


Ume blossoms in Okurayama 行くとしたら今日だった理由のひとつがこれ、「大倉山梅酒 梅の薫」。

 もともとは大倉山公園開園60周年を記念して、同梅林の白加賀を使用して作られたもの。

 香り、口当たり、爽やかに甘い味わいと、とにかく美味しいのですが、その年の分が出るとすぐ売り切れてしまうため、手に入りにくい人気商品。

 観梅会は入手のチャンスなのですが、日曜日、つまり二日目に行くと、もう売り切れてしまっていることも。今回は無事購入出来て良かったです。

 梅が終わると、次はいよいよJリーグ、そしてtotoの季節です。うー、楽しみ。

Ume-no-kun (Aroma of Ume) is really popular Ume liquor here in Yokohama. It has its origin in the memorial product for the 60th anniversary of Okurayama Park; plums of Shiro-Kaga in the park used for the liquors. Now they use plums from other places to make it, still, Ume-no-kun has become too hot product. Once it comes on sale, it goes out too fast! This event is a good chance to get it so we had waited for this day and tried and then, finally won!

Next event we are waiting for is obviously this year’s J league starting! But now, we enjoy this sweet aromatic taste for tonight.


posted by MasaMaru (横浜在住) |21:33 | Entertainment | コメント(0) |

2011年02月14日

Happy Valentine's Day!

choclate report


Happy Valentine’s Day!

Allow me to show the chocolates from Ms. N (first picutre) and from her mother (second one) for this day. 

I thank them; I am really happy!


choclate report


 ヴァレンタインデー恒例のチョコレート自慢です。すみません。写真上はN嬢からの「Valentine collection 2011」 by 「CORNE Port Royal」(通販だそうで。日本にはまだ販売店がありません)。三つだけ食べましたが、どれも美味。

 下はN嬢母から。八戸の洋菓子店「Le Souverain」より「ボンボンショコラ詰め合わせ」。

 実は中身を確認していないというお母さんのために、写真左より「桃のガナッシュ」「アイリッシュコーヒー」「ドンペリ」「パレオー(バニラ風味ビターチョコガナッシュ)」「ボーノ(木苺のパートドフリュイとピスタチオのプラリネチョコレートの2層仕立て)」。ドンペリだけ食べましたが…おいしかったです。素敵なお店、地元にあるじゃないですかー。

 いつもありがとうございます。感謝!


posted by MasaMaru |07:12 | A piece of my life | コメント(3) |

2011年02月11日

35リキュール泡盛珈琲/AWAMORI COFFEE “35(SANGO) LIQUEUR”

AWAMORI COFFEE “35(SANGO) LIQUEUR”


 宮古島出身の友人がお土産でくれた泡盛珈琲「35リキュール」。

“35”は“サンゴ”、珊瑚です。沖縄の風化珊瑚で焙煎されたコーヒー豆を泡盛に漬け込み、味と風味を移しているのですが…

 香りも味も実にしっかり移っています。香りは高く、味わいは深く。ほのかに甘く。色も素敵です。

 それでいて突出していないと言うか、泡盛自体の存在感も素晴らしいと言うか。包み合っているとか、纏いあっているとでも言いましょうか。お酒としての印象は円くて柔らか。おいしいです。

 コーヒー豆を泡盛に漬け込んだものは以前にも他で飲んだことがあったのですが、これは格が違う感じです。

 売り上げの一部は沖縄県内のサンゴ再生支援金に活用されているというところがまた素敵。

 器も同じくお土産でもらった琉球グラスで、お湯割りで飲んでいます。肴はN嬢作、「イワシの丸干しのオイル漬け」。

Okinawan traditional liquor awamori meets coffee.

Coffee beans roasted by wasted coral of Okinawa that putted in great awamori a month totally give its excellent taste and aroma to the liquor. The smoky flavor and bitter taste are steady but never too strong; it perfectly comes together with the mellow touch of awamori, just like it has been held carefully. A subtle of sweet is also nice.

This deep brown colored awamori dressing up excellent coffee things brings us rich and relaxing night and helps to preserve Okinawa’s coral reef by a part of its sale.

Having a drink it with a Ryukyu glass that also special folk craft product of Okinawa is really fun.


posted by MasaMaru |18:45 | A piece of my life | コメント(2) |

2011年02月06日

東京ディズニーシー(クイズあり)/Tokyo Disney Sea

Tokyo Disney Sea


 久しぶりの東京ディズニーシーです。

 前回も確か2月だったような。バレンタインデイシーズン、学生さんの卒業前の思い出作りの時期であるにもかかわらず、2月が比較的空いているように感じるのは、やはり水辺は寒いからでしょうか。

 でもこの日はとっても暖かでした。


Tokyo Disney Sea いわゆる絶叫系のアトラクション、N嬢は大好きなのですが私は苦手。そこで、お互いに譲歩して“ひとつだけ乗る”というのが、この手の場所に来た時の二人のルール。

 この日のひとつは「タワー・オブ・テラー」。いわゆる“垂直落下系”です。

 ファスト・パス(時間指定優先入場券)が最初に売り切れるとスタッフの方に聞いたので、とりあえず購入。園内に入ってからすぐに行ったのに、もう18:00以降の分しか発券していませんでした。凄い人気です。


Tokyo Disney Sea 我々の場合、まずはお茶と作戦会議。

「ニューヨーク・デリ」の「ルーベンホットサンド」。

 バレンタインデイ使用でしょうか。ハート型。


Tokyo Disney Sea


 最初のアトラクションは私の好きな「海底2万マイル」(ちなみに次に好きなのは「ストームライダー」)。

 写真は朝日に佇むノーチラス号。アトラクション出口から撮影。


Tokyo Disney Sea 今度は「ノーチラスギャレー」にて、ビール越しに望むノーチラス号。

 昼前ですが飲んでいます。というか、これが出来るからディズニーランドではなくこちら(ディズニーシー)に来るんですけどね…。

 この後もちろん色々なところを回ったのですが、ひとつひとつ紹介していてはきりがないので省略します。

 下の写真はそれぞれ有名なアトラクションの側で取ったものです。関係のあるアトラクション、あるいは場所、みなさん判りますか?北海道在住で全部判る方がいたら、かなりのディズニー通ではないでしょうか。


Tokyo Disney Sea


Tokyo Disney Sea


Tokyo Disney Sea


Tokyo Disney Seaケープコッド・クックオフ」前ワゴンにて購入「ダッフィー・クッキー」。可愛いでしょう。

 このダッフィーのぬいぐるみを抱いて園内を歩くのが流行りのスタイルのようです。みんながひとつふたつ、あるいはもっと、ダッフィーを抱いていました。別売りの洋服で思い思いに着飾らせ、中にはベビーカーに乗せている人も…。

 アトラクションの待ち時間で新しく買った服に着替えさせているカップルも見ました。お友達を見つけて連れて帰るなんていうのもありでしょうね。


Tokyo Disney Sea 「マイ・フレンド・ダッフィー」は、前出のケープコッド・クックオフにて、軽食を取りながら、そんなダッフィーの生い立ちについて学べる(?)ステージです。

 ダッフィーはもともとミニーマウスがミッキーマウスのために作ったテディベアで、ダッフルバッグに入れられていたことからその名前が付きました。


Tokyo Disney Sea 旅に出ることの多いミッキーが寂しくないようにと願うミニーの想いの強さが(間接的に)彼を可愛い小熊にします。


Tokyo Disney Sea やがてミッキーとダッフィーは大の親友に。

 ダッフィー、可愛い!

 なるほど、既にダッフィーを連れている人はここでその愛を深め、まだ持っていない人は、ここを出てから自分だけのダッフィーを求めに走るわけです。私たちの場合…予算の都合で今回は断念(泣)。


Tokyo Disney Sea まがまがしく闇に浮かぶ「タワー・オブ・テラー」。いよいよ本日のノルマの時間です。

 世界中の財宝を盗んで回った大富豪、ハイタワーⅢ世に振りかかった呪い。強欲者の末路を追体験するこの恐怖のエレベーター、

 N嬢も絶叫でした。39mの垂直落下(建物自体の高さは59m。空港が近いので航空法ギリギリの高さ)、結構コワいです。詳しくは伏せますが…。

 でも個人的にはジェットコースター系のものの方が嫌かも。これは天地逆転もないし、恐怖の瞬間の前の眺めは案外素晴らしいし。


Tokyo Disney Sea この後、珍しく花火まで見て帰って来ました。もうくたくた。

 さあ、明日からはまた仕事です。頑張ろう。

Despite it has St. Valentines’ day in it and many high school boys and girls expecting graduation rash to create their beautiful memories, it seems that February’s Tokyo Disney Sea is less crowded maybe caused by the law temperature and cold wind of bay area.

Of course, the word “less crowded” for Tokyo Disney Resort never means small number of gests; it always attracts enormous people and we need to be in long line everywhere, still, the winter can be easy to enjoy there.

At least Ms. N and I were able to benefit from it this time too, many attractions such as my favorite “20,000 leagues Under the Sea”and “Storm Rider”, walking around the spacious park taking pictures, and som good foods and beer.

Duffy the Disney Bear is one of the most popular carricter of T.D.S. This day we found his origin by seeing “My friend Duffy”the show about his story and knew how he had drawn such a lot of love from many fans. He is simply and perfectly cute! There is no wonder that bringing a few or more stuffed Duffies from home to there is in mode now.

We totally had a great time until the last fireworks. I can say we enjoyed even that heart freezing 39 meters falling down elevator, “Towe of Terror”...


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:42 | Entertainment | コメント(0) |

2011年02月04日

今季日程発表!/J league schedule came out!

 今季の日程、決まりましたね。やはり心躍ります。

 最初のスタジアム観戦は4月30日、味の素スタジアムでのFC東京戦になります。横浜で2回、東京で2回のアウェイ参戦は確実。できれば札幌でも1回、叶わなかった場合は千葉で1回を考えています。

 今季の札幌に対しては、正直、昨季以上に微妙な印象を持ってこのプレシーズンを過ごしていますが、果たしてどう仕上げてくるのでしょうか(個人的な展望については後日)。

 いずれにしろ楽しみです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

The match schedule for this year’s J league that starts March 5th has been announced. 

It seems that our first time to see Consadole Sapporo’s game in a stadium is April 30th; Sappor meets FC Tokyo just stepped down to J2 this season in Ajinomoto Stadium.

We will see Sapporo’s game at least 4 times in the stadium; twice in Tokyo and twice in Yokohama. We also plans for one more in Sapporo or Chiba.

I almost cannot wait, I am really looking forward to seeing them. Come on, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru (横浜在住) |00:43 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |