コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年05月30日

第15節 富山戦/VS Kataller Toyama (May 30th, 2010 at Sapporo Atsubetsu Stadium)

 相変わらずプレーがバラバラな印象の中あっさり先制され、その後も悪い流れを引きずっていた前半でしたが、終了間際に西嶋の思い切ったミドルシュートで追い付くと、後半は息を吹き返した札幌。開始早々、実に宮澤らしい、ゴール前での落ち着きを発揮したシュートでリードを広げ(あの胸トラップが良かった)、70分には古田の、これも距離・強さともに見事なJ初ゴールで突き放し、“聖地厚別”での今季初ゲームを勝利で飾ることができました。

 この逆転劇の起爆剤となったのが、この日がリーグ初登場である18歳の高校生プレーヤー、ユースから引き揚げられた三上陽輔の存在だったことは間違いないでしょう。自身、強い気持ちと勇気あるトライで何度か好機を演出していましたが(もちろん、後ろのサポートあってこそですけれど)、先輩たちに与えた刺激はそれ以上。得点した宮澤や古田はもちろん、ベテランのプレーにも活きの良さが戻ったように感じられました。

 この新しい競争が、今後ポジションを競う全ての選手に波及し、チーム全体が活性化するようならありがたいです。

 正直、富山の方が、明確なプランを持って良く動く美しいサッカーをしていたのですが、最後はキーマンの朝日が疲れてくれたこともあり、助かりました。対して、石崎札幌のやりたいサッカーは今日も良く判らず。結果的には勝ちましたが、あれではあまり安心はできません。もう少し、得点まで持って行く形や、何を犠牲にして何を取りに行くのかの姿勢を明らかにしてくれると、観ていて応援もしやすくなります。

 今日それでも勝てたのは、途中から全員が得点を強く意識していたためだと思います。流れの中からのシュートでも、セットプレーでも、最後はゴール方向へ強いボールを送り込む、そんな単純なことの繰り返しが呼び込んだ勝ちのような気がします(まあ、プロともなれば、そんなことに終始するだけでもマズイかもしれませんが…)。

 気持ちと言えば、今日のキリノは凄かった。まさにゴールに“飢えている”感じがしました。残り数分もないあそこでゴン中山と変えるより、僅かでもチャンスを与えた方が良かったかもしれません。次に期待です。

The last Sunday of May, Consadole Sapporo met Kataller Toyama at Sapporo Atsubetsu Park Stadium and succeeded in winning the first game on its “Holy Home Pitch” by a score of 3-1.

Which played more organized and efficiently was actually Toyama and they went ahead in the 14th minute early with Kokeguchi’s fine shot. It had been rather difficult to find what kind of playing Sapporo was planning; but once Nishijima’s middle shoot scoring equalized the game in the 42nd minute, they also added more 2 goals in the second half to decide it.

For this game, Ishizaki pulled up an 18 year old high school player Yosuke Mikami from the youth team and finally it worked really well. His strong hart and some good trying helped the team many times and also stimulated the teammates. Another young talent of Consadole: 19 year old Fujita’s first scoring in J league in the 70th minute even could be drawn by him. The other scorer Miyazawa is also 20 year old young.

Toyama’s running out of gas helped Sapporo too; it never can be strong victory for Consadole and Ishizaki’s tactics never can be state. However, now the new competition and Qurino’s starving to goal might be able to give some action on the team.

posted by MasaMaru |16:58 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年05月23日

今週の出来事/Summary of this week

Egg plants

Egg plants こちらは今週、晴れ、雨、晴れと来て、一気に気温が上がりました。今日は再び雨で涼しいですが…。

 写真は今月頭に植えた茄子。もう花が咲いてしまいました。無事に実がなるでしょうか。


 月曜の朝に金魚の茶っつんが逝き(夜中にエアーポンプが止まっていたようです。古くなったので買い替えなければと話してはいたのですが…)、レモンの花は写真を取る間もなく咲いた端から散り、アルバイト先では辞める人が続出し、面倒なことになりそうな予感があり…。

 昨夜は英語の師匠と久々に会い、商店街のお祭りで賑わう自由が丘で飲み。

 チャーミングな笑顔は健在ながら、今思えば仕事帰りとは言え、少し疲れも見えたような…。また弟子の立場で自分の問題ばかり聞いてもらったのではないかと、ちょっと心配。

 いつもどおりの楽しい会でしたが、ふと気付くと、なかなかに重く厳しい人生について話をしていたり。時間は流れているんだなと実感。

The picture is of our egg plants flowers that I planted early in this month have purple flowers.

This week once it got hot like summer on Thursday after the rain, but today it is rainy again and a little chilly air has come back here in Yokohama.

We found our gold fish Chatsun died Monday morning. The old air pump had stopped working during the night. All our lemon blossoms also fell so quick even before I took any pictures of them. My working environment has gotten worse and worse. Two more workers decided to quick and it can cause another problem.

Last night I met my master, it had been for a while. We enjoyed nice spareribs, tasty apple pies and of course, beer; she seemed to be a little tired after working, still, the smile was attractive as usual. I always have a great time when I met her. But sometimes our topic got serious and tough with our age.


posted by MasaMaru (横浜在住) |11:01 | A piece of my life | コメント(2) |

2010年05月22日

第14節 徳島戦/VS Tokushima Vortis (May 22nd, 2010 at Naruto Otsuka Sports Park POCARI SWEAT Stadium)

 こう怪我人が多くては監督も頭が痛いでしょう。今日の布陣は明らかに動ける選手でフィールドを埋めただけ。これでは辛い。

 守備に4人、2ボランチは守備的な芳賀と長いボールを蹴ることができる上里、両脇に運動量豊富なサイドアタッカー、前線はストライカー一人とトップ下(ラストパサーとしての宮澤)というフォーメーション、辛抱強く守ったらロングボールか散発的なサイドの突破で前に展開、後はなるようになれという戦法で、とりあえずは落ち着きかけていたのに…。これでまた、そもそも試合中に何がやりたいのかが判らなくなってしまいました。今日の試合の酷かったこと。

 砂川は良い選手ですが、自分が動き過ぎるし、司令塔タイプではない。藤田を守備で使うなんて、練習試合ならともかく、意味がない。幾ら運動量があるとは言え、あのスピードであの距離の上下を90分できるなら、今頃代表に行ってるし、札幌にはいないでしょう。上里に代わって初登場のパク ジン スは、そもそもゲームが全く見えていないし…。今日良かったのはキリノくらい。攻めでも守りでも献身的に走り続けた。まあ、最後の方は疲れていたけれど…。

 結局は故障中の宮澤を使わざるを得なかったわけですが、今後も中心となる選手が不在で、そこで台頭するニューヒーローも望めないとなるとなかなか厳しい状況です。今日徳島が勝たなかったのが不思議なくらいですが、どうやら向こうもトンネルの中のようで、決定的な場面でお粗末なミスを連発。助かりました。0-0は御の字。

 J2の中断まではまだ少しありますから、なんとかごまかし続けないと…。頑張れ、コンサドーレ札幌。

Consadole Sapporo suffering from its too many injured players met Tokushima Vortes at Naruto Otsuka Sports Park POCARI SWEAT Stadium on Saturday and drew by 0-0 as a plausible result for this quiet game.

There was nothing to do but only keep changing boring passes for Sapporo whether they were in offence or defence but no one should have been blamed; there were any players to make or control the game. 

This day Ishizaki had to arrange his players just to cover the pitch with wishful thinking and it could not work from the first. Sunakawa is a good player but moves too much himself for the game builder. There is no meaning in using Fujita as a side back unless it is a training match. Korean new comer Park Jin Soo appeared first on J league pitch as a center midfielder but he did not see the game at all…. Actually, Qurino alone worked not bad even when they had to play in defence until he got tired from whole 90 minutes running, and then Ishizaki finally had to send those one of the injured Miyazawa to replace Jin Soo.

Tokusima is now also in a dark tunnel; they started this season with winning the first 4 games straight but recently they are wasting it. Still, there was slight chance that the home team would exceed the visitor, but they always made mistakes whenever they could decide the game.

Tokushima went down to 8 place with this draw and Sapporo also can fall to 15 place after all games for this weekend finished.

posted by MasaMaru |17:45 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年05月16日

第13節 大分戦/VS Oita Trinita (May 16th, 2010 at Muroran Irie Track and Field Stadium)

 年に一度の室蘭開催、勝利で飾ることこそできませんでしたが、取っては取られるエキサイティングな激戦を何とか引き分け、追い付かれて終わったことは少々残念ですが、色々な意味で熱いプレーも多く、観ていて楽しい試合でした(ジャッジについては…個人的には両方に対して見落としがあり、結果的に“サッカーの一部”の範囲内だったと思います)。内容も悪くなかった。
	
 まず、エース・キリノの復調が大きい。4分早々に、速い強い巧いと3拍子揃ったプレスとボール奪取から落ち着いて決めた2試合連続となる先制ゴールは、まさに彼の真骨頂。これがあると、“辛抱強い守備からの効果的なカウンター”という、守備に不安を抱えるチームが勝ち点を取るためのセオリーを実践できるようになります。守備陣の頑張りはここまでも光っていましたが、これまではクリアーが次の守備への時間稼ぎにしかなっていませんでした。キリノの調子が良ければ、ロングクリアランスはそれだけでラストパスに成り得ます。

 更に一枚後ろの宮澤のところでボールをキープし、キリノが相手DFを引っ張って作ったスペースへ配球出来るようになれば、チャンスはもっと拡がります。最初に追い付かれた後の41分、大分のオウンゴールを誘った宮澤のセンス溢れるラストパス、そのアイデアは、石崎監督があのポジションで彼を使い続ける理由を充分に裏打ちするものでした。また結果的には相手のミスになりましたが、思い切り良くシュートを打った岡本も偉かった。

 しかし結局はリーグ戦初出場で経験が浅いGK清水を追い込み切れず、反対に苦手のセットプレーから失点。縦に速いパスを繋いで力強くゴールへ向かう大分のサッカー相手に、そこまで良く耐えていたのですが、今回ばかりは砂川の投入が裏目に出てしまった感じです。あの交代で、一瞬、凌いでいた流れが変わってしまった。

 今日のような相手の速さや強さを削ぐためには、やはり両サイドでもう少しプレッシャーを与えて相手の攻撃を遅らせたり慌てさせたりしたいところです。古田と岡本の組み合わせも悪くはありませんが、藤田のスピードと運動量を考えると、彼を後ろで使わなければならないのはやはり痛い。本職のDFが揃って、この3人に内村を加え、常にフレッシュな選手が両サイドでキリノ、宮澤を援護できるようになれば、面白いサッカーが見えて来ます。W杯による中断を迎える前にその状態に持って行ってもらえれば、後半戦がぐっと楽しみになるのですが…。頑張れ、コンサドーレ札幌!

In Sunday’s game at Muroran Irie Field and Track Stadium as an annual big event for J league fan there Muroran city now having late cherry blossom season, Consadole Sapporo met Oita Trinita and drew it by 2-2. With this result, 13th placed Sapporo and 8th placed Oita got 1 point for each, and kept staying their positions.

It turned out to be so close and hot game. Sapporo went ahead twice; first its Brazilian ace Quirino scored two games in a raw from with its express running and strong press in the 4th minute early, and young No. 10 Miyazawa also showed off his sharp eyes and creative idea with the 41st minute’s skillful cross that drew an own goal from Oita. This day’s visitor team was also excellent; they pulled it buck every time by its energetic powerful playing with quick straight pass-changing. 

Consadole players defended hard and patiently as same as latest games and its counter attack based on Quirino’s good speed had worked well; however, it was not enough a little. For the breath taking last 10 minutes, Ishizaki sent two more his forwards to power play but they were not able to break Oita’s inexperienced goal keeper Shimizu one more time over all.

With Iwanuma’s injury in last match, Ishizaki turned his team’s style buck to 4 defender style again, and it seemed to make his team safe and steady. Besides that, Quirino is obviously getting better and Uchimura has come back from his backache, It seems that Consadole fan can expect some good things from next 4 games before the World Cup Intermission.

posted by MasaMaru |19:10 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年05月15日

我が家の檸檬、蕾を付ける/Our lemon tree has buds

Our lemon tree's buds

 先週末、我が家のレモンの枝を、かつてないほど思い切って大量に落としました。

 6年前、玄関横の狭い場所にN嬢が後先考えずに植えたものが、まさかここまで育つとはというほど大きくなり、それなりに剪定もしていたのですが最近では随分重たそうで、風に軋む幹の音も辛そうだったので。

 結果、すっきりして見栄えも随分良くなりました。

 ただ、切っても切っても新芽が出て来る。その生命力には驚かされます。


Our lemon tree's buds

 もうひとつ驚いたのは、この6年間一度も花が咲いたことの木に、突然いくつも蕾が現れたこと。これまでも枝を落とした後は棘が大きく鋭くなるなどの変化はあったのですが(わが家では“性格がキツくなる”と言っています)、今回はあまりのことに、急きょ種子を残す必要性でも感じたのでしょうか。

 いずれにしろ、花が来れば次は実です。一部テーブルの上に持ち込み、今から楽しみにしています。


Our lemon tree's budsLast weekend I cut back our lemon tree’s branches a lot because it had been too much thick, too heavily. Six years ago, when Ms. N planted it at the side of our doorway, she never expected it would grow big like this.

Surprisingly it caused many buds’ appearing that it had never happened for these 6 years! Sometimes the tree got much spiky after I made it, but this time it might felt a strong necessity to leave its seed before it was really cut down.


Our lemon tree's buds

Anyway, now we can expect home-grown lemon that will come after the flower. We are looking forward to seeing it!

Ms. N also put some of those buds on our table. It is nice to see.


posted by MasaMaru (横浜在住) |15:18 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年05月09日

第12節 北九州戦/VS Giravanz Kitakushu (May 8th, 2010 at Honjo Track and Field Stadium)

 今季からJ2を戦うギラヴァンツ相手に、まさに辛勝。開始早々3分のキリノの今季初ゴールは、あそこで彼がフリーになれることなど他のチーム相手ではほとんど考えられないことを思うと、相手がウチのエースのスピードを良く知らなかった点に救われたとも言え、それがなかったらどうなっていたのかと想像するとちょっと怖くさえある試合でした。
	
 実際、一貫してショートパスの交換で相手を崩すことにこだわる北九州のサッカーの方が、見ていて気持ちは良かったし面白くもありました。同じように勝ちから遠く、低迷しているチームでも、目指しているものがはっきりしている分、向こうの方が光に近い感じがしました。対して札幌は、もっぱら今日好調だったキリノを頼んだカウンター狙い。あれだけ人数を揃えた中盤が押し込まれていたことからも、スタッツ以上に相手が攻勢だったことが判ります。

 走りに走らされたキリノは間違いなくこのゲームのMOMでしょう、守備でも献身的に頑張っていましたし。もちろん次点はスーパーセーブ連発の高原。

 ただ、今日コンサドーレが苦しんだのは、やはり宮澤の不在によるところが大きい。今季10番を背負う彼には厳しい意見も少なくないですが、いなくなってみればその価値は明確。ゲームをコントロールするとはいかないまでも、いかに前線のターゲットとして機能していたかが良く判りました。代役として石崎監督が送り込んだのは岡本。持ち前のトリッキーなドリブルによる前線での時間稼ぎと相手守備の撹乱を期待されたのかもしれませんが、残念ながらまったく見せ場がないまま前半で交代。代わって入った砂川はボールのキープにさすがの上手さを感じさせたものの、追加点を演出するまでは及ばず。彼がボールを持った時に横から追い越して行く選手の動きがもう少し欲しかったところです。

 実は一瞬それっぽい動きが見られた時間帯もあったのですが。70分台の最後の方から80分台の頭にかけての、ボランチまでが絡んだ波状攻撃がそれ。しかしあれをやると、ボールがゴールラインを越えてプレーが切れなかった場合に一気に危機を迎えるのが今の札幌。かつて柳下さんはそうしたリスクを承知で超攻撃的サッカーに挑んだわけですが、石崎監督のスタイルとしてはあり得ないでしょう。そもそもあの頃のような、強力なセンターバックがいませんし。いや、強力なセンターバックどころか、本職のセンターバックさえいないか。そんな中、前節も今節もむしろ全員で良く守りましたよ、かなりバタバタと泥臭くではありますけれど…。

 その点では吉弘の復帰は待ちに待った朗報と言えるはずなのですが、それが岩沼の負傷退場によって果たされるあたり、まだツキが遠い感もある札幌。しかし何はともあれ連敗ストップ。ここから持ち直してもらいたいです。頑張れ!

In Sunday’s Kitakyushu, at Honjo Track and Field Stadium, Consadole Sapporo met Giravanz Kitakyushu and managed to won it by 1-0. The game between 17th placed Giravanz that had not won for 8 games long and 16th placed Consadole in its 6 games winless streak turned to really close one.

Sapporo went ahead with its Brazilian ace Qurino’s very first scoring of this season in the 3rd minute early to break his long silence. It had been even expected from his good speed running before that; Giravanz defenders were giving him too much space near their goal. The players of Giravanz: a newcomer team of this season’s J2 could think light of Quirino who scored 19 goals last season, and it finally was a too big mistake when it comes to the only one thing the visitors were able to do for their best against the inexperienced home team; keeping this one goal lead for the rest of 87 minutes and additional time.

Sapporo was obviously having difficulty in playing without injured Miyazawa, a target man in its front line. Ishizaki hoped his tricky dribbler Okamoto to replace Miyazawa but it finally did not worked and ended in super substitute Sunakawa’s appearance in the 37th minute early. Sunakawa created many chances many times even though it was not enough to help his teammates to score.

Good for both fans there to see the game, Giravanz players kept sticking to changing short passes to break Consadole’s defence as their attractive attacking style; conversely Consadole repeated counter attack relying on Quirino. This day’s Quirino worked really hard not only for the offence but also defence; he surely deserves M.O.M. Takahara also kept his goal very well.

Side defender Iwanuma’s leaving by the latest injury and real center defender Yoshihiro’s back from injured was mixed blessing for Consadole, however, this victory could let them get better off. 

posted by MasaMaru |21:00 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年05月05日

第11節 東京V戦/VS Tokyo Verdy (May 5th, 2010 at Sapporo Dome)

 内容としては、ここ数試合では最も面白かったのではないでしょうか。

 ヴェルディも現役高校生を含む純国産チーム、しかも現状のウチより平均身長が低いというなかなか大変そうなメンバー構成で、単純に両者の戦力が拮抗していたということもあると思いますが、それ以上に、いわゆる気持ちが入ったプレーというものが多く観られた試合だったと思います。

 特に今日の札幌の、高い守備意識は評価に値すると思います。正直、一瞬のアイデアを活かしたダイナミックなトライから決定的なチャンスを作り出した回数は、ヴェルディの方が多かったのですが、時には“芽”の段階で、時には最後の最後で、ウチの選手がそれらを良く潰していました。芳賀と藤山が素晴らしいのは毎回のことですが、今日は全員が良く鼻を利かせて、相手の初手の選択肢を減らしていたのが大きかった(まあ、つまりはそれだけ押し込まれているのだとか、だから守備から攻劇への切り替えが遅れたり、攻撃時の迫力に欠けたりするのだとかいう見方もありでしょうが…)。

 特に藤山は凄いです。DFとして恵まれているとは言えないあの体格、身体能力、年齢的にも決して楽ではないでしょうに、経験と判断力で何度もチームの危機を救っている。ここのところ自分の中で、ずーっと“チーム内MOM”です。

 戦術も、もともと監督が得意だと明言している3バックに変えて良かったのではないでしょうか。少なくとも後ろの役割がはっきりしていたことで、今日は攻撃までの組み立ても今までより判り易かった。どうせ中盤の選手ばかりが余っているんだし、前に人数をかけて決定力不足を補うというのも手だと思います。これで誰か本職のCBが戻って来れば、例えば、3バックのひとつ前に前出の藤山と芳賀を置くことで、最終列のサイドも上がり易くしてより攻撃的にすることも可能ですし…。

 いずれにしろ、ウチは若い選手が多いのだし、もっともっと思い切ったことをやって、プレーの幅を広げたり、アイデアを増やしていったりしても良いと思うのです。ファンにしても、Jリーグを知っているなら、今季、現時点でこの順位である以上、優勝や昇格を掲げて不平不満を並べ立てるより、そういうところに希望を見出した方が、ずっと現実的かつ建設的に試合を楽しめるような気がするのですが(建前も大事な経営側や現場はそうもいかないでしょうが…)。

 連休の最後、確かに勝てなかったことは残念なのですけれど、見るべきところがあったのにそこに目を背けてまで、短絡的にネガティブな意見ばかりを噴出させて欲しくないなあと思います。

Over 13,000 fans gathering in Wednesday’s Sapporo Dome to end this Golden Week with their team’s first victory in these 6 weeks finally found that the moment of big pleasure would be still far. Consadole Sapporo met Tokyo Verdy for the 11th game of this J2 league and drew it by 0-0.

It was totally close game between two close teams; 15 placed Consadole and 16 placed Verdy, and quite a nice game to see itself. Verdy created more critical moments with its interesting active quick play, whereas Consadole kept playing carefully and patiently to block them whole 90 minutes really well. Although there is no winner for this game and never could be enough to satisfy the fun, Fujiyama and Haga could be deserve the best players by their experienced decisions and clever plays on the defence, and the other Consadole players at least showed their strong harts this day.

Ishizaki’s new choice: 3 defenders with almost 3 forwards also could work. It can fit to his team that has enough good midfielders and can help its poor finish too.

posted by MasaMaru |21:23 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年05月04日

茄子と六本木ヒルズ/Planting and visiting Roppongi Hills

Egg plants

 今朝はプランティングをしました。


Planting 今年の野菜エリアは茄子を2種類、「黒福」と「飛天長」。

 比較的強そうな説明書きの種類を選びました。茄子は世話が大変ですが、実が生れば嬉しい。上手く育ってくれると良いのですが…。

 他の子たちもまとめて土替え。この時期の楽しみです。


Roppongi Hills

 午後は六本木ヒルズへ。本当は「ボストン美術館展」を観たかったのですが、行列の長さにあっさり断念。

 広場で食べた屋台売りのハンバーガー。美味でした。


Roppongi Hills ちょっとした要塞にも見える六本木ヒルズ。


Romanian embassy  その後、広尾まで散歩。通りがかったルーマニア大使館の門札。素敵です。

Today I enjoyed planting in the morning with two deferent eggplants for this year. Growing eggplant needs a lot of work and great care but it might be worthwhile. We can look forward to the harvest.

And then, Ms. N and I went to a museum in Roppongi Hills but the too long line of people waiting to get tickets made us gave it up. We just enjoyed staying and walking around there with some nice things to see. 



posted by MasaMaru (横浜在住) |20:38 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年05月03日

今日のおやつ/Today's sweets

Today's sweets

 当方、連休を満喫しています。

 今日は少し離れた園芸店まで、散歩を兼ねた買い出しに。帰りに見かけた和菓子屋さんで買った生麩饅頭(つやつやのもっちもち)と蕎麦粉饅頭(真っ白のすべすべ。蕎麦粉なのになぜ白いのかは不明)。

 明日は早起きして今日買って来た苗を植えようと思います。

Today’s sweets: Nama-fu-manju (green one) and Soba-ko-manju

“Manju” is generally a steamed bun stuffed with sweet azuki-bean paste. “Fu” is a bread-like food made of wheat and “nama” means raw, so nama-fu-manju is not steamed fu that has sweet azuki-bean paste in it. It was nice moist and chewy and tasted lovely. Soba-ko is buckwheat flour. So the bun of soba-ko-manju is made from buckwheat. Its snow white beautiful skin and so smooth touch could be even more enjoyable than its taste.


posted by MasaMaru |22:57 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年05月02日

第10節 熊本戦/VS Roasso Kumamoto (May 2nd, 2010 at Suizenzi Stadium)

 熊本相手にかろうじて引き分け、連敗こそ止めたものの未だトンネルを抜けられないコンサドーレ札幌。0-0はむしろラッキー。試合自体は、特にラスト10分はゴン中山に藤田のベテラン対決、熊本出身の岡本の投入などで盛り上がり、それなりに楽しかったですが…

 内容でもチャンスの数でも、ホームのロアッソが圧倒していました。向こうの方が、運動量が多かったしスピードもあった。ゲームを楽しんでいるようにすら見えました。ただ、ミスの多さ、フィニッシュの精度のなさはウチといい勝負で、そこに何度助けられたことか。芳賀と藤山の全能力を駆使して危機を摘み続けるプレーや、高原のスーパーセーブ以上に、何度も札幌を救ったのは相手のミスでした。

 石崎監督は今日も少しフォーメーションを変えて来ました。現状打開への苦悩が伺えますが、どうも選手が付いて来ていないような気もします。今日のワンボランチにトップ下2枚という形(守備時は後ろを落ち着けて、攻撃時は中央では中盤を省略、長いパスを左右に振って駆けあがった両サイドから人数のいるゴール前へ…という発想でしょうか)も、前での攻撃の起点兼得点源を期待された上里へのマークが厳しく、シュートはおろかパスさえも思うように出させてもらえず機能しませんでした。やはり得点源とゲームの組み立て役は分けた方がよいのでは。

 いずれにしろ、どういう形で点を取るのかと、どういう形でなら取れるのか、どちらを優先しているのか、ファンにも判りづらくなっているところがあります。さすがにやっている本人たちがそうだとは思いませんが…。ちょっと勝ちが遠のくと大騒ぎする、我慢が効かないファンも多いですから、その辺も明確にしておいた方が良いかもしれません。5日はもう次の試合です。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, 14th placed Consadole Sapporo met 9th placed Roasso Kumamoto at Suizenzi Stadium and drew the game by 0-0. Sapporo failed in stopping its winless streak again by this; however, it actually was even lucky. The game was almost always for the home team; the players in red obviously more active and aggressive to keep pushing back the visitors and it seemed even they enjoyed it. It was fortunate for Sapporo that Kumamoto’s players were also suffering from its poor finish totally as same as them. Fujiyama and Haga worked really well to cut and squash some decisive plays of Roasso and Takahara also kept his goal excellently, still, Roasso players’ mistakes saved Consadole more.

The game itself could be enjoyable for over 6,800 fans there especially the last 10 minutes with two famous popular experienced players; Masashi Nakayama and Toshiya Fujita, and Consadole’s Okamoto who came from Kumamoto. 

For Sapporo, although Ishizaki putted some change on his team this time too and showed that he has kept trying to get out of this tunnel; his players are still not getting used to it.

posted by MasaMaru |18:10 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |