コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年10月31日

第32節 草津戦/VS Thespa Kusatsu (Oct 31st, 2010 at Atsubetsu Sports Park Stadium)

 厚別最終戦を勝利で飾れず。連勝も出来ず。ここ2試合の内容に、密かな期待を掻き立てられていただけに余計残念…。と言うか、甘いこと考えてた自分、不覚…。

 最初の20分は完全にウチのペース。サイドを使って広く攻める、相手陣内に入ったら選手間の距離を狭くして(つまり一人一人が脚と頭を使うことでボールホルダー周辺に数的有利を生み出して)短くパスを繋いで崩す、やっと見えてきた札幌のサッカーが出来ていた。草津はもう、弾き返すので精いっぱい。

 それが終わってみれば何故か、“決めるべき時に決められなければ、勝てる試合も落とす”といういつもの教訓をまた学ぶことに…。ホント、何故?

 どこまでパスだけで崩せるかということに挑戦していると言うなら、それはそれでイイ(でも、そうならそうと言って欲しい。覚悟して観る必要があるから)。ただ、その場合でも守備で突然気を抜く癖はなくさないと。後半、前半はあれだけタイトに抑えていたラフィーニャに一瞬の隙を突かれて先制されると、勢い付いた草津に押されまくり、突然、大味なサッカーを始めるわ、キープレイヤーを次々と下げて投入したサブも機能しないわで、あっさりと負け試合に。1点取られて崩れるサッカーなら、1点もやらないようにしないと。反撃も火がつくのが少し遅かったし、内村、宮澤、あそこは決めて欲しかった…。

 これがまだシーズン序盤なら、それほど落胆する必要もなかったでしょう。少なくとも何に挑戦しているのかは見える。連携も良くなって来ている。しかし現実は今14位で、残りは6試合。寒い中客を集めるには、ちょっと力を持たない数字です。

 それでも集まる人のためにも、ここからまた立て直して欲しい。数字には関係なく、ホームのチームを、愛するチームを応援しているファンもいるのだから。少しでも多く勝って、このサッカーを継続することに説得力を持たせないと、この2年がまるごと無駄になる。

 来週は、昇格を睨み一試合も落とせない千葉が相手で、また厳しいけれど、まあ、だからこそ面白いという見方もあるし。その次の横浜は日スタまで観に行くから。やれることが限られているのであれば、その範囲でもがいてくれればいい。どうせ、こっちだって応援するしか出来ないんだ。応援だけは続けるから。

 とにかく最後の最後まで頑張れ、コンサドーレ札幌!

The last Sunday of October, this season’s last game at Atsubetsu Sports Park Stadium between Consadole Sapporo and Thespa Kusatsu ended in 1-0 victory for the visitor; Consadole failed in winning this big match on its holy home and finally disappoint over 5,000 fans there.

For both teams, it must have been difficult to control the game on the bad pitch but first 20 minutes were obviously for the home team; Sapporo’s broad range attack with short passes had worked well and players had kept trying hard, still, they could be more creative especially to finish it before Kusatsu players got used to the rough pitch and got their wind. The 60th minute’s Rafinha’s scoring for Kusatsu made the rival perfectly confidence and easy.

Consadole conversely got upset from that and lost their style. Unfortunately, the substitutes Ishizaki sent to give it some action did not work; they just lost key players such as Fujiyama, Sunakawa and Uchimura by that.

If it was still beginning of the season, for the team and even for fans, it could be acceptable; at least we can see what they want to do in the game, but reality on us is what we are in the 14th place and we have only 6 games for this year. This result made it more difficult for Consadole to attract fans and bring them to the game for the rest of the season.

However, this situation also can make another big surprising and first of all; it cannot be any reason for the fans to stop standing by their team. I mean our team. It even can make me more enthusiastic. Unless the last moment was counted, go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |17:43 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(7) |

2010年10月24日

第31節 富山戦/VS Kataller Toyama (Oct 24th, 2010 at Toyama Athletic Recreation Park Stadium)

 スコア以上の快勝。前節同様、攻撃ではサイドを使って広く展開、相手陣内でパスを繋いで守備を崩しきって得点、守備ではハードなプレスからボールを奪い、切り替えを早くという意図を明確に示し、しかもほぼ90分、そのスタイルでボールを支配しての勝利ですから、これは嬉しい。毎回これくらいやってもらえれば、必ずしも結果が付いて来なくとも、ファンも納得できると思うのですが…。

 内村のファーストゴールこそ経験と執念と持ち前のスピードが活きた完全な個人技でしたが、2点目、砂川のほれぼれするような左サイドのドリブル突破からゴールラインと平行に地を這うクロス、飛び込んだ上里のトリッキーなヒールショットでネットを揺らした場面は、この目指す“札幌らしさ”が生んだものと言って良いのではないでしょうか(砂川はほぼ90分運動量を落とさずにプレー。怪我人続出中ですから、大変心強いです)。
	
 もちろん、もっと点差が開いても良い試合でしたし(富山も相変わらず良く走るチームですが、今日は連携が今ひとつでした)、問題も目立ちます。まず、残り10分くらいで、さすがに疲れたのか、守備が雑になり、持ち前の不注意さから何度か決定的なピンチを招いています。高原のスーパーセーブと相手のツキのなさに感謝するしかない。腕を使って揉み合ってのファウルも、戦う気持ちの表れとは言え、FWがそれでカードをもらうのは、状況を考えれば全く不要。今日で言えば、上里と三上が特にですが、ミドルシュートを打てる時は打って欲しい。ミドルが来るという不安があってこそ、相手守備は釣り出され、こちらが前線でパスを回す空間が生まれる、砂川のドリブルや内村の裏を取るスピードもより活きて来るというものです。

 もっとも、しばらくすっきりした勝利に飢えていた我々ですから、充分喜べる内容でしたけれど(笑)。三上より更に若い、チーム史上最年少の17歳でベンチ入りした荒野が、残り数分とは言えピッチに立つなど、明るい話題もありましたし。後は、安易なバックパスを減らして、その分、前でパスの供給場所を作る動きが増えてくれれば、もっと面白い、エキサイティングなサッカーになると思います。この調子で頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo beat Kataller Toyama with two impressive goals in the away pitch of Toyama Athletic Sports Park Stadium. The score of 0-2 for Sapporo could be more. This day’s Sapporo kept overwhelming the home team almost whole 90 minutes with its play style; using both sides of the pitch widely and changing many quick short passes to build the game. It totally worked well.

Although the first scoring of the game in the 18th minute from starving ace striker Uchimura’s rush to Kataller’s goalkeeper Naito did not come from that; it was actually clever try with his experienced eye and good speed, the 53rd minute’s another experienced midfielder Sunakawa’s skilful dribble on the left side reached the goal line obviously took part in it and the horizontal grounder centering made Uesato’s heel-touch shot to finish the game.

They never can be without problem as usual, they were running out of gas having more than 10 minutes of the rest, their carelessness sometimes threatened Takahara’s goal and that great keeper alone saved the team. Besides that, they were able to turn their fighting spirits to rough play so easily this time. It could be just because of Kataller’s poor finish or unfortunate.

Still, this fine clear victory the fan had not seen for a while must have delighted and relieved them enough. The youngest player in its history, 17 year old Arano’s appearing also warmed them. When Consadole players start to try more to find the spots for sending their quick passes before them instead of returning it, their soccer must get more exciting and enjoyable. Keep going on, Consadole Sapporo! 

posted by MasaMaru |16:36 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2010年10月20日

ジャガイモのガレット/Potato galette

potato galette

 土曜日の話ですが、朝食にジャガイモのガレットを作りました(N嬢がじゃないですよ、私がです)。


potato galette 先々週になりますが、今年も札幌からジャガイモが届いていたので(いつもありがとうございます)。今年ももうそんな季節ですか。あんまり出来が良くないようだという話でしたが、美味しくいただきました。ちなみに上に乗ってるプレッツェモーロ(イタリアンパセリ)は我が家のプランターで育てているもの。

 こちらでも、今週は肌寒いかなという日が続いています。夏が長かったですが、いよいよ秋、そして冬がやって来るようです。

Saturday morning, I made a potato galette. My mother in Sapporo had sent us a full cardboard box of potatoes this year too. These some pieces of prezzemolo (Italian parsley) on the galette were picked from our planter.

Now we can feel the fall has come and the winter is finally stepping toward us after this long hot summer....


posted by MasaMaru (横浜在住) |07:31 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年10月16日

第30節 甲府戦/VS Ventforet Kofu (Oct 16th, 2010 at Sapporo Atsubets Park Stadium)

 勝ちこそしませんでしたが、良いゲームだったのではないでしょうか。

 最初の10分こそボールへの執念と、この試合への強い思いを感じさせた札幌でしたが、そこは下位に苦しむチームと、優勝そして昇格を睨むチームの差か、次第に地力で勝る甲府に押し込まれ始め、28分、自陣ゴール前で完璧に崩されてパウリーニョに落ち着いて決められた時は、正直これで決まったかとも思いましたが…。1点を失った後も決して慌てず、基本的には中盤でプレスをかけてボールを奪い、サイドを使ってチャンスを作るという、当初のプランを崩さなかったのが良かった。

 ハーフナーマイク、パウリーニョ、マラニョンという凶暴な3トップを擁しながら前半の内に一気に試合を決められなかったのは、甲府のミスでしょう。先制し、やりたいこともできていたため油断したのか。高原と藤山はともかく、札幌の守備陣はこの日も決して良くなかった。ボランチに芳賀がいるおかげで何とかなってはいますが…。吉弘はマークもクリアもボケボケで特に酷かった。石川も相変わらずちょっと不用意なところがあるように見えます。あれで甲府の攻撃を耐え凌げたのは幸運以外の何物でもない。

 決めるべき時に決めないとやられる、というのはウチが身を持って味わい続けている教訓ですが、後半開始早々の三上の同点ゴールは、格下相手に確実に勝ち点3を持ち帰るはずだった甲府のプランを大きく狂わせたに違いありません。現役高校生Jリーガーの、リーグ初ゴールにしてチームを救ったこの得点は、しかし、もうひとつ重要な意味を持っていました。
	
 ゴールに至るまでの経緯です。サイドからの展開、岡本のボールキープ、そこからオーバーラップして来た西嶋→高木→岡本→高木と、相手ゴール前でもきっちりと短いパスを繋いで崩し、最後は逆サイドに振って三上がシュート。なかなか見られない、石崎札幌が目指すサッカーが明らかになった瞬間でした。

 確かに美しいし、楽しい。そして(将来)J1で長くやって行くためにはあれくらいできなくてはいけないのかもしれません。しかし…。あれは難しいわ…。

 もちろん、三上個人も素晴らしかったです。U-19日本代表として出場したヨルダン戦で負傷し戦線離脱してしまった古田の昨年を思い出させる、才能の輝き。芳賀、藤山、砂川といったベテラン陣も好調で、かすかながらも雲間から覗く光を見た思いです。

 ただ、岡本がやや思い切りに欠ける気がしたのが残念。裏に抜ける内村とドリブルで掻き回す岡本という組み合わせが、個人的にはツートップとして良いんじゃないかと思うのですが…。いずれにしろ、これをきっかけに勢いを取り戻して欲しい。頑張れ、札幌!

A Sunday’s J 2 league game at Sapporo Atsubetsu Park Stadium between 15th placed Consadole Sapporo and 2nd placed Ventforet Kofu ended in 1-1 draw game but it was enough hot and exciting one especially for over 6,000 home team fans there in their red and black stripes.

It started Sapporo’s time; first 10 minutes they showed really strong will and strong playing to hold the ball and to control the game, but once they allowed the visitors to go ahead with Paulinho’s gentle touch shot in the 28th minute, the tide seemed to change to opposite side and go away.

Ventforet that now aiming for this season’s championship and promotion to J1 failed in smashing this northern team in long dark tunnel at a burst was just lucky for Consadole; its poor defence had never changed, still, they stood hard and kept blocking the threatening 3 top of Kofu. 

It was the 48th minute that they finally pulled buck the rivals again in the same pitch; the fine equalizer from high school J leaguer Mikami broke up the crowd in front of the Kofu’s goal, not only to save the team but also to celebrate his very first goal in the league.

However, this hopeful 18 year old talent of Sapporo’s scoring still had another important face. The way they got through Kofu defenders by changing short quick passes between Okamoto, Nishijima and Takaki before the Mikami’s shot was precisely what Ishizaki had wanted them since the first, struggling with many unexpected injuries. That play could show how they are getting closer to success after the long try.

Of course, Mikami was a hero; he worked really well until left in the 80th minute replaced with Kondo, reminding us last years’ Furuta who also appeared like a shooting star. And experienced players such as Haga, Fujiyama (great!) and Sunakawa (super!) were excellent too. They can feel a little blight sunlight now. Get the wind, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |17:43 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年10月14日

横浜赤レンガ オクトーバーフェスト 2010 その2/Yokohama Akarenga Oktober Fest 2010 again

October Fest 2010横浜赤レンガ オクトーバーフェスト 2010」、2回目行って来ました。N嬢と私それぞれが友人を連れて4人での参加。12:00前には着いたのですが、前回以上に盛況で、入場待ちは長蛇の列!


October Fest 2010 今回は主に前回飲めなかった国内の地ビールを中心に攻めようと決めていた私。最初の一杯は特に飲みたかったこちら、サンクトガーレンブリュワリーの「湘南ゴールド」(右)。その名のとおり、“幻のオレンジ”湘南ゴールドを使用したフルーツビールです。

 湘南ゴールド自体、実は横浜に住んでいながら未だ食べたことがないのですが…。その爽やかな甘さと酸味、柑橘系の香りにはびっくり。

 もう一杯も同じサンクトガーレンの「ブラウンポーター」。こちらはコクも甘さも濃厚。その割には飲みやすく(軽いのではなく柔らかい)おいしいのですが、飲み比べの対象としては、ちょっと極端過ぎたかも。


October Fest 2010 二回り目は富士桜高原麦酒の「オクトーバーフェスト限定ヴァイツェン」(手前)。

 オーストリア、チェコ、スロバキアの3国をめぐる旅から戻って来たばかりの友人I氏が、向こうで飲んだカラメル小麦使用のビールが旨かったと言うので、会場内にはないかと探して見つけたのが“カラメルモルト”を使用したこちら。

 これまたふんわりと甘い、それもちゃんと穀物系の甘さが香る一品。確かに美味しい(ただ、I氏がチェコで飲んで来たのはもっと甘いものだと…)。味は、ヴァイツェンなだけあって苦味は少なく飲みやすかったです。


October Fest 2010 三回戦。今回飲んだ唯一のドイツビールがこちら、本場ミュンヘンのオクトーバーフェストでも売上No.1を誇る「パウラナー ヴァイツェン」。さすが本物、実に旨いのですが…。ここまで変わり種を試し過ぎて、正直印象薄い感じでした。ゴメンナサイ。

 テーブルに敷いてあるのはI氏が回って来た東欧圏の地図。彼の地の様子、旅の苦労話面白話など大いに楽しかったです。向こうでビールを飲みまくって帰国したばかりにもかかわらず、ビールのイベントに来てくれたIさん、お土産もたくさんいただきまして、ありがとうございました。貸してもらった「テルマエ・ロマエ」も楽しく読みました。いつもスミマセン。


October Fest 2010 そして夜が更けるベイサイド…って、何時間飲んでるんだか(笑)。

「横浜赤レンガ オクトーバーフェスト 2010」はいよいよ今週末まで。行ける方でまだ行っていない方、この機会を逃さず、是非お試しを!

For our second visit to Yokohama Akarenga Oktober Fest 2010, Ms. N and I took a friend for each there, Red Brick Warehouse in the happy festival atmosphere, and finally we all had a great time with German foods, German atmosphere, and of course, those a lot of beers. We totally enjoyed drinking, eating, and talking as same as many other people that obviously kept growing; it never stopped to come while we were there, to the night.

I had decided to try more Japanese craft beers that I missed last time, and actually, it went very well. My friend A.I.’s story of his latest trip seeing around Austria, Czech, and Slovakia was really interesting and made us happier. We almost forgot the time.

However, unfortunately this weekend is the last chance to try it; it is closing on this Sunday. So never miss any good opportunities to join this fantastic beer festival coming from Munich to Yokohama, I’m sure that you love it! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:58 | Entertainment | コメント(0) |

2010年10月10日

ワールドフェスタ・ヨコハマ 2010/World Festa Yokohama 2010

World Festa Yokohama 2010

 10月の横浜はイベント目白押し。先週のオクトーバーフェストに引き続き、今日は山下公園でワールドフェスタ・ヨコハマ 2010を満喫して来ました(写真はロシアの民族舞踊。こういうステージがひっきりなしに行われています)。


World Festa Yokohama 2010 初日の昨日はあいにくの雨で、人出も盛り上がりも今ひとつだったとのこと。出店する各国料理店の売り上げも心配しつつ、今日は少々の雨でも出かける覚悟ではあったのですが、晴れて良かった!足元はちょっとぐちゃぐちゃでしたが、贅沢は言えません。右は会場の様子。毎回のことながら全体を伝えるのは難しい…。

Today, Ms. N and I went to Yamashita Park for World Festa Yokohama 2010, one of the biggest annual events in Yokohama and totally had a great time! Yesterday’s heavy cloud and cold rain was really unfortunate for the opening of this two day event, but it had gone this morning and finally blue sky came back!

The top picture is of Russian traditional dance and song on the stage. This festival always has many interesting stages of world’s music and dancing like this.


World Festa Yokohama 2010

 というわけでまずは腹ごなしの一品目、カメルーンのMafe(牛肉と野菜のピーナッツクリーム&トマトソース煮)とクスクス。ビールは写真左がガーナのもの、右はケニヤのもの。
	
 今回のワールドフェスタには「世界の麺・パスタフェア」というテーマがあったのですが、実はこの粒々でプチプチのクスクスも立派なパスタ(そしてとっても腹もちがいい)。この後のプランを立てつつ、おいしくいただきました。

Our first dish there was this; Mafe (Beef and vegetables in a sauce of peanuts cream and tomato) with Couscous, Ghanaian Beer and Kenyan beer. We like Couscous!


World Festa Yokohama 2010 ルーマニアワインを購入、チビチビやりつつ移動。ちなみに飲んだのは「Feteasca Neagra 2002」。爽やかな香りと甘い口当たりの後に来るしっかりした味わいに、ちょっとびっくり。

A cup of Romanian red wine made in 2002 that we tried at this booth was very aromatic and had a strong taste too.


World Festa Yokohama 2010

 ガーナのブースでビーンズシチューライスを購入。これは体が暖まります。パワーも付く感じ。

 もちろんシチューそのものもおいしかったのですが、横にちょこっと乗ったソースなのか、カレーで言えば福神漬け的存在なのかのそれが、甘辛で凄くおいしかったです(正体を訊きに行こうと思っていたのに結局忘れてしまいました…)。

Next we got this Ghanaian beans stew. It tasted good and we felt like it made us hot and even energetic.


World Festa Yokohama 2010 こちらのスリランカのブースは大繁盛で長蛇の列。ということはまあ、おいしいんだろうと当たりを付け、もちろん麺狙いで並びました。


World Festa Yokohama 2010 お目当てはこちら、String Hopper Biriyani(要は焼きそば)だったのですが、盛り合わせに色々融通が効くことが判り、結局3種類を乗せたプレートを購入。


World Festa Yokohama 2010 もう一品、スペインパスタ・パエリアも購入。大鍋で見るといっそうおいしそう。


World Festa Yokohama 2010

 盛られた状態はこんな感じです。丸皿が、スリランカの焼きそば(左)とチャーハン(右)、Kotto Roti(奥。実はこれもパスタ。刻んだパスタと鶏肉と野菜を炒めたもの)、角皿がパスタ・パエリア。ビールはガーナのもの(ちょっとカラメル香があって面白い味でした)。

 どれもおいしかったですが、Kotto Rotiの食感が特に面白かったです。パスタ・パエリアは、出来上がってから売られるまで置かれている時間の長さもあるので仕方がないのかもしれませんが、やや熱が通り過ぎな感じが残念。

Third round, we tried Sri Lankan fried noodle, fried pasta and fried rice on a plate, and Spanish Pasta Paella. The Sri Lankan fried pasta was a little chewy and delicious. It was totally new for us.


World Festa Yokohama 2010 民芸品のブースも充実しているのですが、今回断トツで面白かったのがこれ、ペルーのチェス。なんとインカ軍(手前)対スペイン軍(奥。当然悪役?)!

 国の歴史から考えると笑いごとではないのでしょうけれど…ニヤッとしてしまいました。実はかなり欲しかったです、2,200円。N嬢がチェス出来れば買ってたかも…。

Peruvian chess board featuring Inca VS Spain

The World Festa also has many folk craft’s booth like this and watching them is really fan too.


World Festa Yokohama 2010 こちらは同じペルーでも食べ物のブース。肉が焼ける匂いがたまりません!

 入り口近くにあることもあって、このブースの前は何度も行き来したのですが、この男の子、とっても働き者でした。

 そしてここでは、ささやかながらスペイン語での会話もできて大満足。


World Festa Yokohama 2010

 で、本日締めの一品。ペルーのバーベキューチキン(付け合わせはふかしたジャガイモ)と、もちろんペルーのビール。もう“肉食ったー!”って感じでした。味付けもスパイシーで塩加減も最高。ビールはクリアーでグイグイ行ける系。

Peruvian booths were not only for souvenirs, of course, we could not leave there without its delicious foods. We took this Peruvian barbecue chicken for our last dish and it was perfect choice. The juicy tender nice tasted chicken made us satisfied completely. And I was really happy too when I found my Spanish worked enough there.


World Festa Yokohama 2010

 ステージではチリ(イースター島)の民族舞踊が。南国の雰囲気いっぱいでイイ感じ。

 もう食べられないし、そろそろ帰ろうかと思ったその時、目に入ったのが…


World Festa Yokohama 2010 これ!!

 インパクトあるんだかないんだか…。

 まあ、食べられない事実は曲げられないので、持ち帰りにしました。


World Festa Yokohama 2010 というわけでお土産。ミャンマーの鹿ロールサモサルーマニアワインCheree Tree Hill 2000」、ケニヤ産のマカダミアナッツ。

 鹿ロールは鹿肉の量が少ないため、正直評価不能。ビーフジャーキーを調理したような食感で、肉そのものの味までは判りませんでした。ワインはとっても芳ばしくて、味はベリー系。ちょっとスパイシーなところが面白いです。昼飲んだものより重くて、トータルではこっちが上でしょうか。

 毎回、食べて遊んで大満足、外れのないお祭りです。世界の味と文化に触れられる「ワールドフェスタ・ヨコハマ」、来年は皆さんも是非いらして下さい!

After enjoying the Easter Island’s traditional dance on the stage, we got Myanmarese venison wrap sandwiches and samosas, a bottle of Rumanian red wine, and Kenyan Macadamia nuts for home, and now staying night with them.

This event is always really nice and enjoyable, it never disappoints you. Please come and try next year. Let’s have a great day with world’s foods and cultures here in Yokohama!


posted by MasaMaru (横浜在住) |21:10 | Entertainment | コメント(0) |

2010年10月02日

横浜赤レンガ オクトーバーフェスト 2010/Yokohama Akarenga Oktober Fest 2010

October Fest 2010

 今日紹介するイベントはこちらです。「横浜赤レンガ オクトーバーフェスト2010」!キャッチフレーズは「赤レンガ倉庫はドイツ三昧!!」。偽りなしです!開場11:00。N嬢と二人で当然午前中から飲みまくりッス!


October Fest 2010

 テント内はこんな感じ。ただ大勢でビール飲んでるだけなんですけど…これが実に楽しい。何なんでしょう?


October Fest 2010 ビールだけじゃないんです、おつまみも本場ドイツからのものが揃っています。真似っこイベントだとしても、楽しませようという心意気は本気です。


October Fest 2010 というわけで一杯目。一日500杯限定の「シュパーテン オクトーバーフェストビアー」(右)と「パウラナー デュンケル」。

「…オクトーバーフェストビアー」はキリッとさっぱり、どちらかというと日本人好み系。ラガーと言っても本物のオクトーバーフェスト公認ビールですから、そこは国内大手が売っているそれとは全くの別物。「パウラナー デュンケル」は香ばしさと甘さが心地良く、ラガーと比較しつつ飲むのが楽しかったです。


October Fest 2010 おつまみ「あらびきチューリンガーソーセージ ラウゲンプレッツェルロール付き」と「ザウワークラウト」。

 このソーセージとパンの組み合わせがまた…たまりません。


October Fest 2010 テントの中のステージでは、これまた本場ドイツからやって来た「ミュンヘンエクスプレス」が生演奏中。

 いやあ、とにかく盛り上がるんだ、これが。


October Fest 2010

 みんなで「プロースト(Prost)!!」(ドイツ語で「乾杯!!」)。もう、盛り上がり過ぎて訳判らなくなりつつあります(笑)。


October Fest 2010 二回り目。「ピットプルガー ピルス」(左)と「シュパーテン オプティメーター」。

「ピットプルガー…」はジョッキが陶器なのがもったいないくらい綺麗な黄金色のピルスナー。ホップのアロマとフルーティーな味わいに圧倒されます。一方「…オプティメーター」はスモーキー&スウィーティー、濃厚なコクがたまりません!


October Fest 2010 つまみに今度は「プレッツェル」。

 焼き立てですから、これまたおいしい…。塩加減がまた絶妙。


October Fest 2010

 横浜赤レンガ最高!                   


October Fest 2010 おー、また会ったね、オリゼー…。


October Fest 2010 というわけで三回戦。「エルディンガー ヴァイス」(左)と、サンクトガーレンブルワリーの「YOKOHAMA XPA」。

「エルディンガー…」は典型的な上面発酵小麦ビール。その柔らかな口当たりとまろやかな味わいは…最初に飲むなら良かったのだろうけれど、ここまで色々飲んだ後では正直物足りなかった、ゴメンナサイ。一方「…XPA」はこれでもかというIPA。強烈なホップの香りと苦みが驚くほどの鮮烈な味わいを生み出している絶品。正直、国産のこれが一番おいしかったかも…。


October Fest 2010 特筆すべきは売り子さんたち。とにかく、皆さん綺麗で可愛かったです。

 お土産用に可愛いTシャツやピンバッジも売っています。今日から3週間にわたって平日もぶっ続けで開催していますから、機会のある方は是非遊びに来て下さい。入場料200円、あとはビール飲んだだけ(900円~/杯)、つまみ食べただけ(400円~/皿)。楽しさは保証します!

 ちなみに帰宅後エビスビールも飲みましたが…全く別の飲み物なんじゃないかと感じるほど物足りませんでした、サッポロさんには悪いけど…


October Fest 2010Yokohama Akarenga Oktober Fest 2010 is now held at Yokohama Red Brick Warehouse and Ms. N and I went there today. It was…totally fantastic! We have really good time!

This event featuring the world biggest beer festival in Munich, German also attracts a lot of people here in Yokohama every year. Visitors can try a variety of many beers and foods that came from German and Japanese products too. Of course, we enjoyed good enough those deferent tastes and flavors with a great German music, beautiful girls in cute costumes, and especially the festival atmosphere there. The weather was nice and warm besides that; it totally became a perfect weekend day.

This event lasts for 3 weeks from today, so let’s check it up and try those fine beers if you have any chances. Never miss it! 


posted by MasaMaru (横浜在住) |19:39 | Entertainment | コメント(5) |