コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年07月28日

我が家の茄子続報その3/It's grown that long

Egg plants なんだかここのところ茄子とサッカーの事しか書いていないような気もしますが、我が家の茄子です。

 飛天長という種類で、その名のとおり長い実がなりました。30センチメートルは超えています。

 今朝、撮影後に収穫。早速今晩「茄子とオクラと豚肉の味噌炒め」として食卓に登場しました。

 もちろんおいしかったのですが、実は少し皮が固かったです。

Our eggplant has a long one; this kind named Hiten-naga (Sky high reach) originally has long fruits like this, still, it has grown over 30 centimeters long.

This eggplant came to tonight’s dinner table and of course we enjoyed it, but actually, the skin was a little tough...



posted by MasaMaru (横浜在住) |00:25 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年07月25日

第19節 横浜FC戦/VS Yokohama FC (Jul 25th, 2010 at Sapporo Dome)

 ジャッジに関しては、それがどんな重要なゲームにおける、どれだけセンスのないものであっても、基本的に覆されることはなく、審判は絶対である―というのは、少し前の南アフリカでも見られたとおり。これもサッカーの一部として諦めるしかないとしても、やっぱり残念な石川の“早過ぎる退場”でした。

 開始後わずか4分、ゴール前の一発レッド。PKを与えると同時に、長い残り時間をひとり少ない状態で戦わなければならない不利な状況に。今節は累積警告で藤山を欠き、ただでさえ守備には不安があったことや、前節3位の千葉相手にアウェイで完勝、ドームに2万8千を超えるファンを集めての大一番だったことを考えるとなおさら悔やしい。

 ただ、その後やれたことはもっとあったような気もします。前半はもう少し落ち着いて、無理ないクリアに徹しても良かった。後半は、チャンスには全て相手ゴールに向かう強いボールで終わって良かった。特にセットプレーでは、左から入れるボールで上里に蹴らせる意味はなかったように思います。右からは上里、左からは藤田が、直接入れるくらいの気持ちで蹴って欲しかった。

 まあ、それで面白いところにこぼれても、今日の札幌では結局“そこでひとり詰めてくる選手が足りない”ということになっていた気もしますが…。むしろ、失点を2点に抑え、藤田の難しいヘディングで一矢報いたことを褒めるべきかもしれません。しかし、これでまた波に乗り損ねた感があり…うーん、ますます厳しくなって来たなー。

Sunday evening’s J2 league game that Consadole Sapporo met Yokohama FC in its home Sapporo Dome was finally decided by a too much early red card to appear. It was only 4th minute when Consadole center defender Ishikawa was shown the card by objection in Takahara’s penalty area. Yokohama went ahead by this penalty kick and it was not so difficult for them to add another goal during the first half.

Consadole players worked hard and well without both their key defender; Fujiyama had been not there this day because of his suspension, still, they could settled down more quickly after Ishikawa’s leaving. They also should have attacked more simple and easy; especially when they tried to cross or centering, it should have headed the goal more strongly.

Fujita’s 65th minute’s scoring with his header to Miyazawa’s cross was difficult one and also was totally good try but it was the best for this day’s Sapporo. Over 28,000 Consadole fans there that had been collected by last game’s 3-0 victory against Jef United Chiba could get disappointed.

posted by MasaMaru |19:52 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年07月18日

第18節 千葉戦/VS Jef United Ichihara Chiba (Jul 18th, 2010 at Fukuda Denshi Arena)

 遂にJリーグが再開しました!W杯効果でしょうか、各ゲーム好プレーが続出だったようで、何であっても一流のものに触れることが如何に大事かということだと、先ほど電話で話した札幌の父も申しておりました。

 そして我らが札幌もやってくれました。3位を行くジェフを相手に開始わずか5分で先制ゴール。コーナーキックからのボールを拾ったキリノが自陣に向けてドリブルをスタートするかと見えた瞬間、上がって来た古田とスイッチ、同時に古田がシュート、とりあえず危険な状態を回避したと思いこんだジェフの守備の虚を突くような迷いのない脚の振りにはしびれました。あれは意図したものだと思いたい。

 しかし、その後85分間は、ほぼサンドバッグ状態。ひたすらに防ぎ、ただただクリアーをくりかえす、いつも以上に相手のミスと高原のセーブに救われる長い時間が続きました。

 が、なんと次の得点はまたしても札幌、それも再び古田からでした。これもいつも以上に報われないハードワークを続けるワントップのキリノと、中断期間中に清水から期限付き移籍をして来た高木、75分に入った岡本の3人に前を任せて逃げ切りに必死だった89分、味方のクリアーに走り込むとサイドをドリブル、中に切り込み、思い切りよくシュート。“メッシのようなプレーが目標”という言葉に俄然真実味を持たせた瞬間でした。更にアディショナルタイムにも、ドリブルでは負けられない岡本が、オーストラリア代表ミリガンの散漫な守備を見逃さず、とどめのゴール、なんとアウェイで3得点無失点の完全勝利を決めました。
	
 正直、どう見てもこうなるべき試合ではなかったのですが…。こういうこともある、これがサッカーであるというのもまた、ついこのあいだまで南アフリカで繰り広げられていたとおり。ラッキー。

 柏と引き分けてやはり良い再スタートを切った横浜FCをドームに迎えての次節、累積警告の藤山を欠くのは痛いですが、高木がなかなか良い動きを見せてくれましたし、これを弾みに勝ちを増やして行って欲しいです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday night, for the first game after the World Cup, twelfth placed Consadole Sapporo met third placed Jef United Ichihara Chiba at Fukda Denshi Arena, Chiba prefecture, and incredibly beat it by a score of 0-3.

It was the 5th minute early; it seemed that Jef’s defence had succeeded in getting the Consadoles out of its penalty area when they made Qurino start to dribble back but at the moment the ball holder switched from the Brazilian ace striker to the 19 year old young talent of Sapporo: Furuta, he shot without any hesitation to break Kushino’s goal.

However, the rest of almost all 90 minutes was for the home team. The away team just kept standing up patiently and desperately; so close mistakes of Jef or its goal keeper Takahara’s fine play just saved Consadole luckily, many times.

Still, the second goal of this match was actually also for Sapporo, also from Furuta; his 89th minute’s good try to dribble and excellent shot shattering the block of Chiba. When Okamoto who had been playing since the 75th minute caught Australian national player Milligan’s careless play to make his latest scoring, the game was decided.

Usually it should have gone deferent; which played well was Jef, however sometimes it happens especially on soccer as we saw it in the World Cup too. This is the football world.

As the other good news for Sapporo, Takaki who had come from a J1 team Shimizu S-puls to play for Sapporo half year limitedly appeared in the second half and worked well. Next time they met Yokohama FC at Sapporo Dome.

posted by masamaru |23:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年07月17日

夏です。梅干しです。/Summer has come!

umeboshi

 N嬢が梅干を干しています。この3連休、陽に当てて、またポットに戻すのだそうです。

 梅雨も終わり、いよいよ本格的に夏が来ます。そしてJ2も再開!

Ms. N dried Umeboshi (pickles of Japanese plum) under the sum of July.

Now the rain season has gone here in Yokohama and the summer is coming!


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:04 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年07月14日

我が家の茄子続報その2/How we keep enjoying our egg plants

Egg plants

 我が家の茄子です。

 元気に育っているとは思うのですが、果たしてこれで良いのかどうか。虫には気を付けているものの(鷹の爪を焼酎に漬け込んで作った原液を薄め、霧吹きで噴霧する“カプサイシンスプレー”が、アブラムシ駆除に効果大です)、切ったり除いたりは良く解らないので、無駄に繁らせている気がしなくもないのですが…。


Egg plants しかし収穫はできています。これが嬉しい。実が大きくなるのを見るのは楽しいですし、食べてもやはりおいしく感じますし。

 下の写真は土曜日に出てきた「我が家の茄子使用ラタトゥイユ風野菜炒め」、もちろんN嬢作。ベーコンではなく豚肉の塩漬けを使っている点がポイント。

 同日のW杯決勝はスペイン代表を応援するつもりで、ワインもスペイン産のものを開けたのですが…。素晴らしかった、スペイン。W杯は終わってしまいましたが、茄子はまだ楽しめそうです。


Ratatouille

Our egg plants have been growing. It even too much though… I give a lot of care to them, to remove harmful insect like aphid, but I am not good at cutting or pruning them.

We enjoy not only seeing them but also the glossy black vegetables. Saturday, Ms. N prepared flied vegetables that looked like Ratatouille and we had a bottle of Spanish wine with it for Spain team in the finals of the World Cup tournament.

World Cup games have gone with Spain’s victory but it seems we still can enjoy egg plants for a while.


posted by MasaMaru (横浜在住) |01:08 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年07月12日

スペイン初優勝!/World Cup goes to Spain

 ウルグアイとドイツで行われた3位決定戦は、2-3のスコアが示すとおり、技と気持ちと体もぶつかり合う激しいものでした。最終的にはドイツがフィジカルとメンタル両方の強さでウルグアイを押し切って2大会連続で3位になりましたが、ウルグアイも最後まで諦めることなく自分達のスタイルを貫き、楽しませてくれました。

 ガーナ戦の準決勝進出を阻んだハンドのせいで、ボールを持っただけで物凄いブーイングを浴びせられていたスアレスが、精神力の強さを見せつけるようにキレのあるプレーを披露。一方ここまでチームを引っ張って来た絶対的なエース、フォルランも、1-1の51分、自身大会5得点目、ベストゴール候補間違いなしの素晴らしいボレーを決め、ラストプレーとなったフリーキックでもバーを叩くなど、見せ場を作りました。

 しかし今朝の決勝戦は、それ以上に激しく過酷なものでした。プレスとパスが途切れることなく、攻守が目まぐるしく入れ替わる中、熱い気持ちが接触プレーを生むことも多く、序盤からやや荒れ気味。オランダとスペイン、どちらが勝っても初優勝という世紀の大試合が、ひとつ間違えば台無しになってしまうわけですから、これは審判にとっても大変だったことでしょう。息を飲む瞬間の連続でした。

 ただ、61分、ロッベンとの1対1をカシージャスが残した右脚一本で防いだ辺りから、互角のゲームに揺れが出始めたような気がします。70分には、今度はビジャの決定的なシュートがシュテッケンベルクに阻まれます。この段階ではどちらかというとスペインの動きが落ちて来たようにも思えたのですが、82分にプジョルとピケを振り切って(!)再びカシージャスと1対1になったロッベンが決められなかったところで、オランダは勝ちを逃したような気がします。

 結局試合は延長戦へ。すると110分、オランダのハイティンガがイニエスタを引き倒したとして、2枚目のイエローカードをもらい、退場。その後116分、ナバスの長いドリブルから途中出場のフェルナンド・トーレス(遂に無得点でW杯終了)へとつながったボールを最後はイニエスタが決めて勝負あり。スペインが見事初優勝、初の決勝進出に続き歴史を作りました。ユーロ2008以降、世界の主流となっていたスペインの攻撃的サッカーですが、当分その波は変わりそうにありません。W杯を締め括るにふさわしいゲームでした。

 そしてこの興奮と感動の日々ともお別れ。寂しくなります。次のブラジル大会まで後4年。どんな大会になるのでしょうか。日本はどんなチームでそこに挑むのでしょうか。楽しみです。

 その前にJ2が再開するわけですけれど…。まったく別のスポーツのように見えてしまう可能性大ですが、こちらはこちらで盛り上がりましょう!

The third place of the World Cup tournament contested between Uruguay and Germany on Saturday in Port Elizabeth ended in Germany’s 3-2 victory but it had been so close. It was almost even, and so tough. Finally Germans showed their strong physicals and minds and finished the tournament in the third place totally as same as previous time, still, Uruguay never bent until Forlan’s free kick hit the cross bar in the last moment. Forlan also scored in the 51st minute for Uruguay’s second goal. The fantastic volley as his 5th scoring in this South Africa could be one of the best goals of this competition.

And next day’s finals between Netherlands and Spain in Johannesburg was harder and tougher. The desperate efforts to win and fighting spirits on both teams crushed again and again from the first and those hard contacts sometimes could be game-breaking dangerous fouls so it was also difficult and tough for the judges to control. All players worked so quick and tight; press to defence turned to attack soon, there were many breathtaking opportunities or mistakes on both sides.

After the 61st minute when Robben threatened Spain’s goal and Casillas’ right foot saved it, the game heated up and got more aggressive, and in the 70th minute, Villa’s decisive shot was blocked by Stekelenburg. It had seemed that Spain got tired first; they had been neither well nor elegant as usual so far, however, they kept high concentration and never allowed the rivals in orange to score even when Robben ferociously rushed to Casillas’ goal turning Puyol and Pique in the 82nd minute again. 

In the extra 30 minutes Spain took back its quick short passes with a substitute Fabregas’s playing. And 110 minute’s second yellow card showed to Netherlands’ defender Heitinga who pulled down Iniesta boosted up Spain. Although Xavi missed his free kick, it decided the game over all. Navas dribbled long, the pass relayed to Toares, and who finished the biggest play in the 116 minute was Iniesta.

Spain succeeded in making another history; they ruled their first championship game to take the World Cup to Iberian Peninsula. Their aggressive active play style already had become the trend of the world football scene since Spain’s victory on EURO 2008 and it will keep going on by this great achievement. It was enough good game to close this big event in South Africa. People will miss those exciting days and will talk about it long; and soon start to see the next time, 2014.

Say congratulation to Spain for now and hello to Brazil.

posted by MasaMaru |23:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年07月10日

INDONESIA FESTIVAL 2010

INDONESIA FESTIVAL

 今週末、代々木公園で開催されている「インドネシア・フェスティバル2010」に行って来ました。

 はっきりしない天気が続く中、夏らしい青空と暑さにも手伝われてか、凄い人出でした。フードのブースはどこも長蛇の列。


INDONESIA FESTIVAL

 アヤムバカール(鶏のスパイス焼き)とチキンカレー。

 鶏は柔らかく深みある味付け。スパイシーなのですが必要以上に辛くないところがイイ。カレーは反対にココナツの甘い味と香りの後にほんのり辛さが来る。どちらもおいしかったです。並ばされただけのことはありました。


INDONESIA FESTIVAL ステージもあったのですが、民族舞踏の類は見れず。ちょっと残念。

 正直もっと大規模なものを想像していました。特にフードのブースが少なかったのは惜しい。それなりに楽しかったですけれど…。


INDONESIA FESTIVAL

 帰りに寄った「サッカーショップ KAMO」にいた、南アW杯のマスコット、ザクミ。明日はいよいよ決勝戦ですね!

Today Ms. N and I went to INDONESIA FESTIVAL 2010 that has been held at Yoyogi Park in Shibuya this weekend. Actually we expected larger one; there were too many people for the number of the food booths there so we had to be in long long line long long time to get our lunch.

Still, those spicy Indonesian meal were relly nice and we enjoyed those tastes with the seasoning.

We also stopped by famous soccer shop KAMO on our way home. Zakumi the official mascot of the World Cup games in South Africa welcomed us.


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:58 | Entertainment | コメント(0) |

2010年07月08日

スペイン初の決勝進出/Spain makes a history

 決勝よりも面白いのではと言われていたW杯準決勝ドイツ対スペインは、スペインが最少得点でドイツを下し、初の決勝進出。ダーバンで歴史を作りました。

 短い距離を正確で速いパスが行き来し、攻守が目まぐるしく入れ替わる、クオリティの高い試合が最初から展開されました。双方とにかくハードに動き、辛抱強い守りからチャンスを掴むと一気に攻める。緊迫した見応えのある試合が初めから展開されました。

 しかし、この日やや慎重であるかに見えていたドイツが、何故かそのまま失速を始めます。いや、面白いように中盤を支配するスペインが次第に相手を圧倒し始めたと言うべきでしょうか。まったく予想外だったのは、ドイツが先に疲れたこと。73分、シャビのCKに力強く飛び込んだプジョルのヘディングでスペインが先制する頃には、明らかに動きもアイデアの質も落ちていました。グループリーグも含めここまで4勝1敗、うち3試合で4得点を上げた強さをこの試合では見せることなく、ドイツは南アフリカを去りました。

 一方スペインは、既に決勝進出を決めていたオランダと優勝を争います。どちらが勝っても初優勝、つまり日曜深夜(と言うか月曜未明)、我々はもうひとつの歴史的瞬間を目にすることが確定しているわけです。実に楽しみ!

 週の始めから寝不足で仕事に行かなければならないというのは、ちょっとどうかという気もしないでもないですが…。

Wednesday, the semi final of this year’s World Cup tournament games in Durban, Spain beat Germany by a score of 1-0 to be a finalist. It is the first time that Spain team goes to finals in the history of the World Cup.

The game was full of quick and accurate skilful playing; both teams, all players kept defending really tight and hard and patiently for slight chance to attack, and once they got it they never missed it. The tense time was quite long; it also flew though, so it was exciting close game over all.

However, Spanish aggressive football slowly started to overwhelm the rival. The longer they played, the more Spain got its wind. It was totally unexpected that Germany got tired early like that, but they had run out of gas when Puyol finally broke Neuer’s goal in the 73th minute with his mighty muscular header to Xavi’s corner kick, and they never got any second wind. Germany left South Africa with 4 wins and 2 losses. They scored 4 goals in a game 3 times.

In the finals on this Sunday, Spain meets Netherlands at Johannesburg. Netherlands has not been Champion yet too, so we must see another moment of history soon. 

I can hardly wait to watch! 

posted by MasaMaru |23:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年07月03日

W杯な日々/World Cup nights with World Cup games

 W杯が佳境を迎えています。

 昨日は開幕当日同様、仕事の後、渋谷で友人I氏と待ち合わせ、スポーツバー「Fields」でオランダ対ブラジルを観戦。

 当初、個の技術、選手同士の連携、相互理解ともに相手を大きく上回ると見えたブラジルがロビーニョのゴールであっさり先制、そのまま圧倒するかと思われたものの、食い下がるオランダは強引な攻撃から生まれたオウンゴール(といっても実質スナイデルのスーパーゴールでしたが)をきっかけにリズムを取り戻し、遂にはロッベン→カイト→スナイデルというオールスターゴールで逆転に成功、そのまま逃げ切りました。うーん、守備には安定感があった今大会のブラジルだけに少々意外な結果。

 その後はコーヒーを飲みつつサッカー以外の趣味の話などもしつつ時間を潰し、続くウルグアイ対ガーナの試合時間に合わせて前回も利用したスペインバル「Madrid」へ移動。完全な貸し切り状態で3時から6時まで居座りました(すみませんでした。ありがとうございます。まさか、あんな展開になるとは思ってもいなかったので…)。

 やはり地元のチームがひとつくらい残っていた方が大会も盛り上がるだろうと、全面的にガーナの応援に回っていたのですが…。いやあ、まさに激戦でした。1-1で90分を終え、延長戦前後半も得点のないまま終了…と思われた瞬間にガーナがPKを獲得(にしても今大会はハンドが作る見せ場の多いこと)、しかしキッカーのギャンがこれをバーに当ててしまい、PK戦に突入。ここでもガーナ、ウルグアイがひとりずつ連続で失敗するというドラマがあり…最終的にはアフリカ勢最後の砦が崩れ去ったのでした。PKは怖いですわ、ホント。

 帰宅後風呂に入って寝て、まあ、ボーっとしてますから、今日一日ほとんど何もしないまま、既に飲み始めています…。この後アルゼンチン対ドイツ、パラグアイ対スペインという好カード、いよいよベスト4が決まります。観ちゃうんだろうなあ、どうせ…。W杯万歳!

Last night I went to Shibuya to watch the World Cup games; Netherland VS Brazil and Uruguay and Ghana with my friend as same as its opening day. First we went to a sports bar, Fields, for Brazil’s game but it finally turned out to Netherland’s game totally.

It seemed the Brazilians had been overwhelming rivals in all ways especially when Robinho scored in the 10th minute but the Danish eleven never bent. With Sneijder’s remarkable playing, they caught it up and turned it over in the end to go to semi final.

We moved to Spanish bar, Madrid, for tonight’s another game for deciding semi finalist: Uruguay VS Ghana that would start 3 hours later. We enjoyed the really exciting game standing by Ghana; the last African team in the tournament but they also left there after the hard and tough long whole 90 minutes, extra 30 minutes, and that no mercy PK games. We found how PK was difficult and deciding this night again because it all started when Ghana’s Gyan missed his PK at the last moment of extended game…

After staying the bar from 3 to 6 in the morning, I came back to home. Although I wasted almost all of today because of sleepiness, it was a nice night, I had a great time. And soon next game between Argentina and Germany will start! Viva World Cup!

posted by MasaMaru (横浜在住) |19:50 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |