コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年12月26日

今季の札幌を振り返って(今更ながらですが…。でもまあ、年内に投稿できて良かった)/Thinking this season's Consadole Sapporo

 石崎体制1年目を21勝16分け14敗、18チーム中6位で終えた2009年のコンサドーレ札幌。個人的には上々だと思います。柳下札幌(04-06季)、三浦札幌(07-08季)という、共に明確な理論と戦術を持った優秀で辛抱強い指導者の下、チームとしての方向性(独自色)を築き上げ大きく成長するチャンスを得ながら、一方ではその、あまりに異なる二つのサッカーの間で揺さぶられたとも言える5年間を引き継ぐことは、石崎監督にとっても決して容易でなかったはず。文字どおり中心選手であったクライトンのシーズン半ばでの離脱と帰国、序盤の低迷を巻き返すため後がない時期にチーム内でインフルエンザが流行したことなどを考えればなおさら。
	
 実際、過去二人の監督よりも遥かに定義しづらいにも拘わらず、石崎サッカーはファンに支持されているように見えます。いわく、“負けても面白い”と。もちろん、根気のないファンが言うことなのでいつまで続くかは疑問ですが、少なくとも好意的な雰囲気があるのは悪いことではない。

 今季確実に良かったのは、下部組織出身あるいは北海道出身の選手の活躍が目立ったことと、外国籍選手が当たりだったこと。石井、藤田、西、宮沢、古田らが同時にピッチに立つ可能性があったことを考えると、主力の半分近くを“自前”で賄えていたことになり、これはクラブにとって歴史的な快挙と言えます。また、キリノ、ダニルソン、チョウ ソンファン、そしてクライトンの穴埋めとして調達したハファエルは、揃って合格点に達する働きでした。HFCの運営方針・経営力に対しては懐疑的にならざるを得ない部分もありりますが、育成と国外での人材発掘では成果を出していると言えるでしょう。

 それだけに石井の放出(愛媛FCへ加入決定)、来季の西(新潟へレンタル)とダニルソン(名古屋行き濃厚)の移籍が惜しまれますが、これも悪いこととばかりは言えない。集客による劇的な増収が望めない以上、クラブの運営のため、原石を加工して売ることで利益を出すような方法であっても、当事者間の利害や心情、タイミングが合うなら有益な選択となり得るからです。外国籍選手においては特に、ダヴィに続いて今後ダニルソンもワールドクラスとなるようなら、資金力を持つ強豪クラブの札幌への注目度も高まり、今後のビジネスとしてもますますやり易くなるでしょうし。

 ただ現実として、それによりダニルソンを失うのであれば、キリノは死守しなければならないでしょう。また新戦力として愛媛から内山が、F東京から近藤(ともにFW)とベテランの藤山(DF)、そして磐田から(決して安くはない)大物・中山雅史(言うまでもなくFW)が入りましたが、それによる金銭面でのツケを、砂川、西嶋、芳賀、上里といった自前で成長させたベテラン・中堅どころが被るようなことはあって欲しくないです。三浦札幌時代に言われていた“柳下札幌の攻撃力に三浦札幌の守備力を足して強化を完成させる”など、到底まともとは思えない世迷言ですが、そこに唯一真実があるとすれば彼らの経験、個としての成長に他なりません。もし安易にそれを手放すようなことがあれば、本当にこの5年を無駄にすることになりかねない。もちろん、藤田、宮澤、古田ら若手についても、可能な限り(複数年契約で)引き留めるべき。

 来季は財政の縮小も鑑みて、無理に昇格を目指すより、そうしたベテランの経験と技術を上手く使いつつ、若い選手を中心とした自分達のサッカーの探求と確立を一層目指して欲しい(順位は3~5位くらいで上々)。ただ、どうしても昇格を狙うのであれば、少なくなった試合数で効率的に勝ち点を獲得するためにも、キリノのスピードを活かす長く早いパスの精度を上げることと、“積極的なプレスでボールを奪った後、ワイドに展開し、サイドの高い位置から放り込んで得点”という形を突き詰めるための藤田と古田の強化、ポストとなってフィニッシャーにラストパスを振る選手の獲得か育成(宮澤をストライカーと兼務させるのが現実的か)が必要。

 移籍や契約更改の話題はこの時期の楽しみでもありますが、できるだけ早く来季の体制、顔ぶれを決めて、来るシーズンに臨んで欲しいと思います。そして怪我人を出すことなく合宿を終えて欲しい。後は、ファンとしては応援あるのみです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Finishing 2009 season in 6th place in 18 teams with 21 wins, 16 draws and 14 defeats was not so bad for Consadole Sapporo that had been led by Ishizaki since this year. Especially when it comes to the most important key player Cliton left the team in the middle of season and some players caught influenza in later season, it might have been worth. 

Last 5 years, Consadole had been led by Yanagishita (03-06) and Miura (07-08) and they both were good coach; they had clear strategy each and were tough and patient to grow their players, but only their styles were too much deferent. If one of them had led team longer, Consadole could be built more steadily. The first season of Miura Sapporo, the team succeeded in promotion with its tight organized defensive soccer that had been changed from hard aggressive Yanagishita’s one, but they were not be able to stay there next season. So it also might be difficult for Ishizaki to take over the situation.

The good thing is that its foreign players and young players from its youth team or local high school worked really well. Qurino, Danilson Cho Sung Hwan and even Rafel who had been supplementary for Cliton leaded and helped the team. Ishii, Fujita, Nishi, Miyazawa and Furuta are all native to Hokkaido. So these Hokkaido players should be grown carefully to be next local star players like retired Soda. Now it seems Nagoya Grampus is trying to acquire Danilson. Ishii has already left team to Ehime F.C. and Nishi will play for Albirex Niigata next year. Of course, it can help the club economically, still, there is need to hold at least Quirino and all other Hokkaido players for Ishizaki to easily keep going his soccer that has been well received as attractive one by many fan.

And for that, experienced players such as Sunakawa, Nishijima, Haga and Uesato are also necessary. Their experiences in these changing with 3 deferent playing must help the team. Although some newcomers for next season including former Japan National team player Masashi Nakayama from Jubilo Iwata as big news already have been announced, those players who have been working long and growing in Sapporo are more important to build up the team.

In next season’s J2, the number of the team increases to 19 and of the game decreases to 38. They need to decide the direction and the way to their goal early, whatever they are shooting for, and practice hard to make it steady but carefully not to make so much injured players. Do it! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |23:38 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2009年12月23日

一日早いクリスマス/One day early Xmas date

Xmas date

「クリスマスだ!解ってるな、野郎ども!」

 というわけで一日早いのですが、普段からスペシャルな地元、横浜でのクリスマス・デートとディナーを楽しんで参りました。幾つか写真を紹介します(上のサンタさん達は赤レンガ倉庫内のショップにて撮影)。
	
Ms. N and I had a Xmas date in Yokohama Minato Mirai aria today, on December 23rd, and now I’m going to present some photo of that (This snap shot of Santas was taken at a shop in Yokohama Red Brick Warehouse).


Xmas date

 火灯し頃のコスモクロックパンパシフィックホテル(ちなみに正式名称はそれぞれ「コスモクロック21」と「パンパシフィック横浜ベイホテル東急」)。
	
The Cosmo Clock and Pan Pacific Yokohama Bay Hotel in the dusk


Xmas date

 ライトアップされた「横浜赤レンガ倉庫」。
	
Light upped Yokohama Red Brick Warehouse


Xmas date

 オールスターキャストで贈る、みなとみらい地区の夜景(左からパンパシ、コスモクロック、赤レンガ、インターコンチネンタルホテル)。大桟橋(愛称「くじらのせなか」)より撮影。
		
The all star night view of Yokohama from Osanbashi International Passenger Terminal a.k.a. the Whale’s Back


Xmas date

 ディナーを食べた我が家近くのビストロ「La Table」。肉も魚もワインも美味でした。

 帰宅後のプレゼント交換まで良い一日でした。皆様も良いクリスマスを送られますように!

La Table the bistro that we had today’s dinner located near our place

We had really great time there and sent Christmas present each other after getting home to finish the perfect day. We wish your merry Christmas too!


posted by MasaMaru (横浜在住) |23:59 | A piece of my life | コメント(2) |

2009年12月12日

母達の贈り物/Thank mothers

Thank Mothers 札幌の母から届いた1メートルはあろうかという冷凍の鮭と、八戸のN嬢のお母さんが箱で送ってくれた林檎。

 この鮭を解体するのは料理上手のN嬢にとってもなかなかの作業だったようです。しかも冷凍庫に収めるのにまた一苦労。林檎の箱は着いた日からずっと玄関(我が家で一番涼しい場所)を塞いでいます。

 もちろん、嬉しい悩みです。林檎は日々減っていますし(歯ごたえ、甘さともに絶品です)、鮭は早速豪快かつ多彩に食卓を飾っています。

 お母さんたち、ありがとう!


Thank MothersAlmost one meter cold salmon that my mother sent us from Sapporo, Hokkaido and a box of apples that Ms. N’s mother sent us from Hachinohe, Aomori prefecture 
	
Filleting and preparing the large fish took a lot for even Ms. N who is good at this kind job and our freezer was too small to hold them all and the delicious apple box has been taking too much space in the door, still, we love them. Apples are so sweet and delicious and we have great expectation for the fish. 

Thanks Moms!


Thank Mothers
 サーモンステーキの付け合わせのジャガイモも札幌から送ってもらったもの。


posted by MasaMaru |09:13 | A piece of my life | コメント(0) |

2009年12月05日

第51節 東京V戦/VS Tokyo Verdy 1969 (December 5th, 2009 at Ajinomoto Stadium)

Ajinomoto Stadium


 2009 J2最終戦、雨の味の素スタジアム。3連勝でシーズンを締め括ることはできませんでしたが、敵地で、しかも敗戦濃厚な状況をロスタイムのゴールで同点としたわけですから上等ではないでしょうか。スタジアム観戦だったので興奮は倍、勝ったと錯覚することしきりでした。

 前半、立ち上がりから素晴らしいプレスとセカンドボールへのアプローチを見せたかと思いきや10分後には失速、不注意な守備からあっさり失点という展開には、ダニルソンがいなかったとはいえ“ここに来て原点回帰か?”と愕然とさえしましたが、後半、藤田のコーナーキックをディフェンダーが頭で叩き込む形2回だけで追い付きました。石川の打点の高いヘディングも綺麗でしたが、密集を鋭く抜け出した西嶋のヘッドも良かった。藤田もあの局面で強く早いボールを蹴るのは勇気がいたと思うのですが、良くやりました。

 ただ全体的に、相変わらず大事な場面でのミスが目立つし、最後も上原を投入した監督の意図にもっと早く反応して欲しかった。来季は試合数が少なくなる分、ひとつひとつのミスもゲームとしての取りこぼしも、より重たいものとなるはず。
	
 個人的にはキリノが途中で臀部?を痛めて退いたのが残念。20ゴール目を上げさせてやりたかった。来季は彼のスピードを活かす長いパスの精度を上げるか、前線でキリノにラストパスを振れるポストプレイヤーを獲得する必要もあるように思います。

 今日は各地で最終節にふさわしいドラマがたくさんあったようです。スカパーのアフターゲームショーを見ましたが、湘南が昇格への、鳥栖が岸野監督への想いをそれぞれ見せた逆転劇には、人ごとながら胸が熱くなりました。その鳥栖の相手がC大阪だったため、仙台は今日引き分けながら優勝。ちなみにJ1では鹿島が史上初となる3連覇を達成。

 来季のJ2は昇格の3チームに替えて降格組の千葉、柏、大分を迎え、新加入のギラヴァント北九州を加えた過去最多の19チームで争われることになります。なかなか厳しそうですが、今はひとまずお疲れ様でした、コンサドーレ札幌。ゆっくり休んで、また鍛えて、来年も頑張れ!

On December 4th, rainy Saturday, Consadole Sapporo met Tokyo Verdy 1969 at Ajinomoto Stadium in Tokyo for the last game of this season and drew it by 2-2. 

Verdy had finished the first half by 2-0 from its counter attacks but Consadle’s defender Ishikawa scored with his header to Fujita’s corner kick in the 67th minute to hang on, and Nishijima’s latest scoring from the crowd in front of the Verdy goal; that was also header to Fujita’s corner kick, finally saved the team.

Although Consadole’s first great 10 minutes with its tight pressing and hard running and careless defence after that reminded the fans of its playing in early season, the team at least succeeded in exciting them and got one point for the last match.

Sapporo ended this year’s J2 league in 6th place. Vegalta Sendai won the championship race with Cerezo Osaka. Shonan Bellmare beat Thespa Kusatsu by 3-2 turning over the game dramatically to kept only one point lead against Ventforet Kofu and get promotion. For J1, Kashima Antlers remarkably won the league three seasons straight. Jefunited Ichihara Chiba, Kashiwa Raysol and Oita Trinita will play for J2 next year.


posted by MasaMaru(現地観戦) |23:35 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |