コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年06月30日

日本ベスト8ならず/Japan leaves South Africa.

souvenirs

 日本代表ベスト8進出ならず。南米の強豪パラグアイ相手に0-0で延長戦を終える激闘の末、PK戦で敗れました。バーを叩いた駒野のキックも、良いところを突いていたと思うのですが…。辛抱強くタフに守れていたし、攻撃でも惜しい場面が幾つかありました。勝てば日本史上初、当初無謀とも思えた、岡田監督の掲げた目標にまた一歩近付くこととなっただけに残念です。

 しかしそれ以上に良くやってくれた、素晴らしかったと思います。

 今回の代表は、日本のサッカーが世界を相手に戦う場合の現実的かつ有効なひとつの形を、結果的に示したのではないでしょうか。中盤で速いパスを回して自分達でゲームを組み立てる、当初意図していたものとは違う、あるいは過度に守備的との声もありましたが、“蠅がたかるように”ボールに群がる様子は、日本人の特性を活かしているといわれれば納得できましたし、観ている限り、守備的ではあっても積極性を欠いているとは決して思われない。

 常にストライカー不在でそこそこやるというのも、面白いかもしれません。少なくとも他にないなら、それだけで面白い。

 写真は本文とは関係ないのですが、先週末、札幌に帰って来たのでお土産の一部を紹介。千歳空港に降り立った乗客のほとんど全てが首を捻った暑さには参りましたが、家族に会い、おいしいものを食べ、愚痴を聞いてもらい、リフレッシュしました。もう少しゆっくり帰れればいいのですが…。

 さあ、眠いけれど仕事です。

Paraguay VS Japan on Round 16 of the World Cup games in South Africa, after whole 90 minutes and extra 30 minutes without scoring, Paraguay finally survived ruling Penalty Kicks. All five Paraguay kickers made them strongly and safely, where as Japan players, the third kicker Komano hit the bar to miss his kick and Japan could not go to semi quarter final.

It was so tough and close game; Japan players defended really hard and patiently and sometimes created fine attacks. They showed a new playing style for Japanese soccer especially in practical way to be much those world strong teams.

Watching the game midnight here in Japan made many people sleepy but it also made them, us, feel strong more.

I went to Sapporo last weekend to see my family. It was too hot in Hokkaido; never could expect the 31.7 degrees centigrade, but staying there was nice as usual. The picture is of a part of the souvenirs.


posted by MasaMaru (横浜在住) |08:38 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年06月25日

日本3-1デンマーク 決勝トーナメント進出!/Japan goes to the next step.

 日本、デンマークに3-1で快勝、見事W杯決勝トーナメント進出!自国開催以外では初の快挙、喜びで眠気も吹き飛んでます。

 しかも内容が良かった。指揮官が“蠅のようにたかる”と表現した激しいプレスでボールを奪ってからの素早い攻撃が早くから機能、相手のファウルを誘うと、17分には本田が、30分には遠藤が、それぞれ見事なフリーキックを直接叩き込み、前半だけで2点のリード。後半もスタイルを崩すことなく、追い詰められた相手から焦りを引き出し、有利に試合を進めました。
	
 さすがに運動量が落ちた81分、遂に恐れていたゴール前のファウルを取られ、トマソンのPKを川島が一度は弾いたものの押し込まれた時は正直嫌な感じもしたのですが、その後も攻撃的な姿勢を崩すことなく、6分後にはペナルティエリアでキーパーの直前から折り返す本田のクレバーなパスを、今大会もう一人のキープレイヤーである松井と変わって入っていた岡崎がしっかり押し込んで突き放すと、その後も長い長いアディショナルタイム4分を含む残り時間を、全員が辛抱強く体を張って守り切るという、文句なしの勝ち方。素晴らしかったです。

 これが岡田監督ジャパンの理想形、真の力だとして、どこまで通用するのか、どこまで行けるのかはまだ判りませんが、“世界を驚かせる”前にとりあえず“日本を驚かせた”のではないでしょうか。いずれにしろこれでまだまだ楽しみが続きます。

 次の相手は堅くて巧い強豪パラグアイ。さあどうなる日本、頑張れサムライ!

 さあ、仕事行くか…。

Japan beat Denmark by a surprising score of 3-1 to go forward to the tournament game in South Africa! Japan went ahead with Honda’s beautiful free kick in the 17th minute and 30 minute’s another free kick from Endo expanded the lead.

Japan’s rapid tight pressing worked really well from the first; better than previous two games, many quick attacks from intercepts drew some fouls from Denmark to make 2 goals lead in the first half. When The 81st minute, Denmark’s ace Tomasson pushed the reflection of his penalty kick from Kawashima, obviously Samurais in blue had been running out of gas but they kept play aggressively until substitute Okazaki who had taken over Matsui, another key player of Japan this time, decided the game with his grounder to Sorensen’s goal assisted by Honda in the 87th minute.

It was the first time that Japan national team stepped into the final stage of the World Cup games held overseas. This game started before the dawn; 03:00 in Japan, but the efforts of a lot of fans sitting at TV against their sleepiness totally paid off with this sweetest victory. Now we can expect more from them, how they achieve their goal that showed by Okada: surprise the world with going to quarter final.

Japan meets Paraguay on 29th, in Pretoria.

posted by MasaMaru |08:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2010年06月23日

我が家の茄子続報/How we ate our egg plant

Egg plants

「揚げ出し豆腐 素揚げの獅子唐と我が家の茄子と一緒に」と言ったところでしょうか。
収穫の喜びを味わう今晩の一品でした。

 作ったN嬢曰く「円い味」だと。確かに甘みがあっておいしかったです。
	
Fried tofu, shishitous (green peppers) and our egg plant in soy sauce that made by Ms. N for tonight’s our dinner

Of course, it was so good!


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:16 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年06月22日

我が家の茄子/Egg plants harvest

Egg plants

 我が家の茄子が二つ実を付けました。苗を買った時に付いて来た写真によるともっと長い実が生るはずなのでどうしようか迷ったのですが、写真の状態から数日たっても変化がないので、次の花も咲いたことですし、今朝収穫してしまいました。

 N嬢が何を作ってくれるか楽しみです。

 オランダ戦、惜敗との評価が多数を占めるようで、デンマーク戦に期待を抱いているファンも多いようですが、個人的には同日のカメルーン対デンマークの壮絶なぶつかり合い(デンマークが2-1でカメルーンのグループリーグ敗退を決定)を観た後では、とてもそんな楽観的な気分にはなれません。

 日本には持てる力を存分に発揮してもらえればそれで良いです。そして今度こそ、長くプレーする稲本が見たい。


Egg plantsOur eggplant had two fruits. It could be a little early to harvest because we had been showed it would had large eggplants, but I finally reaped them this morning.

Now I am waiting for them served by Ms. N in her great cooking.

In South Africa, Japan lost its second game in the group league between Netherlands but it seems that the close 0-1 defeat has made many Japanese fans feel confidence in their playing before the next match between Denmark.

However, I never can say it will so easy after I watched the other game of the day that Denmark eliminated Cameroon before the tournament by 2-0; it was so tough and hard game and Denmark was terribly strong....


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:50 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年06月19日

いよいよオランダ戦/Sleepy night pays off again?

 W杯開幕から一週間。寝不足です。

 それでも止められない。仕事が終わって帰宅してから観られるのはだいたい23時からの試合ですが、まあ、どの組み合わせでも外れはありません。世界トップクラスの技術と気持ちに満ちたプレーの数々と、そこから生み出されるドラマ…。至福の日々がまだまだ続きます。ただし、どんどん消耗していきます。深夜に酒を飲みながらの観戦ですから太ります。うーん、困った。

 それにしてもスペインがスイスに、ドイツがスロベニアに、それぞれたった1点で逃げ切られて敗れるとは、誰が予想したでしょうか。もちろん、我が日本がカメルーンを1-0で下した試合も、そんなサプライズのひとつであります。あの試合の後の、メディアの代表と岡田監督に対する姿勢の変化と来たら…驚き呆れるばかりでした(日本サッカーの将来云々良く言ってますけどね、一番悪いのは連中自身だと思いますよ、間違いなく)。

 そして今宵は遂にオランダ戦です。熱心なファン、にわかファン、そして無責任なマスコミ、恐ろしいほどの注目の中、運命の一夜を迎える代表の選手たち。オランダ相手にさすがに楽観的なことは言えませんが、自分達の力を発揮するチャンスは幾らでもあるはず。ブブゼラ以上にうるさい外野の声は気にせず、思いきり挑戦して欲しい、この大舞台を楽しんでもらえればと思います。

 さあ、またひとつ眠気も吹き飛ぶ驚きの夜を創出できるか、日本代表。頑張れ、サムライジャパン!

Since the World Cup games in South Africa finally opened, the first sleepy week has past; we can watch those games on TV only late night here in Japan and I just keep accepting it.

Of course, it usually pays off with world first class super plays and many dramas that sometimes no one could expected. Japan’s 1-0 victory to Cameroon on its first game of the first round league was obviously one of those surprises. Spain 0-1 Switzerland was also big upset. Who expected that Serbia beat Germany with the least scoring?

The greatest thing is we still can enjoy these interesting and exciting nights more and more…even though the longer we keep it, the more we get sleepy.

And today, Japan meets Netherland in awful attention of Japanese; the people including too many temporary fan and irresponsible media. A lot of people who had criticized and accused Okada Japan changed their opinions and attitudes to opposite side after the Cameroon but they can turn around again so easily (and stupidly) whenever they want.

I never can be optimistic this time, still, always there is a big chance that they try best and show another surprise however those noisy voices just like vuvuzela annoy them. Go, Japan! 

posted by MasaMaru |14:39 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年06月13日

第17節 愛媛戦/VS Ehime FC (Jun 13th, 2010 at Hokodate Chiyodai Park Field and Track Stadium)

 ワールドカップが始まっています。皆さん、楽しんでいますか?金曜日は仕事の後、渋谷へ行き、友人と居酒屋で南アフリカ対メキシコを観戦、後、場所をバルに変え、ウルグアイ対フランスを観戦、すっかり明るくなってから帰宅、数時間寝て起きた後はせっかくの土曜日をボーっとして過ごし(年齢を実感しました)、夜アルゼンチン対ナイジェリアを観戦…と満喫しています。

 そんなワールドクラスのゲームの中にJ2の札幌対愛媛が入るのは正直なかなか辛いものがあります(どっちが重要かは別にして)。藤田の負傷離脱による札幌の3-5-3もメキシコの同じフォーメーションにはほど遠く、序盤で失速。ちなみにメキシコは最後まで粘り強くそれを続けましたが、札幌は後半からあっさり4バックに戻して、あっさり失点。

 しかし、リードされたまま折り返すかと思われた前半、古巣相手に張り切る内村が相手ゴール前の混乱に乗じて押し込み同点(西嶋が触った時点でラインを越えたようにも思うのですが、それはまあ良しとしよう)。後半開始早々、上に書いたとおり、再び突き放されるのですが、そこで決めたのが内村と入れ替わりで愛媛に行った石井で、しかも73分、またしても内村のドリブルからの美しいミドルシュートで同点に持ち込むという、双方のファンにとってそれなりに盛り上がる展開で、しかも負けはしなかったわけですから、まあ、良かったのではないでしょうか。

 中断期間は5週間。チーム戦術の見直し、あるいは再構築、休養と練習に、是非有効に使っていただきたいものです。世界一の大会を楽しみながらリーグの再開と、コンサドーレとの再会を待っています。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Ehime FC at Hakodate Chiyodai Park Field and Track Stadium and drew the annual game in Hakodate by 2-2. 

Sapporo started the game with 3 forwards and 3 defenders because of mainly Fujita’s leaving under his right uncle injury. First it seemed like Mexico National team in the first round game of South Africa World Cup against the host country’s eleven, but they never could be play organized like Mexico, and they turned it to 4 defenders after all. 

The interesting thing is it was the game for the two players who had been in the opposite sides last season: Sapporo’s Uchimura and Ehime’s Ishii. In the 43rd miunete that the first half almost ended under 1-0 for Ehime, Uchimura’s rushing to the crowd in front of Yamamoto’s goal equalized it but Ishii’s fine grounder shot in the first minute of the second half once blew it out, still, Uchimura finally took the hero roll again by his 73 minutes middle to save the team.

It is difficult for J2 league games to be the most exiting attraction while we have the World Cup games, we never can compare them at least in the quality of the playing (Of course, WHICH IS MORE IMPORTANT is deferent thing), but fortunately, J2 league has five week interruption during the world wide event so we can focus on South Africa (I am enjoying watching them out and home). And it is fortunate for our Consadole players to rest a little and rebuild them for after the continuation.

posted by MasaMaru (横浜在住) |16:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年06月06日

夏の楽しみ/Summer time pleasures

Summer time pleasures

 N嬢が毎年作る梅酒。昨年の今頃に漬けた分が1年経って飲み頃を迎え(一部フライングにより既にだいぶ減っているものもありますが…)、毎晩のように飲み比べを楽しんでいます。

 今回の新作の中で断トツだったのは「尾鈴山 山ねこ」(芋焼酎)。キリッとした飲み口がまず驚き。舌の奥の方で焼酎の味と梅の香りがフワッと走った後、甘さが追いかけてくる感じです。


Summer time pleasures しかし、それを上回ったのがディフェンディングチャンピオンの「喜界島」(黒糖焼酎)。こちらは一口目から口の中全体に甘さと香りとコクが拡がる。余韻も長いです。

 ちなみに梅はどちらも「曽我」を使用。梅は他に「南紀梅」や「白加賀」も使いますし、酒も焼酎以外に泡盛を使用するなど色々やっています。今年は日本酒も試してみるとか。


Summer time pleasures

 既に来年に向けての準備は始まっています。私は出来上がるのを待ってるだけですが(笑)。


Summer time pleasures

 昨夜は実家の母からアスパラが届き、さっそくガーリックソテーにしてもらい食べました。おいしかったです。お母さん、毎年ありがとうございます。

 夏ですねー。

Now it is the time to open Ume liquors bottled by Ms. N last summer. Some of them actually already have been opened as usual though…

The best work among her new try was using Yamaneko (liquor made from sweet potato); it touches cool, dry, and tastes and smell sweet afterword, however, “defending champion” Kikai-jima (liquor mad from sugar cane) was finally more excellent. It’s mellow rich taste and sweet aroma of Ume (Japanese apricot) was great, more than we expected.

She has already started preparing this year too and I am already waiting for next summer.

My mother in Sapporo sent asparagus to us. Last night we also enjoyed some by sautéed. Thank you mother!


posted by MasaMaru (横浜在住) |15:08 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年06月05日

第16節 草津戦/VS Thespa Kusatsu (Jun 5th, 2010 at Shoda Shoyu Stadium Gunma)

 前節富山戦とは反対の展開でした。先制して良い雰囲気を掴みながら、突き放せない時間帯が続くうちにミスや消極的なプレーからピンチを招き、遂には追い付かれる。

 その後逆転されなかったのは、ひとえに高原のスーパーセーブと、相変わらずベテランの技と巧さが光った藤山の守備、そして今日はディフェンダーとして効いていたキリノの働き、それら全てを上回るラッキーによるものでしょう。得点こそなかったものの草津のラフィーニャは凄かった。あの敏捷性と強さ、彼をもっと活かせるようなら草津も今の順位にはいないのではないでしょうか。前節も柏相手に惜しい試合だったということですし、あの気迫が毎試合続くなら、何かのきっかけで一気に浮上もあり得ます。
	
 一方、札幌は前節の疲れが出たかミスも多く、選手個々の頑張りがチームとして機能していないというか、ひとりひとり勝負するポイントがずれていたような印象でした。今日は砂川より先に岡本を入れていれば面白かったような気もしますが、誰もがああ波があっては監督も選手起用に苦しむでしょう。

 とりあえず7試合負けはないまま、来週の試合が終わればW杯による5週間の中断期間に入ります。是非ここでチーム戦術の確認、それを可能とするための新しいアイデアの創出により、チームを立て直していただきたいものです。

 W杯、楽しみです!

Consadole Sapporo, now in the 12th place with its 6 games lose-less streak, met the bottom placed Thaspa Kusatsu at Saturday’s Shoda Shoyu Stadium Gunma to manage to draw it by a score of 1-1. Sapporo went ahead by 21st minute’s Kondo’s toe touch scoring to Nishijima’s cross from the left side, but Kusatsu’s desire for victory pulled it back with ace Takada’s fist goal of this season in the 56th minute.

Acrually Kusatsu almost succeeded in turning over the game; its Brazilian striker Rafinha threatened Takahara’s goal again and again excellently, however, his quick playing and physical strength finally were still not enough to break it completely. Sometimes it could be just unfortunate for Kusatsu but Takahara saved the team more. Experienced defender Fujiyama also worked well; and another Brazilian striker in Sapporo, Quirino, was also good in defence but not as a forward this day.

J2 league has five week interruption after next week's games because of upcoming World Cup games in South Africa. Both teams can benefit from this to build up again.

posted by MasaMaru |17:14 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |