コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年04月29日

カレー博覧会2010/Curry Expo 2010

Curry Expo 2010

 GW初日(と言っても明日は普通に仕事ですが)、赤レンガ倉庫にて開催中のカレー博覧会2010に行って来ました。盛り上がってましたよー!

 とりあえずキングフィッシャー片手にひと回り、各ブースのメニューと行列をチェック。すると…。


Curry Expo 2010 ライス単品200円。なるほど、各ブースではルーだけ購入して、より経済的に色々な味を楽しもうということですか。N嬢も私もナン派なので、結局ご飯は買いませんでしたが…。


Curry Expo 2010

 中央林間「ADAR(アダル)」のグリーンカレーとサモサ、「亀有 ムルタン」の豆カレー。

 グリーンカレーはまろやかな舌触りとコクのバランスが素晴らしく、大変美味でした。サモサもとってもホコホコしていて、ソースの塩加減がまた絶妙。豆カレーはクローブの香りが凄くて、ちょっとスパイシー過ぎたかも…。


Curry Expo 2010「ADAR」の皆さん。美味しいカレーと素敵な笑顔をありがとうございました!


Curry Expo 2010

 本格的な味の後はカジュアルに、揚げたてのカレーパンをインドワインで。エンジンかかってきました!


Curry Expo 2010 看板が可愛い「印度亭」のタンドリーチキンと定番のマハラジャで締め。楽しかったです。

 このイベントは5月2日の日曜日17:00までやっていますので、機会があれば是非どうぞ(スープカレー繋がりでしょうか、北海道物産展も同時開催されてます…)。

 というわけで今日の試合は観てません(!)。ごめんなさい!


Curry Expo 2010

Curry Expo 2010 has been held now at Yokohama Red Brick Warehouse now and many people visits there to enjoy this Golden Week holidays, and Ms. N and I also joined them today. Needless to say, we had a great time with those nice tasty spicy foods with Indian beers. They will have this exhibition until May 2nd, Sunday, so check it up if you have any chance!


posted by MasaMaru (横浜在住) |19:11 | Entertainment | コメント(0) |

2010年04月25日

第8節 水戸戦/VS Mito Hollyhock (April 25th, 2010 at Sapporo Dome)

 印象の上でも数字の上でも札幌が押していたゲームだったのですが、終わってみれば1-2で敗戦、水戸の方が上手だったということでしょうか。J2において、守備の意識とルール、最少得点差で逃げ切るための戦術を徹底しているチームがいかに強いかは、三浦札幌の優勝と昇格を経験しているファンなら良く判っているはず。今日の水戸はまさにそれでした。
	
 対して、石崎札幌のサッカーは相変わらず何処か中途半端。特に立ち上がりはボールも良く回り、全員が前へ前へと動くのだけれど、得点機で幾つか外しているうちにフィニッシュの手前で失速し始める。というか相手ゴール前でだけ途端に人数が少なくなるような印象があります。何が何でも攻撃的に行くと言うのであれば、もう最後はどんな形でもシュートで終わるとか、攻めている時は両サイドバックが両方飛び込んで来ているとかであれば、観ているこちらも納得できるのですが…(まあ、今日は右がリーグ戦初出場の堀田ということもあったと思いますが)。あれだけゴール前で時間をかけてもらえれば、相手もクリアしやすいでしょう。

 そうかと言って、別にリスク管理に神経を使っているというわけでもなさそう。芳賀や藤山の危機を潰すプレーは効いていますし、彼らの活躍が光るのはファンには嬉しいに違いありませんが、あれだけ中盤をすっ飛ばしたカウンターをかけられては、スピードと高さに劣るウチの守備では、一発の反撃に泣くことはこれからも多いに違いありません。そのくせ、不用意なバックパスが多いし…(それにしても本当、セットプレーに弱いですね、今年の札幌は)。

 そんな中、唯一の希望と映ったのは久々だった岡本のドリブル。自ら攻め込む姿勢、何か相手の裏をかこう、攻撃の流れを変えようとするアイデアと熱意でした。もちろん、前出の二人や二試合連続のスーパーゴールで一度はゲームを振り出しに戻した上里も良かったですが、今日の岡本は今季今までチームに存在しなかった駒でしたから、これは流れを変える上では期待できます。

 あとは前をどうするか。個人的には今の札幌で2トップにするよりは、ボールをキープしながらシュートもできる近藤か、一瞬のスピードで相手を置き去りにできるキリノのどちらかを選んでしまってそれを活かす約束事を作るか、あるいは相手のタイプによって使い分ける方が良いような気がします。本当は休み明けのここで勝って巻き返しを図りたかったところですが、終わってしまったものはしょうがない、GWの連戦を上昇のきっかけとするべく勝ちを重ねて欲しいものです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Game-less last week was not enough for Consadole Sapporo to rest and get refreshed?

Sapporo met Mito Hollyhock at Sapporo Dome on Sunday and lost the game by Mito’s 2-1. In the 58th minute under Mito’s 1 goal lead, Sapporo once pushed it back with Uesato’s excellent shot gun middle from his left foot and it seemed that he had saved the team again as same as last match drew against league leader Kashiwa Reysol, however, only 10 minutes later it finally ended in another scoring for Mito; Sakuta’s 2 goals finished the game.

Ishizaki’s soccer has seemed like really aggressive so far; still, it has not worked so well. Sometimes it is just many players take part in offence. They can rule the ball but never rule the game because of their poor finish. It also causes that they are counter attacked easily. Haga and Fujiyama always work tough and hard but neither of them is tall and fast enough to care it. If Ishizaki keeps his plan, they need to finish their attack with shoot at least or they should set clearer procedure that makes it easier. Deciding who controls the game and who the main finisher is might be able to help it.

One of the little good news for Sapporo was Okamoto who had been out of playing since last September. His tricky dribbles and good tries created many chances. Organized team play with individual playing style like that sometimes makes chemistry.

Next 4 games in 2 weeks should be tough but it may also be good chance for them to jump up. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |21:10 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年04月17日

タイコーヒー/Thailand coffee

Thailand coffee

 この前やっと春になったと書いたのは間違いでした。

 もう4月も半分過ぎたと言うのに、暖かくなったり寒くなったりの繰り返し。衣替えができません。

 話は変わって、今飲んでいるのはいつものこちらで購入したタイの豆。どこかピーナッツを思わせる香りと、甘い余韻が特徴(私見)。

まさまる「タイってコーヒー栽培に適した高地がありましたっけ?」
マスター「ミャンマーとの国境辺りに山があるんですよ。まあ、

コーヒーより麻の栽培が盛んだったりするんですけどね(ふっ)」

 ちょっと怖かったです。

 ちなみに一緒に写っているカエルは、こちらもタイ製のペーパーウェイト。

It seems that the spring is still waiting for something to come this year.

We enjoy this Thailand coffee lately; it has a kind of roasted peanut and tastes sweet.

The flog next to the coffee is a paperweight also made in Thailand.


posted by masamaru |23:49 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年04月11日

第6節 柏戦/VS Kashiwa Reysol (April 11th, 2010 at Sapporo Dome)

 前半を0-0で終えられて御の字、後半どうなることやらと怯えていた矢先に上里が決めた、推定40mの超ロングシュート。“お前は日向小次郎か!!!!”と柄にもなく興奮した瞬間でしたが、まあ、首位を行く柏、それほど甘くはありませんでした。86分にレアンドロ・ロドリゲスの、こちらもスーパーなミドルシュート一発で同点に。
	
 しかし、8割以上の時間、8割以上の要素で柏に圧倒されていたこの試合、引き分けは満足すべき結果でしょう。ウチに取って喜ぶべきことは実に多かった。まず、選手起用の変更が吉と出たこと。当ブログでは前回、キリノと近藤、藤田と内村の同時起用に疑問を呈し、宮澤か砂川のトップ下起用を勧めたわけですが、今節、石崎監督はまさに近藤のワントップに宮澤のトップ下を選択、これが実に可能性を感じさせました。内村ではなく若い古田にかけたことも、古田が前半終了間際の接触プレーで鼻血を出すまでは確実に功を奏していた。また守備においても(殴られ続けで一瞬でも気を抜いたら即死という状況が緊張感を高めると言うこともあるのかもしれませんが)、皆がいつにない集中力で素晴らしかったです。特に藤山、今日は体力や技術を凌駕するベテランの経験値というものを見せてもらった気がします。

 客観的には、むしろ柏にとって不運な試合でした。判定はともかく、勝てない要因は何ひとつなかった。ただ、こういうアンラッキーな、あるいはアンフェアな事態が起こり得るという事実もサッカーというスポーツの魅力の一部であることは間違いありません。諦めてもらわないと(笑)。

 個人的には、柏のマスコットがドームのピッチを堂々と歩いていたことの方が、よほどアンフェアと言うか筋が通っていないように感じます。昨年のホームゲーム数とアウェイゲーム数の不均等もそうですが、地域密着を第一に掲げるJリーグには、その辺もう少しきちんと考えて欲しい。別にビジターのファンが果物の皮や石を投げられるほどのホスティリティが必要だとは思いませんが、幾ら相手が石崎監督の古巣とは言え、これは越えてはいけない一線だったと思います。

Kazumasa Uesato, No. 20, a lefty fantasista of Conasadole Sapporo attracted its fan again in the game they met Kashiwa Reysol at Sapporo Dome on this Sunday. When his almost 50 meter long canon shot broke Sugeno’s goal first in Kashiwa’s latest 5 games, it seemed that the 48 minutes overwhelmed by Kashiwa were totally wiped away and the home team players in red and black stripe would start their strike back.

Actually, it never could be true; the game kept being under Kashiwa until the end and Leandro Domingues’ 86th minute shot gun middle finally equalized it.

Still, 1-1 draw with the league leader Kashiwa was not so bad for 11th Sapporo. Some change Ishizaki had made for this game such as using Kondo as one striker not Qurino, putting Miyazawa behind Kondo as final passer, sending Furuta and Fujita on its both sides at the same time all worked well. His players also worked really tough and hard especially last 10 minutes including 5 minute long additional time, they stood and kept pushing back incredibly against Kashiwa’s harsh attack. Uesato was excellent not only on his scoring but also on defence. Kondo, Miyazawa and Fujita were really well too. Experienced Fujiyama also saved the team many times.

With an objective eye, it even should have ended in Kashiwa’s victory. They almost always exceeded Sapporo on almost everything but just only they were unfortunate. However, this kind of unfairness can be pleasure of football. At least for over 10,000 Consadole fans there, it might have been enjoyable.

In my opinion, Kashiwa’s mascot Rey boy’s walking on the pitch of Dome was the very unfair. There is no point in seeing visitor’s mascot on the home pitch. What a strange try!

posted by MasaMaru |17:49 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年04月10日

土曜日の風景/Weekend Air

Rosemary


Rosemary 我が家のローズマリー。
	
 台所で活躍するのみならず、目まで楽しませてくれる出来た子です。

 暖かかったり寒かったり、何かに迷っているようなこの季節の切り替わりですが、

 今日はようやく春で落ち着いたかと感じさせる陽気でした。


afternoon beer

 で、昼から飲んでました。正しい週末の過ごし方として。

Finally the spring has come. Today I felt so, from this warm Saturday air with some pale purple blooms on our rosemary.

To celebrate it, we enjoyed afternoon beer with a weekend air.


posted by MasaMaru (横浜在住) |22:09 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年04月04日

第5節 岐阜戦/VS FC Gifu (April 4th, 2010 at Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium)

 勝てない相手ではなかったと思うのですが…。少なくとも3-0はないでしょう。2点差を追いかける状態で石川が負傷退場、一人少ない状態での3点目はともかく、最初の2点も不用意なファウルで与えたセットプレーから。今季は空中戦弱いって解っているはずなのに…。勝って上位に食いついて行きたいところだっただけに残念。

 どうもプレーを止めれば、切れば、それで何とかなると考えているかのような場面が目に付きます。特にバックパス。素人が何を言うかと言われるかもしれませんが、強力なプレスがかかっているわけでもなければ試合を落ち着ける必要もないのに、自陣にボールを下げる意味はどこにあるのでしょう。特に今日など、相手の嶋田のスピードあるドリブルと飛び込みに何度も痛い目に遭っていながら、みすみす得点機をくれてやるような真似を繰り返す…。地元での試合で張り切っていたのか、好セーブを連発していた高原がちょっと気の毒。

 何か、チームのフォーメーションや戦術が上手く機能していない気もします。キリノと近藤を並べて使うのはどうなのでしょうか。近藤が素晴らしい選手であることは最早明らかですが、彼が前で張っていることによって相手の守備は常に自陣で待ち受けていて、キリノが自由に走れる距離はかえって少なくなっているような気がします。砂川や宮澤のような攻守兼用の選手を一人トップ下においてキリノのスピードを活かす方が、特に中位以下の相手には有効かもしれません。同じことは藤田と内村の関係についても言えます。藤田はどう考えても右サイドでプレーすべきですが、石崎監督が内村を最初から使いたい以上、左へ回らざるを得ない(もちろん、それが彼のプレーの幅を広げ、将来に繋がることは否定しませんが…)。それこそより将来を見据えて古田も使いたいから、古田が右で藤田が左というならまあ、納得もしますが…。

 これで石川が戦線離脱するようだと、早くも今季は絶望的です。いっそ3バックにして、中盤を厚めに、カウンターを意識した戦いにシフトするのも手かと。

Sunday, Consadole Sapporo met FC Gifu on the away pitch of Nagaragawa Stadium and lost an important match to hang over this season’s promotion race by Gifu’s 3-0. For Gifu, Shimada who also scored in the 84th minute was remarkable; he kept threatening the visitor defenders with his speed and limitless running, conversely for Sapporo, there was not any players taking decisive role, and neither any decisive tactics. They were not so organized especially on defence and when even a center back player Ishikawa who also game captain left the pitch because of an injury his left uncle in two goals behind 89th minute, it had been finished.

It seems using Quirino and Kondo as two strikers at the same time might not work so well. They are both good player but when they play in a row, opponent defenders are always ready enough and carful for the threat. Qurino could use much larger space with his good speed to if he had a passer for him such as Sunakawa or Miyazawa instead of another forward. And it was same as Fujita and Uchimura. Fujita cannot play on his right side of the pitch from first as long as Ishizaki use Uchimura as a midfielder. Maybe they already need a slight adjustment on their positions and strategy for this season.

posted by MasaMaru |16:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2010年04月03日

砧公園の桜/Cherry blossom viewing at Kinuta Park

Kinuta park

 東京でも有数の桜の名所、世田谷区の砧公園にお花見に行って来ました。

 日付としては、おそらく今週末がベストだったでしょう。個体によっては既に葉桜になり始めているものも。


Kinuta park

 良い場所を取ろうと朝10時半には到着したのですが、既に結構な人出。


Kinuta park 砧公園の桜の特徴は、花(枝)の位置が地面に近いこと。意識せずとも常に視界に入るので、お花見と言いながら飲み食いやお喋りに夢中になって気がつけば花を愛でるのを忘れていた…なんてことになる心配も低いと言えましょう(笑)。右の写真は我々が確保した場所。


Kinuta park 桜の花自体は何処かボーっとしたところがあって、個人的には梅の方が好きなのですが、このまとまって咲いた時の一種妖艶な迫力、空間や時間まで浸食するような幻想的な雰囲気は、やはり他にはないものかとも思います。
	
 時折風が冷たかったものの天気にも恵まれ、久しぶりに会った人たちとの話も弾み、楽しいひと時を過ごせました。


Kinuta parkMs. N and I today went to cherry blossom viewing at Kinuta Park where one of the best spot for the activity in Tokyo. Although sometime gentle breeze had been felt a little cold, it was totally warm and sunny so that we had a great time there in full blooming pink flowers.

Japanese people have been attracted this magical and mysterious beauty of this flower for a long time. We really love them as a symbol of the spring and also love the festivity atmosphere of “Hanami”.

This time was a kind of old friends’ reunion for us. We enjoyed talking, eating, drinking good enough for the day.


posted by MasaMaru (横浜在住) |21:48 | A piece of my life | コメント(0) |