コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年03月28日

第4節 岡山戦/VS Fagiano Okayama (March 28th, 2010 at Sapporo Dome)

 近藤のリーグ戦移籍後初ゴールと2ゴール目でホーム初勝利!おめでとうございます。

 1点目は気持ち、2点目は技術で魅せ、ファンのハートをますますがっちり掴んだ近藤。本人もホッとしたのではないでしょうか。特に2点目の、センターラインから相手ゴールペナルティエリアまで50mをドリブル、最後はディフェンダー2人を引きずっての得点は圧巻でした。Welcome, Kondo!

 ただ、それ以外は前節同様、相手のミスとだらしなさに救われたシーンが目立ちました。後半15分以降、早々と脚が止まってからは防戦一方、いつ決められてもおかしくない(と言うか岡山も何故決められない)という場面の連続。どっちに転んでも不思議ではない試合でした。

 どうもあえて出来ない方、出来ない方へとプレーを運んでいるように思えます。先制した時の、外(→藤田)、外(→西嶋)、中(→近藤)のような繋ぎをもっと多用すれば良さそうなものを、中へ中へと行って、結局ボールを失う。前に人数をかける攻撃的なフォーメーションはともかく、フィニッシャーが被りすぎて、キリノのようなスピードのある選手を活かせない。そうかと思えば、ボランチは好守を分担できる状況にありながら、攻撃を担うはずの宮澤が慎重過ぎる。途中から出てきた古田は(何度か良いトライはありましたが)フレッシュな選手がやるべき仕事を果たせていない(あそこは砂川を出すべきだった)…と、今一度ベースとする戦術を確認し直した方が良いのではと思わされることしきり。(岡山には重ね重ね失礼ですが)このクラスの相手を圧倒出来ないようでは、やはり今季も厳しいでしょう。

 ただ、勝って勢いに乗ることも大切です。これで得失点差もイーブンに戻しました。次は個人的に今季はまれば結構良いところへ行くのではないかと睨んでいる岐阜が相手(佐藤洸一は2桁得点が狙える選手だと思います)。アウェイですが、3連勝で出だしの失敗を取り戻して欲しいところ。頑張れ、コンサドーレ札幌!


Sunday, Consadole Sapporo beat Fagiano Okayama by 2-0 at Sapporo Dome to make this season’s first winning on the home pitch to delight over 11 thousand fans gathering there who had been expecting something great from the dome for the last weekend of this March.

The Man of the Match was no doubt Sapporo’s newcomer striker Kondo who made all scoring this day. It was the 36th minute that Kondo rushed to Nishijima’s centering and pushed it in to make his first scoring in the league after he moved to Sapporo. Although once the tide changed for Okayama in the second half, they kept the one goal lead well and Kondo’s second fantastic scoring with his 50 meter long strong dribble from the center line to Okayama’s goal in the 83rd minute decided the game.

It could be easier victory for Sapporo; it had had an advantage over the visitor in both its players’ skills and experiences, still, actually it was rather close. Consadole players ran out the gas too early and its poor defence was helped by Okayama’s mistakes so many times. Quirino, Kondo and Uchimura in the same area at the same time did not work and there was no point in Miyazawa’s too careful playing when Haga could take care of defensive part. Furuta who took the place of Uchimura tried well sometimes but he should have done more as the freshest player at that time. They might be able to check and firm up their tactics; how they reach the scoring. It seems that they can take advantage of Quirino’s speed more.

posted by MasaMaru |19:17 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年03月21日

第3節 栃木戦/VS Tochigi FC (March 21st, 2010 at Tochigi Green Stadium)

 だから最初から芳賀をボランチで使えと言っていたのに…。3試合目にしてようやく無失点試合。

 とは言え、これで守備が落ち着いたと言うわけにはいかなそうです。今日は随所に藤山の好プレーも光りましたが、正直、栃木のミスとしょぼいシュートの連発に救われた感は否めません。

 得点の方も19分、相手のミスから。中途半端なクリアを拾ったキリノががっつくことなく(?)左の内村にパスを流し、内村が正面のDFの股を抜いて移籍後初ゴール、結局これが決勝点に。栃木の時間帯だった序盤に先制したこのシュート自体は素晴らしいものでしたし、個人的に多分リーグでの得点は近藤の方か先だろうと思っていたので驚きでしたが、攻撃もその後は今ひとつ。一試合通してのシュート数では実は栃木に負けています。

 自分の中での今日のMOMである近藤の、エナジェティックに根気よく裏を突き続ける走りは可能性を感じさせましたし、内村、キリノ、藤田まで飛び込んで来る瞬間には確かに厚みも迫力も感じるのですが…。この相手で(失礼)大量得点と行かないようでは、たかが知れています。キリノはまだちょっと重そうですが、それでも一瞬のスピードならJ2では群を抜いている。征也の77分の、広いスペースを自ら切り込んでシュートまで持って行ったプレーも良かった。よって今後に期待する要素がないわけではないのですが…。

 話をボランチに戻すと、攻撃を担っているはずの宮澤が今ひとつでした。技術やアイデアで唸らされる場面は少なくないのですが、昨季から引き続き、迷いなのか戸惑いなのか遠慮なのか、ビシッとしたプレーやトライは見られなかったように思います。

 これは実は父からの受け売りなのですが、今の札幌は誰がゲームを組み立てているのかが判らない。今日のゲームなどはまだ、(特に後半)近藤にボールを集めると言うところで徹底できていたように思うのですが、昨季に輪をかけて明確な戦術が見えない感じがあります。これが、宮澤が前目で自信を持ってボールを振り分けられるようになれば、もっともっと面白くなるような気はするのですが…。

 3試合終えて、鳥栖に引き分け、福岡に負け、栃木に勝ちは妥当なところではないでしょうか。勝てるところには勝てるけれど、少しレベルが高いところには打ちのめされる、今季もそんな感じで行きそうです。まったり観るのが正解。

It was plausible that Consadole Sapporo beat Tochigi F.C. by a score of 1-0 keeping a lead made by Uchimura in the 19th minute to clever pass from Quirino who caught Ohkubo’s miss clearance. It was also first scoring for him after moving from Ehime FC. The game was under Tochigi at that time so that it could decide the winner of this Sunday’s match in Tochigi Green Stadium.

After 0-3 losing against Avispa Fukuoka at Sapporo Dome last Saturday, Ishizaki chose Haga for defensive midfielder to settle down its poor defence and it worked really well with Fujiyama in central defence. Still, it was actually helped by Tochigi’s poor finish many times. This day’s victory on Sapporo was so close.

Its offence was never good too. Kondo worked hard and created some good chance; he was worthy of MOM, but it finally did not pay off. Maybe Miyazawa playing in the center of Sapporo should have tried more confidently. Now Consadole needs key person to operate game whole 90 minutes and he is skillful and has enough idea to make it.

It seems that Qurino is getting better off and Fujita keeps his condition good so Consadole fan can expect good things from their players, however, it was too wishful that they lead the league. Be patient to enjoy the season, Sapporo people!

posted by MasaMaru |17:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2010年03月07日

開幕戦 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (March 7th, 2010 at Best Amenity Stadium)

 センターバックに加えてエースストライカーまで怪我で欠く状態で開幕戦を迎えた札幌。アウェイの鳥栖戦はロングボールの応酬が目立つ落ち着かない雰囲気で始まりましたが、雨で濡れて難しいピッチ状態を考えると、あれはあれで良かったのかもしれません。実際、先制したのはこっちでしたし。21分、石川の長いフィードに走り込んだ藤田が技有りのボレー、一度はポストに嫌われるもしっかり詰めて自ら押し込みました。今日の藤田は攻守にわたってキレキレ、逆サイドの古田とともに何度もチャンスを作り、守備でも良く戻って味方を助けていました。積極的に中に切れ込んでゴールを狙う動きも見られ、最初の得点が遠かった昨季と比べて、随分調子が良さそうです。

 しかしその後の札幌は今ひとつ。そもそも最初からセカンドボールの競り合いでは負けていたのですが、意図したものかどうか中盤を省略してゴール前に人数をかけることで、次第に威力を増す鳥栖の攻撃に耐えていたものの、84分、波状攻撃を凌ぎ切れず、近藤との競り合いとジャッジへの不満にフラストレーションを募らせていた飯尾にゴールを割られてしまいました。

 ただ、高原は今日も安定感があって、決して悪くはなかった。問題は最終ライン。しかも本職ではない芳賀はむしろ合格点以上、何度も何度も危機の芽を摘んでいましたから、やはりディフェンダーをなんとかしなければ、厳しいシーズンになることは必至です。もっとも、担架で運ばれた近藤の状態次第では、フォワードも足りなくなる可能性があるのですが…。

 とは言え、どう転んでも不思議ではなかった大接戦、なかなか楽しめました。特にアディショナルタイム5分間の激しい攻防は見ごたえがあったと思います(中山の惜しいヘディングシュートもありましたし)。アウェイで引き分けなら、まあ良しとしましょう。次節はいよいよホーム開幕、初戦で優勝候補の甲府を3-0で破った福岡を札幌ドームに迎えます。ここはひとつ、勝って気炎を吐きたい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

PS. FIFAのルール改正にのっとりJリーグでも今季は手の使い方、特に相手のシャツを掴む行為は厳しく制限されます(今日、鳥栖の選手が必要以上にイライラしていたのは、そこへの理解が足りないせいもあるのではないかと思ったのですが)。セットプレーの時などボールがないところでの競り合いでは、プレーの公正さが増し、(充分に浸透すれば)不必要に試合が止まった時間が減ることが望めそうですが、一方でドリブルをしている選手が競りかける相手に対してボールを保持するために腕や手をどう使うかは、サッカーという競技における見どころのひとつとも言えるので、こちらまで見られなくなると…個人的にはつまらないと思うのですが、皆さん、どうでしょうか。

Sunday in the weekend J league 2010 starting, Consadole Sapporo met Sagan Tosu at Vest Amenity Stadium in Saga for its first game of this season and drew it by a score of 1-1.

Simple quick playing with long pass and long run had been seen lot on both teams and it seemed to be not so bad plan with the slippery cold wet pitch even if it could be a little messy. It also could help the visitor team without its ace striker and two key defenders because of their injures; in that rocking situation, the 21st minute Fujita’s volley rushing to long feed from Ishikawa was once hit the goal post but he kicked the reflection into Muro’s net to go ahead. Fujita was one of the best players for this day’s Sapporo; he created many chances with the other side’s young speed star Furuta and played really hard and tight when he made defence too.

Conasadole turned to be a little more defensive to keep one goal lead, but Sagan overcame it. The home team players never stopped working hard and aggressively and it finally paid off in the 84th minute, Iio broke the Takahara’s goal to equalize it (Still, Takahara could not be bad this day. Haga also worked very well on the right side back as a defender).

It was totally close game, especially the last five minutes as additional time were really hot and exciting good enough to warm up almost 9,000 fans there under the rain, but for Consadole fan waiting for next game against Avispa Fukuoka at Sapporo Dome, it could be not enough to wash out their anxiety from the poor finish and poor defence of the team.

Lastly, this season, J league has strictly discouraged players from using their hands especially to grab shirt. It might make the games more fare and interesting when they compete for the position without ball, still, preventing dribbler to try that could work conversely. 

posted by MasaMaru |20:30 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年03月03日

ひなまつりの食卓/Hina-matsuri dinner

hina-matsuri

 ひなまつりの食卓。ちらしずし。おいしゅうございました。
	
「潮汁じゃないけどねー。白酒じゃなくて濁り酒だけどねー。」とN嬢。

 今日もまた、既に“少し召された”域は超えております。

Third of the March is Hina-matsuri, the day for Dole Festival in Japan. It is also Girl’s Day.

To cerebrate it Ms. N made this colorful Chirashi-Zusi (Sushi bowl with a variety of topping) for the dinner. We also enjoy thick white unprocessed sake. Everything was delicious.


posted by MasaMaru |23:25 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年03月02日

プレシーズンマッチ 大分戦/Sapporo drew with Oita by 2-2

 日曜日の大分戦感想。

 ボールを支配して回せている時間でも、組み立てているという印象は受けませんでした。また、いくら前に人数をかけていても、最後にどう決めるのかがはっきりしていなかったように思います。相手ゴールに近い場所、決められそうな距離に何人も選手がいながら、まったく迫力に欠けていました。

 一方、守備は予想どおり今後に不安を抱かせるものでした。特に、相手の守備から攻撃への切り替わりがちょっと早くなると途端にバタバタするところなど。一番怖く感じたのは、センターライン近くから自陣への長いバックパスが少なくなかったこと。強いプレスに対して、ボールを奪われて攻め込まれるよりはとりあえず最終ラインやゴールキーパーまで戻してロングボールでかわそうということなのかもしれませんが、相手にちょっと足の速い選手や鼻が利く選手がいたら、お粗末な失点を招きかねません。
	
 60分に藤田のコーナーキックから石川のヘディングで先制したものの、直後に気の抜けたようなプレーを連発。高原の好守で一旦は凌いだものの、68分、71分と大分のエース、チェ・ジョンファンに立て続けに決められたシーンは、まさに薄く浅いDFラインの背後、ゴールまでの距離を上手く使われてのもの。1点目は石川が1対1で抜かれ、2点目はファウルで止めるしかなかった西嶋が与えたフリーキックに頭を合わせられての失点。あの形の失点は今季多くなるように思います。

 追い付いたのは74分、交代で入った砂川が攻撃のリズムを少し変えてから、相手ゴール前、その砂川からのふわっとしたパスを頭でトラップした近藤がボレーで突き刺してのもの。近藤は前評判通りの、密集の中でもゴールを狙える強さを披露しましたが、決定機での精度となると物足りなさが残りました。もっとキリノにスペースを与えるような動きがあっても良かったし…(もっとも、ほとんど機能していなかった内村や李に比べれば遥かに良かったですが)。右サイドに内村の代わりに古田が戻って来ればもっと良くなるとして、増やしていかなければならないのは、37分に上里がクイックなスルーパスでキリノを走らせたようなプレー、後は51分に藤田が見せたような、中へのドリブルで時々相手をひるませるプレーでしょう。

 何だか昨季と比べて強いところはより強く、弱いところはより弱くなっているようにも感じたのですが、チーム作りにおける継続性と独自色の確立という観点から考えると必然かもしれません。幸い高原は充分仕上がっていましたから(2失点はしましたが、落ち着いていて良かったです)、ギリギリのところで何とか凌ぎつつ調整して行って欲しいと思います。まずは来週の鳥栖戦、最初は大事ですよ、頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo drew the training match with Oita Trinita by 2-2 at Kyushu Sekiyu Dome in Oita to warm up fans for this season.

Sapporo’s players played quite aggressively and ruled the ball and game much longer than opponents suffering from many injured teammates; still it took them 60 minutes to go ahead with Ishikawa’s header to Fujita’s corner kick because of its poor finish. It seemed they need a little more time to firm how they score finally or who is finisher. Kondo showed his physical strength and strong heart with his volley shot scoring from the crowd in front of goal in 74th minute but the relationship between Ace Quirino and him could be better. Other two newcomers Uchimura and Ri Han Jae did not work very much.

Sapporo can get better on its offence when Furuta overcame his sprained left ankle; Fujita and Furuta on its both sides might speed it up and spice it up, and Kondo will fit the team more soon. However, to focus on its offence too much also can cause a lot of loose space that they need to care without special center back player. Their goal may be threatened by long and high cross or fast running and dribble more easily than last season. How they play hard and carefully to block it at the last moment will be the key. 

J league will open this weekend and Sapporo will meet Sagan Tosu at Best Amenity Stadium in Tosu. Go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |23:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |