コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年02月27日

最後のプレシーズンマッチは大分戦/The final test match with Oita

 いよいよ開幕が近付いて来ました。明日は最後のプレシーズンマッチ、大分戦。嬉しいことにスカパー!で中継があります。楽しみです。
	
 DFに故障者が多いこともあって、今季の札幌は昨季以上に守備が不安。明るい材料がそこにしかないからか、攻撃面にばかり話題が集まりがちですが、試合数が少なく、取りこぼしが効かないシーズンであることを考えると威勢の良い想像を膨らませてばかりもいられない気がします。補強した選手を活かすためには前を3人にして如何に回すかという方向に戦術が傾くのも当然ですが、個人的にはキリノと近藤のツートップ、もしくは近藤をトップ下にした4-4-2か4-4-1-1で中盤を固めるべきだと思います。何なら3-5-2でも良いくらい(MFは左サイドに藤田(砂川)、右に古田、中が宮沢と上里(李)、ひとつ後ろに芳賀、DFは左から岩沼(藤山)、石川、西嶋)。

 いずれにしろ、チーム一のハードワークで守備を助ける芳賀の働きがシーズンを通してポイントになるのではないでしょうか。攻撃については、近藤が前でボールを保持してくれそうなところ以外は、結局はキリノのスピードがものを言うような気がします。両サイドからのクロスの精度が格段に向上するようなら、攻撃偏重でも面白くなるかもしれませんが…。

 何処にチームとしての目標を置くかにもよりますが、順位を重視するなら、スタートでこけないことが大事です。繰り返しになりますが、試合数が少ないのです。一度トンネルに入ったら抜ける前に終わる恐れがあります。

 J1のビッグクラブの選手の顔ぶれを見ると、どこも負けることがあり得ないようにすら思えます。そんな中、新潟の西、名古屋のダニルソンとも、即戦力の扱いでした。来季、この二人に帰って来てもらうためには、やはり昇格するしかないでしょうか…。

 頑張れ、コンサドーレ札幌!

Tomorrow, Consadole Sapporo will have a training match with Oita Trinita at Kyushu Sekyu Dome as the final chance to test the team before up coming season. I’m looking forward to watching it on TV.

How they attack and score actively and aggressively has been talked on this season’s Consadole especially its three newcomer forwards: Kondo, Uchimura and Nakayama, but actually, now the more important thing is how they defend without its injured center back players: Cho Sung Hwan, Yoshihiro and Minowa. This season, the number of J2 team grew to 19 and it also came to less games. There is no game to lose easily if the team aims to promotion. Although good trying is always welcome, they have to play more carefully rather than attractively.

The hardest working defensive midfielder Haga might be the key player to resolve it. I have high expectation for Quirino, Fujita and Furuta too. Anyway, we can see how they have gotten ready soon, let’s enjoy it. Go Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |22:23 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2010年02月15日

チョコレート紹介/Chocolate Report

choclate report

 昨日はバレンタインデイにチョコレートをいただきましたので、感謝とともに写真を紹介したいと思います。

The pictures of Saint Valentine’s Day Chocolates that Ms. N and her mother and my mother sent me yesterday. I’d like to thank them for the sweet Sunday with these photos.


choclate report N嬢からはこちらの生チョコ。ガトー横浜らしい濃厚な口どけと味わい。いつものコーヒーも一味違うものに。

 ちなみにコーヒーは、こちらのエチオピアです。

Gateau Yokohama’s rich taste from Ms. N

It made everyday coffee something special.


choclate report

N嬢のお母さんからは可愛いトリュフ。アヒルさんはまだ食べていません(笑)。

Cute truffle present from Ms. N’s mother

I like the duck shape one and that’s why he still has survived.


choclate report 最後に札幌の母から、眺めているだけでも楽しいショコラティエマサールのカラフルなボックス。昨夜遅くに届いたのでまだ食べていませんが、毎日少しずつ楽しもうと思います。

 ホワイトデイをお楽しみに。

The colorful Chocolatier Masale chocolate boxes my mother sent from Sapporo

Thank you so much!


choclate report


posted by MasaMaru (横浜在住) |07:50 | A piece of my life | コメント(2) |

2010年02月07日

大倉山の梅/Ume blossom-viewing in Okurayama

Ume blossoms in Okurayama

 関東南部では冬のきっぱりとした晴天が続いています。しかしながら今日は風が強く体感温度は低かったのですが、例年どおり梅の花を観に大倉山まで行ってきました(ジャンプの大倉山ではないですよ。横浜市の大倉山です。月間アーカイブ2008年以降の2月分をご参照下さい)。三部咲きといったところでしたが綺麗でした。花そのものを楽しむなら、やはり桜より梅だと思います。上の写真は野梅(白)。
	
Today Ms. N and I went for a little long walk to Okurayama where we can see beautiful Ume (Japanese plum) blossom this season every year. It was brisk and sunny. Although it was also cold with strong wind, we enjoyed the beauty of flowers and had a great time. This picture is of Yabai (wild Ume).

Ume blossoms in Okurayama 野梅の赤。

Yabai (wild Ume)


Ume blossoms in Okurayama 同じく赤い梅で楠玉。

Kusu-dama (decorative ball)


Ume blossoms in Okurayama 名前に趣あり、古今集。

Kokinshu (The song book of all ages in Japan: Kokinshu (Kokin-Wakashu) wrote in Heian period)


Ume blossoms in Okurayama 八重寒梅。

Yae kan-bai (eight layered petals early bloomer)


Ume blossoms in Okurayama 鮮やかな鹿児島紅。

Kagosima-kou (Kagoshima rouge)


Ume blossoms in Okurayama 八重旭。

Yae asahi (eight layered rising sun)


Ume blossoms in Okurayama

 そしてお土産に駅前の和菓子屋さん「大倉山青柳」で買った「梅どら」と「梅最中・紅梅」。どちらも梅餡ですが、「梅どら」の方が味わい深いと言うか、お茶で洗われた甘さの後から“ふわっ”と香る梅の風味がより美味でした。

 今年の大倉山観梅会は2月20・21日です。屋台や地産品の即売会などもありますので、足を運べる方は是非。
	
We also enjoyed these Ume taste and flavor sweets that we bought around Okurayama station for home.


posted by MasaMaru (横浜在住) |19:36 | A piece of my life | コメント(0) |

2010年02月06日

国宝 土偶展/The Power of Dogu

The Power of Dogu

 上野の東京都国立博物館です。

The Power of Dogu もう先週の日曜日になってしまうのですが、こちらに「国宝 土偶展」を見に行きました。
	
 N嬢も私も土偶好きで、更に彼女の地元である八戸市は是川・風張といった有名かつ重要な縄文遺跡を多く有する縄文指数が高い土地柄であるということは、過去こちらでも紹介したとおり。

 去年の5月にかの地を訪れたの時は、風張遺跡出土で3月に国宝指定されたばかりの「合掌する土偶」(右の写真・上から2番目)を見ることができませんでした(重用文化財の頃に一度見てはいるのですが)。何故なら、“彼”は既に東京へ貸し出されていたから。更にその後、仲間たちとともに海を越え、9月から11月には大英博物館で「THE POWER OF DOGU」と題した大展覧会に出展されていたのです。実は今回の東博こそ、まさにその凱旋企画。我々二人も意気込んで出かけたのでした。

 実際、素晴らしいものでした。一万数千年もの間、時期と場所によって実に多種多様な姿を持って生まれ、現代にそれを残す土偶。土偶は本当に日本中から出土しているのですが、こうして時を越えて一同に会した“縄文スーパースター”達の美しさと説明不能の存在感は、圧倒的の一言に尽きます(キャッチコピー、技有り)。

 個人的には、その抽象的な見た目から様々に考察されている縄文人の文化その他より、造形と言うか表情や体形、更には佇まいや雰囲気そのものに、より魅力を感じます。本当は“大きいお尻が何を表しているか”とか“ポーズにどんな意味があるか”とかいった話ではなく、単純にああいう姿をしてああいう格好をとっていた存在が、実際いたんじゃないでしょうか、その時代と場所ごとに大勢。人じゃなかったかもしれませんが…(そして何処かへ行くか帰るかしてしまったんでしょう)。そう考えた方が、よほど自然で面白いような気さえします。
	
 正直もう少しゆっくり観たかったですが、何しろすごい人出で…。ただ、前だけではなく、横や後ろからも観られる展示は非常に良かったです。お目当ての合掌土偶にも無事再開。出世(?)を喜びました。

 ちなみに今回出展されている国宝土偶3点のうちのひとつは、函館市著保内野遺跡出土の中空土偶で(上の写真・一番下)、北海道唯一の国宝。ご存知でしたか?


The Power of Dogu お土産のピンバッジ。その後、常設展も観てから(「アイヌの飾り」というのもあって、興味深かったです)駅前で飲んで帰宅しました。本展は今月の21日までやっていますので、興味と機会のある方は是非行ってみて下さい。


THE POWER OF DOGU is now held at Tokyo National Museum. Dogu are ancient ceramic figures made in the Jomon period; the oldest one is of 13,000 BC, and really various kinds of dogu have been found all over Japan. It is thought that the earthen dolls were used to wish or ceremony with those interesting unique shapes representing motherhood and productiveness, and show us how Jomon people lived and thought. (Personally, it also can show the existence of some being actually looked like them considered kind of god...) 

And today, DOGU is even becoming a worldwide word. This exhibition including three National Treasures and 23 Important Cultural Properties had been at British Museum since last September to November in great success as same as now it gathers and attracts a lot of people celebrating its returning in triumph here in Tokyo.

Last Sunday, Ms. N and I went to see that too. We both love Dogu and she came from Hachinohe, Aomori prefecture where one of the National Treasure THE DOGU WITH PALMS TOGETHER was excavated. We had already seen it seven years ago in Korekawa, Hachinohe as an Important Cultural Properties, and missed it when we visited there last May, just two months later from it was designated for National Treasure because it had been in Tokyo to ready go over the sea. So we really enjoyed our reunion too. We bought a pin badge of him for each as a souvenir.

Tokyo National Museum will have this exhibition till the 22nd of this February. Please check the power and beauty of Dogu if you have any chance.


posted by MasaMaru (横浜在住) |16:23 | Entertainment | コメント(0) |