コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年09月26日

第28節 岐阜戦/VS FC Gifu (Sep 26th, 2010 at Sapporo Atsubets Park Stadium)

 勝てたんじゃないかとも思いますが…。

 前節の大敗を引きずることなく積極的にプレスに行けていましたし、パスも回せていた。ただ、これは前節同様、あの悪いピッチに細かいパスで繋ぐサッカーは…ちょっと難しいんじゃないかと。むしろ、開始直後に岡本が何度も見せていたドリブルが有効だったのではないでしょうか(岡本はその後すぐ、不思議と消えてしまいましたけれど…)。高木や後半途中から出た砂川も同じような攻撃でチャンスを作ってましたし。
	
 しかし今日いただけなかったのは、何といっても最後の最後での思い切りの悪さ。試合を観ながら“何故そこで打たない?”“もっと早く打て!”と叫んでいたファンも多かったのではないでしょうか。慢性的な決定力不足から慎重になっていたのかもしれませんが…。

 サイドに振る時に足下へのパスや下がり気味のパスが多くなるのも、同様に自分達のプレーの精確性に自信を失っているからでしょうか。とは言え、もっと前へ前へと展開する速さを見せないことには、ボールを支配されている相手も、それほど怖くはないはず(時間さえ経てば、最終的にはカウンターのチャンスが来るわけですから)。今日の岐阜は引き気味とは言え、腹を据えてタフに守っていましたから、こういう相手を崩すには強引に押し込んで下げさせるか、アイデアで戸惑わせて隙を作りたいところでした。

 怪我の功名とは言え、高木と芳賀のボランチは良かった(芳賀は本当に素晴らしい。彼と藤山は今の札幌に不可欠)。前出の岡本、途中出場の砂川と上原も良かったので、次節も見てみたい。期待できる要素はあります。

 2週間挟みますが、厚別の試合が続きます。今日来てくれたファンに応えられなかった分も返すべく、次節は良いところを見せて欲しい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

The last Sunday of September, Consadole Sapporo met FC Gifu at Atsubetsu Sports Park Stadium and drew by 0-0. It was close game; Consadole players kept pressing the visitors really hard and aggressively and actually created some chances to score, still, these were a little flat against Gifu’s defence that had been always tight and tough.  It rather helped Gifu’s quick counterattack sometimes.
.
It was also unfortunate for Sapporo that the pitch was very rough and difficult to make its short passes work for building up the attack. And it seems that the chronicle poor finish has made them too much carefully; almost all the time they held the ball too long and waited for something unnecessary, just to miss those chances.

However, Ishizaki’s new choice used Takaki and Haga to center midfielder seemed to be well. Okamoto’s dribble was never bad and substitutes Uehara and Sunakawa were also getting better. They supposed to be learned it more for next match to reward over 5,000 disappointed Consadole fans there this day, at the same place.

posted by MasaMaru |18:17 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年09月23日

第27節 柏戦/VS Kashiwa Reysol (Sep 23rd, 2010 at Hitachi Kashiwa Soccer Stadium)

 豪雨の日立柏サッカー場で、5対1の完敗。

 最終的に二人の退場者を出したことを差し引いても、やはりプレーの精度、選手個々の技術の差は、観ていて明らかでした。叩きつけるような雨、たっぷりと水を含み、あちこちに水たまりができた重いピッチといった悪条件下で、それらが一層際立った感があります。

 とは言え、断トツで首位の柏を相手に、特に前半は、ウチも良く頑張っていたと思うのですが…。足りない部分は慎重さと集中力で補おうとするかのように。

 だからこそ最初の上里の退場と、それ以上に戦術上の交代で藤山が下がったことが痛かったとも言えますが。宮澤まで2枚目のイエローカードで去り、失点も重なり、それでも最後の15分は気持ちも見せてくれたと思いますし。

 しかし、決定的な仕事が出来るストライカーの不在により、攻めた時間が報われることなく、やがて守備が力尽きるという今季通じての問題が、結局は試合を決めました。ただこれは、シーズン中、残りの時間ではどうしようもない部分でしょう。むしろやるべきことは、そうした状態で如何に自分達の目指す戦い方を示すか。ここで中途半端にトータルの順位を気にしたり、とりつくろうようなサッカーをしたりしては、それこそ来季以降に残せるものがなくなってしまいます。

 U-19日本代表に選出された古田の、一矢報いる華麗なミドルシュートが僅かばかりの救いでした。代表合流はまだ先のその古田こそいるものの、故障者と出場停止者で駒不足ここに極まれりといった札幌、岐阜戦は意地の巻き返しへの期待と同様、メンバーの顔触れも楽しみにしたいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

For a holiday Thirsday J2 league game, miracle did not happen. The league leader Kashiwa Reysol beat down 12th placed Consadole Sapporo by 5-1 at Hitachi Kashiwa Soccer Stadium under the hard and cold rain. The soaked heavy pitch made the game really difficult; it was even like play in the pool.

First 45 minutes were almost for the home team; Kashiwa’s playing were always more skilful and accurate than visitors but Sapporo managed to stand it up well, very carefully. However, after Uesato were eliminated in the last minute of the first half because of his second yellow card of this day it turned to too much hard for Consadole. And then Kitajima’s scoring with his head for Reysol in the 60th minute actually decided the match. Once they allowed the rival to go ahead, there was no chance that Sapporo would turn it over.

Although 72nd’s Furuta’s excellent middle shot celebrating that his own joining the under 19 national team made it 2-1 to cheer up the team, 80th minute’s Miyazawa’s leaving also collecting two yellow cards caused Roger’s success in the penalty kick totally finished it.

Consadole were not so bad, rather better than usual especially to build up its offence. But without enough strikers its defence could not stand whole 90 minutes following the problem staying on them this season. Now it seems to be so hard for this northern team to show the fan what they are trying and heading for, even in this tough situation with many injuries and suspended players. Still, there is no way to throw it out unless they give it up all; there next game against Gifu is coming on this Sunday, keeping moving on must get them through the long tunnel to the goal.

posted by MasaMaru |22:25 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年09月23日

夢の島熱帯植物館/Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome

Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome

 月曜日の話ですが、夢の島熱帯植物館へ行って来ました。同じ夢の島公園の敷地内にある陸上競技場でコンサドーレの試合が行われたこともあるので、ご存知の方もいるのではないでしょうか。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome エントランスから様々な植物と趣向を凝らしたディスプレイを楽しむことができますが、ドーム状の館内には10メートルを優に超える巨大植物が繁り、滝あり池あり、色鮮やかな花々やちょっと怪しい食虫植物ありで、その多種多様な展示と、まさに熱帯のジャングルといった雰囲気を満喫できます。

 右の写真はオウギバショウ。他ではダイオウヤシ、バナナやタコノキも、何かこう、見上げるだけでときめくものを感じる立派さでした。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome トーチジンジャーの花。凄く大きい。実際ショウガの仲間で、鑑賞用のみではなく、若い蕾は香味野菜に、果実は主食に、種は香辛料として使用されるそうです。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome 食虫植物サラセニア・プルプレア。壺のような葉の中を覗いてみると…


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome 哀れ、アリが2匹。

 写真は撮らなかったのですが、館内にある池をほぼ水面の高さで窓の外に眺めながら軽い食事ができる喫茶室はお勧めです。生ビールを飲んでいる間にスイレンの花が閉じ始めて、変化が見て判るのが面白かったです。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome この方も遊びにいらしたようです。

 ヤコウタケ(発光キノコ)展示場所にて。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome 来週いっぱいまで「河川の王者 ナマズの世界」と題したナマズの企画展示あり。写真は日本固有のナマズ3種のうちのひとつ、イワトコナマズ(残りはマナマズとビワコオオナマズ。どちらも水槽で展示されています)。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome エントランス横のビオトープでもスイレンが綺麗に咲いていました。

 下は、ハロウィンシーズンに向けて巨大カボチャが並べられた芝生。

 お昼から入って、滞在3時間といったところでしたが、入館料250円は元を取ってお釣りが来た印象(税金を納めている東京都民の皆様、ありがとうございます)。

 ゴミの埋め立て地の有効活用である夢の島公園。これからの時期、緑豊かな園内を散歩するのも楽しそうです。バーベキュー広場などの施設もあります。機会がありましたら是非どうぞ。


Yumenoshima Tropical Greenhouse Dome

Last Monday, Ms. N and I visited Yumenoshima Tropical Green Dome in Yumenoshima Park where originally placed on a landfill. There are many kinds of variety tropical plants; from gigantic palm trees and traveler’s trees to mysterious carnivorous plants with other colorful flowers in its unique formed dome. It has even a waterfall and pond that full of beautiful aquatic plants floating on, so we can totally enjoy that vivid-humid-jungle atmosphere and learn a lot about them with only 250 yen entrance fee.

The name Yumenoshima means Dream Island in English and this park is really a good place itself to visit and play, enjoy walking and seeing the green view. It also has a barbeque park.

Now a special exhibition for world catfish is held in the botanical garden and many big pumpkins are displayed on the grasses at the side of its entrance for the Halloween season. Check it out if you have any chances!


posted by MasaMaru (横浜在住) |18:33 | Entertainment | コメント(2) |

2010年09月19日

第26節 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (Sep 19th, 2010 at Sapporo Atsubets Park Stadium)

 荒れたピッチと拮抗した戦力、まあ、難しい試合でしたし引き分けでも良かった内容でしたが…。最終的には不用意な守備のミスから最後の最後でPKを献上、W杯による中断後、調子を落としていた鳥栖相手に、結局は負けてしまいました。

 今季初となる横野の最初からの起用、藤田の穴を上原で埋めるなど、工夫と変化を見せて来た石崎札幌でしたが、両選手とも力不足を否めない出来でした。後半、それぞれを岡本と高木に変えた辺り、前節同様、大胆に戦法を変えることで相手を混乱させる策かとも思えましたし、実際機能しかけたようにも見えたのですが…。

 攻撃的になったことで結果的にはよりカウンターのチャンスを相手に与えることとなり、最後の最後で失点。吉弘一人を責めたくはないですが…あまりにも浅薄。

 これでまた波に乗り損ね、まだまだトンネルの中の札幌。苦しい状況が続きますが、少しでも上を目指して頑張って欲しいものです。

Sunday, amid of this long weekend, Consadole Sapporo met Sagan Tosu at Atsubetsu Park Stadium and lost this important game by 0-1. The rough pitch came from this year’s too hot summer for Sapporo had been able to make the close game more difficult – the tide came and turned between both teams- but it was finally decided in the 86th minutes by a penalty kick for Tosu because of Consadole’s poor defence and Yoshihiro’s careless mistake in its penalty area that could be avoid.

This time Ishizaki used Yokono for forward and Uehara for left side midfielder but it did not work enough. In the second half these positions were replaced with Okamoto and Takaki for each and they got more aggressive by that, it also gave Tosu players useful space in front of Takahara’s goal.

Sapporo failed in catching a fair wind again and it seems they still have to be a tunnel for a while.

posted by MasaMaru |21:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年09月16日

「大哺乳類展―海のなかまたち」/See the great mammals of the Sea

Great mammals

 もう先週の日曜日の話ですが、こちら、上野の国立科学博物館に行って来ました。


Great mammals 現在開催中の「大哺乳類展―海のなかまたち」を見るためです。凄い人出でしたが、大変楽しく、興味深い特別展でした。

 クジラやイルカ、アザラシやアシカ、セイウチ、ホッキョクグマといった哺乳類にとどまらず、さまざまな海の生物が、大はシロナガスクジラから小は(クジラに寄生する)シラミまで、40種以上約100体が、骨格標本や剥製(模型)、ふんだんな写真とテキストで紹介されています。まだまだ謎に満ちたその生態や進化の歴史など、色々なことを知り、学ぶことができます。


Great mammals

 数ある展示の中でも、最も来場者を驚かせ興奮させるのは、この巨大なシロナガスクジラの骨格標本でしょう。なんと全長25メートル。その存在感たるや…上の写真では伝わらないかも…。


Great mammals ただ、この企画の本当の価値は、例えばそうした非日常的な驚きや発見が、“生きる”あるいは“命”といったキーワードを通じて、最終的には極めて日常的な事柄に繋がっていく点だと思います。

 今、人間によってホッキョクグマの生息環境が非常に脅かされていますが、それが地球全体にとっての危機を意味するのは何故なのか、またそれを守ることが地球上の全ての生物を守ることになるのは何故なのか、そのために私たちがすべきこと、できることは何なのか…といった具合です。ことさらエコロジーであることに神経質にならずとも、できることは少なくありません。


Great mammals もちろん、海の神秘と驚異を気楽に楽しむのもありだと思います。何かに圧倒されたいという方にもお勧め。今月の26日まで開催してますので、夏の最後のイベントとして、機会のある方は是非どうぞ。


Great mammals Last Sunday, Ms. N and I went to National Museum of Nature and Science in Ueno and saw the special exhibition for sea mammals. From enormous whales to minimal lice, great variety and numbers of mammals and other wild lives in the ocean are displayed as frame specimens or staffed animals with many texts and pictures.

Visitors can learn and study a lot about those creatures’ behaviors and evolutions in the mysterious and wonder water world even with a global scientific view.

The most attractive and exciting thing there is obviously this overwhelming 25 meter long huge blue whale’s frame, still, it cannot be everything. By the time we found how we had threatened polar bears and why keeping safe and good environment for them can save all other lives, this thought provoking exhibition leads us to think what people can do and should do to live as a part of this planet.

It is held since September 26th. Take this opportunity to touch our relatives in the great water and fill you up with breathtaking discovery in the last of this summer.


posted by MasaMaru (横浜在住) |00:52 | Entertainment | コメント(0) |

2010年09月11日

第25節 大分戦/VS Oita Trinita (Sep 11th, 2010 at Kamoike field and track ground)

 前半と後半で選手の配置を変え、プレーのリズムも変えた札幌。これが作戦だったなら面白いとも思うのですが…。まあ、そんなことはないでしょう(笑)。

 作戦としては、今、チームで最も動きにキレがあり、仕掛けどころの判断も良い高木を後ろに下げることで、守備の枚数は維持したまま攻撃的に戦う選択肢を残し、同時に、技術とアイデアで独りでも局面を変えられる岡本をトップ下に置いて何とか得点機を増やす―そんなところではなかったでしょうか。

 しかし前半、これが全く機能しない。理由は運動量とプレーの正確性ともに酷かったから。対照的に大分は、“ああ、これ、ずーっと練習しているんだろうなぁ”という連携を随所に見せ、32分にはCKからのトリックプレーで先制。その後も札幌を圧倒し続けました。

 札幌が息を吹き返したのは、後半から岡本に替って入った近藤の強烈なミドルシュートから。彼の強引なドリブルに引きずられるように、チーム全体がサイドに振ってから縦への突破という動きを多用し出すと、案外早く脚が止まった大分に、慌てたようなプレーが増え始めます。64分、石崎監督の思惑どおり(?)の形で左サイドの深い位置でボールを受けた高木の落ち着いたクロスに、中央に詰めていた征也が合わせてまずは同点。直後にキム・ボギョンにあわやというシュートを打たれる信じられない場面もありましたが、76分、今度は右サイドから、芳賀のゴールに向かう気持ちの入ったセンタリングを大分の選手が手でクリアしたという判定で(こちらも気持の入ったプレーでしたし、故意ではないはずですが)PKを獲得、これを内村が決めて逆転、後は必死に逃げ切りました。

 とは言え、何がやりたいのか全く見えて来ないサッカーが90分続いたというのも事実。シュートも自分達の倍打たれていますし、良く負けなかったものです(高原が温まりっぱなしだったのが良かったのか)。裏を返せば、あれで逃げ切れない辺りが、(ツキのなさも含めて)大分が今の順位にいる理由かと。3-5-2が機能したというのも、単なる結果でしょう。そもそも対人に弱い今のウチのDFで、あのフォーメーションで90分は危険。勝ったとは言え、状況が上向いたとは思えません。藤田の負傷も気になるし。

 少ない駒でのやりくりを強いられている現場の苦労は想像に難くありませんが、だからこそ、なんとか踏ん張って欲しいところです。今から逆転昇格などと無茶をいうつもりはありません。日頃練習している自分達のサッカーがあるはずですから(できるものなら見てみたいのですが…)、それを試合の中で見せられるように頑張ってもらいたい。行け!コンサドーレ札幌!

Saturday’s J2 league game between Oita Trinita and Consadole Sapporo in Kamoike, southern Kyushu Island ended in 2-1 turn over victory for Sapporo disappointing over 4,500 home fans.

This day’s Sapporo started the game with Takaki in its defence and Okamoto as a shadow striker. It seemed that Ishizaki tried to keep active soccer without reduce the number of defenders by relying Takaki’s recent vital playing and sharp eye to attack and accurate ball control. And Okamoto must have been supposed to create more chances to score with his creative skillful playing. However, it did not work at all; it was totally Oita’s game at least in the first half. Oita went ahead by 32nd minute’s trick play from its corner kick and kept overwhelming the visitors; the players in Trinita blue always worked harder and tougher and it was full of good try actually.

For Sapporo, Kondo who had been sent at the begging of the second half as a second striker changed the game; his energetic dribble could cheer up the teammates and broaden its offence. Using both sides of the pitch and attack vertical started to work for Consadole with changing its formation 4-4-1-1 to 3-5-2. Trinitas got tired also helped it. 

In the 64th minute, Fujita’s touch to Takaki’s cross equalized game and 76th minutes’ Uchimura’s penalty kick from Oita’s Kikuch’s handball drawn by Haga’s strong cross to Trinita’s goal decided the game. It could be almost just unfortunate for Oita but that was the soccer.

It never had needed any sacrifice but Sapporo’s Fujita got injured in the 85th minute to make all people concerned them worry about it. Next weekend’s home game against Sagan Tosu, they can need to play without Uchimura and Fujita desperately.

posted by MasaMaru (横浜在住) |21:24 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年09月05日

Summer stays long

Summer time pleasures

 実家の札幌から今年もトウキビが届いたのはもう先週の話だというのに…(おいしくいただきました)。

 9月に入っても猛暑の連続。今日も完全な夏空。蝉もまだまだ盛んに鳴いていますし、秋の気配はありません。


Summer time pleasures

 こちらは今日の写真。ピザは散歩の帰りに購入(そのまま飲みに突入)。各社ビールや発泡酒は、一足先に秋に向けて衣替え。

Last week, we got some sweet corns from my parents in Sapporo this year too, although it is still summer hot here in Yokohama.

Today it was too hot for September. Shops starts to sell autumn designed products but it does not seem that the season has moved in the fall at least on the calendar.


posted by MasaMaru (横浜在住) |19:06 | A piece of my life | コメント(0) |